人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

予定調和の曙の東京マラソン断念

きょうのWBC・韓国戦は、ダルビッシュが初回に3点取られた時点で勝つ気はしなかったので、WBCネタは封印しておこう。

それ以上にふがいなく、腹立たしいのはやっぱり曙太郎だろう。最初から無理に決まっている東京マラソンの出場をドクターストップがかかったことで正式に断念したことを発表した。

これも最初からの筋書き通り?

あの250キロあまりの巨体で42・195キロ歩くだけでも無理なことは小学生でも分かる。

ジャンクスポーツの企画だから、半分はバラエティーだ。曙の練習風景を流すだけでも一つのコーナーが作れる。

ただ、それだけのことだった。

つまり、最初からマラソンに出場する予定はなかった。

「曙太郎がフルマラソンに挑戦します!」
それだけでもスポーツ新聞は記事にしてくれる。
その話題性だけが曙の役割だった。

ただ、練習している風景は撮影する、という条件で。

で、何度聞いたことかこのセリフ回し。

「今回は家族と約束したので絶対完走する」と悲壮感を漂わせたが、曙の約束なんて破るためにある口約束でしかない。

相撲界を引退後はダメオヤジぶりしか子供に見せていない。これでは子供がかわいそうであり、子供がいじめの対象になる要因になったりする。

家族を食わせるためにはどんな仕事でも受けるのはいいが、醜態を晒して家族を悲しませなくてもいい。

今の体重から半分、100キロ台まで体を絞らないとマラソン挑戦なんて土台無理な話し。

そこまで体づくりをして、来年とはいわない。2年後でも3年後でもいいからリベンジすることが曙に課せられた家族との最後の約束だ。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-03-18 21:43 | スポーツネタ