「ほっ」と。キャンペーン

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

劇団四季のファンは結構、熱狂的ファンが多い。

四季劇場の近くでファンを掴まえて商売している中国人がいた。

一つの演目のDVDを劇団四季は1枚3000円で販売している。ファンはそれでも買う。

中国人の手口はこうだ。

四季ファンに「中古のDVDがある。安くするから買わないか」と声を掛ける。DVDなら、中古であろうが、新品であろうが観る分には関係ない。

食いついてくるさらに畳みかけてくる。

「コピーはもっと安いよ」

本物をコピーして、歌詞カードもコピーしている。

「5枚で5000円でいいよ」

「高いよ。負けて」

「3000円でどう?」

「もう一声」

「じゃ、2000円で」

即決だった。


[PR]
by tetorayade | 2016-10-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
伸び盛りのホールを調査して欲しいと依頼がリサーチ会社から来た人の話。

調査は20店舗。ギャラは交通費込みで250万円。

調査項目は50。プラス、調査員の主観を交えてリポートして欲しいとのことだった。

調査目的は急拡大している理由と、最大の狙いは弱点探しだった。

結局、この仕事は請け負うことはなかった。

もったいない。

[PR]
by tetorayade | 2016-10-30 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)

飛蚊症になった

目の前を髪の毛が飛んでいるように見える症状が出始めたのは、25日の夜。一晩寝ても治まらない。気になってネットで検索したら、一発で出てきた。

病名は「飛蚊症(ひぶんしょう)」ということが分かった。

この症状について次のように書かれている。

明るい所や白い壁、青空などを見つめた時、眼の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える現象です。

b0017844_23112501.png
視線を動かしても一緒に移動し、まばたきをしても眼を擦っても消えなくて、暗い所では気にならなくなります。症状が眼の周りに蚊が飛ぶ様に見えることからこの名前が付きました。

眼球の動きと共に揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。この“濁り”には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

飛蚊症と診断された人は特に治療しなくてもいいといわれたようだ。

ちょっとうっとおしいのを我慢するだけか。

[PR]
by tetorayade | 2016-10-29 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
関西で6店舗のスーパーを経営している社長がノイローゼに陥っている。

52歳の社長は2代目で、先代は5年前に亡くなった。

先代が亡くなって社長業を引き継いだ2代目は、大きく方向転換しようと腕まくりした。すると、そのやり方に反発した古参従業員の大半が辞めてしまった。

その中には鮮魚や青果の仕入れ責任者も含まれていた。

仕入れ部門というのは案外、会社対会社というよりも、個人的に人間的つながりのほうが大きい。そのため、いい商品が入らなくなった。

結果的に5年間で売り上げが半減する、という急降下ぶり。

食材が安く入るからと、飲食店にも手を出したがこれも、モノの見事に失敗した。

2代目社長は立て直しは無理と思い、買い手先を探している。

これは大塚家具のお家騒動とも似ている。

世間はおやじが悪者で、娘の美人社長を応援しがちだ。それが証拠に分裂騒動後は美人社長の方をフューチャーする。

おやじは匠という会社を作ったところ、ベテラン従業員がそっくりおやじの方へ異動した。

ベテラン社員は太い顧客も持っているので、上客は匠に流れ、娘が目指した脱大塚家具は中途半端路線が裏目に出て赤字転落。

中古家具まで販売して、高級家具色を薄めようとしている。

ちなみに、先代の路線を止めて成功する率は2割程度とか。

[PR]
by tetorayade | 2016-10-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
近年のオリンピックが成功した、と評価されるのはテロが起きることなく、無事大会を終えることだ、という。

東京オリンピックでも警備業界はウハウハな特需が訪れる。

テロリストの標的とされているのが、実は検査もなく、高速で大量に人を運んでいる新幹線だ、という。

日本が海外に新幹線を売り込めば、売り込むほど標的とされることにもなる、という。

新幹線を飛行機の様に手荷物検査をすることは事実上不可能だが、リニアならやりかねない。

手荷物検査のために、出発の1時間前に乗車手続きをしなければならなとなると、新幹線と時間は差がなくなる。

なんのためのリニアだったのか分からなくなるものを作る意味はあるか?

