日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

バイクで高速道路を走るようになって感じる不満は、2輪なのに料金が軽自動車と同じということ。高速代が高い。車輪も車体重量も半分以下なのに、なぜ、2輪料金がないのか不思議でならない。

国会議員で構成されているオートバイ議連なるものがある。

議連の目的はオートバイ産業の発展と普及促進だ。

重点要望は以下の通り。

(1)軽自動車税の増税撤回
(2)ETC購入助成金の支給とETC割引料金の導入
(3)高速道路料金区分の独立化と料金の適正化
(4)小型限定普通二輪(125cc)以下の新車への販売インセンティブ支給
(5)小型限定普通二輪(125cc)免許取得時の負担軽減
(6)駐車場の整備・拡充
(7)都道府県間のバス専用通行帯運用基準の統一化
(8)高速道路路側帯の避難利用の解禁

3番がオートバイの高速道路料金問題だ。

独自に二輪を設けて安くしろということだろう。

高速道路を走っていても冬は特にオートバイの姿をみかけない。

それだけ、趣味で走っていて、ユーザーも少ないので、この問題が一向に進まないのだろう。

オートバイにとって高速道路が必需品なら、もっと早く2輪料金が確立されているはずだ。

民主党政権下で土日の高速代が無料なっていたが、その当時は恩恵にあずかることもなかった。

1日も早く法案が可決することを望む。






[PR]
by tetorayade | 2017-02-08 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

セコすぎる詐欺

杉並区の明大前での出来事。

おばあちゃんに若者が近づいて何かいっている。

おばあちゃんが困惑しているので、近づいて「どうしたの?」と声を掛けた。

「これを500円と交換して欲しいといってるんですが…」

若者は「韓国から来たばかりで、両替して欲しいと頼まれた」と弁明。

b0017844_10291659.jpg

手にしていたのは750ウォン。

500ウォンは500円硬貨にそっくりだ。

価値は1/10なので70円ぐらいしかない。

やばいと思った若者はウォンをおばあちゃんに手渡したまま立ち去って行った。

セコすぎる詐欺だ。


[PR]
by tetorayade | 2017-02-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ツーリングはただ走るだけでなく、行き先に目的が必要になる。

で、全国的に快晴となった28日は、目的地を徳島まで足を延ばすことにした。

b0017844_09483468.jpg

徳島といえば、徳島ラーメンだ。徳島ラーメンをグーグル先生で調べると何軒か出てきたが、その中からひらがなの店をチョイスする。

ヤフーナビに住所をセットして向かった先が中華そばのいのたにだった。

b0017844_09482115.jpg

到着したのがちょうど昼時。静かな佇まいに客はあまりいないのかと思ったら、店内はほぼ満員。有名人のサインが壁一面に貼られている。
b0017844_09473460.jpg
その中には安倍首相のサイン。安倍首相だけでなく、政治家も何人か訪れている。

b0017844_09474569.jpg
注文したのは中華そば中肉。あまり意味も分からずにそれを選ぶ。なぜなら、チャーシュー麺のチャーシューが一杯というのは好きではないからだ。チャーシューは2枚程度が丁度いい。

それで中肉を選んだが、徳島ラーメンはばら肉の薄切りだった、ということを思い出した。

b0017844_09475946.jpg

このばら肉の厚さが微妙に厚い。もっと薄くてもいい。

スープは醤油とんこつ。

食べログにはいのたにを絶賛するコメントが並ぶが、スープが塩っぱい。スープ好きだが飲み干すことはしなかった。これ全部飲むと後から喉が渇くパターンだからだ。

肉ももっと甘辛さが欲しいが、スープ同様塩っぱさが立っているので、そんなに美味しいとも思えない。

生卵をいれてマイルドにするのが徳島流の食べ方だというが、塩っぱさにはタマゴでは中和できない。

いのたにを絶賛する人は美味しいものを食べたことがないのだろう。

最後にどんぶりを触ると手が油でベトベトになった。



[PR]
by tetorayade | 2017-02-06 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
妖怪ウォッチブームがピークだったのは2014年。

妖怪ウォッチのメダルを求めて、玩具屋には長蛇の列がでてたのがニュースにもなった。

同年、西武鉄道は夏休みの子供向け企画として、スタンプラリーを開催したが、2015年はポケモンのスタンプラリーに切り替えている。

ブームから3年…

b0017844_08391370.jpg
b0017844_08392443.jpg

妖怪ウォッチ関連商品が半額で投げ売りされている。

これをみたおばあちゃんたちの会話。

「前は妖怪ウォッチを孫に買ってやったら喜んだので、関連グッズを買っていたのに、お嫁さんからもう買ってこなくてもいいといわれた。もう、孫が見向きもしないんだって」

ニーズのないものはいくら値段を下げようとも見向きもされない、という典型だ。




[PR]
by tetorayade | 2017-02-05 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
等身大の自分を届けられるメディアとしてSNSが急成長を遂げているが、SNS業界はジェットコースターのように目まぐるしく業界地図が塗り替えられている。

