「ほっ」と。キャンペーン

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
清原和博がこんなに面白い男だとは思わなかった。

関テレの正月特番「清原和博 男の一升瓶~野球人生ぶっちゃけSP~」は清原の人間性がよく引き出せていた。

番組収録は梅田のウエスティンホテル大阪で行われた。

伊丹空港まで出迎えたのはPL学園で2年後輩の片岡篤史。リムジンの中でシャンパンを飲み始め、番組収録も飲みながら、食べながらのリラックスしたムードの中で、岩本勉がさらに場を盛り上げる展開で、清原の口も実に滑らかだった。

最初の質問は人生の分かれ道となったドラフト会議の話から。

その前に、PLの野球部は全寮制、という下りに触れておかなければ、後半の話につながらない。

野球部の寮は地下1階。他とは完全に隔離された世界で、1年生は1年間テレビ、電話は禁止。外出もままならず、プリズンブレイク状態。寮から学校までの3キロを登校するときも整列して「歩調、歩調」と掛け声をかけながら学校に行かなければならない。

1年生は「交通刑務所」のような生活を送るので、試合になると負ける気がしなかった、という。

きつい練習の中、授業中は堂々と寝ていた。清原と桑田は机も隣同士。教師も特別扱いで居眠りを黙認していた、という。

たまに清原の存在を知らない教師が注意すると「なんじゃ、コラ!」と威嚇していた。

ちなみに、清原は桑田が居眠りしているのを1回も見たことがない、というが、桑田は清原より遅く寝て、早く起きるので清原がそれを知らないだけだっと、とか。

そして、運命のドラフト会議。

相思相愛であった巨人からの氏名はかからず、巨人が指名したのはまさかの桑田。

清原はセ・リーグなら中日、阪神、巨人ならOKでパ・リーグからの指名なら社会人野球の日本生命に行くつもりで試験も受けていた、という。

ドラフトの結果は校内放送され、会見でも涙を見せた清原は泣きながら教室へ戻っていく姿を見たのが片岡。

ドラフトの結果に怒ったのがチームメイト。「桑田を探せ!」と金属バットを持って騒ぎはじめ、「ルーキーズ」状態になったために「西武」へ行く、といってその場を収めた、という。

最初に書いたサインは「西部」になっていた。

それ以来、桑田とは絶縁状態で、それは巨人へ入っても変わらなかった。やっと和解できるようになったのは23年後。桑田が巨人をクビになったことがきっかけだったようだ。

現在、清原は芦屋に住んでいる。同じく片岡も芦屋で、清原の家よりももっと高いところに居を構えている。

それが気に入らなかったのか、早朝4時過ぎに押しかけ、ガレージにタックルしながら片岡をたたき起こした。

「うちの子供は6時に起きるからええんじゃ」とわけのわからない理由に後輩はなすすべもなかった。

心の恩師でもある仰木監督の悲報を聞いたのはハワイだった。

悲しさを紛らわせるために、その日はワインを20本も空けた。そのときに酔っ払って、ゲロを吐いたのが山本浩二氏の部屋だった。

シーズン中も朝まで飲んで始発の新幹線で東京へ移動するために、早朝の新大阪駅へ向かい、キヨスクのシャッターを蹴りまくっていたが、誰も清原とは気づかず、変な酔っ払いに絡まれたくない、という思いから無視されたらしい。

ちなみに、一晩で使った最高額は500万円。現金は女の子に渡すチップ用に持っている以外はカード。

引退試合に向け、前日はあいさつを考えるために、お気に入りのドライブコースに愛車を走らせた。

芦屋から湾岸線で関空まで往復したが、結局思い浮かばず、その夜はぐっすり眠れた。

ドラフトで巨人に裏切られ、その後フリーエージェントで巨人に入団するも、クビを宣告されたときは9年間「お疲れさま」の一言もなかった、と憤るが巨人はそれでも好きな球団のようだ。

閑散としたパリーグの球場で試合をするよりも、4~5万人の観客の中で輝きたかったようだ。

阪神を選ばなかったのは、打てなかったときのヤジ。

桑田は指導者の道が似合っているが、清原のトークなら芸能界でも十分活躍できる腕がある。

ドラフト会見のときのテーブルを清原は真っ二つに叩き割ったらしい。そのテーブルがどうなっているか気になっていた。

PL学園は記念に残しているか、処分したか、2つに一つ。

そんなことが気になっている清原のために、関テレはテーブルを捜索せよ。
人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2009-01-03 11:16 | スポーツネタ | Comments(4)
何とも豪華な引退試合だった。朋友・桑田の引退試が欽ちゃん球団だったことを考えると月とスッポン。最後の球団がどこかでこれだけの差が付く。

