日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2014年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

36年目で初の値上げ

行きつけの散髪屋が来月5月1日から値上げをする。現行の1500円を1600円にする。

マスターは独立して36年。この間、ずっと1500円を頑なまでに押し通してきた。この心意気にほれ込んでいるファンが多い。

1500円でも一切手抜きはせず、丁寧な仕事ぶりがいい。以心伝心で、頼んだわけでもないのに、髭の調整もやってくれる。

加えて長引く不況で1500円という値段は魅力的で、中高年ばかりの客層の中で、最近は若者の姿も目立つ。

今風の若い兄ちゃんが2人が辞めずにずっと働いているので、若者でも安心して店に来れる。

個人でやっている近所の散髪屋がまた一軒店をたたんだ。

そういう店は理容組合にも入り、組合で決めた値段でやっている。行きつけの店は組合には入っていないが、個人で36年やっている。

客に支持された店だけが勝ち残る。

[PR]
by tetorayade | 2014-04-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
TBSの日曜日9時からの新ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」は、主役が代わっただけで、脇を固める俳優は半沢直樹組が多数出演しているので、まるで半沢直樹を見ているようだ。

そりゃ、そうだろう。

原作は池井戸潤。脚本は半沢直樹も手掛けた八津弘幸だから、半沢直樹に見えるのも当然のこと。

しかし、あまロスならぬ、半沢ロスになっている視聴者からすれば、池井戸、八津のコンビでドラマをやってくれるだけで十分だ。ドラマの進行も半沢そのものだが、それがいい。

さらに、顔のドアップが多用されるのも、半沢らしくていい。

1話ごとにクライマックスが訪れながら、次週が必ず見たくなる。

柳の下のどじょうは2匹までいる。

ヒットすることは間違いない。

[PR]
by tetorayade | 2014-04-29 00:22 | テレビネタ | Comments(0)
京北から右京区に抜ける山道を走っている時だった。

トンネルの前で大きな旗を振るながら止められた。最初は工事現場のおっさんかと思ったら警察だった。幹線道路の脇道に警察車両がズラリ。

ネズミ捕りだった。

すでに捕まった大型バイクの兄ちゃんが警察車両に乗り込み、切符を切られる手続きをしていた。

山道だし、そんなに飛ばしてもいなかったのに、止められたことが解せなかった。

警察が無線で何度もやりとりしている。

「PCXですが…」

「…」

何度も掴まえた車種を確認している。

「運転手さん、エンジンをかけてこっちまで来てください」

4台ほどの警察車両が並ぶ先頭まで移動する。

「運転手さん、ここは何キロだかわかりますか?」

「初めて走る道なので分かりません」

「ここは40キロなんですよね」

「60キロぐらいで走っていたと思います」

「じゃ、20キロオーバーですよね。ただし、今回は口頭注意にしておきます」

「?」

「何キロオーバーだったとか、今回はいいませんので、口頭注意だけにしておきます」

内心ラッキー、と小躍りしたが、これ、間違って止めたんじゃないか、という気がしだした。

そんなに飛ばしていないし、普通に流れに従っていた。

「いま、警察車両に乗っている人がいますので、その方が帰ったら、発車してください」

捕まったライダーの目を気にしての配慮だろう。

止めたのに切符を切らないのはなぜ、と捕まったライダーから突っ込まれるのを恐れてのことかもしれない。

いずれにしても、切符を切られずに済んだ。

b0017844_18054460.jpg
バイクのダッシュボードには、お守りが入っている。

このお守りのお陰で、あと1点で60日の免停になる1年間を無事故で無違反で凌いだ。

お陰で点数は戻ってきた。

そして、今回も助かった。

お守りのお陰と、信じる者は救われる。

[PR]
by tetorayade | 2014-04-28 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
スーパーで毎日食材を買っているが、毎日違うものを買っているので消費税が8%になった実感がない。

それは、特売で安いものがあったりするためで、実感しないのかもしれない。

ところが、定番商品となると消費者は敏感だ。

たとえば、写真のアイスクリーム。
b0017844_00082812.jpg
緊急値下げで税込90円は、他店より10円以上も安い。こういうのには消費者は敏感に反応する。

90円アイスクリームの効果は絶大で、売り上げは確実に上がっている。これから、夏本番を迎え、アイスクリームの季節到来だが、担当者はこの値段を押し通すと鼻息は荒い。

その狙いはアイスクリーム目当てで来店してもらって、ついでにほかのものも買ってもらう。

来店動機商品を作ることが、客数を増やす第一歩だ。

今ならさしずめ、トムヤムクン味のカップヌードルの在庫がある、というだけで十分、来店動機になる。



[PR]
by tetorayade | 2014-04-27 00:14 | Comments(0)

