人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

赤福が嫌いな朝日記者

宝永4年(1707年)創業の赤福には、その培ってきた伝統がある。赤福を食べて食中毒を起こしたら問題だが、白い恋人の賞味期限の改ざんを受けて赤福にもそのとばっちりがきたのは2年前。

一度製造した商品を冷凍保存し、解凍した日を製造日と表示する消費期限偽装などが発覚。食品衛生法に違反したとして、約3カ月間、営業禁止処分を受けた。

営業再開後は「当日製造、当日販売」を原則としている。

赤福がインターネット販売を開始することでこの「掟を破る」と噛み付いたのが朝日新聞だ。

ネット販売だと注文の翌日到着となるのでその原則が破れる、と鬼の首でも取った気分だ。この記事を読んでいるこっちが不快な気分になる。

ネット販売できないのは北海道と青森のほぼ全域とあとは離島。

そもそも赤福は300年の伝統を誇る保存食である。あんこは腐らないし、中のもち米も日持ちする。

昔の人が歩いて伊勢参りに行っていたころからのお土産用の銘菓である。昔の人が考えた保存食を1日遅れたぐらいで、警鐘を鳴らす朝日の嫌らしさが購読離れを加速させる。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-02-03 07:40 | 社会ネタ