人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
宮迫とのマネジメント契約を打ち切った吉本興業はペラ1枚で発表しただけで、会見の予定はない、という。

宮迫もメディアの前で引退会見することもないようだ。

重大な発表なのに、なぜ会見しないのか?

「反社会勢力との関係を持っている8組の噂がある。証拠写真が週刊誌へ持ち込まれている。その都度会見するのも大変なので、それなら一切やらない方向になった」(在京キー局関係者)

吉本の長い歴史の中でこんなもんでは終わらないだろう、というのが普通の考え。

ただ、これは吉本に限った話ではない。

東京の事務所に所属する3人組の大物芸人2組の名前も挙がっている。

1組は親族がヤクザだったりする。




# by tetorayade | 2019-07-21 00:01 | 芸能ネタ
かつて、パチンコとタイアップした演歌歌手は次の通りだ。


ほとんどの大物歌手がパチンコになっているが、演歌歌手とヤクザは相性がいい。北島三郎の兄弟仁義はヤクザの世界を歌ったもので、今ならテレビで歌うことも憚れる。美空ひばりや北島三郎の時代はヤクザとの付き合いが確実にあった。

暴排条例が制定されてからは、ヤクザとの関係を厳しく追及される時代になった。

吉本芸人の闇営業問題がまさにそれ。

直営業ではなく、反社会勢力との金銭授受が糾弾された。

最近、あるパチンコメーカーが演歌歌手のタイアップ機を開発することになった。契約を結ぶ際、暴力団との関係を問う項目があった。それに対して、プロダクション側ははっきりと付き合いがない、と言い切れずに企画が流れてしまった、という。

若手演歌歌手で人気のある歌手だろうか?



# by tetorayade | 2019-07-20 00:01 | 業界ネタ
宮迫が第二の紳助になる日がとうとうやってきた。


b0017844_23472965.jpg

19日発売のフライデーで金塊強盗と飲んでいる証拠写真を撮られていたようだ。

これで完全に芸能界から追放されることとなるだろう。

この報道を受けて宮迫から重大発表があるようだが、芸能界引退でけじめをつけるしかない。

自身の浮気問題は「オフホワイト」と笑いに変えていたが、これは真っ黒ケッケ。

雨上がりもこれで終わった。



# by tetorayade | 2019-07-19 00:01 | 芸能ネタ

新宿スナック物語

新宿にあるスナックでの出来事。

ママは80過ぎ。

ここの常連客とママの間でトラブルが起こった。

トラブルを起こした客の父親は40年来の常連で、ツケで飲んでいた。月末になるときっちり払ってくれたのでツケが効くようになった。その息子が今回の問題を起こした客だ。

父親がしっかりしていたので、息子もツケで飲ませていたが、父親が死ぬと月末になってもツケを払わないようになった。

それが何回か続いたので、現金払いでないと飲ませない、と言うよ「その理由が分からない」と逆切れした。

今まではきっちり払ったからツケが効いたのに、月末の精算ができなければ、ツケが効かなくなることぐらい子供でも分かりそうなものだ。

信頼関係があるからツケが効いたが、その関係が崩れたらツケが効かない。当然のことだ。

すると、ツケを値切ったり、計算が間違ってる、と難癖を付けて額面通りに払おうともしない。

半ば出禁状態になった。

すると、よその店でママの悪口を言って回ったり、開店前に玄関先に届けられていたオシボリがなくなったりする被害が出た。

その様子を見て、ママは「韓国の文大統領と全く一緒」と切り捨てる。

その客も在日韓国人だった。

日本政府も韓国との信頼関係がなくなったので、ホワイト国の指定を外しただけ。信頼関係を失わせた方が悪いのに、反省するどころか逆切れして嫌がらせを行う。

そういう意味では、一般人も大統領も国民性は一緒だ。

この店の常連にM社の社員がいる。

後輩や同僚と飲みに来るのだが、いつも話は会社への不満ばかりが口をついて出る。

「ウチの会社はイエスマンじゃないと出世できない。反発するとどんな人材がやってもダメな店を押し付ける」

社内は社長派と反社長派に二分されいるが、このスナックの常連社員は反社長派。

「ろくに仕事もできないのに、社長になっている! 社内はどこも採ってくれない人材ばかりが残っている。Mというだけで同業は採用してくれない。Mというブランドが転職の邪魔になっている。業界外も10~20社受けて全滅。一流大学出身も落第生ばかり」とくだをまく。







# by tetorayade | 2019-07-18 00:01 | 社会ネタ
吉元興業には、吉本芸人専用におカネを貸す「吉本ファイナンス」がある。


b0017844_08454807.jpg

なぜ、吉本がファイナンス会社を作ったのか、ということだ。

それ以前は、吉本芸人と言えば、給料が安定していないだけでなく、薄給ため一般のファイナンスが受けられないので、闇金に手を出していた。

闇金=ヤクザである。

興行の世界とヤクザは切っても切れない関係がある。

暴対法以前なら暴力団の祝い事には芸能人が顔を出したものだ。特に3代目山口組の田岡親分と美空ひばりは昵懇の間柄であったのは有名な話だ。

浅草で公演中に熱烈なファンから塩酸を顔にかけられたひばりは、「神戸のおじさん」に庇護を求めた。田岡が立ち上げた「神戸芸能社」の合法的プロダクションの傘下に入った「ひばりプロダクション」には、田岡が役員になっている。田岡との家族ぐるみの付き合いからひばりの弟がヤクザになったことも有名な話だ。

