日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

タグ:ソフトバンク ( 21 ) タグの人気記事

しゃべるお父さんBigストラップなんかまったく興味ないので、こんなもの欲しさでソフトバンクに乗り換える気はサラサラない。

新規加入のおまけ。3万個限定で、在庫がなくなると5000円分の商品券に代わる。ソフトバンクのサイトには在庫状況が分かるようになっているのに、残数がどれぐらいなのか数字が出てこない。

このBigストラップキャンペーンが見事に失敗している、ということか?

25カ月連続純増トップを誇るソフトバンクの数字を下支えしているのは、法人契約ともいわれている。ソフトバンク同士なら通話料がただなので、企業にとっては社内間の通信費を抑えることができる。

法人需要開拓の実働部隊が光通信。端末代金タダ、基本料金920円×2年分のキャッシュバック戦法は、1台で2万3250円の現金がもらえるので、資金繰りの苦しい零細企業の経営者には美味しい話である。

こんな荒業を使いながら契約件数を増やしているのがソフトバンクモバイルの実態なのだが、どうしてここまで無理して契約件数を増やすのか、ということになる。

ソフトバンクはボーダフォンを買収するときに1兆7500億円をつぎ込んでいる。メインバンクはみずほ信託銀行で1兆4000億円を借り入れている。

毎年の返済額は1000億円ともいわれ、融資の契約義務上条項の中に、資金を供給する側に不利益が生じた場合は契約を解除できるらしい。

金融機関からすれば、その担保となるのが契約者数の増加しかない。従ってソフトバンクは純増数にこだわるわけで、孫正義としては加入者を増やす戦略商品としてi Phoneをどうしても手に入れたかったわけだが、期待通りの起爆剤にならなかったことは、いまさらいうまでもない。

友人が安いからとソフトバンクを使っているが、大阪市内の自宅マンション内では圏外。ベランダへ出ないと通話ができない。

人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2009-06-20 06:35 | 社会ネタ | Comments(16)
ソフトバンクが連続20カ月純増数トップということを誇らしげに宣伝しているが、これにはからくりがあった。

法人向けにソフトバンクケータイを販売している会社がけっこうある。

ソフトバンク同士なら通話料がかからないので、通信費のコストダウンを提案するために販売しているのだが、その中でも「一番ソフトバンクケータイを販売している」と自負する会社の執行役員に会った。

台数がまとまれば、端末もサービスすると持ちかけてきた。

この会社の株価は最高値で24万円だったが、わずか3カ月で8000円台に急落。ITバブル崩壊の元凶と世間を騒がせたことがある。

カラーコピー機販売で建て直しを図り、ソフトバンクのケータイ販売にも力を入れている。

「今はコンプライアンスを重視していますので」と自身も2台のソフトバンクを持っているが、1台はアイフォン。役得で端末代は無料だったとか。

「でもソフトバンクは電波が弱いですよね」と話を振るとあっさり認めた。

「ビルの中は特に弱いですね。そういう場合はアンテナを立てますが、逆につながらなくて安心することもありますよ(笑)。これからもソフトバンクの電波が強くなるとは言い切れませんね。こればっかりは。よく切れますよ」

本来、ケータイを販売しに来たのではないので、本音が出る、出る。

「電波が強いのはauです。新幹線の中でも切れることがありません。ドコモとソフトバンクは同じ通信方式なので新幹線には弱いです」

ちなみに、auの端末も持っているが、会社を挙げてソフトバンクを売っているので社員は全員ソフトバンク。auを使うとどうしても電話代が跳ね上がるので、無料通話のソフトバンクを普段は使うことになるようだ。

法人販売がなければ純増トップはなかった、ということか。

人気ランキング
[PR]
by tetorayade | 2009-01-24 08:25 | 社会ネタ | Comments(2)
内藤大助の世界タイトルマッチはドローで防衛を果たした。ジャッジは内藤、挑戦者、ドロー、と三者三様だった。

ドローでの防衛は本人も満足していなかったが、33歳のチャンピオンは2度目の防衛を果たした。

その一方で、試合のインターバル中にはケータイ各社が三つ巴のCMバトルを展開していた。

口火を切ったのはウィルコムだった。

鳥と犬の人形を使ったもので、鳥がウィルコムとすれば犬はソフトバンクをイメージしたもので、犬がパソコンで安いケータイを探し、ウィルコムショップへ足を運ぶという内容。白い犬は今やソフトバンクの広告塔で、明らかに音声無理通話をうたうソフトバンクを意識したものであることは、ミエミエ。

