「ほっ」と。キャンペーン

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

舛添都知事は鋼の心臓を持っている。並みの人間なら3回目の定例会見で白旗を揚げている。

ドケチ舛添が辞めない理由は夏のボーナスを満額頂く、という理由だけでなく、やはりリオへ行って次回開催都市の首長としてオリンピックの旗を貰いに行きたいらしい。

都庁にはリコールのやり方を教えて欲しい、という電話も鳴りやまないようだが、大きな選挙の前から60日間はリコールを受け付けられない規則があるようだ。

残るは百条委員会だが、舛添はセコイおカネの使い方をしているが、政治資金規正法には抵触しない。似たようなカネの使い方は国会議員だけでなく、都議もやっていることだろう。

それよりも、リオへ出張する際にはファーストクラスとスイートルームを使うのか、そっちを注目してやれ。

[PR]
by tetorayade | 2016-05-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
世の中に自分と顔がそっくりな人は3人いるといわれている。

目、鼻、口の3つのどれかが似ていたら自ずと似て来るものだ。

b0017844_15495181.png
b0017844_15500152.jpg
この2つのキャラクターの場合、体の色は違うが、つり上がった目が似ている。

人間だけでなく、マスコットキャラクターの世界にもそっくりさんが出て来るもんだ。

そういえば、名前もラーつながりだ。

これはオマージュだな。


[PR]
by tetorayade | 2016-05-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
大手メーカーの工場での話。

その工場の規模は従業員数は約200人。この規模で社内不倫がお盛んだった。

主役の夫婦は旦那が50代、奥さんが40代で、夫婦で同じ工場に勤務していた。この夫婦が2人共社内不倫を働いていた。

それが発覚したのは、こんな偶然がどうして起こるのか、という確率だった。

発覚した場所は上野の吉池ホテルだった。チェックアウトでエレベーターでフロントに降りている時に、エレベーターの中で2組の不倫カップルが鉢合わせしてしまったのだから、さあ、大変。修羅場と化す吉池ホテルのフロント…。

社内w不倫は結局会社に知れることになる。

旦那が不倫していた相手は20代、奥さんが不倫していた相手も20代で共に部下だった。

旦那は20代の女の子に会社を辞めるように求めたが、それを拒否。そして、会社に事のすべてを喋った。

この問題を扱うのは人事部だ。

社内不倫問題が、人事部に知れたのは今回が初ではなかった。そこで、この問題を扱うに当たり、人事部は隠語でこの事案を「ベッ●ー2号」と名付けた。

人事部は4人を呼んで事情聴取を行った。上司である夫婦は降格、ボーナス査定もゼロ回答。この際と思い知っている社内不倫しているのが後5人いることをぶちまけた。

夫婦は離婚に向けて話し合いが持たれているが、会社を辞める気配はない。

奥さんと不倫していた若者は「恥ずかしくていれない」と退社の方向に進んでいる。一方の旦那と不倫していた女の子は「相手が退社するまで意地でも辞めない」との覚悟を決めている。

この問題の担当となった人事部の担当も社内不倫をしていた。

「これからかわいい子は採用しないようにする」

これが社内不倫防止につながるのか?



[PR]
by tetorayade | 2016-05-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
床に落ちている玉を拾い続けて20年になる人がいる。

昔は拾った玉を貯めてタバコと交換する人もいたが、この人の場合は変わっていて、拾った玉はポケットに入れて持ち帰るようにしている。

持ち帰った玉は、瓶の中に入れているのだが、瓶が一杯になると18リッターのポリタンクに移し替えている。

そのポリタンクが今では3つになっている、というのだから驚かされる。

こうなると拾って貯めることだかが快感のようだ。



[PR]
by tetorayade | 2016-05-28 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
住宅街の制限速度30キロの一方通行道の前方を1台のシルバーマークを付けた車が走っていた時の写真がこれだ。

b0017844_22272289.jpg
この写真を撮影した人によると、「制限速度30キロのところを20キロぐらいで、ゆっくり、ゆっくり走っていたので思わず写真を撮った」とのこと。

一方通行で追い越すこともできず、イライラしながら並走が続いた。

シルバーマークが右折車線に入ったところで、ようやく追い越すことができたのだが、運転していた人を見てびっくり。

「夫婦で乗っていたが、二人とも90歳は超えているように見えた」

アクセルとブレーキを踏み間違わないことを祈るしかない。





[PR]
by tetorayade | 2016-05-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
連日、舛添都知事の報道が続く。

