人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

厚遇が日航の高コスト体質だった

今日は天気は下り坂になるというものの、最高気温は17度。

これはバイク日和なので、きのう1件アポを入れておいた。今週は毎日外に出ているが、明日は雨模様で再び寒波が戻ってくるらしい。

朝、布団からなかなか抜け出せない。モチベーションを振り絞るためにまず、ブログの更新から1日が始まるのだが、最近は書きたいネタがない。

暗い話題が多いからだ。

日本航空の破綻問題を取り上げていたら余計落ち込むの。他人の不幸を書いている場合ではないのだがこれしかない。

負債総額2兆3000億円は戦後最大の倒産劇。

日航社員の平均年収は800万円台。高コスト体質の脱却のために4万8000人の社員のうち、大胆なリストラ策で1万5000人が路頭に迷う。

この対象になるのはどんな人たちなのか。やっぱり給料ばかり高くてたいした仕事をやっていない中高年がターゲットになるのだろうな。

不採算路線の減便が続けば、客室乗務員も含まれるのだろう。

最近の客室乗務員は契約社員。1年間を期限として、2回の更新を経て本人の希望で正社員の道が開ける、というが時給は1800円ほど。

運行乗務員は都内から成田までハイヤーで乗り付けていた、という。片道2万円だから往復で4万円。

それを自腹で払うものはいないだろうから、高コスト体質の根源はそんなところにもある。

さらに国内に一泊した時は食費や雑費として7000円ももらえるそうだ。

海外での宿泊先は安全性を考えて必要以上の高級ホテルにお金を落としている。

そういった厚遇も一掃されることだろうから、もはや客室乗務員も憧れる職業でもない。

人気ランキング
by tetorayade | 2010-01-20 10:19 | 社会ネタ