PCやケータイへのメールも無料ということをアピールしている。これもポイントのようだが、ウィルコムでは当たり前のことが他キャリアでは違う、ということなのか。

これに対して2番手で登場したソフトバンクは、ブラビがケータイで会話するイメージ広告。インパクトは弱い。

しんがりはau。

シャベルのCGで家族間の音声通話無料をアピールする。

これも三者三様だったが興味をひかれるのはやっぱりウィルコムだ。

ユーザーだからというのを差し引いてもCM対決のチャンプはウィルコムで文句なし。

ただ、ネットのつなぎ放題プランには音声通話無料は適応されない。ここんとこを解消しないとソフトバンクには勝てない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-03-08 23:37 | CMネタ | Comments(2)
ぷぷぷ~ぷぷぷ

友人の一人にソフトバンクユーザーいる。

昼間、大阪市内の事務所にいる時間帯に電話をかけると、かなり高い確率で留守番電話サービスにつながる。

いわゆる圏外の場合、留守電になる。

面倒くさいけど、留守電に用件を吹き込む。

しばらくすると、すぐに電話がかかってくる。

「ゴメン、事務所の中が電波が届かんねん」

ホワイトプランに惑わされて、auから乗り換えた。

「家ではつながるんで買ったんやけど」

Jフォン時代から電波が弱いのは、ユーザーなら痛いほど知っていることなのだが、会社が次から次へと変わり、格安プランを前面に押し出すことで、電波の問題はどこかへと押しやられた。

そう、銀行が合併を繰り返し、元の銀行名がさっぱり分からなくなったように。

そんなことも知らないユーザーが、ロボットに変身するケータイやホワイト学割なんて戦略に引っ掛かって泣きを見る。

今は縛りがきつく、途中解約すると高い違約金を取られる。

それより、電話する側からいうとケータイに電話してつながらなかった時ほどイライラすることはない。

コールしていても出ないのはしかたないにしても、圏外でつながらないのは論外だ。

ソフトバンクは本気で電波を強化しているのか?

大阪市内のビジネス街で圏外もなかろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-29 08:40 | 社会ネタ | Comments(37)
橋下弁護士がソフトバンクの社員だったら、今年8月はいきなり500万円の出産祝い金をゲットするところだ。

ケータイ電話事業参入のために2兆円借金して、無駄なテレビコマーシャルを垂れ流すソフトバンクが少子化対策と育児支援の一環として、第5子からは出産祝い金が500万円支給されることになった。

4月1日から適用されるそうだ。

橋下弁護士は今年8月に第7子が生まれる予定。今後も8子、9子とチャレンジしてくるだろうから、社員ならそのたびに500万円が転がり込んでくる。

しかし、思い切った制度だ。

これまでは1子につき1万5000円だった出産祝い金が、第1子が5万円、第2子が10万円、第3子になるといきなり100万円、第4子で300万円、第5子が天井で500万円。

橋下弁護士のように第7子までは想定しておらず、第5子以降は一律500万円が支給される。

狙いは仕事と子育てを両立しやすい環境整備と優秀な人材の確保、ということになっている。

ただ、一括で500万円が支給されるのではなく分割。冬のボーナス時に100万円ずつが加算されるようだ。

これほど、高額の祝い金を出す大企業は珍しいというが、よっぽど、ソフトバンクは人材の定着率が悪いという現われか?

勤続1年以上の正社員が1万2000人もいるのに、3人の子持ち社員はわずか360人しかいない。若い独身社員が多いことが分かる。

大量のCM戦略でもシェア率が奪えないわけで、人材教育の強化に方向転換でもするつもりか? 

そのためにはアメとムチの使い分けが必要になってきたようだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-28 07:36 | 社会ネタ | Comments(8)
ナンバーポータビリティの結果は1カ月で出た。

そのままの結果でずっと推移している。

従って、ドコモもauもそれに関するCMを流すことはなくなったが、相変わらずの物量作戦ともいえる広告出向量で他社を圧倒的にリードするのが負け組みソフトバンクだ。

最近はキャメロン・ディアスにいたくご執心の様子だ。

20色のカラーリングは絶対不要なのに、コマーシャルのきれいな展開に自らが惚れ惚れしているのか、これでもか、これでもか、と垂れ流す。

それを観た視聴者はカラーリングの印象はあれど、あの機種にどれほどの食指が動くのかははなはだ疑問。

即物的な比較広告から一転してイメージ広告へ移行したようだが、スフトバンク選手を使ったバージョンや犬を使ったバージョンなどまるで一貫性がない。

上手な広告は、ユニクロのCMはバージョンが変われど、これはユニクロのCMと分かるポリシーが感じられるものだ。しかし、ソフトバンクのCMにはそれがない。

広告宣伝費が潤沢にあるのか、広告代理店のおもちゃ、と化している。

テレビ局にしてもこれほどありがたいクライアントもない。

「金は使わないと返ってこない」という名言があるが、ソフトバンクは生き金を使っているようにも思えない。

これだけ、広告費をつぎ込みながらシェアを伸ばせないソフトバンクはどこへ向かおうとしているのだろうか。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-27 21:48 | CMネタ | Comments(5)
ネット上で非難轟々だったソフトバンクのテレビコマーシャル、きみちゃん村八分編が2~3日前から流れなくなった。

