日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

タグ:北京オリンピック ( 65 ) タグの人気記事

大気汚染オリンピック

2008年8月8日、午後8時8分。北京オリンピックの開会式が始まる。

一年後に控えたきのう、北京では、カウントダウンイベントが盛大に開かれたようだ。日本選手団の責任者もイベントに参加したようだが、北京の大気汚染の現状を改めて実感したようで、「慣れさせた方がいいのか、別な方法を考えた方がいいのか」と真剣に悩んでいる様子だった。

特に懸念されるのがマラソンだ。日本女子は金メダルの3連覇がかかっているメダルが有力視されている種目だけに心配だ。

IOCの会長も大気汚染が改善されなければ、日程の変更があるような発言をしている。

中国の火力発電所から排出される大気汚染物質を除去する装置を開発した中国の新興企業が東証一部上場を果たした。その会社の社長は東京の空を見上げて「青い」と感想を漏らした。

北京の空はどんよりと曇っているのだろうが、過去何度も北京マラソンは行われている。記憶が正しければ冠スポンサーは確か、ANAだった。

死人は出ていないはずだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-08-09 08:43 | 社会ネタ | Comments(12)
中国で信じられないような問題が起こるたびに、北京オリンピックは開催できるのか、と再三指摘してきた。

毎週観ているたかじんのそこまでいって委員会でも「本当に北京オリンピックは開催できるのか」と正面からこの問題に切り込んだ。

中国企業は製造コストを抑えるために、廃油でインスタントラーメンを平気で作ってしまうほどの信じられない精神構造を有している。平気で公害を出しまくるのは環境対策より罰金を払ったほうが安いと考えるからだ。

こんなろくでもない国民をまとめるには、中国共産党による1党独裁しかないらしい。

コーナーの冒頭はこんな調子で始まった。

光化学スモックで選手が倒れたり、選手村では食中毒が起こったり、砲丸投げの砲丸が売り飛ばすために盗まれたり、という可能性が0といえないのが中国4000年の歴史。

パネラーも待ってましたとばかりに、気勢が上がる。

「中国選手が負けたら大騒動が起こる」

「恥部を世界に知られることになる」

「無事終了することはない。大会が終わって地方へ旅行して中国の真実を知ることになる。後からのマイナスイメージが懸念される」

「審判が公平ではない」

この番組のパネラーはほとんどが反中国派なので、どんどん過激な意見が飛び交う。しまいには辛坊アナから「今回は番組にならない」と中国擁護を求める始末。

「中華料理がおいしい」

「チャイナドレスがいい」

消化不良でコーナーは終わる。

内容は思ったほど盛り上がらなかったが、中国大使館からクレームが来そうだ。よくぞ放送したもんだ。

ご立派。読売テレビ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-27 15:27 | 社会ネタ | Comments(6)
パクリ国家、中国に対して事あるごとに北京オリンピックを開催する資格がないことを指摘してきたが、国営で作ったパチモノ遊園地「石景山遊楽園」で、その怒りも頂点に達したところだった。

で、アメリカで北京オリンピックをボイコットする動きが出ている。面白い展開になってきた。

産経新聞によると、
米国議会下院の議員108人が9日、中国の胡錦濤主席あてに書簡を送り、スーダンのダルフールでの虐殺を続ける勢力への支援の停止を求め、中国側が十分な対応をしない場合には2008年の北京五輪のボイコットにもつながると警告した。同下院では有力議員が8日にも本会議で同じ理由により北京五輪ボイコットに同調する演説をしており、米議会での対中非難が高まってきた。

胡主席あての書簡は下院外交委員長のトム・ラントス議員らによって署名され、「ダルフールではスーダン政府と同政府に支援された民兵組織により民間人数十万が虐殺されているが、中国はスーダン政府に巨額の援助を与え、武器を売却し、虐殺を阻止するための措置をとっていない」と述べ、中国政府が事態を放置する場合は北京五輪に重大な支障が起きて、その催しが「ジェノサイド(大量虐殺)五輪」になってしまうとして、北京五輪のボイコット呼びかけの可能性をも示唆した。


中国は人権弾圧で非難されても平気だが、北京オリンピックボイコットとなれば、対応せざるを得ないだろうという作戦だ。

北京オリンピックを中止するのは現実的ではないが、ボイコットならば俄然現実味を帯びてくる。

冷戦時代には、日本はアメリカに同調してモスクワオリンピックをボイコットしている。

このスーダン問題に加え、中国からすべての偽モノを排除しなければ、北京オリンピックには参加しない、という強い態度で臨まないとパチモノ天国中国の考え方は改まらない。

パチモノ遊園地「石景山遊楽園」もあれほど独自のキャラクターだと言い張っていたのに、本家ウォルト・ディズニーが告発に動き出すと、異例とも思える迅速な対応でニセモノキャラクターを排除した。

さすがに、シンデレラ城などの建物は取り壊されてはいないが、何らかの対応を迫られるだろう。

知的所有権を無視し続けてきた中国へのしっぺ返しは、北京オリンピックボイコットという脅しが一番効き目がありそうだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-13 07:03 | 社会ネタ | Comments(0)
医食同源。脱糞同部屋。

中国へ行ったことはない。行きたい思わない。その原因はドアや仕切りのない不衛生極まりないトイレ事情が原因だ。

田舎の公衆便所の写真を見ただけで目に染みるような強烈な悪臭が漂ってくる。水洗化が進まないのは畑の肥やしに使っていることが原因のようだが、トイレの近代化は日本に比べると40年以上は遅れている。

2008年の北京オリンピックを控え、北京市内の公衆トイレの近代化が急ピッチで進んでいる、という。自分が物心付いてオリンピックのために市内の公衆トイレを大改革した都市、というのは聞いた事がない。

目標ははえが2匹、ごみは2つまでの清潔レベル。

仕切りやドアのない公衆便所で尻を付き合わせながら、用を足す中国トイレ文化。中国3000年の歴史で脈々と受け継がれたそのスタイルは、それが恥ずかしいとか汚いとかの意識がない。

日本には恥の文化があり、謙譲する奥ゆかしさがある。中国のトイレ事情を勘案すれば恥の文化はあろうはずもなく、自己主張ばかりする中国人の根源を見る思いがする。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-09-21 23:56 | 社会ネタ | Comments(15)
オリンピック開催国誘致の段階でこの反日デモ騒動が起こっていたら、北京オリンピックは幻に終わっていたかもしれない。日本に対する同情票で大阪に決まっていたかも。それこそ、日本に負けたら大暴動が起こっているか。

例えば、来年に北京オリンピック控え、週末ごとにデモがますます拡大、暴徒化して、日本企業が襲撃を受け、死者まで出すようなことになっていたとしたら、日本はそれでも北京オリンピック参加するのだろうか?

後3年の猶予があるわけだが、それまでに中国は変われるのか?
試合で日本と中国が対戦すればどんなことになるやら。それこそ中国人の民度の低さを世界にアピールする絶好の機会ではあるが。

その前に日本が北京オリンピックをボイコットする事態にまで関係がこれ悪化しないことを祈るしかない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-04-16 14:03 | 社会ネタ | Comments(5)