「ほっ」と。キャンペーン

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

タグ:北京オリンピック ( 65 ) タグの人気記事

北京パラリンピックが閉幕したころを見計らって中国当局は、メラミン入り粉ミルクを飲んだ乳児が、腎臓結石で3名が死亡したことを発表した。

当初は、「また、中国か」と気にもかけていなかったが、これが粉ミルクだけではなく、牛乳に広がり、さらには、メラミン入り乳製品が加工食品として日本に入り込んでいる可能性が出てきたから、対岸の火事ではいられなくなった。

ミルクメーカー109社中、22社からメラミンが検出された。

メラミン汚染をオリンピック前に公表していたら、パニックになっていた。

北京オリンピック開催前、日本のヨット選手に焦点を当てている番組を見たことがある。その選手は練習後、カルシウムを獲るために大量の牛乳を飲まなければいけないのだが、日本から牛乳が持ち込めないことに不安を募らせていた。

つまり、中国の牛乳は危険だということを知っていた、ということだ。しかも、北京オリンピックスポンサーの伊利など大手乳業メーカーの牛乳からもメラミンが検出されたとなれば、いまさらながら中国の食の安全は担保できない。

被害が拡大中の汚染米流通のこともあるので、日本人も誉められたことではないが、やはり中国人のやることは、民度が違う。

共産主義から急に社会主義市場経済へ舵を切った弊害だろう。

改革開放政策は都市部と農村部、沿岸部と内陸部の格差を生み、農民は不満を募らせた。儲けるためには手段を選ばない。

今回も牛乳を水で薄めて荒稼ぎするため。水で薄めただけではばれるので、たんぱく質の含有量を増やすためにメラミンを混ぜた。動機は単純。それで人が死のうが知ったことではない。

北京オリンピックも終わったので、怒りはもはや諦めに変わった。叩いたところで北京オリンピックは終わってしまった。

人気blogランキング
[PR]
by tetorayade | 2008-09-21 11:11 | 海外ネタ | Comments(0)
団体競技で個人の失敗を追及してはいけないのだろうが、やはり日本が野球でメダルを逃したのは韓国戦とアメリカ戦でGG佐藤のエラーが大きく流れを変えたことは間違いない。

今日の試合もそうだ。

1点を先制し、すぐに同点とされたが、3回青木の3ランで4-1と3点差でリード。これでピッチャー和田もリズムに乗れるかと思った3回裏の守りに入った時だった。

ショートの後方に上がったフライをGG佐藤が取りに行ったが、これをポロリ。グラブの先っぽにかすっただけだった。太陽が目に入ったのか?

これで和田のリズムが狂う。結局この回3ランを浴びて、同点。韓国戦の悪夢がまざまざと蘇ってきた。

「これで勝負あり」と思いテレビのスイッチを切って街へ出かけた。

1時間後、駅のテレビに映し出された途中経過は4-8。改めて落胆する。

星野監督は「申し訳ない。ただ、その一言です」と力を込めて詫びた。

ヒーローインタビューでは「キモティ―――ッ!」と絶叫するほどの本来は明るい性格のGG佐藤。韓国戦の失策で負けると試合後は泣いていた、という。

このまま日本に帰りたくないぐらいの気持ちだろう。

昔の武士なら切腹もの。北京五輪のエラーが今後のGG佐藤の野球人生にどう変えていくのか心配になる。

監督の采配ミス、本番直前での故障などで選手が本来の力を出し切れなかったことなど総合的な結果がメダルなし。

絶対的な強さを誇っても、陸上400リレーでバトンを落としたアメリカチームのようになる。

女子ソフトがオリンピック種目から消える最後の大会で意地の金を取ったのに比べると、プロにはその気迫が足りなかった。ダルビッシュを筆頭に急きょ北京で5人が気合を入れるために坊主にした。GG佐藤もその一人。

オールプロで臨んでメダルを逃したことが何より悔やまれる。男子400リレーで史上初の銅メダルを取ったことも帳消しにするぐらいの失望感に襲われている。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-23 18:53 | スポーツネタ | Comments(10)
アメリカがいない男子陸上400メートルリレーの決勝。

予選3位通過でメダルのチャンスがある日本。

あっという間の瞬間だった。

38:15

ライバルのブラジルをアンカーの朝原がラストの5メートルをしのいで、堂々の銅メダルを獲得した。ジャマイカが9秒台の選手ばかりを揃えて世界新で優勝したことよりもすごいことである。今こそ、新聞社は号外を出すべきだ。
b0017844_2336235.jpg

