日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

盗人猛々しいシー・シェパードの要求

盗人猛々しいとはまさにこのことだ。

シー・シェパードの妨害工作船「アディ・ギル号」が、日本の調査船「第2昭南丸」と衝突して、大破した損害賠償請求をするために、「アディ・ギル号」の船長が「第2昭南丸」の防御ネットを破って不法侵入して書簡を渡したという。
b0017844_10242789.jpg


請求額は新しい船を建造するために約3億円支払え、と要求している。

「第2昭南丸」の進路を妨害するために、急接近する「アディ・ギル号」。放水しながら、「アディ・ギル号」を避けようとする「第2昭南丸」。

「第2昭南丸」の進路に完全に入る形で、「アディ・ギル号」の前部が大破した。

自分の方から体当たりして来て、破損したから賠償金を払え、というのがシー・シェパードの論理。こんな要求はアメリカなら通用するわけか?

大破した「アディ・ギル号」
b0017844_10245976.jpg

b0017844_10244370.jpg

どっから、どうみても船というイメージではない。

妨害工作をするために建造されたことが一目で分かる。

イメージしたのはさしずめ、バットモービルだろうか。
b0017844_10251867.jpg

かっこいいな、と感心している場合ではない。

毎日のようにシー・シェパードの妨害工作は続いている。
b0017844_10234672.jpg

b0017844_10551879.jpg

立場が逆で、アメリカが捕鯨国だったら、このまま戦争を起こしそうだ。

人気ランキング
[PR]
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-16 16:25 x
アディギル号は元々小燃費の快速艇として作られましたが、海賊船みたいなスタイルから当初からも「バットボート」とかあだ名されていました、彼らは鯨擁護のアピールを続けないとスポンサーからの寄付が来ないので扇情的な活動を行っているようです。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89
アディギル号が参加していた「アースレース」は低公害技術を競うレースのようで外装はケプラーとカーボンで作られているはずですが破損時の映像から実は木製であるのではないかという疑いが出ています(このあたりも詐欺的ですね)
Commented by tetorayade at 2010-02-16 23:45
>ざんぶろんぞ さん
スポンサーが意外なアウトドアの衣料品メーカーだったんですね。ということはメンバーが着用している服もパタゴニアですかね。
企業のイメージダウンにつながる心配がないから支援しているわけですかね。
Commented by enutea at 2010-02-17 18:36 x
>ざんぶろんぞさん

アディギル号が木造船???そうですか、なるほど!

ケプラーとかカーボンを使ったCFRPは、飛行機のボーイング787に多用され、素材の剥がれヒビ等による老朽化の予想判断が難しく、結果、設計・製作が難しくなってしまい787の発売が遅れに遅れたと聞いてます。

衝突後の映像で、アディギル号はFRP補強木造和船が大破して割れた時のような印象がありましたが、
あんな変な形してますからFRPなのかな?と思ってました。
大破映像を根拠にすれば木造船だった可能性が大きいと感じます。

それにしても、船長が不法侵入して
(木造船)大破に3億円なんて、なんて物を見る目のないオッサンなんだろう。
あんな変な船ですから廃棄物処理費用が余計に掛かる始末の負えない環境負荷の高い(船の形の)ゴミにしか見えませんが。

Commented by enutea at 2010-02-17 18:38 x
(つづきます)

もう一つ、衝突以前の疑問なんですが
「レーザー光線(緑色)照射」を件の船は行ってましたが
あれの目的は何?と思うんです。

ずいぶん昔、アメリカでSDIっていう「スターウォーズ計画」とも呼ばれた防衛構想がありましたが
大陸間弾道ミサイルを大気圏外で打ち落とす為に
レーザー、中性子兵器、レールガンなどを研究したけど
実用にならなかったという結末だったと思います。

レーザー光線等で相手に損害を与えるには
莫大なエネルギー源が必要で、そんなものを宇宙空間に浮かべておくより、
短距離迎撃ミサイルパトリオットPAC-3システムの配備になったと記憶してます。

 で件の船は、搭乗していた人物の大きさから見て
荷物も大して積めないようだし、大したエネルギー源も無いようなのにレーザー光線を何の為に発射してたのか?

しかもあのレーザーは照射部にミラーが仕込まれ
イベントなどで大きな絵を描画する時のような光り方をしてました。

ということは「第2昭南丸」の船体に何らかの「絵」や「メッセージ」を
表示させてたんでしょうか?

Commented by enutea at 2010-02-17 18:39 x
(さらにつづきます)

まあ、ふざけた内容のメッセージなら、見てよけいに腹が立つばかりで(見たくもありませんが)、
シーシェパード側が、あの程度のレーザーのエネルギーで攻撃が出来ると考えてるんなら、「本来の科学」も信じれない「SFアニメ等の盲信者」にしか見えないんですがねぇ。

ああいう暴徒がもし「アニメの盲信者」なら、SFアニメ好きの1人としては、ほんとに悲しい。

※ ここ最近は「とある科●の超電●砲」なんて
 独立UHF放送局(全国はCSのAT-X)系アニメを楽しみにしてます。(^^ゞ
Commented by tetorayade at 2010-02-18 01:03
>enuteaさん
一番の妨害工作は、ロープを流して、スクリューに巻き込ませる、という原始的な方法も好きでしたね。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-18 19:53 x
>enuteaさん
そのために「自沈」させたという噂もありますし、、、証拠隠滅
レーザーに関しては捕鯨船の操舵主の目を狙ったものだという証言がありますね、一応「致命的な障害は与えない」とされているものですが、「適切な使用をすれば」という但し書きがある代物です。
動画を貼っておきます。
これはCSで放送されている「フューチャーウェポン」という番組の「非致死性兵器」の特集で放映されたもので、彼らの言うような安全なものだというのがまるで嘘だとわかるものです。
hssp://www.youtube.com/watch?v=rn_hMCTS2Eg
(ssをttに置き換えてください)
使っている彼らは元海軍兵士や元警察官に現役の消防士だと判明しており、レーザーは「Photonic Disrupotor」というもので裸眼に使用すれば当然失明の恐れがあるものです。
日本以外の国ではあいつらは「海賊」扱いなので、非武装の日本船にしか攻撃してきません。
Commented by ざんぶろんぞ at 2010-02-20 12:05 x
シーシェパードの船ボブ・パーカー号の船籍が船籍国のトーゴで剥奪されました、母船のスティーブ・アーウィン号に関しても船籍国のオランダに要請中との事です、此れにより船籍国の了解無くとも公海上で臨検が可能になるということです。
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100219/plc1002192247019-n1.htm
Commented by tetorayade at 2010-02-21 23:17
>ざんぶろんぞさん
実にいい傾向です。そもそもあんなギャングのような抗議団体に船籍を与える国があることがおかしい。
そんなところにスポンサードする企業は、もっと糾弾されるげきです。
by tetorayade | 2010-02-16 11:02 | 海外ネタ | Comments(9)