4番DHでフルイニング出場。4回バッターボックスに立って3度目のバッターボックスではタイムリーヒットも放つ。チャンスに強い清原の真骨頂をみせつけた。

最後はフルスイングの豪快な空振り。清原らしさで締めた。

この日、番長清原は泣きっぱなしだった。

試合前、王監督から花束を贈呈された時こんな声をかけられた、という。

「もう一度生まれ変わることがあったら、同じチームでホームラン競争をしよう」

この一言は一生忘れられない、と目頭を熱くした。

3万人の満員の観客が訪れた京セラドーム大阪にはイチローや桑田の姿も。2人ともネクタイをしている。

試合後のセレモニーもこれまたすごかった。阪神の金本や清原の子供からの花束贈呈。清原がバッターボックスに入る時のテーマソング「とんぼ」を長渕剛が生で熱唱した。このライブだけでも価値がある。

この時点から再び泣きっぱなし。

最後のあいさつの内容は記憶に残るものではなかった。

引退セレモニーよりも気になるのが試合後のアフター。

この日は家族のほかに、イチロー、桑田、金本まで来ているわけだから、みんなで食事に行ってるはず。どこで晩さん会をしたのか。

新地かミナミ。はたまた隠れ家的場所があるのか。

イチローなら三宮に隠れ家がある。

人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2008-10-02 07:38 | スポーツネタ | Comments(4)

桑田が見せた男の涙

現役を引退した桑田がラジオ番組に出演して清原とのことを語った。アメリカから帰国して最近2人だけで飲んだようだ。

桑田は元々節制するタイプなので酒が飲めるタイプではないが、シャンパンで乾杯した後は桑田が好きな赤ワインの銘柄ばかりを清原が用意していた。この清原の気遣いに人前では涙を見せることがない桑田だが、ついつい感情がこみあげてきて目頭を熱くさせた。

そういえば、桑田は引退を表明した時も涙はなかった。

話は初めて出会った中学3年生のときから今までのことを振り返った。

人生の中で一番辛く、厳しい時代が高校の3年間だった。この時期を一緒に過ごしたチームメイトとは今でも特別な絆で結ばれている。しかし、当時から清原とはベタベタするタイプの親友ではなかった。時々遊ぶという程度だった。

2人の絆に決定的な亀裂が入ったのはプロ行きの時だった。清原は巨人か阪神を熱望。特に巨人入りは相思相愛で決定的と思われていたが、巨人が指名したのは桑田だった。桑田は早稲田大学に進学希望していたが、子供の頃から憧れの巨人へ入団できた一方で、清原は一番行きたくないパリーグの西武への入団を余儀なくされる。当時から清原はことあるごとに泣いている。

この時のことを桑田は「(清原は)ボクの悪口はいうべきだし、いわなければならない」と振り返る。

その後FAを行使して清原は望みどおりに巨人に入団する。

スポーツ選手の幕切れは非常に残酷なものだ。巨人のエース、4番に君臨すれども体力の衰えは隠しきれない。互いにケガで泣かされやがては巨人から戦力外通告を受ける。

2人の距離がぐっと縮まった瞬間だった。巨人を追い出されても桑田は新天地を求めて大リーグに挑戦した。その姿は満身創痍の清原をどれだけ勇気づけただろうか。

「お互いに元に戻れる日が来るとは思っていた。彼にも燃え尽きるまで野球をやってもらいたい」とエールを送る。

桑田が引退したとなると清原も心の支えを失っているはず。次は監督として2人が対決する日を野球ファンは心待ちにしている。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-04-21 18:16 | スポーツネタ | Comments(2)

見えてきた清原の決断

大リーグの先駆者である野茂がロイヤルズから戦力外通告を受けた。今期は1000日ぶりとなるメジャーでの登板だったが不安定な投球で結果を残すことができなかった。39歳。右ひじ手術を乗り越えての再挑戦だった。年齢を考えるとこのまま引退かも知れない。

同世代ながらあまり比較されることのなかった桑田もマイナー降格で引退を決意した。

ここで注目されるのが清原の去就。TBSの番組でロングインタビューに答えていたが「最後は桑田の球を打ちたい」と言っていた。

いまさら叶わないことだが、桑田の球を打ちたいということは、引退を意味するものだと感じた。さらに、ここまで引退せずに頑張ってこられたのも桑田の存在があったからだと告白している。

僚友は同じようにケガや故障で体はボロボロになりながらも、一つの目標に向かって進んできた。

それはピッチャーなら200勝であり、バッターなら2000本安打。桑田は叶わなかったが、清原は達成している。

心の支えだった桑田が引退した現在、清原が目指すものは何か?

