日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
京都府警は今一番厳しい警察かもしれない。

松本伊代を擁護する気はないが、厳重注意程度で処分すべきところを書類送検した。

b0017844_14283158.jpg
嵐山の竹林を過ぎて、トロッコ電車に乗る道すがらの踏切で、この辺りは中国人観光客も多く、線路内に立ち入って写真を撮るバカどもが多いために、進入禁止の注意書きがある。

書類送検とは刑事事件を警察から検察に送ることで、検察が起訴するかどうかを判断する。

この程度で起訴されることはないだろうが、これをブログに掲載した松本伊代の問題意識がないことが恐ろしい。それを天然で片づけてしまうこともできない。

これは読売テレビの旅番組のロケの途中で撮影されたもので、番組のスポンサーがJR西日本というのだから、間が悪い。

番組は当然のことながらお蔵入りで、損害賠償問題も発生する。

ヒロミの個人事務所に所属する松本伊代なので、事務所が肩代わりすることになるのだろう。

[PR]
# by tetorayade | 2017-02-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ペプシコーラが5本セットを買うと1本サービスになるキャンペーンを行っている。

b0017844_16131706.jpg

これは日本人なら1本がサービスと受け止めるが中国人は違っていた。

今だけ無料の文字を見て、そのままレジを通らずに店外へ持ち出したところで、注意された。

中国人は「無料と書いているじゃないか」とすっとぼけたが、店に気づかれなかったら、シメシメという気持ちでやった確信犯と思われる。

中国人に誤解を与えるパッケージであることには違いない。



[PR]
# by tetorayade | 2017-02-12 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
フリーマーケットでの出来事。

おばちゃんがオシボリを束にして売っていた。ざっと見ると1束に100枚ぐらい。それが6本の束になっていた。

オシボリには写真のように同じタグがついていた。

b0017844_09541361.jpg
このタグはオシボリ屋の目印のようなもので、ピンときた。

本来はオシボリ屋が回収する貸しオシボリであることに。

「これどうしたの?」

「家にあるのが沢山あって溜まったから」

これで完全に分かった。

「どこから盗んできたの?」

おばさんはあっさり「すいません」と謝った。

話しを聞いてみると行きつけのパチンコ屋から持ち帰ったものであることを白状した。

「負けたら悔しいので5000円で1本、1万円負けた時は2本持って帰っていました」

およそ600枚はある。額面通りに受け取れない負け金額になる。

600枚で500円の値段を付けていたが全然売れない様子。

会場を一周回っておばちゃんのところに戻るとオシボリがない。売れたのかと思ったら、盗んだのがバレたので、引っ込めていたことが分かった。

「100円なら買ってもいい」

交渉成立。

使い捨てのウエスとして使っている、という。


[PR]
# by tetorayade | 2017-02-11 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
フランスへ帰る親せきを見送るための国際線での出来事。

ベンチの背もたれの間に不審な袋があった。フランスなどは日常的にテロの恐怖に晒されている。

航空会社のカウンターへ行って不審物があることを告げて、現場に連れて行った。すると職員は袋をちょっと触って何も言わずにそのまま立ち去った。

その後何かするのかと思ったが、待てど暮らせど誰も来ない。時間にして20分ぐらいが経過した。

再びカウンターへ行って、女性社員に「ヨーロッパではあり得ない話ですよ」と忠告した。

セキュリティーの意識があまりにも薄いので、その後空港管理会社に電話した。

袋に直接触ることも間違っているし、何もいわない航空会社の社員の対応もおかしい。

ヨーロッパ並みにテロが起きないことを願うしかない。

日本は神風でテロを封じ込めているのかも知れない。



[PR]
# by tetorayade | 2017-02-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
電車の中でマスクをすることもなく咳込む若い女がいた。

30秒ごとに咳をする。周りの乗客も迷惑顔だが、乗っている電車は新宿を発射したばかりの京王線の特急なので、次の駅までが長い。

若い女が立っていたが、目の前に座っていたおばさんが、

「これつけなさいよ」と自分が付けていたマスクを彼女に差し出した。

その行動に彼女も驚いたが、おばさんはさらにこう続けた。

「私が咳したマスクなんて気持ち悪くて付けられないでしょ。あなたの咳はそれと一緒なの。マスクなんてコンビニでも駅の売店でもどこでも売っているでしょ。なぜ、そんなに咳しているのにマスクを買わないの」

周りの客は心の中で拍手を送った。

若い女は泣き出して、次に止まった駅で降りて行った。

咳が酷い人は鞄の中に必ずマスクを常備して置くこと。大勢の人がいるところではマスクすること。そんな当たり前のことをこのおばさんが教えてくれた。






[PR]
# by tetorayade | 2017-02-09 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
バイクで高速道路を走るようになって感じる不満は、2輪なのに料金が軽自動車と同じということ。高速代が高い。車輪も車体重量も半分以下なのに、なぜ、2輪料金がないのか不思議でならない。

国会議員で構成されているオートバイ議連なるものがある。

議連の目的はオートバイ産業の発展と普及促進だ。

重点要望は以下の通り。

(1)軽自動車税の増税撤回
(2)ETC購入助成金の支給とETC割引料金の導入
(3)高速道路料金区分の独立化と料金の適正化
(4)小型限定普通二輪(125cc)以下の新車への販売インセンティブ支給
(5)小型限定普通二輪(125cc)免許取得時の負担軽減
(6)駐車場の整備・拡充
(7)都道府県間のバス専用通行帯運用基準の統一化
(8)高速道路路側帯の避難利用の解禁