話を元に戻すと闇金との関係を断ち切るために、吉本自らが所属芸人におカネを貸すファイナンス会社を興したが、金利が暴利だとも言われている。

貸し倒れを防ぐために、「相方制度」を導入して、コンビの相方に支払わせる方法を取っている。

地獄の吉本ファイナンスに手を出すぐらいなら、直営業をやった方がいい。

会社は報告義務は課すものの直営業を認めている。

それだけ、若手の頃は給料が安いからだ。芸人は安定した給料では面白い芸はできない、という理由もあるが、芸人になるなら東京のプロダクションを目指すしかない。



# by tetorayade | 2019-07-17 00:01 | 芸能ネタ

あり得ない写真

絶対にありえない写真を発見した。

これがその写真。


b0017844_11231473.jpg

70年代アイドルの天地真理がカシオのデジカメのCMに使われている。

天地真理が国民的アイドル時代を知っている人なら、すぐにピンとくる。

国内初の民生用デジカメが発売されたのは1995年のことだ。

で、天地真理がデビューしたのは1971年で、この写真はデビューから2~3年後と思われる。

仮に1975年に撮影された天地真理とすれば、20年後の1995年にこの美貌があるはずもない。

明らかに合成写真であることが分かるが、天地真理を知らない世代だとこの写真を違和感なく受け入れることだろう。

# by tetorayade | 2019-07-16 00:01 | 社会ネタ
中小ホールながら企業年金基金制度を設けているホールがある。

スタートしたのはもう30~40年も前のこと。

経営者もそうだが、従業員も在日が多かったために退職後も生活が困らないようにするために始めたものだが、制度が破綻しかかっている、という。

昔は働き手も多かったが、今は店舗も縮小して働き手も少なくなる一方である。その一方で退職者は増える。

低金利時代に運用益も出ない。

いずれ、企業年金は止めることになるというが、そういう制度を設けていたことに感心させられた。

# by tetorayade | 2019-07-15 00:01 | 業界ネタ
参議院候補のおだち先生のツイッターが凍結状態になっている。


b0017844_17465571.jpg

この原因を一般紙の記者が探り始めた。重大な選挙違反でも発生したのではないか、と。

ツイッター社にも問い合わせしたが返答はない。

おだち事務所にも問い合わせの電話を入れたが「ここでは分からない」と要領を得ない。

ITジャーナリストに問い合わせて明らかになったのが、ツイッターでは暴力を賛美するようなものがアカウント凍結の対象になる。

それで思い当たるのがアントニオ猪木によるおだち先生への闘魂注入だ。

これはパフォーマンスとして日本人には受け入れられているが、ツイッターでは暴力行為とみなされる。

このお膳立てをしたのは、平和の元社長である石橋保彦氏であることは明らかだ。アントニオ猪木の後援会会長でもある石橋氏は、アントニオ猪木のパチンコ・パチスロで大儲けさせてもらった間柄である。

選挙応援を盛り上げるためにアントニオ猪木に登場してもらって闘魂注入してもらったのはいいが、これが暴力行為賛美と受け止められたのではたまったものではない。

ツイッターのアカウント凍結が今後どのような影響を及ぼすかは見当もつかない。








# by tetorayade | 2019-07-14 00:01 | 社会ネタ
韓国の国会議員から民団のホール経営者に一本の電話が入った。

用件は野党の先生を紹介して欲しい、という内容だった。

日韓関係が最悪の状態の中で、日本側から輸出品3品に規制強化した。その暁には韓国経済は壊滅状態に陥る。自民党に話し合いを申し入れても聞いてもらえない。それなら野党の先生に仲介役になってもらいたいので、橋渡しをして欲しいということだ。

野党議員の秘書が折り返し韓国議員に電話した。

「韓国政界については与党も野党も関係ない。安倍首相ではなく国民の総意。野党でもその措置を反対している者はいない」

安倍政権のやることは何でも反対する野党がこんな考えを持っているとは思ってもみなかった。

文政権を韓国民の手で引きずり降ろさない限り、日韓に未来はない。

これまでの非礼を詫び、韓国民の手で親日派政権を誕生させるしかない。

# by tetorayade | 2019-07-13 00:01 | 社会ネタ
いつのまにやら中学校の授業でダンスが必須科目になったようだ。

中学校でダンスを習えば、ダンスに目覚めた子供たちが町のダンス教室に押し掛ける、なんてことを連想していたら現実は大きく違った。

ダンス教室を取材して分かったことは、幼稚園のの頃から続けてきたのに、高校に入学すると教室を辞める現実だった。

バブリーダンスで全国的に有名になった大阪府立登美ヶ丘高校ダンス部のように、関西はダンス部が強い高校がたくさんある。ダンスを続けたい子はダンス部のある高校に進学して、ダンス部に入るので、ダンス教室を辞めてしまう、ということだ。

第一、高い月謝がいらない。

ダンス教室の共通した悩みが高校生がいないことだった。

「一番のピークはEXILEが登場した10年前。インストラクターだけでも30人を抱えていたけど、今は10人もいません。公民館などでやるフリーのダンス講師もたくさんいる。そこは部屋代がかからないので、うちよりも安い」(ダンス教室経営者)



# by tetorayade | 2019-07-12 00:01 | 社会ネタ