公私混同に加え、やり方があまりにもセコくて都知事の器ではないことが白日の下に晒されている。

都知事に推薦した自民党にも泣きついてきているようだ。一時は選挙費用がもったいないので、このまま任期満了まで続けさせるつもりだったが、雲行きが怪しくなって来た。

「7月の参院選で民進党は、このまま舛添が居座っていたら、推薦した自民党の責任追及をしてくることは見えているので、参院選に影響がでないようにここ1~2週間で辞任してもらう方向で話し合いが持たれている。百条委員会で恥を晒すより辞任した方が本人のためにもなる」

政治の世界は一寸先は闇といわれているが、日ごと情勢は目まぐるしく変わっている。

政治評論家の田崎氏は、今、辞任する4年後の東京オリンピック前にもう1回都知事選をしなければならないので、辞任は参院選後の9月、と読む。

6月か9月かの違いはあれども、もはや辞任は既定路線になってきた。

舛添はそんなことで辞めてしまうのか? 舛添の辞書に負けることは最大の恥とされている。

セコさと公私混同を認めて、任期を満了することはできないのか?



[PR]
by tetorayade | 2016-05-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
警視庁管内に貼られている全国重要指名手配犯のポスターだ。

b0017844_15375093.jpg

この指名手配犯の中で、この写真ではあかんやろう、というのがこれだ。

b0017844_15380529.jpg

犯人の大坂正明は現在63歳だが、手配写真が43年前の20歳ぐらいの時のものだ。この写真は何の役にも立たないというもの。今でもこの風体なら化け物だ。

43年も経ったら姿形は大きく変わっているのに、この写真しかないのは無理だな。





[PR]
by tetorayade | 2016-05-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
大食いタレントのもえあずと遭遇した人の話。
b0017844_14281629.jpg
場所はコンビニのトイレだった。

もえあずがトイレに行くのを見てついて行ったら、マネージャーらしき男性にトイレに入ることを制止された。

「なんの権利があって制止するんだ」と反論してもえあずの隣の個室へ入った。

大量に排便しているのだろう、と想像を巡らせた。

すると隣の個室から聞こえてきたのは、ゲーゲー戻している声だった。

大量に食った物は大量に排便するか、嘔吐で戻すかのどちらか。

食い物を無駄遣いしやがって、と怒りがこみ上げてきた、という。



[PR]
by tetorayade | 2016-05-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
中国人観光客の隠れた人気スポットにソープがある。

中国人ガイドが中国人観光客を連れて来てくれるソープは大いに流行っているというほどだ。

日本人の若者の風俗・ソープ離れを中国人が補ってくれている形だ。

ソープ嬢が困るのは中国人は会話が成り立たないこと。日本語も英語もできない。

そんな状況で店の許可を得て、通訳を交えてソープに来た中国人客がいた。

ことを終えて中国人はこう感激した。

「中国はこんなにサービスしてくれる風俗はない。おもてなし文化がソープまで浸透している。感動した」

そして、通訳をつけた理由が明らかになる。

「日本式ソープを学びたいので、名古屋、大阪、京都の風俗を回って東京に来た。中国で日式をやったら絶対に流行る。それで中国に来てソープのテクニックを教えてくれる人を探している」

ソープのオーナーを交え、ギャラの話になった。

ソープ嬢とオーナーは多少吹っかけて1日15万円、10日で150万円のギャラを提示したところ、速攻でOKを出してきた。

日本式おもてなしソープが中国を席巻する日も近い?

[PR]
by tetorayade | 2016-05-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
地元の人からヤフーニュースを見たか?という電話が入った。

産経新聞によると、次のように報道されていた。

21日午後5時ごろ、東京都小金井市本町の雑居ビル前で、通行人から「女性が刺された」と110番通報があった。警視庁小金井署員が駆けつけたところ、20代の女性が刃物で複数回刺されており、病院に搬送されたが意識不明の重体。

同署は傷害の現行犯で、近くにいた住所・職業不詳、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)を逮捕。「刺したのは間違いない」などと容疑を認めている。女性は首や胸など20カ所以上を刺されていたという。

捜査関係者によると、女性はアイドル活動をしている冨田真由さんとみられる。

さすが地元の人だ。次のポスターを送ってきてくれた。
b0017844_22150755.jpg

20カ所以上も刺すというのは相当恨みをもっているか、精神疾患のどちらかと思われる。

なお、事件のあったこのマンションは今年1月、回送中のバスの運転手が意識を失い突っ込んだ場所にもほど近いところにある。

b0017844_10203262.jpg

[PR]
by tetorayade | 2016-05-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)