日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

北朝鮮お得意の常套手段

テポドン2号の発射実験で北朝鮮がお得意の常套手段を使ってきた。

国際海事機関へ4月4日から8日にかけて「人工衛星」を発射する、と正式に通告した。

日本海と太平洋を結ぶ軌道だというが、なぜその軌道が必要なのか。

通信衛星を運搬するための準備の一環らしいが、45度の角度をつけずにほぼ垂直に打ち上げればいいのに。

角度をつけた結果、ロケットの1段目が日本海へ、2段目が太平洋に落下する、と警告している。

北朝鮮は人工衛星と主張しているが、軌道が明らかに日本とアメリカを威嚇するもので、迎撃体制を敷かなければならない。

迎撃命令は浜田防衛大臣が下し、麻生首相が承認する、ということになるのか。

そんな決断はできない、とばかりに逃げ出したりはしないだろうな。

4月4日はたしかオカマの日だった。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-03-13 07:41 | 海外ネタ