人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
銀座の高級クラブが存続の危機に立たされている。

接客を伴う夜のお店は、クラスター発生源になった実績があるため、休業要請が解除されるメドも立っていないのが実情だ。

休業要請に応じることはまさに死活問題。

で、こっそり営業しているクラブもあることもまた事実。

馴染み客だった中小企業の社長が漢気を出して、クラブの売り上げに協力することを思い立った。

そのクラブは月の固定費だけでも700万円もかかる。

ママから窮状を聴いている社長は、社員に対して先着20人をクラブへ連れていくことを発案した。

1人、座るだけでも3万円というクラス。

クラブは感染症対策としてフェイスガードに、雨合羽を防護服代わりに羽織り、接客は1メートル以上離れて行う、という徹底ぶり。

ミネラルウォーターは消毒済みのものを使用。氷は客ごとに袋から出して使う。

で、社長の誘いに乗った社員はゼロだった。

防護服代わりに百均で買ったレインコートを着て、フェイスガードに、1メートル離れた接客をしてもらって誰が楽しい、という話だ。

そんな接客では銀座の高級クラブの風情もなにもあったもんじゃない。

銀座から高級クラブという業態が姿を消すのも時間の問題だ。



# by tetorayade | 2020-06-04 00:18 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
6月1日から地元図書館が再開した。

実に3カ月ぶりである。

人ごみを警戒してソーシャルディスタンス体制も万全だが、ものの見事にガラガラ。いつもは、空席がないほど埋まっているボックス式ソファーもゼロ。

いつもは行き場のないお年寄りで埋まっているのに、あっけにとられる光景である。

感染すると重症化するお年寄りは、そこまで警戒してのことか?

しかし、ゲートボール広場はお年寄りのグループで一杯だった。これは外なので危険性が少ない、さらに仲間がいるからできることで、孤独なお年寄りはしばらくは室内空間は避ける傾向が続くのだろうか?

よくよく観察して分かった。

滞在時間を30分以内としているが、長居をさせないように椅子やテーブルはすべて撤去。座る場所もないので、本を借りたい人以外には来ない。





# by tetorayade | 2020-06-03 00:12 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
裕一の幼馴染の鉄男は、子供のころは貧乏人の設定だ。しかし、新聞社に勤務すればそこそこの給料は貰っているはずなのだが、気になるのが鉄男のシーンではいつも同じジャンパーを着ていること。


鉄男には同じジャンパーしか着させないつもりか?_b0017844_08274832.jpg
希穂子との回想シーンでもこのジャンパーで、服はこれしかないのか、と突っ込みたくなる。

驚いたのは登場人物の紹介の衣装が同じだったこと。


鉄男には同じジャンパーしか着させないつもりか?_b0017844_08280072.png
演出家は鉄男にはこのジャンパー以外に着させないつもりなのか?

いつまで、このジャンパーを着続けるのか逆にウォッチングするのが楽しくなってくる。

# by tetorayade | 2020-06-02 00:27 | テレビネタ | Trackback | Comments(0)
関空の開業に合わせてりんくうタウンが開発された。

関空から連絡橋を渡った場所がりんくうタウンで、ここの開発を巡って日本の大手企業グループ、デベロッパーがこぞって構想をぶち上げ、参入を目論んだ。それは現代の宝島とも持て囃されて、どこがコンペに勝つかが注目された。

ところが、加熱する開発構想に冷や水をあぶしかけたのが、バブル崩壊だった。

熱心に手を挙げていた企業はこぞって撤退を表明。関空が開港してもりんくうタウンの開発は凍結され、空き地が目立った。

この時の状態とまったく同じ状態になったのが、IRカジノだ。

世界的なコロナ禍で日本に進出表明していた名だたるオペレーターはトーンダウン。中でも横浜当確が確実視されていたラスベガスサンズが撤退を表明したことは、衝撃だった。

日本の投資は採算が合わないということだが、そもそも1兆円も投資して回収できるわけがない。VIP客である共産党の富裕層も賄賂がなくなりおカネを落とす余裕がない。

IRの狂騒曲もりんくうタウン狂騒曲の時と全く同じ構図。

バブル、コロナという見えない難敵にいとも簡単にやられてしまった。

大阪・夢洲にカジノができたとしても、相当規模が小さくなるような予感がする。

MGMに逃げられたらIRカジノそのものが塩漬けになる。

りんくうタウンも時間をかけて街になったように、夢洲の開発も時間がかかりそうだ。

# by tetorayade | 2020-06-01 00:24 | 社会ネタ | Trackback(2) | Comments(0)
都内在住の中年サラリーマンはここ2カ月余りテレワークが続いている。

この間、パチンコも控えていた。

東京も緊急事態宣言が解除したことを受けて、有休をつかってパチンコを打ちに行くことを決めた。

「2カ月もやらないと財布の中に10万円が貯まっている。その間、パチンコのゲームで気を紛らわせていたけど、店が開くとやっぱり行きたくなる。明日は打てると思ったら嬉しくてたまらない。パチンコゲームは実際の店舗へ誘導させるものということがよく分かった」とパチンコへ行くと思っただけでワクワク感が止まらない。

