人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

DNA鑑定で逮捕され、DNA鑑定で保釈の足利事件

最新のDNA鑑定の精度には目を見張るもがある。そんなことをつくづく感じさせられる事件だった。

足利事件で菅谷さんが17年半ぶりに釈放された。DNAが不一致になったためだ。

DNA鑑定で逮捕され、DNA鑑定で保釈され事件でもあった。

90年5月に起こった足利事件。

89年からDNA鑑定が採用されはじめたが、当時の方法は付着した体液から染色体22個のうち1個を目視で判別していた。

その精度は1000人に1.2人の割合だった。当時の足利市の人口は16万人で、足利市だけでもDNAが一致するのは200人もいる計算になる。

そんな精度の低さの中での逮捕だった。起訴事実を認めながらも裁判では一転して否認。裁判の途中でDNAの再鑑定を申請していたが、この間のDNA鑑定がの進歩がすごかった。

検査方法を切り替えることでその精度は1100万人に1人から、最新のDNA鑑定では鑑定箇所を15個にして機械検査することで4兆7000億人に1人となった。

鑑定精度が当時の56億倍というのだから、科学捜査の進歩には驚かされる。

原始的なDNA鑑定で有罪になった人の中には、最新のDNA鑑定では無罪になる可能性もある。

警察の自白を強要する強引な取調べが冤罪を生む背景にあるが、最新のDNA鑑定は彼らにすれば、でっち上げができなくなるやっかいな代物でしかなのかもしれない。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-06-05 08:46 | 社会ネタ