人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

吉本のドケチぶりを巧みに使う橋下知事

♪ギャラより高い交通費~

さんまが吉本興業のギャラの安さを揶揄した替え歌である。

吉本芸人は自虐的に吉本興業のギャラの安さをよくネタにする。たとえば、東京のプロダクションだとギャラの取り分は6:4でタレントの方が多いのに対して、吉本は2:8とか1:9とまでいわれている。

そういうこともあってか、世間は吉本興業のことを「ケチ本」と思い込んでいる。つまり、労働搾取が酷い企業であるとのイメージがついている。

これを巧みに使ったのが橋下知事だ。

大阪の財政建て直しの一環で、「ワッハ上方」の移転を吉本興業所有のビルから、通天閣へ移転することを決定した。

吉本のビルの賃料が年間2億8000万円に対して、通天閣は1900万円で済む。

大阪府民としてはこの案を支持したい。

橋下知事は「自らの商売がうまく行かなければすぐに撤退するのに、公のお金に対しては撤退するな。がめついんじゃないですか」と発言したことから吉本興業が噛み付いた。

契約は15年。契約期間が済めば出て行くかどうかは借りる側の自由。

吉本は「恒久的入居で特別仕様で建てている。現状回復して移転してほしい」と反論した。

これに対して橋下知事は「ビックリですわ。民事裁判を色々手がけているがこんなケースはない」と吉本興業のがめつさをことさらフューチャーした。

そもそもの問題は、一般の人から見ればたいした展示物もないのに賃料が高すぎること。

ワッハ上方の建設を決めたのはノック知事時代。

吉本とは縁があるノック知事と吉本の間で、どんな密約があったかは死人にくちなし。

いずれにしても、ワッハ上方は通天閣が似合っている。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-08-02 11:06 | 社会ネタ