それは一軍の試合にフル出場することである。オリックスの試合を見にきたファンにバッターボックスに立っている姿を見せることである。

手術したひざはまだ完全に回復したわけではない。スライディングの練習ができるぐらいに回復することが第一段階だが、まだ道のりは遠い。

とりあえず一軍のベンチ入りができれば、「乱闘になった時はすっ飛んでいく!監督はそれを期待しているので」と清原。

一打席立っただけでひざは再び故障するかも知れないぐらいの爆弾状態を抱えたままかも。

今期一軍入りできなければ来期はない。

引退セレモニーはピッチャー桑田しかない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-04-21 08:52 | スポーツネタ | Comments(0)
200勝の目標に向かってアメリカに渡った桑田。大リーグ・パイレーツで2年目を迎えた桑田だったが、“ボールを置く”覚悟を決めた。

ユニフォームを脱ぐとか引退するとかではなく、ボールを置くという表現がいかにも桑田らしい。TBSの独占インタビュー中、片時も右手からボールを離さなかった。

ボールを置く覚悟ができたのは、開幕をメジャーに残れないことをGMから告げられたためだった。

「3Aは若い選手が夢を目指す場所。メジャー1本しか考えていなかった。他のチームでやる気はなかった」

マイナーリーグ落ちしても、若手にチャンスを与えるので、今期メジャーに上がれることはない。

1年目の昨年は38歳のルーキーだったので、マイナーから這上がる覚悟はあった。

「野球の神様のお告げ。背中を押してくれているので、その道に進んでいきたい」

GMの解雇通告も桑田には神のお告げと聞こえたようだ。さすがPL出身だけに信心深い。

桑田には40歳現役、200勝という目標があった。

「自分の気持ちが燃えつきた。目標に向かって努力することが好き。クリアできなくてもそれでダメではない。自分の心が納得するまで挑戦する。今は納得しているのでボールを置く」

現役23年目。プロになってもボウズ頭の桑田はある種の求道者の姿がオーバーラップする。

短髪を金色に染め、ダイアのピアスをつけたりする清原との大きな違いでもある。

清原がボロボロになっても現役を続けるのは、やはり永遠のライバルであり、朋友でもある桑田の存在があったからだろう。

キャンプ中はネタがないので、清原もスポーツ新聞を賑わしたが、手術したひざの調子は万全ではない。このまま2軍暮らしでシーズンを終えそう。

1軍で試合に出れないとなると高給取りの清原に対してチーム内からも不協和音が聞こえてくる。それだけに清原の去就が注目される。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-03-27 08:49 | スポーツネタ | Comments(2)

男・清原の生きる道

男・清原が再起をかけて膝の手術に賭けることを発表した。

キャンプ中から古傷の膝の痛みが再発。試合に出ることもできず、現在に至っている。

手術はアメリカで行い、来期からのリスタートに賭けるわけだが、このまま不完全燃焼で引退して後悔するよりも、手術を選んだ。

その陰には盟友である桑田の存在、アメリカでの活躍を抜きには語れない。

桑田もキャンプで足首を捻挫。開幕メジャーには間に合わなかったが、地道に怪我を治しながらメジャーの切符を掴んだ。

メジャーでは新人ながらも、先輩メジャーリーガーのイチローらは尊敬の眼差しで桑田を見る。

最初は敗戦のリリーフ登板だったが、往年の球威はないが、抜群の制球力で徐じょに頭角を表す。

そんな桑田の活躍を見て男・清原が燃えないわけがない。

男・清原はこうもいいきった。

「来期の年俸は返上する」と。

泣かせるセリフだ。浪花節だよ人生は。

恐らく勢いでいってしまったのだろうが、今頃後悔しているはずだ。

税金は今年の所得に対してかかるもので、来年は税金が払えない、と中村ノリのように悲鳴をあげないように。

いずれにしても不完全燃焼のまま引退することは男・清原のプライドが許さないことだろう。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-07-05 08:41 | スポーツネタ | Comments(6)

男清原、弱音を吐くな!

