人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

青山繁晴が予測する2009年

「世界の危機は実はアメリカだけの危機であって日本には『チャンスの』年。円高は不況になるから困るという考え方をチャンスに変える年」と断言するのは青山繁晴。

年末にロンドンへ行った。

不景気でへこんでいると思ったら、この時期7割引のセールがあるのですごい活気があったそうだ。中国、韓国人観光客は激減しているが、日本人にとっては一昨年1ポンド240円だった為替が去年の年末は1ポンド130円。

7割引セールスとあいまって円が4倍の強さになっていることを体感したようだ。

一方、国内に目を向けると自民党の崩壊が確実に始まっている。

5日に始まった通常国会で、自民党の小池百合子が与謝野馨経済財政担当大臣に対して、今回の不況がハチに刺された程度と今でもそう思っているか、と質問したそうだ。

国会の場で自民党同士がもめているんだから、末期症状。渡辺喜美議員は13日に離党届を提出する。

総選挙で自民党大物議員が相次いで落選し、自民党の54年の歴史に幕が下ろされる、と読んでいる。

霞ヶ関は民主党が政権を取ったことを想定して、その準備に入っている、とか。

渡辺喜美議員は公務員制度改革法に政治家生命を賭けているともいえる。天下りを廃止することに執念を燃やしてきたが、「麻生さんでは行政改革はできない」と政令でワタリが許されたことに怒りが沸点を超えた。

民主党が政権を取ったら、小沢代表は渡辺喜美にもう一度行革担当大臣を任命する密約は進んでいる。

渡辺喜美以外にも民主党へ行くのではないかといわれているのが山拓と加藤紘一の2人だが、民主党の若手議員からは「いらない自民党議員」の最右翼にリストアップされているのがこの2人。

旧世代の人を船に乗せると、船そのものが沈んでしまうことを懸念している。

次の総選挙で落選する大物議員とはこの2人も入っているのだろうか。

あと、1週間あまりでオバマ新大統領が誕生する。

就任が近づくにつれ、オバマはマイナスなことばかりを発言するようになっているという。

300万人の雇用創出をぶち上げているが、この人数というのは実はリーマンショックによる昨年10月以降だけで失業した295万人を指すもので、不況が本格化する今年は、その数はもっと増える。

つまり、今年失業した人に関しては、雇用創出はできない、ということでもある。

アメリカ民主党は平和的と思われているが、ベトナム戦争は民主党のケネディ大統領の時代だった。民主党の理念は戦って自由を勝ち取ることにあるようだ。

1929年の世界恐慌。このときアメリカはニューディール政策で不況を克服した、といわれているが、本当は第2次世界大戦があったからだ。

オバマ新大統領はイラクから撤退した後は、アフガンへ兵力を集中させる。

このことが意味することは…

青山繁晴はイスラエルはイランと戦争を起こすといっていた。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-01-11 09:49 | 社会ネタ