3番がオートバイの高速道路料金問題だ。

独自に二輪を設けて安くしろということだろう。

高速道路を走っていても冬は特にオートバイの姿をみかけない。

それだけ、趣味で走っていて、ユーザーも少ないので、この問題が一向に進まないのだろう。

オートバイにとって高速道路が必需品なら、もっと早く2輪料金が確立されているはずだ。

民主党政権下で土日の高速代が無料なっていたが、その当時は恩恵にあずかることもなかった。

1日も早く法案が可決することを望む。






[PR]
# by tetorayade | 2017-02-08 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

セコすぎる詐欺

杉並区の明大前での出来事。

おばあちゃんに若者が近づいて何かいっている。

おばあちゃんが困惑しているので、近づいて「どうしたの?」と声を掛けた。

「これを500円と交換して欲しいといってるんですが…」

若者は「韓国から来たばかりで、両替して欲しいと頼まれた」と弁明。

b0017844_10291659.jpg

手にしていたのは750ウォン。

500ウォンは500円硬貨にそっくりだ。

価値は1/10なので70円ぐらいしかない。

やばいと思った若者はウォンをおばあちゃんに手渡したまま立ち去って行った。

セコすぎる詐欺だ。


[PR]
# by tetorayade | 2017-02-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ツーリングはただ走るだけでなく、行き先に目的が必要になる。

で、全国的に快晴となった28日は、目的地を徳島まで足を延ばすことにした。

b0017844_09483468.jpg

徳島といえば、徳島ラーメンだ。徳島ラーメンをグーグル先生で調べると何軒か出てきたが、その中からひらがなの店をチョイスする。

ヤフーナビに住所をセットして向かった先が中華そばのいのたにだった。

b0017844_09482115.jpg

到着したのがちょうど昼時。静かな佇まいに客はあまりいないのかと思ったら、店内はほぼ満員。有名人のサインが壁一面に貼られている。
b0017844_09473460.jpg
その中には安倍首相のサイン。安倍首相だけでなく、政治家も何人か訪れている。

b0017844_09474569.jpg
注文したのは中華そば中肉。あまり意味も分からずにそれを選ぶ。なぜなら、チャーシュー麺のチャーシューが一杯というのは好きではないからだ。チャーシューは2枚程度が丁度いい。

それで中肉を選んだが、徳島ラーメンはばら肉の薄切りだった、ということを思い出した。

b0017844_09475946.jpg

このばら肉の厚さが微妙に厚い。もっと薄くてもいい。

スープは醤油とんこつ。

食べログにはいのたにを絶賛するコメントが並ぶが、スープが塩っぱい。スープ好きだが飲み干すことはしなかった。これ全部飲むと後から喉が渇くパターンだからだ。

肉ももっと甘辛さが欲しいが、スープ同様塩っぱさが立っているので、そんなに美味しいとも思えない。

生卵をいれてマイルドにするのが徳島流の食べ方だというが、塩っぱさにはタマゴでは中和できない。

いのたにを絶賛する人は美味しいものを食べたことがないのだろう。

最後にどんぶりを触ると手が油でベトベトになった。



[PR]
# by tetorayade | 2017-02-06 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
妖怪ウォッチブームがピークだったのは2014年。

妖怪ウォッチのメダルを求めて、玩具屋には長蛇の列がでてたのがニュースにもなった。

同年、西武鉄道は夏休みの子供向け企画として、スタンプラリーを開催したが、2015年はポケモンのスタンプラリーに切り替えている。

ブームから3年…

b0017844_08391370.jpg
b0017844_08392443.jpg

妖怪ウォッチ関連商品が半額で投げ売りされている。

これをみたおばあちゃんたちの会話。

「前は妖怪ウォッチを孫に買ってやったら喜んだので、関連グッズを買っていたのに、お嫁さんからもう買ってこなくてもいいといわれた。もう、孫が見向きもしないんだって」

ニーズのないものはいくら値段を下げようとも見向きもされない、という典型だ。




[PR]
# by tetorayade | 2017-02-05 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
等身大の自分を届けられるメディアとしてSNSが急成長を遂げているが、SNS業界はジェットコースターのように目まぐるしく業界地図が塗り替えられている。

日本版のSNSといえば、mixiを思い浮かべる。

サービス開始から2年半で会員500万人を集めた。2006年にはマザーズに上場するも、アメリカから上陸したFacebookに取って代わられるのに時間を要しなかった。

mixiは匿名性が普通だったのに対して、Facebookは実名性を重視した。匿名性よりも実名性が日本でも受け入れられた。

同時にTwitterが日本に上陸して、mixiを駆逐した。

mixi利用者は坂道を転げ落ちるように激減した。

Twitterもインスタグラムの出現で、アメリカの本社は赤字に陥り、身売りされている、という。

インスタはつぶやくことなく、写真を載せるだけの手軽さが若い世代に受けている。

で、次に来ているインターネットサービスがレシピ動画サイトのデリッシュキッチンだという。

b0017844_08390300.jpg
料理を失敗しないように動画を早送りで見せている。

必要なのは手順だけでいいので、早送りは忙しい人にはピッタリだ。

この広告がFacebookにも載っていた。

[PR]
# by tetorayade | 2017-02-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)