日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
すっかり黄色に色づいた御堂筋のイチョウ並木。早朝からの雨で随分葉っぱも落ちた。

数週間前までは銀杏の実が路上に散乱し、独特の臭いをまき散らしていたが、今度は毎日葉っぱの掃除と格闘するシーズンとなった。
b0017844_1735068.jpg
落ち行くイチョウの葉を見て連想したのが、凋落=ホンダのF1撤退のニュースだ。

やはり撤退と枯れ葉は物悲しい。

アメリカの景気後退は日本の自動車メーカーを直撃している。それだけ北米市場はドル箱市場だったのだろうが、親ガメのアメリカがこけた影響は、今後どこまで広がるのか想像もつかない。

年間370億円も予算をかけていた、といわれるF1レース。こういう状況では撤退せざるを得ない。

福井社長は「悔しい、残念」と苦渋の決断だったようだが、冷静に考えればF1ファン以外にはショッキングなニュースではない。

非常に正しい選択をした、と拍手を送りたい気分だ。いつまでもハイパワーエンジンでスピードを競う時代でもなかろう。

これからのビジネスモデルはエコカー。ガソリン車からの脱却を図るためにも、そちらに研究開発費を投入するのが世の中のためになる。HONDA魂はそこに注入すればいい。

F1撤退はむしろ歓迎すべきことだろう。

人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2008-12-05 18:21 | 社会ネタ | Comments(14)