日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

所詮、野党の政治家に献金してもカネをどぶに捨てるようなものである、ということが実証された。

DHCの会長が選挙資金を都合8億円を無心してきた件をばらされて、窮地に立っているみんなの党の渡辺喜美代表。野党を攻撃するときは舌鋒鋭いのに、5億円を「個人的に借りた」などと小学生にも分かる嘘をつく。

みんなの党も昨年末、特定秘密保護法案の賛否を巡り、江田が13人を引き連れて離党したことで、今や死に体同然。そこへもってきて脱官僚政治を旗頭にしていた党首のスキャンダルで、解党に追い込まれるのではないだろうか。

DHCの会長が渡辺にカネを渡していたのは、薬事法の改正が目的だったようだ。翻訳会社とスタートしながらも今や主力商品は化粧品や健康食品になってしまった。

この分野はぼろい商売で原価率は低いので、当たれば大儲けできる。

後発のDHCは業界常識を打ち破り、低価格競争で殴りこんで業績を伸ばして行った。

DHCの会長は薬事法を緩めるように法改正してもらうために、渡辺代表に政治資金を渡していたのに、のらりくらりかわして思うように動いてくれないことに業を煮やして、今回の暴露と相成った。

渡辺喜美は、ここは潔く議員を辞職しろ。

5億円を個人的に借りたなんて嘘は通用しないから。

渡辺の一件は政治家にすれば氷山の一角。カネをもらいながらちゃんと動いていない政治家はこれから猪瀬や渡辺のようにどんどんバラされる。

戦々恐々の日々は続く。



[PR]
by tetorayade | 2014-03-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
72歳になっても働かなければいけない板東英二はいったいいくら借金を作っているのか。

個人事務所で好き放題に稼いでいたが、脱税が発覚して芸能活動を自粛するとともに、禊期間が過ぎても板東を使うテレビ局もなかった。
b0017844_22080269.jpg
みそを付けた個人事務所を廃業し、吉本興業の力で仕事をもらうために、吉本興業入りした途端、関西テレビの番組に出ている。

植毛をさらにパワーアップしている。

吉本入りしたら、年齢に関係なく、先に入ったものが兄さんになる。そんな吉本の常識も忘れて、吉本の若手芸人を今まで通りの扱いをしていて「おい、兄さんやぞ」と怒られていた。

吉本入りしていなければ、板東の個人事務所の力なんてそれほどないから、仕事はずっと来なかった可能性もある。

しかし、そこは吉本。

板東も今までは個人事務所だったので、事務所にもピンはねされることもなかったが、これからはそういうわけにはいかない。

7割ぐらいは吉本に持っていかれるのではないだろうか。

ケチ本の実態は分かっていただろうが、それでも吉本にしがみついた守銭奴板東。

紳助共々あのまま芸能界から去ってくれても何ら影響はなかったのに。

板東を使わなくてもいくらでも吉本の若手がいるのに、若い目を守銭奴板東が彼らの芽を摘む。

[PR]
by tetorayade | 2014-03-30 00:01 | 芸能ネタ | Comments(3)
行きつけの床屋は仕事が丁寧なのに、値段は独立開業して以来1500円を押し通している。コストパフォーマンスが高いので、平日にもかかわらずいつも混んでいる。

マスターは消費税増税後も1500円を押し通すと宣言していた。

その心意気が素晴らしい。

ところが、きょう行くと値上げする、といっている。

b0017844_21395208.jpg
マスターにどんな心境の変化があったのか?

「散髪だけなら値上げしないでもやっていけると思ったのに、美容商材が上がるので、税理士から1500円ではやっていけませんといわれました」

「商材が上がるのは当然分かっていることじゃないの?」

「そこまで気が付きませんでした」

お客に1500円で散髪を提供したいという一心さが改めて分かる。

「で、いくらに値上げするの?」

「1600円です」

「かわいいじゃない」

「税理士は1700円にした方がいいといったんですが、1600円にしました」

「で、4月からやね」

「いえ、看板を書き換えるのが間に合わないので5月からです」

店内にポスターで告知するだけで客は納得して4月からでも値上げに応じてくれるはずだが、いつまでもお客を第一優先にしてくれる。

だから客足が絶えない。


[PR]
by tetorayade | 2014-03-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

