日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
北野高校で同級生だったNHKの藤井彩子アナと橋下知事はこのまま犬猿の仲になるのだろうか。そんな印象を持った番組内容だった。

問題の番組は8日にNHK大阪の「かんさい特集」。

番組の内容はこんな具合だった。

先日行われた大阪府知事選挙で橋下徹氏が、新たな知事に選ばれました。
今後、大阪府の財政再建や経済再生、教育問題など様々な課題に取り組むことになります。
そこでNHK大阪放送局では橋下知事と大阪市の平松邦夫市長にご出席いただき、
討論番組を放送します。これからの大阪をどう変えるのか。


19:30~20:50の生放送で、橋下知事は30分遅れてスタジオ入りした。

これを藤井アナは「およそ30分の遅刻で到着されました」と紹介。

「遅刻といわれてもこちらの責任ではない」と橋下知事はファイティングポーズのスイッチが入り、戦闘モードで討論へと突入した。

それには伏線があった。

当日は東京で政党や省庁へのあいさつ回りのスケジュールが入っており、7時半までにスタジオ入りすることは最初からできなかった。NHK側は公務を切り上げてでも番組に出ろ、と強硬にいってきていた。

非常事態宣言の話から橋下知事に話を振る。府債を発行しないで2400億円カットすることはできるのか、との質問。この時点で不機嫌さが明白。

これには元鳥取県知事の片山氏が助け舟。

「役所は予算を使い切る悪い癖がある。予算を使い切ることをやめさせれば鳥取県でも200億円余った。目標を持つことはいいことだ」と持ち上げた。

聖域なき見直しをテーマに府の施設の見直しの件に。

藤井アナは「81の施設を見直すそうですが」と質問すると、

「そんなことはいっていない27施設でプロジェクトチームを組んでから検討する話」

「図書館はどうして必要なんですか」と藤井アナは意地悪に返す。

「知のセーフティーネットですから」

「では、スポーツセンターは?」

「スポーツセンターが知のセーフティーネットですか?」

次に橋下知事が民間への売却を挙げていたドーンセンターの話へ。

ネチネチした質問で橋下知事をいたぶる藤井アナ。

これで一気にブチ切れた。

「NHKのインサイダー問題はどうなっているんですかね」と反撃に出た。

番組中に攻撃されることのないNHKアナはさぞかしびっくりしたことだろう。「申し訳ありません。では次に行きたいと思います」と謝って矛先を変えることに必死だった。

橋下知事には計算があったはずだ。

NHKとけんかするのは逆に拍手喝さいを受けると。

一連のNHK職員の不祥事問題。職員のインサイダー取引もうやむや。なんといってもたいして見もしないNHKの受信料に対する不満。

これがたかじんの番組で30分遅刻をなじられても、笑ってかわしたはずだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-10 11:35 | 社会ネタ | Comments(17)

大甘なNHK痴漢アナ処分

やっぱりNHKは世間の感覚からかなりずれている。身内のかばい方は度を越している。

渋谷の路上で若い女性の乳を触った泥酔痴漢アナの処分が今日NHKから発表された。それによると、停職3カ月の懲戒処分だそうだ。

一発懲戒解雇だと思っていたのに、この大甘な処分は何?

理由は被害者と示談が成立したためらしい。

これでまた受信料不払い者が何人か出てくる、というもの。

なんでこんな寛大な処分なのだ。これって民放ではよくあるコネ入社なのか?

NHKは停職処分が解けても当分テレビには出さないといっているが、驚愕のコメントだ。

天下のNHKの看板に泥を塗ったわけだ。企業の信用を著しく傷つけたわけだから、それだけで懲戒解雇の理由になる。それだけNHKのアナなら社会的責任も負わされる。国民の受信料から給料が支払われている。

停職3カ月には、本人の依願退職を受け付けるためのからくりだ、と読んだ。

懲戒解雇なら退職金も一切支払われないが、本人の意思で退職すれば、退職金が支払われる。

そのための停職3カ月処分だと思う。

社内の飲み会でちちをもんだのとは訳が違うのに、NHKの一般社会とのズレ、温度差は民間企業ではないお役所体質のなせる業。

やはり解体・再編しなければダメだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-31 21:57 | 社会ネタ | Comments(8)

NHKアナが泥酔痴漢

NHK出身で一押しのアナウンサーといえば、膳場貴子だろう。NHK出身にしては華がある。ロートル筑紫哲也の番組が膳場貴子がいるだけで明るくなる。

NHKのアナウンサーは総じて華がない。個人が光るより、ニュースの読み手やメインゲストを引き立てることに徹することが求められるのか?

