人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

プラチナの先物で泣いた人

知り合いが先物で600万円の大損をこいて手仕舞いした。

中年の独身。小金は貯めていた。

本人は至って冷静。

「1000万円稼ぐ仕事をして取り戻せばいい」と開き直っていた。

最初は30万円から始めたようだが、レバレッジは少ない元手で儲けるときも大きいが、損するときもこんな結果を招く。

で、何の先物をやっていたかというと、プラチナだった。

そのとき初めて知ったのだがプラチナは自動車の排ガスの触媒に使われているので、安定した銘柄だったようだ。

本人にすれば手堅い銘柄だった。

ところがサブプライム~リーマンショック~自動車不況でプラチナの需要に急ブレーキがかかったために、プラチナ価格が暴落。

600万円損して平然としていられるのは、1000万円儲ける自信があるからなのだろうが…

自動車産業が急激な収縮を迎える中で、プラチナが暴落する一方で、貴金属のプラチナも値下がりしたために、こっちは売れに売れている、という。

円高の影響もあり例えば、23万円の指輪は18万円に、63万円のネックレスは50万円に下がった。

資産的価値にもなるので、安いときに買っておこう、という心理のようだが、しょせん庶民には関係のない話。

プラチナは腹の足しにはならない。

人気ランキング
by tetorayade | 2008-12-23 21:36 | 社会ネタ