80年ぶりのトラック種目でメダルを獲得した。

リレーでは日本陸上界史上初のメダルとなった。

3走の高平が世界のボルトによくついていった。それを朝原が根性で3位を死守した。アメリカがいればメダルの可能性はない、というラッキーな決勝戦だったが、日本の短距離が世界と戦えることを証明した。

1走の塚原がいい飛び出しを見せた。
「歴史の立役者になれてよかった。末続さんめがけて突っ込んだ。この場に立てて感謝しています」と声を震わせた。

2走の末続は「日本短距離は通用しないといわれながら戦ってきた日本短距離の歴史の勝利」と喜びをかみしめた。

3走の高平。何年かしたら頭が禿げる髪質。
「アテネから4年。朝原さんが最後になる。気持ちよく走ってもらうことができた。夢は叶うことが証明できてよかった」

アンカーの朝原はこの北京が最後になる。
「最高の舞台で、最高に気持ちよかった。いうことない。早く終わって喜びたい。9万人の観衆の中で早く走りたい気持ちが交錯した。ボクの体がどこまで持つかという不安と絶対にできる、という気持ちが揺れ動いた。メダルが狙える位置にいたのでアンカーとしての重圧もあったが、楽しむことを忘れないようにリラックスした。(これまでの)リレーメンバーのすべてに感謝したい」

オールプロで臨みながらふがいない成績に終わった野球のことは忘れて、史上初のリレーでの銅メダルを獲得した余韻に浸りたい。

やはり、最後はハングリー精神。プロにその気持ちがない。

朝原はいう。

「あきらめずに頑張った。持っている力以上の力を発揮できた」

野球チームはこのことばをしっかり受け止めて銅メダルを取りに行って欲しい。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-23 00:03 | スポーツネタ | Comments(6)
100万ボルトの次は200万ボルトだった。

しびれるほどの電流が茶の間に走った。それはそれは圧勝だった。

ジャマイカのウサイン・ボルトが本職の200メートルは、最後まで全速力で走り、19:30の世界新記録をたたき出した。

1996年アトランタオリンピックでアメリカのマイケル・ジョンソン記録した19:32は向こう100年は破られない、といわれていたのに、長身から繰り出す回転の速い長いストライドはあっさり記録を塗り替えてしまった。

昨年の大阪で開かれた世界陸上は19:91で銀メダル。アサファ・パウエルとタイソン・ゲイの陰に隠れていた。

この1年での驚異的な伸びはなんなんどろう。

ついつい、ソウルオリンピックで金メダルを獲得しながら筋肉増強剤を使用していたことが発覚してメダルをはく奪され、世界記録が取り消されたベン ・ジョンソンを思い出してしまう。

あさズバがジャマイカの陸上の強さを分析していた。

それによると、ジャマイカには学校教育の時間の中で体育がないらしい。あるのは陸上だけ。それは他のスポーツのように金がかからないこともある。小学生の時から原石を探し出す。さらに才能がある者が、世界に通用するように英才教育で鍛え上げられるわけだ。

瞬発力を要する走ることにかけては白人や黄色人種は黒人には太刀打ちできない。

ボルトの世界新の連発で印象が薄くなっているが、女子100メートルは1~3位までをジャマイカが独占。快挙である。

昨日、行われた女子400メートルハードルでもジャマイカの選手が圧勝した。

今回の北京五輪では男女共に短距離ではジャマイカ勢の台頭を印象付ける結果になった。まさにジャマイカ旋風が吹き荒れた。

それとは対照的なのがアメリカ。

陸上短距離といえばアメリカの御家芸だが、金メダルが取れない。

金メダルの数でも昨日まで、中国の45個に対してアメリカは26個、と大きく水を空けられている。

イラク戦争の失敗で覇権国家としての精彩がない。アメリカと中国の政権交代とまではいわないが、開催国の面目は保てる試合結果となっている。

宴の後…

アメリカ、中国の同時景気後退がいよいよ加速して、世界恐慌を引き起こす…


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-21 07:46 | スポーツネタ | Comments(4)
何の試合だったかは覚えていない。屋内競技だったことは確か。

優勝したときに観客席から国旗が投げ入れられようとしたときに、係員に制止された。そのときアナウンサーが「オリンピック憲章で禁止されていますからしかたありません」といっていた。

オリンピックで優勝した選手が、場内で国旗を身に纏うシーンはよくあることで、北京オリンピックから禁止されたのかと思った。

まだ北京オリンピックが開会して間がないころだったから、余計印象に残っている。しかし、その後は制止されることもなく、各国の選手がやっている。

では、何がオリンピック憲章で禁止されているのか?