NHKで初の痴漢アナとなってしまった高橋徹容疑者もその例にたがわない。NHKアナウンサーというが、見たことのない顔。ましてや風采の上らない一般人以下のレベル。

こいつが泥酔して路上を歩いていた女性の乳をもんだ、というのだから仰天だ。特ダネが欲しいから自ら放火していた記者もいたが、やれやれ。

痴漢行為に及んだのが8日午後9時45分。

飲み始めたのは昼ごろからだというから相当の量を飲んでいる。

自分も記憶がなくなるほど飲むことはよくあるが、けんかをしたり痴漢行為に走ることはまずない。どんなに泥酔してもちゃんと家に帰っている。

いくら酔っても帰巣本能と理性というものが働いている。

このアナウンサーはまだ41歳。

懲戒免職で退職金も出ない。

まだ先の長い人生を酒によって棒に振ってしまった。この先どうするのか。記憶に残らない顔なので履歴書さえごまかせばどこかに再就職はできるだろうが。

山本モナのように不倫を働いても芸能界で生きていけるわけはない。せいぜいAVぐらいか。実録痴漢モノで。

NHKはこの事件をどう伝えるのか。まさかスルーということはないだろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-09 17:40 | 社会ネタ | Comments(2)
手に持っていた皿を落としたのが、故意か偶然かを裁判でも判別ができないのと同じで、NHK紅白でDJ OZMAの裸体ボディースーツ演出をプロデューサーがあらかじめ知っていたのか、知らなかったのか。

問題はあの演出を許したNHKの責任問題という第2ラウンドに入った。

今頃NHK局内は正月気分も吹き飛び、責任問題でてんやわんやの状況が続いていることだろう。

おちゃらけた民放にはない、お堅い品格がNHKのよさでもある。

そのNHKに開局以来の大スキャンダルが、NHKで最も視聴率が取れる国民的番組の中で起こったのだから、一大事。しかも、不祥事続きから、受信料不払い運動もやや沈静化してきた頃だけに、また、不払いも再燃しそうだ。

NHKでは本番でも裸体ボディースーツは予見していなかったことを強調している。つまり、サンバの衣装を着たダンサーが脱ぐことまでは想定していなかったようだ。

リハーサル前の会見でOZMAはパンツを脱ぐかのような発言。「くさいメシを食ってくるかもしれません。NHKを出禁で済むんならラッキー」、「NHKは後悔すると思う」とこの事態を示唆していた。

みんなの視線はOZMA。いつ、パンツを脱ぐのか。こうやってOZMAにひきつけておいて、ダンサーがストリップを始めてしまう。視聴者の視線はOZMAからダンサーに切り替わった。

司会の仲間由紀恵の目を丸くした反応を見ても、リハではなかった演出と思われる。

いくら、NHKが視聴率が欲しいといっても、こんな危険な賭けをするわけがない、と思われるのだが、プロデューサーとOZMAの2人だけの間でどんな密約があったかどうかは、当事者でなければ、知る由もない。

視聴率稼ぎのためとはいえ、使い方次第では劇薬~毒薬にもなるOZMAを選んだプロデューサーの責任は免れない。

視聴率に迎合した結末か。

ところで、本当は千葉県君津市出身のOZMAの出身地が東京・六本木になっていたが、この程度で目くじらを立てるものはいない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-01-01 13:58 | テレビネタ | Comments(16)

NHKでオッパイが一杯

どんなに手を変え品を変えようとも、見飽きた小林幸子の巨大衣装も吹き飛んだ。

DJ OZMAは予想を裏切ることなく、NHKの紅白歌合戦で大ハプニング?をやらかしてくれた。

今頃はNHKに抗議の電話が殺到していることだろう。

おそらく、NHKの有史以来初めて。生番組でバックダンサーがトップレス。それも一人や二人ではない。

これを見た高血圧の年寄りは興奮のあまり、ショック死したかも知れない。

でも、注意してみると、おっぱいは全然揺れない。これ精巧にできた着ぐるみだ。で、最後はバックダンサーは下まで脱ぐ始末。これはやりすぎ。

裸の着ぐるみ。

さっそく2ちゃんねるでもスレが立っている。

こんな演出をNHKが許可したというより、OZMAが最初から仕組んだサプライズだった。事前のインタビューでOZMAを出演させたことを後悔することになるだろう、といっていたが、まさにその通りの展開に。

