日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アグリソーラの限界

農地にソーラーパネルを取り付けて売電する事業が進んでいた。

日陰でも育つ農作物であることが条件だ。

農家にすれば、従来通り農作物の収入に加え、売電による収入が入るので、乗らない手はない。

ところが民主党政権下で成立したこの電力の買い取問題は、原発を再開したい自民党政権になっていとも簡単に崩壊しようとしている。

電力会社が新規の受付を中断したことや買取価格も下がってきた。

その結果、農地でのソーラー事業で5億円の契約にこぎつけていたものが、銀行が融資を完全にストップしたため、白紙に戻った。

一定の金額で電力会社が買い取ることによって、結果的には国民が高い電気代を負担しなければならない。日本が手本としたドイツでもこの制度はすでに破たんしている。

やはり、ソーラー発電は売電するものではなく、自分のために使うものだ。



[PR]
by tetorayade | 2014-12-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
暴走郵便車をドライブレコーダーに納めて人は、よほど郵便局と縁があるようだ。

上り方向が一方通行の坂道を自転車で下っていた。自転車なので左側を走っていた。緩やかなカーブに差し掛かった時だった。登って来た郵便配達のバイクと危うくぶつかりそうになった。

「バカ野郎! てめえ、どこ見て走ってんだ」と思わず怒鳴りつけた。

一方通行といえどもキープレフトの原則がある。ましてや自転車は対象外なので一方通行でも出くわすことがあるあけだから、左側を走らなければならないのに、かなり右側を走っていた。

相手は20代前半の若い郵便局員だった。

「なんで右側を走ってんだ!」

郵便局員は答えることが出来ずに、無表情でにらみつけてきた。

「申し訳ありませんもいえねえのか!」

郵便局員に本局に電話させた。

本局で事情を説明することになった。本局から上司の課長が郵便配達車で現場まで迎えに来た。

郵便配達車の助手席に座って、本局へ向かっている時だった。

一時停止の場所で、この上司はそのまま突っ切った。

「お客を乗っけてて、一時停止しないとは何事だ! お前みたいな上司がいるからみんな運転が乱暴なんだ」と車内で一喝した。

本局に到着すると、局長は不在で応対に出てきたのは部長だった。

「一方通行とはいえバイクは右側を走り、ぶつかりそうになっても謝ることもできない。上司は一時停止違反を犯す。郵パックの取扱個数が伸びないのは、郵便局員の態度が悪いから高くてもヤマトに出すからだ」

部長がこのクレームをどのように受け止めたか。

現場までまた郵便配達車で送り届けてもらった。

坂の上から、自転車で再び下っている時だった。青信号を直進しようとした時、横から信号無視の自転車が飛び出して来て、危うくぶつかりそうになった。何とかかわしたが、相手がものの見事にこけてしまった。

若い男だった。

「大丈夫か?」

「大丈夫だと思います」

「大丈夫かどうか立ってみろ」

若い男は立ち上がった。

「痛いところはないか?」

その時相手の自転車を見るとピストバイクだった。ブレーキが付いていないレーサー仕様の自転車だ。ピストバイクは非常に危険なために公道を走ることを禁止されている。

相手は信号無視の上、禁止されているピストバイクに乗っていた。

「110番しようか」

「それだけは勘弁してください」

さすがに、110番することはなかったが、ケガでもさせられていたら間違いなく110番ものだった。

しかし、同じ場所で2度も災難に合いそうになるとは。

この人は災難にも合う確率が高いと同時に、宝くじに当たる確率も同様に高い。




[PR]
by tetorayade | 2014-12-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
多摩地区の理系進学校を目指して2010年に開校された高校の話。

歴史の浅い高校なので生徒指導が行き届いていない。例えば、歩道を塞ぐように横一列になって歩くことは日常茶飯事で、地元住民からもクレームが出ている。そのため、学校側も写真のような看板で注意喚起を促している。
b0017844_09053347.jpg
ある日、部活帰りのこのこの高校生の一団に遭遇した。やはり道を塞ぐ形で横2列になって歩いている。

