人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

宇宙開発礼賛

b0017844_20131997.jpg

朝鮮新報が伝えるテポドン2の発射実験は、日本のメディアの報道とはまったく違う。北朝鮮の発表を伝えるものである。

大見出しは
人工衛星「光明星2号」発射の成功 銀河2号で打ち上げ、楕円軌道を周回

朝鮮中央通信社報道

わが国の科学者、技術者は国家宇宙開発展望計画にしたがって運搬ロケット「銀河2号」で人工地球衛星「光明星2号」を軌道に進入させることに成功した。
中略
「光明星2号」は40.6度の軌道傾斜角で、地球から最も近い距離で490キロメートル、最も遠いところで1426キロメートルの楕円軌道を回っており、周期は104分12秒である。
中略
現在「金日成将軍の歌」および「金正日将軍の歌」のメロディーと各種測定資料が470メガヘルツの周波数で衛星から地球上に電送されており、衛星を利用したUHF周波数帯域での中継通信が行われている。
後略

と続く。

日本でこの新聞を読んでいる人たちは、どんな思いで読んでいるのか。

アメリカは太平洋上に落下した、と報道している。最初は北朝鮮の成功報道をなぞっていたロシアも落下になっている。

複数の報道を読み比べられる環境にあって、どれが正しいかも判断できるのだから。それでも本国から配信される情報の役割とは。

それはそうと、明日の最高人民会議で、次期総書記のビックリ仰天発表なんてことがあるのだろうか?

人気ランキング
by tetorayade | 2009-04-08 21:38 | 社会ネタ