人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
韓国大好きのOL4人組がこの盆休みに韓国旅行に行った。

毎年、年3回は韓国へ行くほど。今年はGWにも行っていたが、反日感情がすごくて「しばらく行くのは止めよう」と這う這うの体で韓国を後にした。

4人組の1人が在日で韓国語も喋れる。韓国フリークなので日本人観光客が行くような場所には行かない。

2日目はレンタカーを借りてソウル郊外のレストランに行った。

会話は当然日本語なので、一人のおやじが「日本人は出ていけ!」と叫び始めた。

韓国語のできる一人がおやじとやり取りした。

在日と分かると「パンチョッパリ!」と激しく罵られた。

そこへ店主が割って入った。

「日本人もうちのお客さんなので文句を言わないでくれ」

店主は彼女らに「今日は食事代はただにするから食べて行ってください」とおやじの非礼を詫びた。

食事が終わって外に出ると、件のおやじが待ち伏せていて再び騒ぎ始めた。

ホワイト国を外したことに文句を言いだした。

「今までホワイト国にしてもらっていたことを韓国はむしろ感謝すべき」と反論すると唾を吐きかけられた。

翌日、市内での移動にタクシーに乗った。

日本語で話していたら「日本語は聞きたくない」と途中で下ろされた。

この二つの出来事であれだけ好きだった韓国が全然楽しくない4日間だった。

滞在中は日本人と分かると何をされるか分からないので、小声でしゃべった。



# by tetorayade | 2019-08-21 00:01 | 社会ネタ
30を過ぎた娘を持つ両親の心配の種は、結婚問題だった。

典型的なデブ・ブスで親は「絶対に貰い手はいない」と内心諦めていた。

そんな娘がある日突然男を連れてきて「結婚します」。

青天の霹靂とはまさにこのことだった。

娘の職場は札幌のホールで、そこで知り合った19歳の契約社員が結婚相手だった。

歳の差は10歳。

入社1年足らずで手取り12万円。

経済力はなかった。

しかし、そんな頼りない男でも、親は娘が結婚できるだけで、手放しの喜びようで反対する理由がなかった。

すぐに結婚を快諾した。

親にすれば1回でも娘が結婚できることに大満足だった。

で、結婚の理由はデキ婚だった。

男は東京出身。

両親の承諾は受けているのか、と聞いたところ、勘当されているので承諾なくするという。

男の親は東京で開業医をしている。男は医者になる地頭がないため、高校もバカ学校で、親とけんかして東京を飛び出し、北海道に来たようだ。

実際、話をしてみるとバカは初対面でも分かったが、娘が結婚できる喜びがすべてを帳消しにした。

たとえ、この先離婚しても、1回結婚できたことで満足だった。

しかも孫までできたのだから嬉しさ倍増。

娘の親は自分が勤めている建築会社に入社させることを画策中である。12万円じゃ将来性もない。

# by tetorayade | 2019-08-20 00:01 | 社会ネタ

なつぞらの脚本崩壊中

なつぞらは惰性で見ているだけ。

ドラマも後半に入り面白くなってのが普通なのに、全然面白くない。本来のアニメーターのシーンが少なく、周りの人にスポットを当てすぎて、ドラマが散漫になっている。

NHKの職員の間でも最近の脚本は評判が悪い。

「あやみが咲太郎に恋をしていた、という設定が気持ち悪い。なぜ、おかあちゃんと呼ばせていたのにそんな終わり方をさせるbのか。ゆみと雪次郎の結婚もグダグダすぎる」と酷評されている。