同期の境遇とはここまで似るものか。

奇しくも、桑田だって開幕直前に足首を捻挫して、メジャーデビューを果たせなかったが、オリックスの清原もひざの故障によりキャンプで戦線離脱。主砲のいないチームは楽天の定位置を奪い取り、最下位まっしぐら。

すっかり清原の存在感が薄れている、と思ったら、ここにきて引退をにおわす発言をしている。

ひざの遊離軟骨を取り除く手術は行ったものの回復の兆しがまったく見えない中で、ついつい弱音が出てしまった。

「今季中に打席に立てない可能性もある。もしかしたら、このまま終わってしまうかもしれない…。見えてこない。僕の中では今、絶望感でいっぱいなんです」

軽いジョギング程度は大丈夫でも、バッターは腰の回転運動やらひざをひねったりで痛みが走るのだろう。

スポーツ選手にとって足は一番大事な部分だ。

オリックスで最後の花道を飾るつもりで入団したにもかかわらず、打席に立つこともなくこのまま終わるのは余りにも寂しい。

清原クラスともなれば、そこそこの名医のところにかかっていると思われるのだが、誰か完治させるドクターはいないものか。

元・日ハムの新庄のようにかっこよく引退させてやりたいものだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-17 12:50 | スポーツネタ | Comments(4)
やはり、仰木氏の逝去は男・清原の心を揺さぶったようだ。

去年からオリックス入りにラブコールを送っていた仰木氏と清原は何度か接触している。

今期、巨人退団が決定した後も療養中の病床から何度も電話で説得され「「オリックスに来てくれ。最後は生まれ故郷の関西でプレーしろ」と遺言を残した。

清原が希望する球団からは蹴られるなか、ラブコールを送ってくれることに清原も感謝して、その言葉に動かされかけていた。

その矢先の訃報だった。

これで清原は決心したようだ。

もはや金銭的な条件や子供の教育環境問題などは、どうでもよくなっているはずだ。それこそ1年間単身で関西へ赴任する覚悟かも知れない。

仰木氏を弔うためにもオリックスに入団して、優勝することで恩返しする。

こう、清原は目標を切り替えた、と思う。

来期は中村ノリもオリックスに返って来る。キヨ・ノリの新いてまえ打線で、パリーグの目玉になることは間違いない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-12-17 11:10 | 社会ネタ | Comments(10)

関西人に人気がない清原

関テレのプロ野球大激論SPで、清原の移籍先問題が俎上に載った。

その席で金村義明はヤクルトの移籍に関して「はっきりとヤクルトは断った。古田監督は清原を嫌っている」とヤクルトの目が完全に断ち切れたことを断言した。

さらに面白い発言があった。

清原は自分を高倉健に例え、オリックス行きを「高倉健がVシネマに行くようなもの」と古巣のパリーグを揶揄したらしい。

楽天の元監督の田尾は、清原獲得には「いらない」と反対したようだ。指揮官として使いづらい選手はいらない、ということか。

オリックスは去年の球団合併の時から目玉として清原獲りに乗り出していた。巨人も要らないからオリックスにお願いしていたぐらいだが、清原が「泥水を飲む」と話は流れた。

それで、再度オリックスの交渉が始まったわけだが、PLで清原と同期の松山が動いて、決まりかけていたのだが、話し合いは白紙状態に。

ここで飛び出したのが息子の幼稚園問題。東京の名門幼稚園に来年入園が決まっているようだが、これが関西行きを白紙にした理由のようにも取れる。清原の奥さんが難色を示す理由はこのことなのかも知れない。

ちなみに、ケータイで清原に関西に来てほしいかどうかアンケートを取ったところ、

来て欲しいが2268人に対し、来て欲しくないは4342人。関西人に清原は圧倒的な不人気振りだった。

「来て欲しい」と球団から乞われるうちが華だ。家庭の事情があるのなら単身赴任でもいいからオリックスを選ぶべきだ。

Vシネマのスターでもいいではないか。スターはスターなんだから。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-11-05 18:31 | スポーツネタ | Comments(6)

関西嫌い?清原の奥さん

このブログに必ずコメントを寄せてくれるworldwalker さんによれば、清原の奥さんが関西を嫌っているので、オリックスの目はない、という。

昨日、11月1日はオリックスが清原と交渉のテーブルにつく日だったのだが、結局清原からの連絡がなくて、流れたようだ。

清原の3億6000万の年俸を保証しようというオリックスを蹴り、清原自らは在京球団のヤクルトに年俸1億で叩き売りの売り込みを掛けている、という。

在京でのプレイ続行にこだわるのは「打倒巨人」ともっともらしく報道されているが、巨人にリベンジを果たすのなら清原が師と仰ぐ落合監督の中日でもいいはず。

やはりworldwalker さんがいうように、奥さんの関西嫌いが年俸を大幅に下げてでも東京に固守させようとしているのかもしれない。

ただ、ヤクルトは年俸を下げてきても清原を獲る意思はなさそう。

今のところ手を挙げているのはオリックスだけだが、在京球団からのオファーがなければ、このまま引退?


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-11-02 13:20 | 社会ネタ | Comments(25)