[PR]
by tetorayade | 2016-10-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
元女優の高樹沙耶が大麻取締法違反で逮捕された。

売れる前の高樹沙耶が19歳の頃、六本木で一緒に遊んだことがある人によると、当時から高樹沙耶は大麻をやっていたのではないか、という。

当時の高樹沙耶は六本木の遊び人と付き合っていて、ディスコで大麻を吸うのが流行っていた。その輪の中に高樹沙耶もいた。

本人のブログでも18歳の頃から大麻を吸っていて、医療用にもいいことを書いている。



[PR]
by tetorayade | 2016-10-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
時刻は深夜3時過ぎ。

都内の広い道路から左折して狭い道路に入った時だ。何と黒い人影が。幸いカーブでスピードを落としていたので、引くことはなかった。

車が止まったは1.5メートルの至近距離だった。

b0017844_08424725.jpg
30代のスーツ姿のサラリーマンの酔っ払いが、紙袋とバッグを横に、道路で熟睡している。

すぐに110番した。

ここから所轄までは500メートルほどしか離れていないのに、5~6分してもパトカーが来ないので、催促の110番をする。

警察官が来て、体をゆすっても起きない。

酔っ払って歩いて帰っている途中で、力尽きたか、タクシーで帰っている時に、降りた途端力尽きたか。

鞄も紙袋も無事というだけでも不幸中の幸いだ。

酔っ払って駅の花壇で寝ていて、鞄を置き引きにあった身としては。

[PR]
by tetorayade | 2016-10-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
広島が25年ぶりにリーグ優勝、男黒田は日本シリーズを限りに引退、と広島カーブがフューチャーされる中、ひっそりとテレビに復帰したのが元TBSの枡田絵理奈アナだ。

b0017844_07472110.jpg
古巣のTBSの新番組「クイズ☆スター名鑑」のアシスタントとして、広島から出稼ぎに来ている。

カープの堂林翔太選手と結婚を機に退社したのが、2015年6月のことだった。結婚してからは夫の職場でもある広島へ移り住んで、幸せな結婚生活を送っていると思いきや、堂林は結婚した2015年から2軍暮らしが続き、今シーズンもリーグ優勝に貢献することもなく、2軍暮らしが続いている。

年俸も1830万円で野球選手としてはかなり低い。カープは若手の層も厚く、一軍定着は簡単ではない。

となると、妻である枡田絵理奈が出稼ぎで稼ぐしかない。子供も生まれたばかりで枡田絵理奈本人がミルク代を稼いでいるということになる。





[PR]
by tetorayade | 2016-10-24 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
韓国は歴史的に見ても中国の属国だった。そのため、韓国人はひねくれた性格に育つ。従って韓国人は日本人以上に差別意識が強い。

韓国で整形が普通に行われているのは、見た目の差別があるからだ。

企業も新卒採用する場合、不細工よりカワイイ方を選ぶ。誕生日祝いに母親が整形手術をプレゼントするのも日常的で、珍しいことではない。

うわべばかりを取り繕う。

だから、サムスンのスマホが発火するわけだ。

韓国メーカーは日本の部品がなければ、製品をつくることができない。表には出て来ない見えない部分の部品を作る技術がない。部品をアッセンブルして組み立てているだけだ。

見た目はカッコいいものを作ることはできるが、肝心の中身は日本の技術がなければ、メーカーとしても成り立たない。

日本に勝つと優越感に浸るのは、そんなひねくれた性格があるためだ。

差別は在日にも目が向けられる。日本で成功した在日を妬むためだ。

日本で生まれ育ったら、祖国にアイデンティティは生まれなくなるのが普通だ。

[PR]
by tetorayade | 2016-10-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
かつてはテレビの1時間番組で100万円のギャラを取っていたベッキー。金スマで懺悔したことでテレビ復帰を果たせるかに思えたが、相手方に謝罪しないでテレビに出ていたことが分かり、振り出しに戻った。

そんなベッキーがラジオ番組で復帰を果たしたが、ギャラは5万円。

ラジオは安いというのは分かっていたが、テレビが高すぎるのだろう。

メディア関係者は復帰についてこう苦言を呈す。

「サンミュージックはバカだ。今、何をしなければいけないかが分かっていない。メインではなく、2番手、3番手のポジションでギャラも20万円なら使い勝手がある。地方局のオファーに対してもメインMCじゃないと受けないといっています。ベッキーの腹黒さはLINEで暴露されたわけだから、それを前面に押し出してイメチェンを図るべき」

いま、芸人の間では誰がベッキーとやるかを競争している、という。

これが週刊誌にすっぱ抜かれたら、芸人の知名度が上がる、というのが目的らしい。

坂上忍がブレイクしたきっかけは、その類稀な潔癖症だった。潔癖症タレントで再びテレビに出るようになったら、これが意外にも毒舌ぶりを発揮。今度はそっちに注目されるようになり、今では帯番組のメインMCを務めるまでになった。

タレントなんて何をきっかけに再ブレイクするかはわからない。

ベッキーもいい人ベッキーから、腹黒ベッキーにキャラ変してみるのもいいのではないか?





[PR]
by tetorayade | 2016-10-22 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)