とにかく、カップルを作りすぎる。

アニメーターの話からかけ離れすぎ、最後の関心ごとは妹のちはるがどのように戻って来るか。

その一点だけだ。



# by tetorayade | 2019-08-19 00:01 | テレビネタ
東京人が東京で東京の女性と結婚後、憧れの北海道に移住した。

齢50代半ば。人生も終盤戦を迎える中、離婚して東京に戻って来る。

理由は奥さんの浮気だった。

2人の間に子供はいなかった。

40代後半の奥さんが、30代半ばの酪農家と知り合い、奥さんの方が一目惚れしてしまった。一回り以上年下の相手はイケメンでもなんでもなく、不男だった。

なんでそんな男に惚れたのかは分からないが、大酪農家で大資産家だった。

奥さんの不貞が離婚原因なので、旦那の方には相手から慰謝料が取れる。

弁護士を入れて離婚調停が始まった。

不貞理由の離婚での慰謝料の相場は、180万円だが、酪農家は奮発して500万円を提示した。

しかし、意地があったので、NOと突っぱねたところ、即刻離婚して欲しい相手は、一挙に倍の1000万円を提示してきたので、この条件を受け入れて離婚が成立した。

憧れで移住した北海道だが、冬を一人で乗り切るのは辛いので東京に帰る決心をした、とさ。






# by tetorayade | 2019-08-18 00:01 | 社会ネタ
韓国の光復節の日の15日、大方の予想では文大統領は対日批判のボルテージをさらに上げると思われたが、かなりトーンダウンして上から目線で対話をしてもいい、と言ってきた。

韓国人の気質は後先を考えずにすぐに激高する。分かりやすく言えば煽り運転するドライバーのようなもの。今もテレビで煽り運転する悪質ドライバーが高速道路で車を停止させ、ドライバーの顔面を5発も流れる動画がテレビニュースで何度も報じられている。

代車でも借りた人間は分かっている上、ドライブレコーダーでは顔も映っている。警察も傷害容疑で捜査に乗り出したので、逮捕されるのも時間の問題だろう。

結局、最後は逮捕され裁判にかけられる。一時の感情に任せて行動することに対する当然の罰だ。

あの悪質ドライバーの姿と韓国人の姿がダブる。

韓国人は輸出管理された怒りのままに日本製品の不買運動を展開中である。なぜ、そうなったか理由を考えず、とにかく日本が悪い! 追い越し車線をトロトロ走っているお前が悪い!と決めつける。

文大統領の声明がトーンダウンしたのは、不買運動が韓国にブーメランになって返ってきたことに遅ればせながら気づいたからに他ならない。

顕著な例が不買運動の一環で日本への旅行禁止を求める措置だ。

そこで韓国のLCC会社はドル箱路線だった日本便を大幅に減便した。減便した分は中国方面に代替えを求めたが、中国にはあっさり蹴られた。

行き場を失った飛行機と乗務員は仕事がない。文大統領が給料の補填でもしてやるのか? 不買運動は自分たちの首を絞めることだと気づけよ。

日本製品をボイコットすれば日系の会社で働いている韓国人の仕事が奪われる。日本製品を扱っている韓国人の店は売り上げが激減する。

韓国では日本製品の不買運動は今に始まったことでもなく、過去何度も繰り返されてきた歴史があるが、いずれも長続きしない。いつものパターンで不買運動を起こして最終的に悲鳴を上げるのは韓国人の方だ。

