日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

西成区を足であるくことはまずない。太子町はあるが、萩之茶屋に至っては、生まれて初めて足を踏み入れた。

大阪でも最もディープな界隈で増えているのが居酒屋カラオケだ。カラオケスナックではない。あくまでも居酒屋に拘る。

ちょっと前、テレビでも取り上げられていた。騒音問題で周りから苦情も出ていることにスポットが当たっていた。

b0017844_22415905.jpg
b0017844_22414864.jpg
b0017844_22413773.jpg

西成は生活保護受給者が5人に1人の割合でいる。

生活保護から落ちて行く酒代を狙って、居酒屋カラオケが増えたのだろうが、経営者は中国人などが多い。月末は生活保護支給日。手渡しは1日に区役所に取りに行く。

月末から月初めは特に賑わう。




[PR]
by tetorayade | 2017-04-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ヤマト運輸が一部の通販会社との契約を打ち切るとの報道が流れた。

この一部はアマゾンを指しているのだろう、と思われる。

アマゾンのでかい態度に反旗を翻したのだろう。

これでアマゾンはラストワンマイル問題を抱えることになった。最終消費者の元へ荷物を届けてくれる宅配業者がいなくなれば、アマゾンのビジネスモデルが事実上崩壊する。

アマゾンのプライム会員問題では頭に来ていた。

ヤマトがアマゾンの荷物を運ばなくなると、プライム会員である意味がなくなる。今、アマゾンの荷物を運んでいる業者のレベルは低く、ヤマトなら午前中には荷物が届いたのに、夕方4時頃に届いたこともある。

アマゾンはドローンで荷物を運ぶ実証実験を行っているが、日本で通用するのは北海道のような場所だろう。

アマゾンピンチ! 万事休す。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
東京在住の26歳のOLは年2回ほどの大阪出張がある。帰りの新幹線で駅弁を食べるのが唯一の楽しみだ。

新大阪発の新幹線は、2列シートの窓側が取れた。

151センチの小柄な彼女の隣に座って来たのは、クマのような巨漢男だった。体重は優に120キロ以上もあるような大柄で、クマ男の体が彼女の席の方にはみ出している。

窓側にしがみつくような姿勢で、クマ男から距離を取った。


京都を出た頃にはクマ男は眠りについたが、大音量のいびきに、よだれまで垂らしている。

トイレに行きたくてもとても声も掛けられる状態ではない。

クマ男はそのうち、革靴を脱いだ。

ここで事件が起きる。

靴を脱いだ途端に、猛烈な悪臭を放ち始めた。

楽しみにしていた駅弁どころの騒ぎではなくなってきた。

あまりの悪臭に通路側のサラリーマンが「足の臭いが臭くて迷惑だから靴を履いてくれないか」と注意したほどの臭さだった。

クマ男は「すいません」と素直に謝った。

第二の事件が起きる。

今度はクマ男がこれまた強烈な臭いのオナラをこいてしまった。

先ほど注意したサラリーマンが再びクマ男に「お前のような奴は指定席に座るな。隣のお嬢さんが可哀想だろうが!」と怒りをぶちまけた。

普通なら喧嘩になりそうな場面だが、クマ男は巨漢を丸めて小さくなっていた。

新幹線は東京駅に着いた。苦痛の2時間半からやっと解放された。

席を立とうとしたとき、クマ男が座って座席に名刺入れが落ちていた。嫌な思いをさせたクマ男のものなので、そのままにしとこうと思ったが、気を取り直して、クマ男を追っかけた。

