人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

麻生内閣総辞職のトリガーを引いた中川酔っ払い大臣

森元総理が朝ズバに生出演してどうして記者からの質問に対して「やかましい!」とさえぎったかを弁明していた。

それによると、その日の会合は民間人との会合で、政治的色彩は一切ないので、騒がないように事前に政治部記者には申し入れていたらしい。

にもかかわらず、料亭から出てくると大勢のマスコミが待ち受けていた。約束が違うではないか。それで「幹事会社!政治部はいないのか!」と聞いたが返事がない。それで一気に怒り心頭モードにスイッチが入ったらしい。

このように政治部の番記者と政治家は阿吽の呼吸でつながっていることを図らずも暴露してしまった。つまり、政治家がこれはオフレコといえば、政治部の番記者は本来なら国民の利益のためにも報道しなければいけないことを村八分になるので書かない。政治部記者と政治家の間には特に癒着構造があるようだ。

中川財務大臣の番記者なら大臣の酒癖の悪さは重々知っているはず。だから、風邪薬を飲みすぎたという苦しい弁明が真っ赤な嘘だということも知っているはずなのに、番記者はみざる、いわざる、きかざるを貫き通す。

宮中晩餐会の酔っ払っての失態も番記者が小遣い稼ぎに週刊誌記者リークしたものと思われる。

麻生内閣の支持率がとうとう一桁になったというのに、麻生首相は酔っ払い疑惑の中川財務大臣をかばい更迭するどころか続投する考えを示した。

本人の申告どおり風邪薬のせいとみなし「体調管理に気をつけるように」。麻生首相自身も中川大臣の酒癖の悪さは知っているはず。

中川財務大臣を任命したのは麻生首相。任命責任があるなら、下手にかばったりせず潔く更迭するべきだ。

それでなくても発言が日ごとにブレまくり、もはや国のトップの体をなしていない麻生首相。

中川酔っ払い大臣が、麻生内閣総辞職のトリガーを引いてしまった。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-02-17 07:26 | 社会ネタ