人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

家に住むことは戦い

「家に住むことは戦いでもある。便利なだけなら3LDKのマンションが一番。(設計は)われわれの意見と相手の意見の共同作業。そこにはメンテも必要。丁寧に使ってくれないと設計しない」とは安藤忠雄の弁である。

高卒ながら独学で建築を学んだ安藤忠雄は、京大や阪大で使う建築学の教科書を買って1日15時間以上も本を読み続けた。大学生が4年間で学ぶことを1年間で習得するためだった。

東大へ行かなくても建築家になれることを実践するためでもある。

今や世界的な評価を受けている安藤忠雄であるが、「たかじんのそこまで言って委員会」へゲスト出演した時、レギュラーパネラー陣の三宅久之が建築家の権威でもある丹下健三を引き合いに出して、権威といわれながら「東京都庁は雨漏りで大変だ」と切り込んだ。

実は安藤忠雄が設計した建物も雨漏りがひどい。安藤忠雄の代名詞でもあるコンクリートノ打ちっぱなしで設計されたダイコク電機本社も大雨が降ると部屋の中に滝が流れる、という。

三宅久之はこうした評価を知っていてあえて、こんな意地悪な質問を投げかけたように思う。

これに対して安藤忠雄は「雨漏りもあるかも知れないが、(丹下先生は)日本人の心を奮い立たせた」とフォローした。

前述の住むことは戦いである、ということばをあえて引用するが、芦屋のコシノヒロコ邸を設計。母親である小篠綾子も一時期ここに住んでいたが、あまりにも住みにくいということでここを出て行った、というエピソードもある。

代表作となった住吉の長屋は雨の日には傘をさして家の中を移動しなければならない。これこそが戦いである。

雨漏りの話を戻すと、設計もさることながら施工技術にも問題があるのではないのか?

意匠が奇抜であればあるほど、メンテが大変で雨漏りが起こりやすいが、安藤忠雄の作品は比較的シンプルに見えるのだが。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-06-23 07:29 | 社会ネタ