人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

普通に旨いたかじんプロデュースの心斎橋ラーメン

たかじんがラーメンをプロデュースした、という。

場所はナンバ・戎橋筋。千日前筋が交差する角地。何度か行ったことのある「味の時計台」があったところ。

中座くいだおれビルがリニューアルしたので昼飯を食べに行ったのだが、食べたい店がないので、たかじんがプロデュースした「心斎橋ラーメン」で昼飯を食べることにした。

b0017844_211774.jpg
店にはたかじんの似顔絵的ロゴが。

数週間前からたかじんがプロデュースした店ということは、分かったいたのだが、イマイチ店へ行くきっかけがなかった。

この日は中座くいだおれで昼飯を食うために、ナンバまで行ったわけで、昼飯を食うことが目的で、中座くいだおれで食べたい店がなければ、必然的にほかの店を選ばなければならない。

そこへたかじんプロデュースのラーメン屋のことが頭に浮かんだ。

ここでの選択は、もはやこの心斎橋ラーメン以外には考えられなかった。

カルカン猫まっしぐら状態である。

で、わき目もふらず心斎橋ラーメンを目指した。

到着したのは12時半ごろ。

店内は6~7割ぐらいの客入り。カウンター形式の席が両サイドに広がる。テーブル席はない。好きな場所へも座れず。奥から詰めさせる感じに客を案内する。

メニューはシンプル。

味噌、醤油、塩と中華そばの4つ。

その中から一番高い味噌をチョイス。
b0017844_21131172.jpg

麺は極太のサッポロちぢれ。味噌の味はするが味噌があまり主張することはなく、ライト感覚。

チャーシュー以外に湯通しした豚バラが。肉は2つの食感が楽しめる。

野菜はてんこ盛りではなく、美的感覚を重視してか、かなり控えめ。

スープを飲むたびに「普通に旨い!」

どこかで食べた味だ。

そう、これは味の時計台の味に間違いない。

元、味の時計台だった店が「心斎橋ラーメン」に店名を変えてはいるが、味の時計台が経営しているのはそのまんま。

どんぶりにも味の時計台のロゴが入っている(心斎橋ラーメンのロゴの真反対なので写真では分からない)。

おいしいのでスープまで完食。
b0017844_21214862.jpg

















おもしろいことに、スープまで飲み干すと、丼が当たりくじになっていた。
b0017844_21241750.jpg













残念ながらハズレ。

味は「味の時計台」そのもの。

店名が心斎橋ラーメンに代わり、店内外のインテリアは一新されたが。

b0017844_21305514.jpg

たかじんの顔のロゴを使わせるのがプロデュースでもないと思うのだが。この模様は「たかじんの胸いっぱい」で放映されたようだが、その回はたまたま見ていなかった。

ところで、たかじんは何をどうプロデュースしたの?

人気ランキング
by tetorayade | 2009-07-24 21:40 | 社会ネタ