自転車でベルを何度か鳴らしたが、道を開けようともしない。

やっと自転車が通れるほどの道を開けたが、自転車を睨んで、「すいません」の一言もない。

学校の近くだったので、そのまま職員室へ向かった。

対応に出たのは若い先生だった。事情を説明して「もっと生徒指導をして下さい」とお願いして話が終わろうとしたところだった。

そこへ「何?どうしたの」と30代の教師が話を割って入ってきた。

同じことをまた説明した。

「すいませんの一言もないので、不愉快な思いをした。広がって歩かないように指導してください」

すると30代の教師が放った一言に怒りが爆発した。

「指導はしているけど、なかなかできない。この問題はすぐには無理です」

この教師は一番いってはいけない「すぐには無理です」という言葉をいとも簡単に発してしまった。

「あなたは社会人経験がないんでしょ。だから話に割って入る時もあいさつもできなければ、自分の名前を名乗ることもできない。あなたのような先生が生徒指導ができるわけがない」

ぐうの音すら出ず、「申し訳ありません」と小さく恥じ入るばかりだった。



[PR]
by tetorayade | 2014-12-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(33)
電動自転車は坂のある街かどうかで売れ行きが全然違ってくる。

さて、この写真の電動自転車。
b0017844_09260233.jpg
子供用にも見えるが、どちらかというと老人用。ミニサイクルタイプの電動。これで11万8000円とはこれいかに。

電動自転車とはほとんどがバッテリー代とそれにまつわる駆動部分だと思われるが、この自転車を見る限り、ぼったくりかと思ってくる。ま、メーカー品なので高いのだが。

中国製の安いものもあるが、国産ブランドの電動自転車はいつになったら、手ごろな価格になる?



[PR]
by tetorayade | 2014-12-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(2)
北朝鮮のサイバーテロに屈して上映を中止してしまったソニーピクチャーズの「ザ・インタビュー」だが、一転してアメリカの一部の映画館で上映をすることになったようだ。

自由の国、強いアメリカを誇示するためだろうが、これで拉致問題がまた一歩遠のくような気がする。

ソニーピクチャーズはアメリカの会社だが、ソニーと頭に付くように、親会社はソニー=日本の企業だ。

金正恩を茶化したパロディー映画を作ったことに対する北朝鮮の怒りは、想像に難くない。これが神として崇拝された金日成だったら、サイバーテロではなくアメリカに核ミサイルを発射していたかも知れない。

総連組織が強い時だったら、ソニーには連日連夜猛抗議が続いていたはずだ。北朝鮮の怒りの矛先は日本政府にも向かっていることも想像に難くない。

今は表面上はアメリカと北朝鮮の戦いになっているが、裏では日本の拉致問題と北朝鮮の戦いになってはいないだろうか。

膠着状態にある拉致問題が、この映画上映で、さらに膠着しそうな気がする。



[PR]
by tetorayade | 2014-12-27 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
ミニコープでの出来事。

明らかに張り間違いしている商品をネタ提供者が発見した。

中身はカルビ丼なのに、表示は寿司。当然、値段もカルビ丼の値段ではない。
b0017844_22593648.jpg
b0017844_22592308.jpg
これは食品衛生法違反にも当たる。

早速、店長を呼んで間違いを指摘しているその時だった。

天ぷらのパックを床に落とした従業員が、それをそのまま拾い上げると、ポイ、と投げるように棚に戻した。

表示の張り間違い以上に、床に落とした売り物をそのまま戻す、とは「何事だ!」とこっちの方に怒りの矛先が向かった。

コープは食の安全に人一倍気を配っている、と思ってコープ会員になっている人は少なくない。

それなのに、その信頼を目の前で裏切られてしまった。

日本人は、中国の食の安全をバカにしてきているが、足元ではこんなことが日常茶飯事のごとく起きている。



[PR]
by tetorayade | 2014-12-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
北朝鮮のサイバー攻撃に対して、アメリカが報復したとも思えるサイバー攻撃を北朝鮮に仕掛けた。

一時的にインターネットがつながらない状態になっていたが、2~3日で復旧したようだ。さほど混乱することもなかったようだが、北朝鮮はアメリカからのサイバー攻撃に対して、対策はしっかりと出来ているようだ。

一旦は中止になった金正恩暗殺計画映画も一部の映画館で上映することになったが、これでサイバーテロの報復合戦が始まることになる。

北朝鮮のサイバー部隊の数は5万人ともいわれている。

そもそも、北朝鮮がコンピュータに注目したのは今から40~50年前で、特に軍事コンピュータに北朝鮮は長けている、といわれている。

コンピュータ技術は中学生ぐらいからエリートを養成して行くわけだが、大学ではプロを養成して行く。なにせ、核開発するにはコンピュータのレベルが相当高くないとミサイルも発射できない。