みな、OZMAがすっぽんポンになるものと思い込んでいたが、バックダンサーとは予想外。

OZMAが再びNHKに出てくれば、NHKも了解していたということだが、NHKに二度と出演しないとなると、反骨精神の高いOZMAが仕組んだ罠ということになる。

このネタは一般紙も取り上げることだろう。

追記

やっぱり、NHKはこのすっぽんポン演出を知らなかったようだ。リハでは水着のまま。これでOZMAのNHKの出入り禁止が決定した。

そして、石原真プロデューサーの首が飛ぶ。

でも、NHK側もある程度のハプニングには期待していたはず。でなければ、OZMAの人選もない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-12-31 22:55 | 社会ネタ | Comments(2)
当たったけど、外れた。

紅白の視聴率のこと。

前年より確実に上回っている、との予測は当たったものの、48%は見事に外れて、42.9%だった。

NHKの橋本会長も具体的に50%奪回を口にしていたし、みのもんたも50%は取れることを自分の番組でも公言していたので、それにつられて甘い読みになった。

40%を切るという、歴史的な敗北の一昨年から、視聴率を一気に10%も引き上げることはできなかった。

ちなみに視聴率1%で全国の視聴者数は117万人らしい。つまり10%アップは1170万人を味方につけなければいけないことになる。

ただ、今年は1部、2部ともに前年を上回ったようだ。あれだけテコ入れしたのだから当然の結果、といえよう。

一連の不祥事をきっかけに受信料の未払いが続いているわけだが、それがなければNHKに対する反感もなく、もう少し数字は上がったはず。

NHKがこだわる50%というのは信頼回復を示す数字だったのかもしれないが、それにはまだまだ道のりは遠い。

加えて、CSやBS、ケーブルテレビの普及に伴い、その時間まったく違う番組を観ている人だっている時代に50%は高いハードルなのかも知れない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-01-02 14:10 | テレビネタ | Comments(20)

紅白視聴率予測

正月でネタがない。紅白と格闘技のことに終始しているが、ここで紅白の視聴率の事前予測でも。

前年が39%、と40%すら切ったためにみのもんた起用で50%復活を目指した紅白歌合戦。

率直な感想では、前回の視聴率は上回っていることは確実だと思う。

今年1発目の予測。

50%行くか行かないかの48%、というあたりでどうだ。

いつもなら後半から演歌で格闘技にもっていかれるので、中だるみするする演歌から始まり、9時からの勝負にかける構成。

番組がスタートして1時間あまり。K1が始まる前に「打倒! 格闘技」を全面に押し出した氣志團で、はじけたNHKをアピール。こんなことをしたら次は何をしでかすか分からない期待感から、NHK滞留時間が増えただろう。

ゴリエのときはバックダンサーが目玉マークを作りフジテレビにエールを贈る余裕すらみせた。

ノーブラで歌い踊る倖田来未。TBSほど過激な衣装ではなかった。

アリスの復活は中高年にはたまらない。

応援の合間にはスマップをたびたび登場させ、つなうぐつなぐ。

計算外のハプニングもあった。歌の最中にマイクスタンドが倒れ、音声が不通になったり、司会者が歌手の名前を間違えたり。

お陰で、我が家は途中、格闘技へチャンネルが動くことはなかった。

というより、ブログを更新していたので後半の紅白はチラ見状態で、内容は覚えていない。ボビー対曙戦のこともすっかり忘れていた。

という個人的な憶測から紅白の視聴率を予測してみた。

これだけNHKもやって39%を切ることがあれば、いよいよ幕引きするしかない。
ただ、録画したりザッピングしたりで正確な視聴率が取れない状況。そろそろテレビ局は視聴率の呪縛から解き放たれてもいいのではないか。

視聴率争い走るあまりに、番組の本質を置き去りにして、今回のようになりふりかまわない演出になるわけだから。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-01-02 00:40 | テレビネタ | Comments(4)
紅白で氣志團が出たのは前半の12組目ぐらい。時間ははっきり覚えていないが、プライドをはっきり意識したものだった。この時間帯の対戦が誰だったのか。