そりゃ、日本製品がなければ韓国の経済が成り立たないからだ。

そんなことは分かっていながら、一時の感情に任せて同じことを繰り返す。低迷する韓国経済で反日運動でガス抜きするのが常態化しているからだろう。

ガスが抜けたら自分たちがやった愚かさに改めて気づく。

「二度と日本には負けない!」と反日感情を煽って支持率を上げたところで、文政権の末路は目に見えている。韓国経済を破壊させたという理由で逮捕されるのが落ちだろう。

こうしてみると日本はほっとくのが何よりもの薬だ。持久戦になればなるほど自滅するのは韓国だ。








# by tetorayade | 2019-08-17 00:01 | 社会ネタ
滝川クリステルと突如結婚した小泉進次郎の評判が自民党内でがた落ちだという。


b0017844_08494747.jpg

理由はデキ婚。

計画性がない、というのがその理由。

さらには妊娠していなかったら結婚もしていないのではないかとの憶測まで飛ぶ始末。

これで総理の目はなくなった、ともで言われる始末。

地方の遊説で聴衆を掴む演説はうまいが、政治的な実績はない。総理も若くてイケメンという理由で一般大衆は望んでいるだけ。

純一郎も郵政民営化を断行したが、決して優秀な政治家ではなかった。

# by tetorayade | 2019-08-16 00:01 | 社会ネタ
夏休みを利用して香港・マカオの旅に行ったホール社員がいる。

主目的はマカオでのカジノで、25万円ほど勝った。

意気揚々と日本へ帰ろうとした。

帰国便は11日だった。

ちょうど、デモ隊に空港が占拠されて飛行機が飛ばない状態に出くわしてしまった。

キャンセル便も結局飛び立たず、空港で足止めを食う。

ホテルは満室でしかも高いので、空港のロビーで寝泊まりすることに。

「本社勤務なので助かった。これが店長だったら会社から大目玉を食らうところだった」と25万円の勝ち気分もどこかへ吹っ飛んでいった。





# by tetorayade | 2019-08-15 00:01 | 業界ネタ
ホールオーナーの二十歳になる娘が韓国の親戚を訪ねての旅行に行った。

韓国随一の繁華街明洞でテレビの取材を受けた。

娘は韓国語のほかに英語も喋れたが、在日であることは隠し、海外に住んでいる韓国人と答えた。

インタビュー内容は昨今の韓日問題だった。

「不買運動をどう思うか?」と聞かれた時に、取材陣のカメラのロゴをテープで隠していることに気づいた。

カメラに詳しいのですぐにソニー製のテレビカメラだと分かった。

そこで「そのカメラは韓国製ですか?」と逆質問すると、何も答えられなかった。

テレビカメラやスチールカメラなど撮影機材は、キャノン、ニコン、ソニー、の独断場だ。

放送局も新聞社も日本製品をボイコットしたら仕事ができない。そんなことは分かっていながら不買運動をメディアも煽る。

サムスンもデジイチを作っているがプロの世界では通用しない。サムスンの一眼で放送も新聞も作ってみろ、という話だ。

韓国の親戚にはカメラマンがいる。

キャノンのイオスを使っているが、やはりロゴを隠して使わっている。

日本製が優れていることは皆分かっているが、村八分にはなりたくないので、声を大にして不買運動に反対することもしない。

かといってサムスンのカメラに買い替える馬鹿な真似はしない。プロ仕様は日本製品には敵わない。

文大統領がやっていることは「おかしい」と思っても口に出せない異様な空気が韓国には漂っている。

日本製品を買う場合は皆ネットで買っている、と言う。

文政権もあと2年半。

韓国経済は崩壊はしないだろうが、政権が終わるまでの辛抱と考えている人も少なくない。





# by tetorayade | 2019-08-14 00:01 | 海外ネタ
なつといっきゅうさんの結婚はともかく、ゆみと雪次郎のカップルは強引すぎる。

で、北海道での合同結婚式と相成るわけだが、ここでこれまでの出演者が登場しての記念写真となる。


b0017844_05374294.jpg

で、なつぞらファンはこの写真から色々なことを推理する。

「ふたりっ子」や「だんだん」で朝ドラのヒロインを務めた三倉茉奈がキャスター役で登場してノブさんと結婚した。佳奈もどこかで出てくるというのがそれ。

さらに、大泉洋もどこかで登場するのではないかと予想する。理由はチーム・ナックのメンバーである安田、音尾、戸次はレギュラー・準レギュラー出演しているが、リーダーの森崎が大清水洋の名前で登場したものだからボルテージは上がる。

しかし、このシーンは最終回を彷彿とさせる。

# by tetorayade | 2019-08-13 00:01 | テレビネタ
東京の立ち食いそば屋で盛りそばの食券を買ってカウンターに出したら、出てきたそばが温かかった。

作っている従業員を見ると色の黒い東南アジア系。

我慢して食べることにしていたら、隣の客もそうだったようで目と目で合図するかのように、「あなたもそうでしたか」という会話をした。

2人は我慢したが、3人目のおやじは我慢せずに文句を言った。

ところが日本語が全く通じない。

それより、店はちゃんと教育もできていない従業員を店に出すことが問題だろうに。

盛りそばは冷たいのが当たり前だが、つけ麺には熱盛があるから、一概に間違いではない。

# by tetorayade | 2019-08-12 00:01 | 社会ネタ