日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
「アベ政治を許さない」

この張り紙を近所のアパートの住人が自分の部屋のドアに貼っている。安倍首相が嫌いなのだろう。個人宅で張り出すことはそんなに珍しくないが、これが店舗となるとより政治色が濃くなる。

b0017844_09015739.jpg
これは三多摩地区にあるたべ研という店舗である。

この時点で安部首相支持、自民党支持者は絶対にこの店で買おうとは思わないが、調べてみると無農薬にこだわった野菜などを扱っている店舗で、イメージ的には反体制。

無農薬野菜は当然一般的な野菜よりも割高で、一部の健康志向が高い人が利用するので、その層と「アベ政治を許さない」は合致するのかも知れない。

従って、売り上げに左右されることもない。

そんな結論に達した。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-14 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

闇船上カジノ

暴力団の新たな資金源が街中の闇カジノから、公海上の船上カジノへ移行しようとしている。

募集人員は限定30名。

都内からマイクロバスに乗り込み、三浦半島まで行く。

そこから、ボートに乗り込み、カジノ船を目指す。

会費が1人1万円。

目玉は4号機の北斗が6台もあること。裏スロもついに船上時代に突入した。

公海上まで本当に行くかはともかく、船は何をされるか分からないので怖い。勝ち逃げはできなそうな雰囲気だ。

募集人員が30名に達したかは、後日レポートしてもらう。

業界内の会社がラスベガスツアーを募集したところ、たった3人しか集まらなかった、という。

そりゃ、そうだ。

何をいまさらラスベガスだ。

カジノ経営に興味がある会社なら自分らで動いている。周辺産業を肌で感じる視察だというが、業界でラスベガス詣でが最盛期だったのは25年ほど前。

現地集合、現地解散で旅費は自分持ちで、視察費用が30万円。相変わらずピント外れなことをしている。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
青森の昼間は大通でもほとんど人通りがない。

そんな場所で白昼強盗に襲われた人がいる。

仕事で青森へ出張。一人で歩いている時にショルダーバッグが狙われた。

b0017844_07345804.jpg

革の編み込みの見るからに高級そうなバッグだった。

相手はナンバーのない原チャリスクーターに乗った2人組だった。後ろから近づいてきて、肩にかけていたバッグを盗もうとした。

しかし、男性が激しく抵抗したために、簡単にバッグを盗むことができず、スクーターを止めて2人がかりで襲ってきた。

2人ともフルフェイスにマスク。華奢な体から10代と思われた。

男性はなおも激しく抵抗したために、鞄は裂けたが諦めて逃げて行った。

b0017844_07352975.jpg

不幸中の幸い。損害はこの裂けて使えなくなった鞄だけだった。

相手が凶器を持っていたら刺されていた可能性もある。

おっとりした青森には強盗なんかいない感じだが、日本人ではなく東南アジア系だったようだ。

被害も裂けたバッグだけだったので警察に被害届を出さなかった、という。

事情聴取で時間を取られるのを嫌ってのことだった。

青森だからと言って安心して歩けない。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-12 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
そもそも踏切が珍しい中国人が、踏切内で記念写真を撮るマナーの悪さが目立っていた。

それに輪をかけてしまったのが松本伊代と早見優のこの写真だった。

b0017844_09122188.jpg
完全に踏切から外に出て記念写真を撮っていて、たちまち大炎上してしまった。

それでなくても、外国人観光客が大挙押し寄せてくる嵐山。

事態を重く見たのかついに踏切にガードマンが常駐しているではないか。

b0017844_09045418.jpg
嵐山の近辺には何カ所か踏切がある。ここ以外の場所にもガードマンが配置されている。

観光客で儲かっているから、ガードマン代も捻出できるが、ま、新たな雇用の場を作ってくれたことになる。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-11 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
東京のデパートで京都物産展が開かれた。

そこへ出店したのが京都で有名な新福菜館だ。

b0017844_08540571.jpg
この真っ黒なスープが特徴で食べログ評価は3.59、と高い。

このラーメンを京都のイメージで注文した東京マダムたちが「しょっぱい」とびっくりこいたのは言うまでもない。

わびさびの京都らしさがどこにもないからだ。

ラーメン激戦区の京都にあって、天下一品のあのドロドロスープやネギ油が炎となって丼に注がれるめん馬鹿一代に代表されるように、ラーメンにおいては京都らしさはない。勝手に連想している方が悪い。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
2年前にオープンした立川のららぽーとが苦戦している、という。