自転車スマホバカの負け

その人はタクシーに乗っていた。

片側1車線の道路。歩道はない道で、自転車に乗った男がスマホを操作しながらフラフラ走っていた。

対向車がひっきりなしで走ってくるので、タクシーはその自転車を追い越したくても追い越せない状況が続いていた。

運転手もイライラが頂点に達してきた。

あまりにもスマホに夢中で運転も危なっかしいので、クラクションを鳴らして注意を促した。

その時だった。

クラクションにびっくりした男はスマホを落としてしまった。

道路は渋滞していた。

スマホ男が猛ダッシュでタクシーを追走してきた。

タクシーが信号待ちに引っかかった時についに、自転車が追い付いてきた。

男は、スマホを落とした時に運悪くガラスが割れてしまった。それで怒り狂ってタクシーを猛追したのであった。

タクシーに追いついたところで、男は運転手に喚き散らした。何をいっているのか分からないほどの興奮状態だった。

要はクラクションでびっくりしてスマホを落としたから弁償しろ、ということだった。

男が手にしていたのはアイフォン5Sだった。買って間がない状態だった。それだけに怒りが収まらない。

乗客も運転手もスマホを見ながらフラフラ自転車を運転している男の方が悪い、と思っていたので、警察を呼ぶことにした。

電話して30分ほどして自転車に乗った交番のオマワリさんがやってきた。

ことの事情を説明した。

決定的物証はタクシーのドライブレコーダーだった。

男がスマホをいじりながらフラフラ自転車を運転している姿がバッチリ写っていた。スマホを見ながらの運転は非常に危険だ。

それが動かぬ証拠となり、自転車の男は道交法違反で逆に切符を切られることになった。

クラクションもこの場合は危険を回避するためのクラクションだったので、運転手側には過失はなかった。

自動車と自転車が喧嘩したら、弱者である自転車が勝つのだが、逆切れした男の負け。

なんでもかんでも弱者が勝つと思ったら大間違い。

それよりなにより、ドライブレコーダーは大事だね。




[PR]
by tetorayade | 2014-04-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
4月14日の発売日に買いに走ったカップヌードルのトムヤムクン味。
b0017844_10162285.jpg
1軒目の食品スーパーにはなく、2軒目のセブンイレブンにもなく焦った。そして3軒目のイオンで発見した時は思わず小躍りした。

それほど、トムヤムクン味を待ち焦がれていた。

最初に知ったのは今から15年前。東京のコンビニでタイから逆輸入したタイ産のトムヤムクン味に巡り合った。すっぱ辛い味は初めての体験で、たちまち虜になった。

ところが、逆輸入商品なのでどこのコンビニでも販売しているわけではない。

日清本社に電話して、売っているコンビニを聞いたほど。

たまたま家の近くのコンビニで販売していることが分かったので、買いに走った。

逆輸入は定番商品ではないので、やがて姿を消す。

あれから15年。

日清がタイの日清とコラボで開発したのが日本人向けのトムヤムクン味だった。

とりあえず、6個買った。まずかったら困るから。

その味は逆輸入品とはだいぶ違っていた。

ココナッツミルクが入っているので、臭いがダメだった。

ただ、味はすっぱ辛くて、食べるほどに舌に馴染んできた。ただ、ココナッツミルクの臭いだけは不要。

日本人向けにはココナッツミルクは入れない方が食べやすい。

ココナッツミルク薄目バージョンを発売してもらいたいぐらいだ。

発売から10日ぐらいで売れすぎて生産が間に合わずに販売を中止するようだが、この間、ココナッツミルク薄目バージョンを検討してもらいたい。

日本人にはココナッツミルクは馴染みが薄いので、もっと売れること間違いなし。





[PR]
by tetorayade | 2014-04-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
この新聞記事が気になった。読み進んでいくうちにもしかして、これは20年以上前に出会った光山某ではないかと疑念が浮かんできた。

経歴は東大医学部卒。ここまではよくあることだが、カンザス州の大学にも行っていた、というくだりで光山某であることを確信した。

新聞記事ではニセ医者を騙り各地で講演会を開いているのだが、医者とは思えないようなことを話したりすることから、疑いをもたれるようになり、産経新聞がスクープ取材した。
b0017844_17322977.jpg
光山某と確信したところで、産経新聞に電話を入れた。事情を伝えると社会部につないでくれたが、電話したのが大阪本社で、取材は神戸支局が担当していた。

光山某かどうか確認して欲しい、と伝えた。

光山某であれば折り返し、担当記者から電話がかかってくることになった。

5時間後、登録していない番号の電話が入る。

産経の記者だと直感したら、やはりそうだった。

で、電話があったということは、やはり同一人物だった。ビンゴだった。

現在は光山ではなく金を名乗っている。当時から在日であることは隠していなかったので、本名なのかも知れない。

彼の語っている肩書はすべて嘘で塗り固められたもので、何一つ真実はない。経歴は詐称しているが、詐欺罪には当たらない。

セミナーの講演フィーは正当なビジネスで、講演を依頼した側も被害者意識はない。従って詐欺罪で訴えない限り、犯罪にはならない。

彼の経歴詐称は一種の病気で、周りから先生、先生といわれることに陶酔してしまう。

憎めない詐欺師とでもいうのだろうか。20年ぶりに酒でも酌み交わしたいものだ。



[PR]
by tetorayade | 2014-04-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
「株価は100%上がる。一時的だが日銀が株価操作をやる。東北の銀行には5000億以上のカネが貯まっている。それを銀行が抱えていてもしょうがない。景気を上げることが大命題。これが失敗したら安倍政権も自民党もダメになる」とは自民党関係者の弁。

今のうちに株を買えということか?

