人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

増殖する白いたいやきビジネス

今年の2月ごろだっただろうか、道頓堀で行列ができているのを発見した。その先は新しいたこ焼き屋かと思ったらさにあらず。

行列の先は、たいやきだったが、これが「白いたいやき」。若い女の子がずらりと並んでいる。

それからしばらくして、テレビでもこの白いたいやきが取り上げられているのを見た。

話題の白いたいやきは、1カ月ほど前からわが町にも登場した。

よほどブームになろうとしているのか、もう1軒、家の近所でも開店準備が進んでいる。

ここは話題の白いたいやきがどんなものなのか試食してみなければ、ブログのネタにもならない。

写真は「博多一国堂」のフランチャイズ店で買ったもの。
b0017844_20181687.jpg

1匹130円。

見た目は、きつね色にこんがり焼かれた、たいやきと比べるとまったく食欲をそそられない。

でも、白いたいやきの特徴はその食感にある。

一言で表すなら「つき立てのもちを食べている感じ」。皮が非常にモチモチしている。

この店はこのまま食べる方法以外に、2つのおいしい食べ方を紹介している。

その1 ラップにまいてレンジで30秒チン!さらにモチモチ感がパワーアップするようだ。

その2 レンジでチンしたものをさらにオーブントースターで1分ほど焼いて食べる。これで外がパリパリ、中はもっちり。

つまり、もちの食べ方そのものだ。

で、この白いたいやきもフランチャイズチェーンが乱立。
どこが本家かどうかはともかく、各本部ともフランチャイズの募集には非常に熱心。

それで、白いたいやきが増殖しているわけだ。

テレビで見たとき、このもっちり感はタピオカを使っている、といっていた。

レシピは各店共通?

人気ランキング
by tetorayade | 2009-04-30 20:18 | 社会ネタ