日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

中国で始まっている?パンデミック

毎週土曜日は青山繁晴が怒りを露にする日だ。

で、7日のテーマは「パンデミック」。青山繁晴は中国ではすでに始まっているのではないか、と疑いの目でこの問題に迫る。

中国では今年1月の1カ月だけで鳥インフルエンザに7人がかかり、そのうち5人が死亡したことを発表した。

死亡したのは16、18、19、27、31歳と若い人ばかりだった。

死このうち、19歳の北京市在住の女性は市場でアヒルを買ってきて、家で解体しているときにアヒルの内臓を触ったために感染したと見られている。

ここまでなら、鳥からヒトへの感染で断ち切れるのだが、彼女の場合は入院した病院で彼女に接した看護師が発熱を起こし、その後回復したとだけ発表した。

中国は情報を統制するのではっきりしたことが分からないが、ヒトからヒトへ感染した疑いがもたれる。

鳥インフルエンザは鳥から鳥に移っていたものが、鳥から豚になり、鳥からヒトへ移るようになり死に至っている。

恐れられているのは、鳥インフルエンザがヒトからヒトへ爆発的に感染していくパンデミックだ。

この北京の病院でのケースはヒトからヒトへの感染が疑われるにも関わらず、中国当局は詳細を発表しない。看護師がその後どうなったかの情報が一番知りたいところだ。

中国が1月に発表した背景にはパンデミックが中国では起きている可能性あるわけで、これまで隠していたことのエックスキューズのために今回発表したのではないかと青山繁晴は読む。特に情報がまったくもって伝わらないチベットでその可能性が高い、と懸念する。

パンデミックが発生すると厚生労働省では日本では60万人の死者が出ると予測しているが、220万人説もあるようだ。

それで、厚生労働省が今何をやっているかというと新型インフルエンザにはまったく効果がないプレパンデミックワクチンとタミフルを大量に備蓄している、というのだからこれまた税金の無駄遣いである。

プレパンデミックワクチンとは鳥からヒトへ移るときのインフルエンザには効くが、ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザには効かない。

パンデミックが発生すれば学校閉鎖はもちろん、電車移動のサラリーマンは在宅勤務体制を敷くことになる。とにかく自宅でじっとしておくしかないのだが、その間の食料はどうする。

自衛するには今から大量に食料を備蓄しておくしかない、ということのようだ。

人気ランキング
[PR]
Commented by いさた at 2009-02-09 10:33 x
おはようございます。

>...税金の無駄遣いである。

新型インフルエンザに確実に効果が期待できる、というワクチンや薬ができるのは、パンデミックが起きた後のことでしょうから、事前対策としてタミフルを備蓄しておく、というのも仕方がない話でしょうね。

いずれにせよ、政府の対策は一般庶民までは及んでいなかったと思うので、自衛せねばなりません。

中国で既にパンデミックが起きているならば、それを公開して、世界的に協力できるようにしないと、中国のつまらんメンツのおかげで世界中に大量の死者が出る、という事態に広がる恐れが大きいのでは。
SARSの時の記憶がよみがえってきます。
Commented by tetorayade at 2009-02-09 22:19
>いさた さん
今のインフルエンザにタミフルは効くけども、新型インフルエンザには効かない。問題は新型インフルエンザのワクチンが必要なわけですから役に立たないものを備蓄しても無駄なだけなんですがね。一見、対策をやっているように見えて、お役所得意の税金の無駄遣いです。
中国があえて発表したのは、隠された真実を小出しにするためのいいわけ。中国が不利になることはあえて発表しない。それが中国。
Commented by meimei at 2009-02-09 22:32 x
この不況時に国内で流行したら、立直れないですよね。
資金の手当てどころではないし・・・。景気回復まで何も起きて欲しくないです。
Commented by tetorayade at 2009-02-09 22:42
>meimei さん
本当にパンデミックになったら一歩も外へ出られません。
経済活動も完全にストップしてしまう。泣きっ面にハチ。
Commented by じゅん at 2009-02-09 22:43 x
病院関係の仕事をしているので一言。
タミフルの備蓄は決して無駄ではないです。
インフルエンザにはいろいろな型があって、
タミフルを飲んでなおインフルの症状がおさまらない場合
インフルの型の特定が早くでき、結果的に被害拡大を
最少に抑えることに役立つと言われています。
同様に、一般で行われているインフルの予防接種も
無駄ではないです。
Commented by tetorayade at 2009-02-09 22:50
>じゅん さん
タミフルはインフルエンザには役にたつけど、新型インフルエンザには役に立たないということがいいたかっただけです。
Commented by じゅん at 2009-02-09 23:06 x
タミフルや予防接種は、鳥インフルや新型インフルの
早期発見、被害拡大に役立つという主旨でした。
たしかに、鳥インフルや新型インフルに罹患した後では
役に立たないかもしれませんが・・
Commented by すきやき at 2009-02-10 00:19 x
新型にタミフルが必ず効かないって訳でもないですよ。
タミフル耐性株から新型に移行した場合には効かない可能性が高いですが。

一般電役で高信頼度のリーチがかかりました。
しかし持ち玉は0。
当たってから借りては間に合わずにパンク。
1000円突っ込んでおきますか?
って感じです。

ちなみに新型には通常の2倍量投与が想定されているので、現在の備蓄量だとまったく足りません。
Commented by tetorayade at 2009-02-10 21:21
>じゅん さん
罹患という専門用語に恐れ入りました。
パナソニックが海外で駐在している家族を早期に帰国させる措置をとりましたね。パンデミックになったら遅い。特に中国はすでに発生している可能性も高いし。
実際、パンデミックになってみないと想像できませんが、食料の買占めが起きるんでしょうね。
Commented by tetorayade at 2009-02-10 21:24
>すきやき さん
鳥インフルエンザでも鳥からヒトへの感染だけならさほど怖くないのですが、突然変異で、それがヒトからヒトへ感染するようになったときがパンデミックでもあり、それにはタミフルもプレパンデミックワクチンもまったく効果がないと聞いたんですが。
Commented by すきやき at 2009-02-11 18:05 x
鳥からまれに人に感染する状態のウィルスと、
人から人へ容易に感染する状態のウィルスでは当然遺伝子に「差」があります。

その際、いま鳥インフルのワクチンが効くための部分(鍵みたいなもの)が変化して、ワクチンが効かなくなる可能性は充分にあります。
一方、変化した箇所はワクチンが効くこととはまったく関係ない部分かもしれません。

プレワクチンが効く条件が、鳥インフルから新型への条件を含むのなら、効かないと言えますが、そうでないのなら
「効かなくなるリスクがある」というだけです。
タミフルも同様

あとは、そのリスクに対してどれだけ賭けにでるかってことです。

もちろん「効かないという情報のほうが信用に足る」という上での批判は、誰はばかるべきものではありません。

国立感染症研究所の感染症情報センターのQ&A(URL)に見解が書いてます。

食料の備蓄は確実に効果ある良い手です。
が、こういう手も

微量の塩素系薬で空気中のウィルスを殺菌する薬。
大幸薬品 「クレベリン」
Commented by tetorayade at 2009-02-11 21:25
>すきやき さん
大幸薬品株が急騰しそうな情報ですね。
ウィルスは湿度に弱いということですから加湿器にそれをちょこっと入れて家にこもる。食料を大量に備蓄して。これでパンデミックが収まるまで自衛。
by tetorayade | 2009-02-09 07:38 | 海外ネタ | Comments(12)