何がいいたいかというと政権与党の自民党とはいえ、アボノミクス効果もそろそろ息切れしてきたころで、消費税を上げるだけ上げて、景気が回復しなければ、最終的には自民党職員は路頭に迷う、ということを懸念している。

民主党の菅直人は前回の選挙では選挙区では落選したが比例当選で復活したゾンビだ。

菅直人は次回の選挙でも落選することは目に見えているが、死に体の菅直人がいてくれた方が、自民党としては戦いやすいので、菅直人にはもうちょっと頑張って欲しい、という目論見がある。

何かまとまりのない文章になったが、忘備録として残しておく。


[PR]
by tetorayade | 2014-04-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
韓国海難事故ネタ3連発だ。

今回は韓国政府関係者の本音が聞こえてきた。

「北朝鮮との有事の時は韓国人は脱出して、中国か日本へ逃げることになる。日本人なら手厚い保護をしてくれることが期待できたが、今の状況では日本の世論が許さない。そんな原因を作ったのは歴代の大統領だ」

韓国人は自分たちが先進国だと勘違いしていることが、客船の沈没事件で実証された。海洋技術では間違いなく日本の方が格段に上だ。海上保安庁に応援要請していたら、生存者を助け出せた可能性もある。

大陸の半島である韓国は海洋国家でもない。船員に救難訓練もしていないのだから、呆れる。

現代とサムスンの2社が目立った活躍をしているだけで、決して先進国ではなかったことを韓国人は思い知ったことだろう。

「船室のガラスが割れなくて中に入れなかった、といっているが、日本ならそういう道具もあるはず。海猿のような部隊が韓国にも欲しい」

韓国の報道は非常に偏ったものがある。そんな中で韓国民は自然と反日が身に付くが、日本に来て、客観的に自国を見ることができるようになって、韓国が間違っていることを実感している、という。

「韓国人はすぐにカッとなり感情を露わにする。その感情のままに行動する。ところが日本人は相手のことを考えながら行動する。韓国人として恥ずかしい」

韓国には泣き女の風習があるが、金正日が死んだときに北朝鮮の人民が全員大げさに泣き叫ぶ姿を見て、恥ずかしくなり、今は泣き女の風習もなくなりつつあるらしい。

[PR]
by tetorayade | 2014-04-21 00:01 | 海外ネタ | Comments(2)
韓国政府は自国民を嘘の洗脳教育で反日を煽り続けてきた。

日本軍が強制連行したと言い張る従軍慰安婦問題、日本の領土を自国のものだと言い張る竹島問題。その数々の嘘がいみじくも客船沈没事故でも政府発表の嘘八百がリアルタイムで証明されている。

政府が嘘つきなら、事故を起こした船長も嘘つき。乗客よりも早く逃げるために、一般市民と嘘をついて救助される、という責任感ゼロの民度の低さ。

沈没までに2時間もあったのに、救命いかだを降ろした気配もない、ということは真っ先に船長が逃げているわけだから、指示を出す責任者もいないことが分かる。本当に船長の資格を持っていた船長だったかも怪しい。

船長が船長なら船会社も船会社。積載オーバーだっただけでなく、難所の操舵を初心者がやっていて起こった人災だったことも明らかになるにつれて、出鱈目ぶりが次々に明るみになる。

政府発表の情報も錯綜した。一転二転どころか三転、四転とどの情報が本当だか全くわからない。

ここからが韓国政府の嘘発表だ。

ヘリコプターを112機も飛ばして救助に当たったか、潜水士を500人投入したとかいっているが、映像を見れば分かる嘘だ。

そもそもあの現場海域に100機以上のヘリが集結したら、それだけで二次災害を引き起こす。

潜水士500人も怪しい。

ゴムボートで5人乗りなら、100艇あまりのゴムボートが必要になるが、そんな映像も見たことがない。

日本政府の協力要請をあっさり断ったが、これは想定内だった。

「海難救助のノウハウがないのが韓国にはないことが日本にバレルのを恐れ断った」とは自民党関係者。

今回の沈没事故で鮮明になったのは韓国政府の無能ぶりと、相変わらず、自国民にも平気で嘘を発表することだ。

日本に2泊する予定だったオバマ大統領を無理やり訪韓させた朴大統領だが、それどころではないだろう。バチが当たったのだろう。遺族の怒りがこのまま朴政権の倒壊につながることを祈る。



[PR]
by tetorayade | 2014-04-20 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)