軍事力ではアメリカとは比較にもならないが、サイバー戦争なら勝つ自信満々ということだろう。それだけにオバマ大統領も相当警戒している。

サイバー戦争となると相手の中枢部コンピュータに入り込んで誤作動させるなり、破壊するだけ。そうなると遠隔操作で航空機を墜落させることだってできる。

戦争になればアメリカの主要コンピュータを狂わせることになるので、北朝鮮に向けて核ミサイルを発射できなくなる。

しかし、元はといえばソニーピクチャーズがとんでもないテーマのパロデイー映画を作ったことが発端だった。これによって図らずも北朝鮮のサイバー部隊の実力の一端が露わになった。



[PR]
by tetorayade | 2014-12-25 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
冬至に柚子を風呂に浮かべて入れば、風邪を引かない、という言い伝えがある。

スーパーでも冬至の風呂用に柚子を販売していた。もちろん、食用も売っているのだが、この2つの柚子を見た小学生低学年の女の子が、お母さんに「風呂用は食べられるの?」と聞いているのを小耳にはさんだ人がいた。

b0017844_13302897.jpg
b0017844_13305298.jpg

そこで売り場のおばちゃんに聞いてみた。

「これは食べられるの?」

するとおばちゃんは、
「食べたことがないので分かりませんが、見てくれが悪いだけで食べられると思います」

次に新入社員らしい若手を掴まえて同じ質問をした。

「風呂用ですからおそらく食べられないと思います」

食べられますと食べられません。2つの答え。

食用は高知県産で風呂用は徳島県産。

産地が違う。

これなら徳島産を買って一つは風呂に入れ、残りは食べた方がお得ちゃん?


[PR]
by tetorayade | 2014-12-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
ソウル市のすべての中・高校に『親日人名辞典』配布、というニュースを読んで一番怒り心頭なのが在日韓国人だったりする。

「がっかりした。こんなことでは友好関係など無理。韓国人は頭がおかしいとしか思えない。余計関係が悪化するだけ。これでは日本人観光客はますます韓国へは行かない。こんなことをやっている民族に明日はない」と吐き捨てるのは在日韓国人1世。帰化していない。

折しも、大韓航空のナッツ姫に韓国民から非難が集中している。その矛先は財閥全体へと向けられている。

韓国の10大財閥で韓国のGDPの76%を稼ぎ出している。従って超学歴社会の韓国では、財閥に就職できなければ天国と地獄ぐらいの差があるともいわれている。

ほとんどの韓国人が財閥には就職できないわけだから、ナッツ姫の様に傲慢な事件を起こすと、韓国民の嫉妬が爆発する。

つまり、財閥批判へ矛先が向かないように、日本を敵視してガス抜きをしているとしか思えない。

なにせ、日本が戦艦大和を作っていたころには、まだ牛を引いていた。日本に追いつけ、追い越せでこれまで来たのだろうが、在日韓国人も呆れる母国韓国には未来はない。

[PR]
by tetorayade | 2014-12-23 00:01 | 海外ネタ | Comments(1)
東京都下に在住のAさんが東京駅100周年のスイカを買い求めるために自宅を出たのが朝の5時。東京駅には6時過ぎに到着したがそんなに人は並んでいないだろうと思って喫茶店でモーニングを食べて、余裕をかませて発売所に向かった。

販売時間の7時までには数千人の客が訪れ、現場は大混乱していた。
b0017844_23044192.jpg
一体、最後尾がどこなのかもまったく分からない状態。iPhone6の販売にも並んだ人で、その時は転売目的の中国人の姿が目立ったが、中国人は見当たらなかった。

しかしこの大混乱は予想外だった。

1時間もかからないうちに販売中止になったが、素直に諦めた。

並んでいる時の光景は昔は読書だったが、今は大半の人がスマホ片手に時間を潰している。

その時だった、20代の若い音が「すいません、入れてもらえますか」と気の弱そうな人に声を掛けていた。要は友達のふりをして列に割り込もうとしているのだが、カネを渡そうとしていた。ま、断られ続けていたが、そんなにまでして100周年スイカが欲しいのか。

JRは改めて販売するといっているが、1万5000枚なんて数量を限定しないで、欲しい数だけどんどん作ればいい。
b0017844_23045569.jpg
数量を限定するからヤクホクで転売する者も出てくる。

帰りの電車の車内放送ではスイカの発売が中止になったことを繰り返し放送していた、というが、プレミアム感なしに都内の駅ならどこでも買えるようにしたらいい、とAさんはいう。

[PR]
by tetorayade | 2014-12-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)