人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

原田泳幸社長が語るマクドナルド成功の鍵

3754店舗
年間利用者14億人
売上高5183億円
社員5000人
アルバイト16万人

これは外食産業で一人勝ちともいわれている日本マクドナルドを表す数字の数々だ。

この中で一番驚いた数字が14億人という年間利用者数だ。日本人が平均年間10回は行っている勘定になる。

ハンバーガーとはめったに食べないため、この10回という数字が信じられない。昼飯をハンバーガーで済ませる人ならもっと通っていることだろうが。

一人勝ち状態を続ける日本マクドナルドも、2003年には低価格競争から一転して値上げをしたりの迷走状態から赤字に転落している。

この間、日本独自にサラダやカレー、ベーカリーなどのメニューを加えたりしたが、全部失敗している。結局残っているのはアメリカのマクドナルドのメニューだけ。

現在の社長である原田泳幸氏は元アップルコンピュータ社長。そのため、日本マクドナルドへ転職したときはマックからマックと面白がられた。

年商3000億円程度だった日本マクドナルドを6000億円企業に引き上げた手腕が高く評価されている原田社長。

売り上げアップの秘訣とは何だったのか?

コンピュータ会社の社長だった原田氏がこだわったのが食の産業の基本の徹底。

それがQSCだった。

日本語に訳すと、品質、サービス、清潔。

外食産業の売り上げはこの方程式で決まる。

客数×客単価=売り上げ

この二つを上げていけば自ずと売り上げは上がる。

で、客単価を上げる戦略商品がクォーターパウンダーであり、客数を増やす戦略が一部の商品の値下げ。

味へのこだわりでは、以前はやっていた作り置きは止めて、今は注文を受けてから作るようにしている。

実績を残していけば社員のモチベーションも上がっていく。
最終的には人材の問題になってくるが、マクドナルドの正社員はクルー経験者が大半らしい。定年制もない。78歳のおばあちゃんが制服に身を包みキッチンで働いている。

売り上げを上げることは言われてみれば簡単なことしかやっていない。

売り上げが伸びないと悩む会社は、当たり前のことが当たり前にできないから数字も上がらない、ということのようだ。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-04-11 19:58 | 社会ネタ