東京ホテル雑感

1泊2日のつもりが2泊3日の東京出張になってしまった。

1泊目はホテルを取ってもらっていたのだが、2泊目は急きょ決まったので、ホテルを自分で取らなくてはならない。

上野界隈のホテルに片っ端から電話を入れるもすべて「満室」。ランクを上げれば取れたかもしれないが、ランクを落としても当然満室。

ホテルが取れたら泊まる。ホテルが取れなければ帰る。そのつもりで、上野駅前にあるガイドブックには載らないような小さなホテルを飛び込みで当たることにした。

ホテルとは名ばかりで旅館のような小さなホテルが何軒か連なっている。

で、最初に飛び込んだホテルで運よく「さっきキャンセルが出ました」。

6500円。

選り好みをしている状況ではない。

「スカイツリーのオープン以来、ずっと忙しいです。それに今は春休みなので余計上野は取れませんよ」とはホテルのおばちゃん。

前日泊まったのはマリオット東京。自腹では泊まれないようなホテルから身の丈にあったホテルがここだろう。

部屋はオートロックではない、ということだけでもレベルが分かるだろう。

キングサイズのダブルベットから、普通のシングルベッドよりも一回り狭さを感じるベッド。

マリオットへ自腹で泊まれるのはいつのことやら。



[PR]
by tetorayade | 2014-03-28 00:14 | 私的ネタ | Comments(0)
銀塩カメラを使っていた中年のおやじ世代にはたまらないフォルムだ。ダイアルが一杯ついたメカニカル感が郷愁を誘うだけでなく、おやじどもが求めていたのはこういう銀塩カメラのそのもののデジカメだった。
b0017844_11365885.jpg
b0017844_11395883.jpg
バッテリーグリップだが、昔の電池が一杯詰まって重たいモードラを彷彿としたこの外観は、特にたまらない。

おやじたちの物欲刺激中枢を刺激すること間違いない。

ただ、残念なのはペンタプリズムのロゴ。FUJIFILMでは、買うことを躊躇させる。それとセンサーがフルサイズではないのも悲しい。

しかし、富士フィルム製なのにどこかニコンのF3に見えてくる。

F3にモードラを付けると本当に重たかった。単3電池を8本も装着するのだから、それだけでも結構重量があった。

本体に広角レンズとシフトレンズ、標準ズームの3本をかばんに入れるのだから、その重量で肩紐が肩に食い込むほどだった。

それは、さておき、ニコンも昔のカメラを意識して角ばったデザインのDfを発売して、やはり話題になっている。

昔のカメラは絞りからシャッタースピード、ASA感度まで自分で考えてシャッターを切ったものだが、これらのカメラにはその要素がふんだんに残されている。

何も考えないで、ただシャッターを切るだけのカメラ任せのカメラではないので、扱いにくいといえば扱いにくい。

このカメラが若者に受けている、とすれば、それはそれで面白いことであるが、実際の購買層は中高年なんだろうな。


[PR]
by tetorayade | 2014-03-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
警察官も人の子。

警察官が一番憂鬱になる時期が、今年もまたやってきた。

110番がかかると警察は「事件ですか? 事故ですか?」と必ず聞く。事件には事件なりの対応マニュアル、事故には事故の対応マニュアルがあるのでそれに従って、状況を把握しながら、打つ手を考える。

この時期、どちらにも該当しない電話がかかってくる。

それは自殺者からだ。

「今から死のうと思っているんですけど」

自殺者には2つのタイプがある。

1つは誰に知られることもなく目的を完遂する。

もう1つは助けて欲しいので警察に電話してくるタイプだ。

事件でもなく事故でもない、自殺願望者からの電話がかかってきたときは交番のお巡りさんはドキッとする。説得するのも大変だし、助けられなかった時は相当責任を感じて落ち込む。

逆に警察官の方が鬱になってしまう。

春先は5月病のシーズンだ。

新しい学校や会社に馴染めず、うつ病にかかる人が一番多いシーズンでもある。

この時期にかかってくる電話はできるだけ取りたくない、というのが交番のお巡りさんの本音だ。


[PR]
by tetorayade | 2014-03-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
女性の社会進出なんて言葉自体が古いが、女性の管理職を増やしていくことは、政府の方針でもあったように記憶している。

あるコールセンターが政府方針に則って、派遣から正社員になった女性(29)を副所長に登用した。

若くして管理職になった途端、古い社員からのイジメが始まった。

それを紛らわせるために走ったのが、酒とパチンコだった。

パチンコの方は勝てないので、すぐに止めたが、酒に逃げた。

仕事にも支障をきたすようになり、精神科の医者へ行った。

ここからが精神科医の本音だ。

「依存症の患者さんはやっかいだから嫌。酒は自分でも飲むので、アルコール依存症患者の気持ちは分かる。現実逃避のために酒に逃げる人は多い。酒の次に走るのが覚せい剤などの薬物。凶暴な人間が覚せい剤をやると本当に人間が変わる。パチンコはやったことがないので、パチンコ依存の患者さんが来ると本当は困る」

