人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

貴乃花親方の新理事就任と朝青龍の処分

引退後の貴乃花は激やせしたことや、妙なヘアースタイルでかつての精悍さがなくなっていたが、日本相撲協会の役員改選で、新理事に選任された姿を見ると、顔が現役時代に戻ってきたかのような印象を受けた。

苦戦が予想される中での立候補。貴乃花親方が新理事に選ばれたことは、風は相撲協会の改革に向かって吹いていることは間違いない。

2月4日には改選後の初の理事会が開かれる。

ここで朝青龍の暴行問題を巡っての処遇が議論されることになる。

1日は高砂親方が示談書を持って協会に行く、といわれていたがこの日は姿を見せなかった。

示談書があるということは、裏を返せば暴行事件があったことを認めることになる。一説には示談金として数千万円が相手に渡っている、とも。

ということは、たとえ示談が成立したとしても、暴行があった事実は、横綱としてあるまじき行為だ。

度重なる不祥事に、横綱の品格のかけらもない朝青龍は、もはや厳重注意では済まない。

しかし、高砂親方は相変わらずふがいない。

親方と弟子の関係が逆転したのは、朝青龍の結婚式の祝儀を親方がピンはねしたことが、きっかけだと言われている。

ピンはねの理由は相撲界の慣例なのか、親方の力があればこそ、祝儀も集まるのだから、その上前をはねた、ということだ。

高砂親方の毅然とした指導力があれば、ワルガキ朝青龍を品行方正な横綱に育てたかも知れない。

一番辞めたがっているのは高砂親方か?

人気ランキング
by tetorayade | 2010-02-02 09:14 | スポーツネタ