この人のように、ヘビーユーザーはパチンコを止めていると財布が増える、といった表現をする。

決して貯まっているわけでも増えているわけでもない。使わないから減らないだけなのだが。

「営業再開した時は店も出すでしょう。その期待があるから行く。いきなり回収では客は来なくなる。2~3回負けたらもう行かなくなる」

これもヘビーユーザーの口癖で、もう行かない、と言って行かなかったためしがない。

酷い二日酔いになって「もう二度と酒は飲まない」というのとまったく同じ。

パチンコは負けるから行く。

これがパチンコの真理である。




# by tetorayade | 2020-05-31 00:45 | 業界ネタ | Trackback | Comments(0)
朝ドラは面白いとかきなぐりのネタになる。

久しぶりにエールは面白い。

で、登場人物の一人が、竹久夢二の美人画から飛び出してきたような脇役が気になる。

女給役の希穂子が大正ロマンたっぷりでいい味を出している。


エールの女給役希穂子は売れる!_b0017844_13233051.jpg
この表情などは竹久夢二の美人画のモデルそのものである。

ちなみにこれが夢二作。


エールの女給役希穂子は売れる!_b0017844_13344297.jpg
で希穂子を演じているのは、入山法子。

聞いたことない。

朝ドラが終わったらたぶん、引っ張りだこになるだろう。

朝ドラは主役よりも脇役の方が、のちのち売れる傾向がある。


# by tetorayade | 2020-05-30 00:23 | テレビネタ | Trackback | Comments(0)
仙台は東京からは新幹線で2時間。日帰り出張圏内だが、コロナで観光業は4月、5月は95%減の大打撃を受ける中、関係者は危機感を強めている。

観光客が戻って来ないのなら、せめて日帰りのビジネス客だけでも宿泊させたい。その知恵を借りたいのがコンサルタントだ。

サラリーマンにとって宿泊出張は地方の名産に舌鼓を打ち、美味しい酒を飲むのが楽しみの一つだ。

そんな楽しみがコロナによって奪われようとしている。

大企業になれば、なるほど社員の数も多く、出張経費もかかる。テレワーク、リモート会議、リモート商談が急速に浸透している。

わざわざ出張しなくても、仕事ができるとなれば、会社は経費削減のために、テレワークを継続させる方針すら打ち出している。

そうなると、日帰り出張はもちろん、宿泊出張なんか、夢のまた夢になってしまう。

日帰りにしろ、宿泊出張にしろ、これがなくなれば、影響を受けるのは、JRに航空会社、宿泊業、夜の飲食店が大きな影響を受ける。

こういう関連ビジネスを衰退させないためにも、宿泊出張をなくしてはならない。



# by tetorayade | 2020-05-29 00:04 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
テレビ局はCMが激減しているので、番宣で凌いでいる。

広告が減っているのはJRの車内吊り広告然り。交通広告を扱っている代理店からは悲鳴が上がるほど激減している。

それならは、と。

テレビが番宣で枠を埋めるのなら、JRは自社の広告で車内吊りを埋める。

それが以下の写真だ。


JR車内吊り広告をJR広告がジャック_b0017844_17443356.jpg

JR車内吊り広告をJR広告がジャック_b0017844_17442085.jpg

JR車内吊り広告をJR広告がジャック_b0017844_17440956.jpg

JR広告のオンパレードである。

お見事というしかない。



# by tetorayade | 2020-05-28 00:43 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
緊急事態宣言が全国的に解除され、日常が少しずつ戻ろうとしている。

コロナ自粛の間、新たに始まったのがリモートワークだ。会社に出社することなく、自宅でパソコン相手に仕事をこなす。これがやってみれば、実際、支障がない。となれば、自粛解禁後もリモートワークを続けたいと思う人は少なくない。

そりゃ、そうだ。

満員電車に乗ることなく、仕事がこなせるとなれば、リモートワークのいいに決まっている。

テレ朝の玉川徹も「朝、1時間ゆっくりできる」という理由でリモートワーク続行希望派だ。

毎日の痛勤から解放されるだけでも、どれだけストレスが解消されるか。

さらに社内の人間関係からのストレスも解消される。

通勤に往復2時間もかかっていたとすれば、この2時間を他のことに有効に使える。

会社が終わって飲み屋に行く、ということもないので、居酒屋へは夕方5時から行ける。サラリーマンがやってくる7時にはすでに出来上がって2次会、3次会へと向かっている。

リモートワークができる職種ならどんどんやるべきだ。

そんな環境になって11年が過ぎた。





# by tetorayade | 2020-05-27 00:10 | 社会ネタ | Trackback(172) | Comments(0)
都知事選は小池の対抗馬もない。ホリエモンが候補を匂わせているが、小池は歯牙にもかけない。

このまま無風で都知事選が行われるのは、都民には悲劇である。

では、小池の対抗馬で、小池に楽勝する人材と言えば橋下徹をもって他にいない。

今や維新の吉村知事の人気は、ポスト安倍の最右翼として総理候補ナンバー1である。

政界には二度と戻らない、と繰り返す橋下がここで都知事選に立候補すれば、東京と大阪の首根っこを維新が牛耳ることになる。大阪色の強かった維新は東京では人気がなかったが、緑のタヌキ小池よりも、橋下を選択する。

今や吉村知事の頑張りで野党の支持率では維新がトップである。

自民党も公明党と連立を組むよりも元々シンパシーがあった維新と連立を組む方がいい。

給付金10万円を巡り、自民党は公明党に泥を塗られた。

破綻寸前の夫婦は離婚して、新たなパートナーと再婚する方が新しい道を歩める。

維新が躍進するタイミングは橋下が東京都知事になることだ。

東京、大阪を抑えた後は、愛知県の大村知事の首を獲りに行く。

アフターコロナは政界再編のまたともないチャンスである。政界に未練がないといっていた橋下が都知事選に出馬することが日本を変えることになる。





# by tetorayade | 2020-05-26 00:38 | Trackback | Comments(0)