人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大差で河村たかし氏が名古屋市長へ

愛知県知事選挙かと思っていたら、名古屋市長選だった。

民主党の前衆議院議員の河村たかし氏が立候補したのは、知っていたが、当選するとは思っていなかった。

「どえりゃ、うれしい」といつもの名古屋弁で喜びを爆発させた河村氏。ふたを開けてみると次点とは23万票近い大差での楽勝だった。

投票率も50.54%。前回の倍ぐらい。こうなると無党派層には抜群の知名度の河村氏の独断場。選挙期間中も自転車で回って514514票を獲得した。

公約は市民税1割減税と市長報酬減額を連日自転車に乗って、無党派層にアピールする戦術を展開した。

河村氏をたまにテレビで見るといったら、たかじんのそこまで言って委員会だった。

いつでも、どこでも名古屋弁。突飛なことをいうわりには説得力がなく、論客揃いのパネラー陣にやりこめられてしまう、そんな印象しかなかった。

今は民主党枠は原口議員の指定席となっている。理論構成がしっかりしたことをいうので民主党のイメージもアップするが、河村氏ではハチャメチャな民主党をイメージづけたりしていた。

知名度と情熱があれば、無党派層を取り込む選挙には勝てることが実証された。

地方選挙でこれで民主党が3連敗を免れたとかマスコミは書いているが、選挙民は党よりも個人を選んでいるはず。

地方選挙と国政選挙は別物。

地方選挙の行方を解散総選挙に絡めたいのだろう。それで世論誘導でもするつもりか?

人気ランキング
by tetorayade | 2009-04-27 07:38 | 社会ネタ