まさに、「打倒! 格闘技」が前面に出た演出だった。

バックダンサーに小川直也や吉田秀彦、さらにはボビーのそっくりさんらが一杯出ている。圧巻は曙が前のめりでカエルダウンを喫した負け方のパロディーだ。それをご丁寧なことに天井からのカメラが捉える。フジテレビのお株を奪うものだ。NHKらしからぬ演出だ。視聴率を取るためには何でもやるのか、といいたい。

ゴリエのバックダンサーがフジテレビの目玉マークを作ったぐらいの演出で十分、一皮剥けている。

曙のダウンシーンはやりすぎだろう。本人が見たら笑えない。彼には家族も子供もいる。曙の屈辱のシーンをこんな形でやる必要性がどこにあるというのだろう。

ボビー戦では予想通り、曙の負け。NHKもそれを見越しての演出だろう。

これ、恐らく曙の関係者からNHKに抗議の電話も入っているはずだと思う。
年末の最後にまた味噌をつけることになったみなさまのNHKであった。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-01-01 00:31 | テレビネタ | Comments(2)
NHKは毎月1回第一週の日曜日に「あなたとNHK」という番組を放送している。

昨日、NHKの大津放送局の記者が放火容疑で逮捕されたのを受けて番組の冒頭、橋本元一会長が次のように述べて何度も頭を下げた。

「社会人としてはもとより、報道に携わるものが重大な犯罪を犯し慙愧に耐えない。視聴者の皆様に心よりお詫び申し上げる。極めて深刻に受け止めている。信頼回復に取り組む最中に期待に背くもので誠に申し訳ない。改めてお詫び申し上げます」

たまたまこの定例番組があったので橋本会長が詫びる時間があったわけだが、決まりきった謝罪文句で、視聴者の心に響くものがない。なにか他人事のようだ。

ここは丸坊主にして土下座するぐらいのパフォーマンスがあってもよかった。

次に9月20日に発表した新生プランに対する視聴者の意見に永井多恵子副会長が答えるコーナーに移った。

視聴者から多かった意見は次の4つ。

1 民事手続きより体質改善
2 スクランブル方式の導入
3 公平負担
4 NHKだけにできる番組作り

1については会長以下役員の刷新、顧問制度の廃止、経理チェック機能の強化、不正を隠ぺいしない体制などを挙げ、「民事手続きは批判があるのは覚悟していたが、支持する声も多かった」と述べ、反応を見てからやるかどうかを決めるようだ。

2は自分も推薦した方式。公平感も一番高い。

「スクランブルとはかきみだすこと。電波をかきみだしてきれいに映らないようにすること。一見合理的で分かりやすいが、緊急のときに金を払った人しか見れないのは公共放送とはいえない」と導入する気はまるでないことを明らかにした。

最後にいったこの一節が痛かった。

「今後も信頼していただける情報を豊富に提供していきたい」。

逮捕された記者は放火して事件を自ら作り上げていたわけだから。豊富な情報の中には自作自演が起きないことを祈っております。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-11-06 11:48 | 社会ネタ | Comments(7)
朝日VSNHKの場外乱闘が続いている。

この前は朝日新聞が若手記者の記事捏造で信用を失ったと思ったら、NHKも若手がそれ以上の飛び道具を出してきた。

NHK大津放送局の24歳の記者が連続放火容疑で逮捕された。朝日の捏造は社の信頼を失墜させるだけだが、こっちは殺人に次ぐ重罪。よってNHK記者に軍配。

大津市内では4月から5月にかけて民家1軒を全焼するなど、連続10件の放火事件が起こっていた。

放火事件があったのはいずも記者の自宅近くで、近所の住民はこう証言している。

「火が出た時点で撮影に来ていた。はよ、撮れ、撮れとせかし、消火活動を手伝おうともしない。あいつおかしいんちゃうか、というてましてん」

放火のたびに容疑者が現場にいたことなどから、任意で事情聴取されていたもようで、観念したようだ。

おそらく特ダネを撮りたい功名心だったのかもしれないが、こいつも心が病んでいる。

マッチポンプニュースには観たくない、と、また、受信料不払いが加速する。

受信料不払いと購読解約数を本気でNHKと朝日は争い始めた。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-11-05 19:07 | 社会ネタ | Comments(11)