人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

警察官不祥事の匿名報道

停職1カ月の懲戒処分を受けて、すぐに辞職。気になったのはこの場合退職金が出るかどうか、ということ。

事件のあらましはこうだ。

愛知県警の38歳の巡査長が、警察署内の女性トイレに侵入して、隣の個室に入った婦警を盗撮しているのが見つかり、建造物侵入で書類送検された。

巡査長は容疑を認めており、7~8回も盗撮していた常習犯だった。

懲戒免職の場合は、退職金も出ない。

停職1カ月ということは1カ月間は職場に来るな、給料も出さない、という処分。盗撮した警察官が1カ月後に職場復帰しても職はないために、すぐに辞職したのだらうが、この場合は懲戒免職ではないために、退職金は出る、ということだろうか?

新聞報道では実名は明かされていないが、愛知県警は身内に甘い警察体質がもろに出ているような事件だった。

ちなみに、トイレやスカートの中を盗撮して捕まっている警察官は1人や2人ではなかった。今年だけでも栃木県警、神奈川県警、兵庫県警、佐賀県警の警察官が捕まっているが、実名報道している県警もある。

愛知県警同様に匿名にしたのは栃木県警。

何かと警察官の不祥事が多い県警ではないか。

被害者の両親から9回も捜査依頼を受けながら拒絶し続けて、栃木リンチ殺人事件へと発展した栃木県警の対応は国民の非難を浴びた。

匿名報道する県警は自浄能力がない。これからも警察官による不祥事は続く?

人気ランキング
by tetorayade | 2009-07-04 10:26 | 社会ネタ