調べてみたら、北京オリンピックでは「競技技会場内で横断幕を掲げたり、集団でそろいの服を着たりすることを禁じている」

聞き間違いや、空耳ではなかった。国旗ではなく横断幕でも投げいれようとしたのか。

そういえば、あさズバのみのもんたは、今週から夏休みを終えて復帰するものと思ったら今日も出ていない。

先週末、確か柴田アナは「来週からみのさんは復帰します」といっていたのだが、これも聞き間違いかと思ったら、「明日から復帰します」と今朝は確かにいっていた。

北京へ行っている高畑百合子アナは、みのに変なツッコミをされないので、伸び伸びとやっている。

しかし、いつも怒っているみのがいないあさズバは空気のような番組になってしまい、局アナの柴田では番組は持たない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-20 07:45 | スポーツネタ | Comments(2)
北京オリンピック水泳も終了した。終わって見ればスピード社のレーザーレーサーの圧勝だった。世界新記録25個中、23個がレーザーレーサーによるものだった。

日本での販売契約を結んだゴールドウィンの株価の動きにも乱高下が目立つ。

そりゃ、そうだ。

いくら、オリンピックで世界新を連発しようとも、レーザーレーサーがすべてのスイマーに普及するわけではない。

全世界のスイマーのうち、競技として泳いでいる人口って何割だろうか。

圧倒的に趣味で泳いでいる層の方が多い。つまりレーザーレーサーを必要としない。

2000年を境に水着はハイレグ、ビキニからスパッツタイプに移行して一般スイマーに影響を及ぼすようになるまでに4年ぐらいを要したが、さすがに、レーザーレーサーは一般的ではない。

値段が高いことに加えて一人では着用もできない。

F1カーを素人に買えといっているようなもの。無用の長物以外の何物でもない。

棒高跳びのポールを素人に買え、というほどではないにしろ、それほど一般スイマーには必要とはされない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-19 07:48 | スポーツネタ | Comments(0)

宴の最中に東京では秋風

長い夏休みも終わり、今日から仕事モードだ。

この間の一般紙のトップは連日に亘って日本人選手の金メダル獲得ニュースが飾っている。大きな事件がなかったこともあるが、新聞もオリンピック=夏休みモードだ。

ちなみに、今朝は女子レスリングの伊調馨が連覇で金のニュースが一面トップ。新聞社はまた号外でも出したのか?

鉄板といわれた伊調の金よりも男子水泳400メートルリレーでアテネに続いての銅メダルを獲得したことのほうが感動的だった。

ここでもエース北島康介の活躍が光った。平泳ぎで体一つリードを取ってバタフライ、クロールへつないだことがメダルにつながった。

北京オリンピックも日程の半分が過ぎた。

この後メダルが期待できるのは女子ソフト。オールプロで臨んだ野球は2勝2敗の五分。日本での壮行試合でも負けるなどしていたが、そのままの状態で北京入りしてしまった感じだ。

宴はまだ終ってもない。

北京オリンピック開催と同時に上海の株式市場は続落している、という。早くもオリンピック後の中国経済に危険信号が点り始めている。この影響をもちろん日本も受けることになる。

昨日、東京は日中の気温22度ぐらいだった、という。

10月上旬の気温で、早くも秋風が吹いていた。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-18 07:36 | 社会ネタ | Comments(6)
日本のエース野口みずき欠場の北京オリンピック女子マラソンは、始まる前から興味の対象から外れていた。

実に退屈なレースで、途中何度も寝そうになってしまった。

朝から睡魔と闘いながらテレビ観戦していた。

スタートから20キロ付近までは、2時間30分台の超スローペースのレース展開。スタート時点の気温は22.5度、湿度70%でみんな飛び出すのかと思ったが、けん制の中での序盤戦だった。

10キロ地点で、土佐礼子の口が開いていることを解説の有森裕子が発見する。まだ口を開くような苦しい地点でもないし、ペースもスロー。土佐の異常を発見した瞬間だった。

集団の中からどんどん遅れていく。

顔が苦痛でゆがんでいる。

右足の外反母趾が痛くて走れなくなってきたようだ。

20キロ地点では後続選手にどんどん抜かれていく。外反母趾は直接地面に響くので、痛みで足が蹴れないので、とても走れる状態ではない。それでも、苦痛で顔をゆがめながらも土佐は泣きながら走っている。

25キロ地点でリタイアしたが、見ている方がつらかった。

残るは中村友梨香1人。27キロ地点で集団から離されると13位でゴール。マラソンが北京で2回目の中村に期待すること自体が無理な話。

優勝したのは20キロ地点からスパートしたルーマニアのトメスク。まず、かけていたサングラスを沿道に投げ捨てると、今度はキャップも脱ぎ捨て、最後まで行く、と意思表示を示した。