「これ落としていましたよ」

クマ男が取った行動は予想外だった。

「先ほどは隣でご迷惑をかけたので、ご飯でも奢らせてもらえませんか?」と差し出した名刺が、電通だった。

電通クマ男はなんとナンパを仕掛けてきたのだ。

強烈な臭いによだれ、大音量のいびき。

断ったのはいうまでもない。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

満身創痍となったFZR

満身創痍とはこのことだ。

b0017844_08365012.jpg
b0017844_08371282.jpg
b0017844_08374085.jpg

30年前のビンテージバイクとなったヤマハのFZR250。

規制前なので4気筒で48馬力を叩きだす。

それだけが魅力といえば魅力。250ながらレーシングサウンドを奏で、音だけ番長とも。

カウリングはボロボロ。

まだ、走ることはできるが、修理代にいくらかかるか。それ次第で廃車か修理かの分かれ道となる。

古いバイクなので、燃料メーターもなければ、燃費もリッター20キロぐらいしか走らない。

廃車にして盆栽FZRという手もある。

本人は相当愛着があるようだが、ビンテージバイクは外装品の部品もないので修理することもままならない。

最新のバイクでABS、ETC付きの中古を勧める。


[PR]
by tetorayade | 2017-04-27 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
劇団四季ファン以外には全く興味のない話だが、ファンならスクープものネタだ。

東京・浜松町の劇団四季の春劇場と秋劇場がある。

春劇場では開場以来20年以上に亘って「ライオンキング」が上演されている。修学旅行生が観劇することも多い。

この劇場がある場所が、竹芝ウォーターフロント計画で、再開発が行われ、地上39階、地下2階、高さ約210mの超高層ビルなどが建設されることになっている。再開発ビルの中に、再び劇団四季の劇場も入るが、そのため、6月末で劇場は一時休止になる。

ライオンキングの演目は大井町の夏劇場で公演されることになっている。

通常、ミュージカルの上演時間は2時間半だが、ライオンキングだけは2時間50分と他の演目よりも20分も長い。

そこで、夏劇場へ移転するのを機に、20分、尺を縮めることになっている、という。

で、どの部分をカットするか。ここが一番の関心事だが、子供が二人出て来て鳥の背中に乗るシーンがカットされるそうだ。

ここが大スクープなのだが、興味がない人からすれば、それが?







[PR]
by tetorayade | 2017-04-26 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
バカ女は山手線外回りに現れた。

浜松町を過ぎた頃だった。

バカ女のLINEの着信音のボリュームがフルなのか、耳につくようになった。着信音は絶え間なく鳴るので、余計耳障りだ。

LINEの着信音が鳴りやんだと思ったら、今度はバカ女は動画を観始めた。そう、イヤフォンを付けることなく。

スピーカーから動画の音がうるさいぐらい聞こえてくる。

我関せずのバカ女は年の頃ならアラサー。厚化粧で、派手。バカが顔に出ている。

その時、たまりかねたおばちゃんが、勇気を振り絞ってバカ女に注意した。

「イヤフォンで聞くか、動画を切ってください」

バカ女は「…」

無視を決め込む。

「マナーとして切りなさい!」とおばちゃんは声を荒げた。

するとバカ女はこう言い放った。

「ワタシ、ニホンゴワカリマセン」

「イヤフォン付けるか、切りなさい!」

無視を決め込むバカ女。

そこへ、おじさんがおばちゃんに加勢した。

「お前、何語なら喋れる」というと、英語、中国語、韓国語でバカ女に注意した。

「お前分かってんだろ」と言った日本語に、バカ女は体が反応した。

さらに、若い男性が加勢した。

「こんな、ブスで、度スケベな女はほっときましょ」

これにバカ女が「何!」と反応したものの、スピーカー音のままで動画を観続ける。

攻防は品川駅を過ぎても続いていたが、乗客もバカ女に諦めた。

バカ女は新宿で何食わぬ顔をして下りて行った。



[PR]
by tetorayade | 2017-04-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
東京在住のかきなぐりファンが、スタバである光景を目撃した。

スタバと言えばパソコンを開いている人が多い。背後を通りかかった時に目に飛び込んだ画面が見覚えのあるものだった。

そう、かきなぐりを開いているところに出くわしたのであった。

同じかきなぐりファンということで思わず声を掛けたという。

話をしてみると、相当昔からのファンであることが分かった。

曰く「昔は1日2回更新していた。その頃はコメント欄も活発で、コメントを読むのが楽しかった。更新が1日1回になってからは、コメントも返さないようになったのか、コメント自体がなくなった。今は週1回まとめ読みしている」

