日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
突撃体当たり取材が身上の梅毒ライターが、ついにエイズに罹った、という。

ところが、本人は至って元気。落ち込むこともなく、「これからは相手に移してしまうので生ではできなくなった。ちゃんとゴムを付けるしかない」と至って前向き。

梅毒に罹った程度の感覚だが、今やエイズは不治の病ではないらしい。

実際に政府広報のホームページには「コントロール可能な病気」とはっきり書いている。

治療薬が開発されたことで、病状をコントロールしながら普通の生活が送れるところまで医学が発達してきている。

エイズウィルスの増殖を抑え、免疫力を維持できるところまで来ている。

風俗ライターは、その辺はやはり詳しい。

仕事柄血液検査も定期的に行っていて、今回エイズが分かった。

[PR]
# by tetorayade | 2018-04-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
梅毒ライターは取材の過程で色々な人に巡り合う。

このケースは親子の関係にどんなしこりを残すのだろうか?

大阪から出張で東京へ来た会社役員は、仕事が終わり羽目を外そうとした。

趣味の出張型SMクラブに電話を入れた。役員はドMだった。顔の好みを写真で選んだ。

会社の役員なので、いつもシティーホテルに泊まっていた。

部屋がノックされた。

頼んでいたSM嬢のお出ましだ。

ドアを開いて役員はポカ~として声が出なかった。

SM嬢も相手を見て驚いたが、咄嗟に「チェンジしますか?」と言葉を振り絞った。

何と、役員が呼んだSM嬢は実の娘だったのだ。女王様化粧もしているので、我が子と気づかなかった。

お父さんが電話したSMクラブは一晩6万円だった。

とりあえず、平静さを保ちながら娘を部屋に入れた。

お互いに「お母さんには内緒だからな」と共通の秘密ができてしまった。

お父さんはSMクラブに電話を入れ、事情を話し料金が発生しないようにした。

東京に嫁いだ娘は主婦業の傍ら、SMクラブで女王様を演じていた。

親子の血は争えないものだ。娘はドSでお父さんはドM。共通の性癖を通じて親子が出会うなんて、こんな巡りあわせは小説の世界だ。



[PR]
# by tetorayade | 2018-04-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

本当は辞めたい麻生さん

安倍首相の心のよりどころである麻生財務大臣が辞任のピンチに追い込まれている。

セクハラ発言で世間を騒がせている福田事務次官の辞任発表のタイミングで、アメリカで開かれているG20の蔵相会議へ出席のため、日本を離れたので追及の手から逃げることができた。

まさにワンクッションを置くための、辞任発表となった。

福田事務次官が頑なまでにセクハラを否定する理由は、記者と不倫関係にでもあったのだろうか? 体を許しているなら、あの程度の言葉はセクハラには相当しないとの自信でもあるのだろうか?

それよりも麻生さんだ。

もう、すっかりやる気をなくしている。

麻生さんから聞こえてくるのは昭恵夫人への恨み節。

プライドの高い麻生さんのことだから、辞める時は安倍、菅両名への意趣返しで逃亡を図る?






[PR]
# by tetorayade | 2018-04-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
今から23年前にゴールデンタイムで放送されたパチンコ番組の一こまだ。

b0017844_10400964.png




内容はパチンコでベンツを買ったことから、ベンツ小林の名前で攻略雑誌などで活躍していたパチプロが、パチンコ対決するもの。

対戦相手は演歌歌手の秋山涼子。パチンコ歴は3年。

で、勝負の結果は素人同然の秋山の勝利に終わる。

あれから、23年…

ベンツ小林はすっかり過去の人で、現在の消息は分からない。パチプロが食える時代でもない。

一方の秋山涼子は現在でも演歌歌手を続けていた。

b0017844_10475706.png




さすが、演歌歌手だ。

今でも事務所代わりのワゴン車で全国を駆け回っている。

息が長い。





[PR]
# by tetorayade | 2018-04-19 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)
大手メーカー同士の合併がペンディングになっている。極秘裏のうちに進めていたものが、どこで情報が漏れたのかと、犯人捜し的なことをやっているらしい。

ま、この程度で中止になることはないが、当初の日程よりも遅れがちか?

これに関連して、日本でのカジノ運営を狙うこの両社は、モリカケ問題で一切動けなくなった。

「もうこれ以上関わりあいたくない。どこで誰が録音しているかも分からないので、先生方は慎重になっています。それでも無視することもできず、話をお伺いするレベルです」とは議員センセイの秘書。