誰も追ってこず、このままゴールしてしまった。

解説の有森裕子はトメスクがパンツの中に入れていたものを取り出すと、それを握ったまま走り続けた見逃さなかった。

何をパンツの中に隠していたのか非常に気になるところ。

それで、ネットのニュースサイトを巡回していて、ライブドアでとんでもない見出しを発見した。なんと優勝が2位に入ったケニアのヌデレバになっているではないか。

トメスクが隠し持っていたものが、失格になったのかと思った。
b0017844_11354895.jpg

本文ではルーマニアのヌデレバとなっている。
単なる勘違い。
すぐに間違いに気づいて訂正しているが、ここは記念に貼っておこう。
b0017844_11195717.jpg

こっちの誤報というか凡ミスのほうが金メダルだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-17 11:47 | スポーツネタ | Comments(2)
世界最速男ウサイン・ボルトは何もかもが桁外れの規格外人類だった。

北京オリンピックの陸上初日は、100メートルの世界最速男を決めるレースから始まった。

予選から半分の力で流すように走るボルトは、軽く走りながら、簡単に9秒台をたたき出す。まったく危なげないが「もっとまじめに走れ!」と突っ込みを入れたくなる走りで決勝まで進んだ。

黄色人種がどんなにがんばっても10秒を切れないのに、基本的な身体能力の差をまざまざと見せつけられる。水泳でも50メートルがあるように、50メートル走なら日本の塚原直貴でもメダルのチャンスはある。

その一方でアメリカのタイソン・ゲイがまさかの準決勝で脱落。新旧交代とアメリカの凋落を決定づけた。

決勝はジャマイカ3人に対してアメリカは2人。そのほかトリニダード・トバゴが2人、とカリブ勢の台頭が目立つ。

ボルトの敵は仲間のアサマ・パウエルではなかった。

敵はいなかった、というのが正しい。50メートル辺りで先頭に立つと、そのまま差を広げ、最後20メートルぐらいから横を見たり、両手を広げながらゴール! 

9:69という世界新記録を樹立してしまった。

決勝でも全速力で駆け抜けないゴールシーンは記録もさることながらオリンピック史上初ではないだろうか。

ラスト20も力を抜かずに、そのまま全力疾走したら記録はどうなっていたやら。

人類はついに9秒6台に到達してしまった。

ボルトは短距離選手では珍しい196センチの長身スプリンターだ。これだけの上背がありながら俊敏な動き。大きなストライド。一歩の歩幅が他の選手より抜きん出ている分、足の回転が速ければ、一歩ごとに差が広がる。

100メートルを40歩で駆け抜ける。

スタート前から緊張感がまったく感じられない。他の選手が集中して険しい表情に変わる中、弓を引くようなポーズを取っている。周りの選手とは違ってリラックスムード満点。力みがない。

その力みのなさはレースの終盤で流すように走ることでも表されている。

金メダルを確信していたのか、シューズはゴールド。レース後はすぐに靴を脱いでアピールする。

ミズノのランバードでなかったことだけは確か。プーマのように見えた。

100メートルといえば、アメリカの独壇場だったが、ここ最近はジャマイカ勢に押されっぱなし。アメリカ経済と同様アメリカの強さの象徴だった100メートルも凋落の一途をたどることになってきた。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-17 07:38 | スポーツネタ | Comments(0)
このブログへの検索ワードで定番になっているのが「佐々木恭子」あるいは「佐々木恭子 離婚」。フジテレビアナウンサーの佐々木恭子の離婚に関するエントリーは2006年2月16日だから、随分息が長い。

佐々木アナ自身がネットで自分のうわさを「佐々木恭子 離婚」で検索した場合、トップに出てくるので、このブログを読んでいる可能性もある。

話は、北京オリンピックへと飛ぶ。

女子背泳ぎ200メートルで中村礼子選手が、2大会連続で銅メダルに輝いた。準決勝は4位通過だったのでメダルの可能性はあったが、見事な泳ぎで3位だ。といってもまだその映像を見ていない。

なぜ、最初にフジテレビの佐々木アナの話題をふったかというと、佐々木恭子アナと中村礼子選手がそっくり、ということで佐々木アナが司会するとくダネ!でも中村礼子選手を応援していたのをたまたま夏休み中で見たものだから、強引に検索ワードと絡めて中村礼子銅メダルへと話をつないだわけだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-16 15:14 | スポーツネタ | Comments(2)