人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

明るい貧乏生活

「痛快!ビッグダディー」もシリーズ10作目が放映された。

見始めたのは3作目から。どういうわけか、この大家族の赤貧物語に見入ってしまう。

理由は家族からポツンと離れた母親の存在があるからだろう。そして、ネットで母親の裏の素顔を知ることになる。

子供が12人になった林下家の主食は小麦粉。米は高校に通う息子3人の弁当に使うので、月末になると米がない。

「米が食いたい!」

そんな窮状を3女からのマンガ奄美通信で訴えられ、ビッグダディーは田んぼで稲作を始める。共同作業の田んぼで入会金1万円を支払い、後は働きぶりで収穫した米が分配される。毎週日曜日に作業するビッグダディーなら3俵=180kgほど。

米の消費量が少ないウチなら優に1年以上持つ量。12人の子供の胃袋をこれで何日つなぐことができるのやら。

で、今回は奄美の収入では家族を養えないので、愛知県豊田市の整骨院へ出稼ぎに行っている、ダディーが夏休みを利用して1年ぶりに奄美に帰ってくる。

3泊4日の限られた時間の中で、3万円で海上タクシーをチャーターして、無人島で1泊のキャンプを行う。魚を釣ったり、貝を採ったりの自給自足生活。

このキャンプに母親は参加しない。

家族とも孤立している。

カネはしっかり者の次男が管理しているので、母親はご飯を作るだけの役目しか与えられていない。

疎外感を感じていた。

それで3つ子を連れて実家へ帰る、と言い出す。

この3つ子は離婚後に生まれた私生児で、ダディーの子供ではない。

浮気性で育児も満足にしなかった母親に愛想を尽かしていたダディーが末娘が生まれたことで復縁したが、また出て行く、という。こんな貧乏生活が耐えられなくなったのか?

今回は子供たちの必死の説得で思いとどまったが、次回の放送ではどんな展開になっているのやら。

大家族シリーズの中で、貧乏度では林下家が最強だろう。住んでいる家もボロボロ。主食は小麦粉。そんな環境の中でも、子供たちが素直で明るいので、番組に引き込まれてしまう。

今回、米が食いたい、という訴えから全国から米が届きそうなものだ。

で、この番組のギャラはいかほど?

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-09-27 10:25 | テレビネタ