1年以上も続くモリカケ問題に辟易している。

両社とも今までの努力が水の泡となっている。

特に娘の結婚式にも出席しているとなると「アウト!」。



[PR]
# by tetorayade | 2018-04-18 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
高齢の夫婦二人住まいの一軒家に突如、足場が組まれ始めた。

b0017844_08471797.jpg


それから、しばらくして、おじいちゃんと業者が壁の色の打ち合わせをしている場面に遭遇した。

外壁を塗り直す工事にかかったんだということが分かった。

ところが、工事がストップしたまま1週間以上が経過した。一向に工事が再開される気配がないので、気になって仕方ない。

推察するに、高齢者を狙ったリフォーム詐欺に引っかかったのではないだろうか。

80代の高齢者が二人で暮らす分には、今更外壁を塗り替える必要もない。

それで、身内に相談してクーリングオフした。

それで工事は止まり、足場も撤去されることなく放置されている、と読んだ。

外壁塗り替えの養生のために、トイが外されたまま放置されている姿が哀れだ。



[PR]
# by tetorayade | 2018-04-17 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
この府中市にある建物は、過去5回以上はテレビドラマなどのロケで交番に代わったものだ。


b0017844_13353153.jpg

サイズ感が交番にピッタリだのが良くわかる。


b0017844_13354149.jpg
本業は皮膚科だった。



[PR]
# by tetorayade | 2018-04-16 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
東北のホールでの出来事だ。

そのホールにはカウンターのお局様がいる。

このホールに勤めて28年。ずっと独身で年齢は59歳になっていた。見た目が不細工だから結婚できなかったわけではない。むしろ、美形だった。

そんなお局様にもめでたく春が訪れた。

同じホールに勤める新入りの30代後半の男性からプロポーズされ、晴れてゴールインすることになった。歳の差20歳ぐらいのカップル誕生となった。

年下男は熟女好みだった。お局様はドストライクだった。

皆に祝福されて結婚。新婚旅行先はお局様のリクエストでチベット経由でブータンに向かった。

お局様は仏教文化に興味があったが、年下男は全く興味はなかった。このあたりからすれ違いを感じるようになった。

それからわずか半年余りで二人は離婚してしまう。離婚したのに二人ともそのホールを辞めることなく、険悪なムードで仕事していた。とりあえず、シフトを分けて顔を合わさないようにした。

離婚理由を年下男が店長に打ち明けた。

「とにかく、彼女がSEX好きで全部搾り取られました」

59歳になるまで未婚を通してきたお局様は、無類のSEX好きだった。それまでは一人Hで慰めていたが、それが一気に弾けた。

仕事から帰るとまず、食事の前にSEX、さらに風呂場でSEX、そして、寝る前にもう1回SEX…

1日3回も求められてさすがの熟女好き年下男も精魂尽きた。

体調を崩すだけでなく、勃起しなくなった。

この話を聞いた店長はさっそくオーナーに離婚理由を報告した。

オーナーは70代前半。死別か離婚かは定かではないが、オーナーは独り者だった。このオーナーが無類の女好きで、バイアグラなどを使ってでも女遊びを続けていた。

離婚から半年あまりが経過したこの4月、お局様は社長夫人の座に収まった。

オーナーが半年余りかけて口説き落とした。

好きもの同士のカップル誕生となった。

で、どういう理由なのか、オーナーは別れた年下男に30万円を渡した、という。

離婚があるから結婚できたが、そのきっかけを作ってくれたことに感謝したのか?









[PR]
# by tetorayade | 2018-04-15 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
太陽の塔の内部が一般公開されているが、今は予約がなければ入れない状況が続いている。

b0017844_10243171.jpg

狭い内部なのでそういう措置を取っているのだろうが、8月半ばまで予約で埋まっている。

太陽の塔の予約者に対しては専用通路を設け、専用の窓口もある。

b0017844_10243130.jpg

b0017844_10243144.jpg

ところが、予約制度が徹底し過ぎたのか、太陽の塔の入口周辺は閑散としている。入場者はまばらな感じで係員も手持無沙汰だ。

b0017844_10243146.jpg

予約しても当日来ないキャンセル率が気になる。



[PR]
# by tetorayade | 2018-04-14 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

ヌルヌル効果

ここに2枚の写真がある。

b0017844_09303259.jpg


b0017844_09303245.jpg

元の写真を画像職人が加工したものが下の写真だ。

ヌルヌル感を演出することでよりエロさが増すという効果がこの写真からも見て取れる。

風俗ライターによると、派遣型のデリヘルの中には、な、な、何と! 男を派遣するものもあるという。

男を買うのはもちろん女性だが、これが何ともおばさんたちだという。しかも、中には76歳のおばあちゃんもいる。

そこで、デリヘル男が何とも涙ぐましい努力をしていることが明らかになった。

デリヘル男が76歳のおばあちゃんから月1~2回のご指名が入るのだが、一戦を交える時に取り出すのがローションだ。

おばあちゃんの体にローションを塗りたくるそうだ。おばあちゃんはローションなんか塗られた経験がないものだから、おばあちゃんが興奮するらしい。

それ以上にデリヘル男が勇気を奮い立たせるために、ローションを塗りたくる、という理由の方が強い。

カサカサの肌がローションできれいになるだけでなく、エロく見えてくる、という。

しかし、仕事とはいえデリヘル男も大変な苦労をしていることが分かる。




[PR]
# by tetorayade | 2018-04-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)