人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

シャープタイマーにかかったわがウィルコム03

ソニータイマーならぬ、シャープタイマーにやられるとは思ってもみなかった。

シャープとしてもこれは計算外か。

ウィルコムが倒産さえしなければ、シャープも次から次へとスマートフォンを投入してきたのだろうが、今やスマートフォンの新機種も出ていないので、機種変更もできない。

ウィルコム03の2年縛りが解けたのは6月の終わり。この縛り期間中は故障しても1300円ほど出すだけで完全に修理してくれるのだが、03の調子がおかしくなったのはここ最近。

Eメールの自動受信ができない、音声通話で相手の声がほとんど聞き取れない、アラーム設定もしていないのに、一定の時刻になると朝と夕方、バイブが作動して、それが止まらない。

その都度、サービスセンターに電話をかけて対処方法を聞いた。

で、リセット、フルリセットを試したが、夕方また、例のバイブが作動しはじめる。

丁度、梅田にいたので、ウィルコムのサービスセンターが近い。ここに駆け込んで応急処置でもしてもらうしかない。

故障の状況とそれに対しての対応を説明すると、修理の手続きを始めようとする。で、値段を聞くと最高で3万円はかかるという。

そんなカネを出すぐらいなら、機種変更するのに、機種変更しようにもろくな機種がない。これがシャープの誤算でもある。倒産した会社に対して、新機種の開発は誰がどう考えたってペンディングだろう。

シャープが新機種を発売していたら、そっちに機種変更するのに、マイナーチェンジした新機種もすぐに売り切り御免となった。

最後の手段として、買った時の状態に戻す、フルフォーマットをお願いする。これでダメならその時に考えることにする。

フルフォーマットするには、まず、データのバックアップから始めなければならにのだが、このバックアップに30分、さらに、フルフォーマットした後に、バックアップしたデータを戻すのに30分の計1時間もフルフォーマットに時間がかかった。

その間、カウンター越しに担当のお姉ちゃんと対峙することになる。

何か話さないと間が持たない。

まずは、倒産してから解約が増えているのか、と嫌な質問から始める。

口が裂けても「急増しています」なんてことはいえない。

さらに、意地悪な質問を重ねる。

「プライベートではケータイも持っているの?」

ウィルコムよりもケータイを使うことの方が多いことをあっさり認める。

昔は03を使っていたようだが、今は使っていない。ウィルコムの社員ですらケータイ派なのだからユーザーが減るのは当然の流れ。

料金プランの変更の相談に乗ってもらったりしたが、現状がベストであることも分かった。

フルフォーマットが終わった。

これで症状が出たら、修理はしない。

タッチパネルの反応も悪いことが判明した。2年も使えばあちこちにガタが来るようになっている。

夜、電話がかかってきた。

相手の声がほとんど聞こえない。フルフォーマットでは問題は解決されなかった。

こうなれば、機種変更かキャリア変更しかないが、電話番号変更を通知する面倒くささを考えると機種変更のほうが現実的なのだが、本当に食指が動く機種がない。

スマートフォンを使いこなすほどでもなかったので、普通の電話機でもいいのだが、フルキーボードに慣れると10キーには戻れない。

この前買い換えたばかりのスタイラスペンが、主を失うことになりそうだ。

後はワンセグ専用機としての道を歩むことになりそうだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-09-11 01:41 | ウィルコムネタ