で、女性の方だが、「人生の歯車が狂った。下っ端のままがよかった」。

その後現場に復帰して管理職を全うしているかどうかは、分からない。

何の話かというと、精神科医の中にはパチンコ依存症患者は診たくない、というのが本音、という話。

[PR]
by tetorayade | 2014-03-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
川口総合文化センターで東西落語名人 BIG3 夢の競演 「桂歌丸 春風亭小朝 桂文珍」が開かれた。

平日の昼間にも関わらず、1000人ほど入る会場はほぼ満員。

それもそのはず、客の大半は時間がたっぷりあるシルバー世代。

季節の変わり目で春物を箪笥から引っ張り出してきた人が多いのか、会場内は樟脳の臭いが漂っている。

休憩時間にロビーに出た時だった。会場のほのかな樟脳の臭いとは打って変わって、さらに強い臭いが襲ってきた。それは、樟脳の移り香のレベルをはるかに超えていた。目がチカチカするぐらいだった。
b0017844_00591029.jpg
臭いの元に近づくとおじちゃんとおばあちゃんの夫婦がいた。

臭いの元はどうやらおじいちゃんの方である。

それで思わず臭いの主にこう声をかけた。

「おじいちゃん、ポケットに樟脳が入っていない?」

するとおじいちゃんはポケットをまさぐり始めた。

出るわ出るわ樟脳。

両方のポケットと内ポケットの3箇所から出てきた。

この情報提供者曰く「年を取ると耳が遠くなるだけでなく、鼻も利かなくなる。本人だけでなく隣にいたおばあちゃんですらそれに気づかない」。

衰えとは、嗅覚も含めてやってくる。


[PR]
by tetorayade | 2014-03-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
横田夫妻がモンゴルで孫のキム・ウンギョンさんと再開したのは、何らかのシグナルだと思っていたが、日朝政府間協議の再開だった。

当然、ここでは拉致問題がテーブルに乗ってくるわけだが、今回ばかりは日本の方が優位である。それは、北朝鮮の大使館であり、団結のシンボルである総連本部を人質に取っているからだ。

22億1000万円で落札した四国の不動産投資会社は、「総連には貸さない」と明言しているように、総連は行き場を失うことになる。

金正日が日本人拉致を認めて以降、総連からの離反が進んでいるが、総連本部は最後の砦でもある。総連本部を失えば、総連離れはさらに加速する。

北朝鮮としても総連本部だけは死守しなければならない。

総連本部を失うぐらいなら拉致被害者を日本に帰らせた方がいい、と金正恩が判断するかにかかっている。

安倍首相としても自分が首相の時に拉致問題を解決することを秘めている。

相手は、安倍首相から見れば子供だ。留学経験があるので解放的な一面がある一方で、叔父を平気で粛清する冷徹さを兼ね備えている。何をしでかすか分からない不気味さはある。

政府間協議の前の露払いである局長級会議では、拉致問題と総連本部の綱引きが始まる。

拉致被害者のシンボルである横田めぐみさん他を日本に帰せば、そのバーターで総連本部をくれてやる、という交渉ごとになる。

その判断は安倍首相にかかっている。



[PR]
by tetorayade | 2014-03-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
後、6年しかない。

これが都の関係者の思いだ。

東京オリンピック開幕までの6年間で処理しなければ問題は山積している。競技場の建設以外にも解決しなければいけない問題はたくさんある。

選手村と競技場は専用のシャトルバスが運行されるようだが、オリンピック期間中は都内への車の乗り入れ制限が実施される見通しだ。

渋滞にならないように、シャトルバスを定期運航させるには、車の乗り入れを制限するのが一番手っ取り早い。

都内への乗り入れが制限されると、周辺の町の大型駐車場へ車を乗り捨てて、都内へ向かう人が増えることが予想される。

そこで狙われるのが、ショッピングモールやパチンコ店の駐車場だ。

ショッピングモールは駐車券が必要だが、パチンコ店ではほとんど駐車券はない。

ということは、本来の客以外の車が止められることが予想される。

どこまでその影響が出るかは未知数だが、都内の近郊で、駅に近くて駐車場の広いパチンコ店は特に注意しなければならない。



[PR]
by tetorayade | 2014-03-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)