平日はガラガラ。

そこで打ち出したのが平日の駐車場料金を終日無料にすることだった。

b0017844_08540645.jpg

開業当初は場所柄、車での来店は周辺道路が大渋滞を引き起こすので、モノレールでの来店を呼びかけると共に、駐車料金を高めに設定していた。

車客に来るなと言わんばかりの設定だったが、開業から1年が経過し、2年が経過すると客足も落ちてきて、今では平日車客ウエルカム状態だ。

同じく2年前にオープンしたエキスポシティーのららぽーとは平日でもそこそこの客入りがあり、駐車場も買い物の料金でペイできるようにしている。

エキスポシティーもそういえば、モノレールでの来店を呼び掛けていた、な。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-09 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
トランプ大統領が来日した際にエアフォースワンが使った飛行場は米軍の横田基地だった。

これを一目見ようと横田基地には報道陣以外に一般人も大勢がかけつけた。

b0017844_08343581.png

来日当日5日の警備はテロを警戒して厳重だったが、大統領が不在の6日は警察の警備も5日ほどではなかった。

横田基地と並行して走る国道16号線は6日も駐停車は禁止されていた。エアフォースワンを一目見ようと国道を16号線沿いを歩くと基地の端から端まで1時間もかかったそうだ。

横田基地を端から端まで歩いた人が、ここであることを思いついた。

警察から目をそらせると怪しまれるので、警備の警察官の目を見ながら歩くことにした。

警備で立っていた警察官は13人。

うち、目と目があったのは2人で、「こんにちは」とあいさつをして来た警察官もいたが、残りの9人は目を合わせることもなく、むしろ目線をそらしたそうだ。

警察とは怪しい人間の風体を全部記憶しておかなければならないはずなのに、職務怠慢に映った。

当日は基地にトランプ大統領がいるわけでもないので、のんびり警備だったのか?



[PR]
# by tetorayade | 2017-11-08 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
とある大学生が電車内やレストランなど電話が憚られる場所で、気にもせずに電話する人たちのことが気になり研究を始めた。

電車内で電話がかかってきて小声でしゃべり、10秒以内の電話はカウントしない。

それをデブ、普通、やせ型の体型別に分類した。

これを4年間で184人調べた。4年間でこの数が多いか、少ないかと意見が分かれるがサンプルとしては少ない。

それは置いといて、面白い傾向が男女で別れた。

男はヤンキーのようなやせ型でも電話するものは少ないが、これが女でははっきり分かれた。

マナーが問われる場所でも平気で電話する女は、デブが半数の約48%、以下普通32%、やせ20%という結果が出た。

デブはもはや自身の体型も気にしないから、服装もだらしない人が多かった。

従って公共のマナーも気にしない、と結論付けた。

それが正しいかどうかは自身の目で確認するといい。

[PR]
# by tetorayade | 2017-11-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

北の工作員独白

63歳になる北の工作員が日本に潜伏しているが、脱北の決意を図った、という。

だからこそ語られる話がある。

で、工作員は普段はどんな生活をしているかというと、地下に潜伏しているわけではなく、極普通の社会生活を送っている。

その工作員はアメリカと北朝鮮が戦争状態になった時に、日本を恐怖に陥れることが彼の使命だという。

恐怖に陥れるとは一体どんなことか?

「参考になったのは新幹線の焼身自殺。ガソリンタンクを背負って走って火を付ければ1両はすぐに丸焼けになる」

ま、要するに自爆テロだ。

そんなことをやっても何もならないことに気づいたようだ。正恩は忠誠心を誓える相手ではないようだ。





[PR]
# by tetorayade | 2017-11-06 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

こんなの入らないよ♥

ドン・キホーテでの出来事。

b0017844_08312806.jpg
この特大ソーセージを見て男女の会話が聞こえてきた。

「こんなの入らないよ♥」

声の主の方向に顔を向けると50過ぎのババア。

カップルだったが男はどうみても30代。

奇妙な年の差カップルだったが、「やはり見た目に違わずやっていることも変なことをやっているんだろう」と目撃者は語る。



[PR]
# by tetorayade | 2017-11-05 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)