さすが、昔からのファンは痛いところをついてくる。

手を抜いているといえば、抜いているかも知れない。

それ以上にブログも一時のブームが去り、昔やり取りしていた人たちもブログから引退した人も少なくない。

グーグルで検索した時に、昔は関連ブログとして紐付けされることも多く、それが快感だったが、いつしか、グーグルが関連ブログを張り付けることを止めてしまった。モチベーションが下がったことも事実。

もう一つのブログが忙しく、そっちに全力を注いでいるので、疎かにもなってしまった。

この前、錦戸亮の従弟であるニシキドアヤト君と出会った。ジャニーズ系の顔立ちで、錦戸亮にも似ている。

彼が目指しているのがブロガーで生計を立てること。

ネット時代を象徴するかのように稼ぎまくるユーチューバーがいるようにプロブロガーも存在する。

ブログ歴13年、時代から取り残された。



[PR]
by tetorayade | 2017-04-24 00:01 | 私的ネタ | Comments(1)
日韓合意、国と国との約束で日本大使館前の慰安婦像の撤去が決まったのに、その約束を一向に守らないどころか、次期大統領候補はその約束を破棄する、と息巻く。そんな韓国に対して、日本人は感情を殺して嫌韓に走る。

在日韓国人の中には子供のために、韓国人と分からないように通名を使いながら、韓国人色を消しながら生活している人も少なくない。

在日は本国に対して「なぜ、日本人と仲良くできないか」とぶつけどころない不満をぶつける。

一方の在日朝鮮人も本国に対する不満は正恩のことだけに尽きる。

狂犬正恩が日本にミサイルをぶっ放した時、在日朝鮮人の立場は非常に厳しくなる。そうなる前に正恩が暗殺されることを望んでいる。その時は本国が崩壊してもいい。

話しはガラリと変わって近所に韓国家庭料理の店がオープンした。

試しに入ってみた。客はわれわれ2人だけだったが、後から若いカップルが入ってきた。

ママは韓国から20年ほど前に来日した韓国人。

カップルがママと話ししているのが聞こえてきたがキンパのことを話ししていた。

日本人は嫌韓で韓国料理の店には入らないかも知れないが、在日は逆に韓国家庭料理だとついつい応援したくなる。だから、経営が成り立つのかもしれない。

韓国料理の店は、以前居酒屋だった。居酒屋時代は何度か行った。

その後たこ焼き屋になるも半年余りで閉店。

テナントが入らず、一時選挙事務所に使われ、今回の韓国料理の店となる。

はてさて、この店がいつまで持つか。定点観測が始まる。



[PR]
by tetorayade | 2017-04-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
前回のべっぴんさんはヒロインのスター性が乏しいだけでなく、物語も単調だったために、触れることもなかったが、今回のひよっこは今までの書けなかったストレスを発散させてくれることになるだろう。

ヒロインは有村架純で朝ドラは2度目で新鮮味はないが、少なくとも芳根京子よりも10倍以上華がある。

b0017844_09225924.png

べっぴんさんが話題に上らなかったのは芳根京子をヒロインに抜擢したNHK大阪のプロデューサーの責任だろう。

ひよっこによって、茨城弁がフューチャーされることになる。茨城弁を話す人が全国に続出する予感さえする。

東京で暮らす茨城県人が東京でも堂々と茨城弁を喋る時代が来るかも。

さんまによって大阪弁を東京でしゃべっても恥ずかしくなくなったように。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-22 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
神奈川県が世界的な版画家、棟方志功から40年以上前に購入した原画が、カラーコピーと見られるものに入れ代わっていた問題で、
神奈川県の黒岩知事は、一連のいきさつを詳しく調査するとともに、県が所有する美術品を緊急点検し、管理状況を確認する考えを示しました。

あの温厚そうな黒岩知事が角を生やし鬼になった瞬間の写真がこちら。

b0017844_08464378.jpg

見事に市松模様の角を生やしている。

怒っても怖さがない。


[PR]
by tetorayade | 2017-04-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)