完全に打ち切った、といってもいいだろう。

それでなくてもロケットスタートを狙った0円コマーシャルでいきなり躓いて、詐欺まがい商法ですっかり企業イメージを悪くしたソフトバンクが、爽やかな陰湿を狙ったラクロス編も魂胆をすぐに見透かされ、ネット上で非難の嵐。

これ以上続けても企業イメージを傷つけるだけで、得策でないと思ったのだろうが、最初からこんなコマーシャルを作らなければいいのに。なんで非難が来ることを軽く想定できるものをわざわざ流したか。

この辺の感覚がソフトバンクが嫌われるわけなのだが、それを孫正義を取り巻く首脳陣は気づいているのに、それを孫正義に進言する社員がいない、ということだ。

完全に裸の王様になっている孫・ソフトバンクに未来はあるようには思えない。

追記

ソフトバンクが多数の批判を受けて、“予定”通り24日で終了する、と発表した。しかし、前倒しで打ち切ったようだ。

直接的な広告では2連敗。何をやっても反感を買うばかり。

かといって、イメージ広告のブラビ、キャメロン編も下手糞。アメリカ人映画俳優が何か?何も伝わらない。

広告代理店を総替えするか。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-12-23 21:41 | CMネタ | Comments(14)

きみちゃん村八分作戦

いずれにしても、ソフトバンクのCMには好感がもてない。

今流している女子大生のサークル編は、イジメ問題にもつながり兼ねない危険性をはらんでいる。

ラクロス部の試合の件を夜9時までに電話連絡する、という設定なのだが、きみちゃんは、ソフトバンクではないキャリアを使っているから、自ら「いいよ、私にかけるとお金かかるし」と辞退する。

お嬢様たちは、

「そうか、ソフトバンクじゃないんだ」

「いいよ、きみちゃんが悪いんじゃないし」

「そうだよ。気にしないで」

まるで、ソフトバンク以外を使っていたのでは、仲間はずれにされる雰囲気だ。

で、最後には「友達を大切に」の文字。

農耕民族の村八分心理をついたCMなのだが、それは圧倒的にソフトバンクのシェアが高かったら、水が高い所から低い所に流れるように、有効なのだが、今のシェア率では逆村八分になってしまいそうだ。

ましてや、連絡はメールの方が便利。これでユーザーが増えるとは到底思えない。

追記

今日(21日)はきみちゃんバージョンが流れない。ブラビバージョンばっかしだ。ブログで批判されていることを真摯に受け止めたのか?


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-12-21 00:17 | CMネタ | Comments(42)
ケータイ選びの基本はつながるか、つながらないか。

それが第三世代に移行していく中で、改めてその部分がクローズアップされている。

フォーマでも地方ではまだまだ圏外は多い。

その結果、北海道、東北、関西、中国、四国、九州で減少傾向を見せ、ドコモ創業以来の初の1万7500件の純減に転じた。ドコモですらそんな状況で、ソフトバンクはショップで自信を持って3Gを勧められないほど、基地局の増設工事は遅れに遅れている模様。

その中でauは「つながる」という基本が口コミで伝わっているのか、32万4900件の純増で一人勝ち状態が続いている。

あれほどの想定外価格と、大量宣伝を打ち続けながらも、ソフトバンクはナンバーポータビリティではこの11月は結果的には5万3900件の減に転じるものの、トータルでは6万8700件の増。

これはケータイをデザインで選ぶ層、と思われる。

ケータイ各社はデザインや機能でごまかさないで、基本にもっと力を入れるべき。それからの差別化であって、順番を逆にしているキャリアから客が逃げるのは当然のこと。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-12-09 00:13 | 社会ネタ | Comments(1)
音声通話0円を謳いながら、21時から25時までは時間制限を設けているからくりを「当社は夜間も制限なく通話し放題。きめ細かい基地局整備を実施しているからこそ実現できる」とウイルコムの喜久川政樹社長がちくりとソフトバンク批判していた。

この時間帯は恋人同士などが長電話をする時間帯でもあるため、ここに無料通話が一斉に集中すると基地局がすくないため、つながらないことが懸念されるため。

加えて、販売店の現場では3Gは基地局不足でやはり圏外が多いことから、積極的に勧めていないこともあるようだ。

ソフトバンクは加入者を増やさなければいけない反面、3Gユーザーが増えたら増えたで電話が使えない、つながらないの大ブーイングだろう。

基地局を倍増する計画も遅々として進んでいない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-11-17 23:22 | 社会ネタ | Comments(3)