人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2月4日は朝青龍引退勧告の日?

たかじんが番組で朝青龍の新地好きを暴露していた。

たかじん行きつけのクラブで朝青龍に何度か会っているようだが、名古屋場所の最中に新地で飲んでいる、というわけだ。

名古屋なら錦で飲むのが普通だが、わざわざ新地まで車を飛ばすご執心ぶり。よっぽど贔屓にしている女の子でもいるのか?

相撲取りは酒が強くなければ、相撲取りではない。

現役時代の千代の富士は、飲んで帰宅する時間が早いと親方からこういわれた、という。

「体の調子でも悪いのか? 調子が悪くないのならもう1回飲みに行ってこい!」

朝青龍の「引退」カウントダウンが始まった。

知人の男性に暴行を働いた容疑で、相撲協会が判断を迫られている。

朝青龍本人は暴行を働いたことに対して「泥酔していて覚えていない」と逃げを打っている。

確かに泥酔すれば記憶はない。そんな経験は何度もしている。

朝青龍は朝まで酒を飲むことに慣れているはずなのに、都合が悪くなると泥酔していたので記憶がないだろう。

高砂親方は示談が成立した、としてその報告に行くようだが、示談が成立したからそれで終わる問題ではない。

示談が成立して不起訴処分になったメッセンジャーの黒田の事件とはわけが違う。

一般人の鼻骨を折る暴行は、横綱の品位を十分に汚す行為である。

さらに、暴行事件を隠蔽するために、最初は殴った相手は個人マネージャー、ということにしていた。

これまでにも仮病疑惑ではイエローカードを食らっている。今回はレッドカードだ。

一人横綱になれば相撲自体が面白くなくなる、というが興行を重視するあまりに、これまで朝青龍の悪行を許しすぎてきた。

初場所は久しぶりに優勝して存在感を示したが、世論の風は「引退」に向かって吹いている。

人気ランキング
by tetorayade | 2010-02-01 09:17 | スポーツネタ