日本版のSNSといえば、mixiを思い浮かべる。

サービス開始から2年半で会員500万人を集めた。2006年にはマザーズに上場するも、アメリカから上陸したFacebookに取って代わられるのに時間を要しなかった。

mixiは匿名性が普通だったのに対して、Facebookは実名性を重視した。匿名性よりも実名性が日本でも受け入れられた。

同時にTwitterが日本に上陸して、mixiを駆逐した。

mixi利用者は坂道を転げ落ちるように激減した。

Twitterもインスタグラムの出現で、アメリカの本社は赤字に陥り、身売りされている、という。

インスタはつぶやくことなく、写真を載せるだけの手軽さが若い世代に受けている。

で、次に来ているインターネットサービスがレシピ動画サイトのデリッシュキッチンだという。

b0017844_08390300.jpg
料理を失敗しないように動画を早送りで見せている。

必要なのは手順だけでいいので、早送りは忙しい人にはピッタリだ。

この広告がFacebookにも載っていた。

[PR]
by tetorayade | 2017-02-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
業績好調で年末には海外での巨大プロジェクトが動き出した会社の会長を、社長が先週、東京地検に刑事告訴した、という。

現時点ではまだ受理されていないので、告訴内容は明らかになっていないが、経理、財務担当役員が内容を把握しているというから会社のおカネにまつわる問題か?

一方の会長は、親しい議員複数を使ってもみ消しに動いているとも。

この会社は議員の力添えがなかったらとっくに消えていたような会社でもあるが、議員の神通力ももう効かない?

いずれ、週刊誌がこの事件を書いて、世間に知れ渡ることになるのだろう。

[PR]
by tetorayade | 2017-02-03 00:01 | 社会ネタ | Comments(2)

二枚舌の厚労省

b0017844_15515175.jpg
そこまで言って委員会がIR法案成立に関連して依存症を取り上げた。

どんな内容になるか注目したが、いつも通りのグダグダ。

竹田何某に至っては「依存症で悪いことはあるのか? おカネがなくなったらそれで終わりだろう」と丸で庶民感覚がない。

それを「借金を重ね、家庭がボロボロになり最後は自殺者も出る」と細かく説明してやらないと依存症の怖さを分かっていない。

依存症問題で必ずやり玉に挙がるのがパチンコだ。

自殺者の6割は経済的理由で、そのうちの8割はギャンブルで借金を重ねたこと。その8割のうち、何割がパチンコなのかまでは踏み込まなかったが、こんな説明もあった。

パチンコの店内にはATMが設置され、パチンコ店の前にはサラ金のキャッシュディスペンサーが設置され、それでも足りなければヤミ金が横行している、と。

いかにパチンコ客へおカネを使わせる環境が整っているか、ということ示唆。だから、依存症が増えるんだと。

ここでカジノができる前に、依存症問題をことさら大きく取り上げるのは、厚生労働省がカジノ利権に絡みたいからだ。依存症対策でいっちょ噛みしたいようだ。

その一方で、大分市が生活保護でパチンコをしていた受給者には減額措置を取っていたが、これに待ったをかけたの厚労省だった。

理由は生活保護者でも社会的常識の範囲なら娯楽を禁止していない。よって、最低限の生活を送る国民の権利を奪うもので、憲法違反と嚙みついた。

依存症対策を一方で叫び、生活保護費でパチンコする人からパチンコは奪わない厚労省ってダブルスタンダードか。



[PR]
by tetorayade | 2017-02-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

ちんぽに境界線はなし

「夫のちんぽが入らない」というタイトルの小説が話題になっている。

主婦ブロガーの実体験を綴ったものだが、性器が入らない悩みをあけすけに書いているらしい。

あまりにも直接的なタイトルに新聞広告を断られているケースもあるという。

ここでのテーマは小説の内容ではなく、男性器には呼び名が地方で異なるわけだが、このちんぽとはどの地方のことなのか、ということ。

探偵ナイトスクープであほとばかの境目を調査したことがあるが、このちんぽという呼び方は全国的に使われており、境界線がないことが分かった。

ただ、特徴的なのは東北と九州と日本の端と端だけが変わった呼び方をしている。

青森=かも、ハド

岩手=マンズ・ズンズ・キャッポ

山形=かもこ

宮城=へのこ・きゃっぽ

佐賀=ちんべら・やち

熊本=なに

鹿児島=ごろ

沖縄=タニ・サニ・ゴーヤ


[PR]
by tetorayade | 2017-02-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)