日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

17年ほど使っていたi Macがついに逝ってしまった。

名刺管理と年賀状、請求書発行など極限られた利用に止まっていた。
b0017844_17555247.jpg

大事な請求書を発行している途中で、画面が消え、うんともすんともいわなくなった。

前兆はこの前立ち上げた時から、あった。

ブラウン管から変な金属音がして、画面がちらつくようになっていた。

寿命といえば寿命。

大事なデータが消えてしまった。

ファイルメーカーで作っていた名刺は25年間、4600人分が管理されていた。

請求書の宛名も請求書のフォーマットも一から作り直しだ。

年の瀬を迎え、心機一転しろ、という啓示と考え方を改めるしかない。

追記

夜10時、近所のジャスコへ。

買い物は1点。時間にして7分ぐらい。店の前に止めていたチャリが消えている。

鍵をかけていなかった自分が悪いにしても、あまりにも短時間で盗まれたことが悔しい。ここは海外か!

ま、気を取り直し、正月から新しい自転車を買えという啓示、ということにするしかない。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-31 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
パチンコメーカーがTBSへ半沢直樹の版権を買いに行っている話しを以前したことがあるが、あまちゃんも考えているとは想定外だった。

あまちゃんは、あきがタレントを目指すストーリーだったが、この世界観をどうやってパチンコにするのか?

演歌歌手が一通りパチンコになったことを考えると、あまちゃんの方がやりやすい。

しかも、歌も挿入できるので、演出面も万全。

じぇ、じぇ、じぇの数が多いほど、激アツ。

あまちゃんファンを呼び込むことで、新規客層開拓にも一役買うことができる。

しかし、相手はNHK。

かなりハードルは高い。

熱意を持って交渉してもダメだろうな。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-30 00:01 | Comments(0)
12月28日は最後の最後の忘年会。

と、いってもあと3日ある。

今日はビジネスパートナーとの忘年会。

事件は3次会で起こった。

ビジネスパートナーの社長は還暦過ぎても未だにパンチパーマ。その見かけ同様で、この年でも簡単に切れる。

隣の10人以上の団体がとにかくうるさい。

それに切れたのが社長だった。

自分が入れた歌をそのうるさいグループが歌ったことが原因だった。

この場は取り押さえたが、酔っ払いの団体が喧嘩モードに突入して、ささいなことで食って掛かってきた。

緊張した空気が流れたが、全員、酔っ払い。

互いににらみ合いが続き、うるさい団体の方が先に退転して、事なきを得た。

われわれグループは4人。年寄りチームながらみな、血気盛ん。

そっちが驚いた。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-29 02:08 | 社会ネタ | Comments(0)
衣料部門などの売り上げ不振にあえぐイトーヨーカドーが、約8600人いる正社員をセブンイレブンへ転職させて、3年をめどに4000人に半減させる、と発表したのが2012年9月。

希望すれば、退職金でセブンイレブンのオーナーなれる、とのニンジンもぶら下げた。コンビニのオーナーになれると胸躍らせた人がどれぐらいいるかわからないが、実際にヨーカドーの社員からセブンイレブンのオーナーになった人もいる。

一国一城の主になったのも束の間、早くもオーナーを辞めたがっている人が続出している、という。

何が起こっているのか?

「郵便局の年賀はがきの自爆営業が問題になっていますが、セブンイレブンにも自爆営業があるんですよ。それが嫌になってきています」とはヨーカドー関係者。

例えば、最近はどこのコンビにでも、節分の日は恵方巻きを販売している。こうして季節商品は、本部からの売り上げノルマが課せられるらしい。

ノルマがあるということは、ノルマを達成できないこともある。

「恵方巻きを自爆営業で20~30本も買うこともあります。これは一例で、ノルマを達成するたびに自爆営業を続けることに嫌気がさしてきています。元のヨーカードーの職場に戻りたがっている人が続出ですよ。今回のリストラ策は完全に失敗です」

この先例で、セブンイレブンへ転職を希望しない人が出てきて、リストラ策が暗礁に乗り上げることは、間違いない。

鈴木会長のカリスマ性も霞んできた?
[PR]
by tetorayade | 2013-12-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
政権発足から1年、安倍首相が静かに風を切りながら靖国神社に参拝した。
b0017844_11575634.jpg

メディアはこれが、まるで悪いことをしているかのような伝え方に違和感を感じずにはいられなかった。

すぐに気にするのが韓国・中国の反応だ。

良好な関係時なら、ともかく、一方的に反日運動を繰り返す両国。日本との関係も冷え切り、これ以上悪くなることもない。

それなら、これ以上気を使う必要もない。特に告げ口外交しかできない朴政権にはギャフンといわせる時だ。

首相の靖国参拝は何かと政治、外交問題に発展するが、ここは強い日本を示すべきだ。

26日に参拝したことを安倍首相は、「1年間の歩みを英霊に報告に来た」とし、「戦争惨禍によって人々が苦しむことのないように誓った」ときっぱり。

「英霊のご冥福をリーダーとして手を合わせるのは世界共通」として、「中国、韓国人を傷つける気は毛頭ない」と嫌らしい記者からの質問を退けた。

ギャーギャーわめきたい中国・韓国はほって置けばいい。

韓国の敵は日本ではなく、北朝鮮だろう。

日本を批判している間に、正恩は韓国に奇襲攻撃をかける準備を進めている。

ソウルが火の海にならなければ、目が覚めないようだ。

この記事を書いている時点では、まだ両国からの反応はない。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
来年12月に東京・浅草六区に複合型エンターテインメント施設を開業する、と発表したのは6月27日のことだった。
b0017844_23281994.jpg

建物は地上8階、地下1階建て。

1階から3階がパチンコ店、4階から8階に2つの映画館、地下には飲食店が入る。8階建てのビルを建てるのにどれぐらいかかるか知らないが、12月の上旬に現地へ行った時の写真がこれ。
b0017844_23232653.jpg

まったく着工していない。

来年12月開業なら少なくとも秋口から工事に入らないと間に合わないはずだが。

計画変更のアナウンスはないが、計画の見直しでもやっていることは想像に難くない。

前進するのか、後退するのか、さあ、どっち。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
イオングループ総力を挙げて作った「イオンモール幕張副都心」がグランドオープンしたのは12月20日。

場所は幕張メッセのそば。モールは「大人」のグランドモール、「ファミリー」、「スポーツ・家電」のアクティブモール、「ペット」の4つに分かれている。

「よしもと幕張イオンモール劇場」では、お笑いライブや音楽ライブが楽しめるほか、仕事体験のテーマパーク「カンドゥー」、歴代東映ヒーローをテーマにした「東映ヒーローワールド」などが入る。体験型施設が約3分の1を占め、買い物だけでなく、さまざまな楽しみ方ができる空間となっている。

アジアを中心とした訪日外国人も呼び込み、年間約3500万人の来場を見込んでいる、という。

東京駅から京葉線で32分。東京からも幕張まで来い、ということのようだ。

かなり、広域からの集客を見込んでいるので、駐車場台数は驚異の7300台。一般的なイオンモールで4000台、といわれているからその巨大さがわかる。

ところが、この立地に疑問を呈する人も。その理由は、この地図を見れば分かる。
b0017844_23553493.jpg

ほとんどの店舗に当て嵌まるそうだが、内陸部と沿岸部ではどちらが有利か、ということだ。

内陸部の場合は4方向からの集客が見込めるのに、幕張のように海沿いでは、海から来る客がいないため、1方向分損したことになる。

それこそ、ライバルが西船橋や千葉に巨大モールを作ったら、そこで堰き止められ、一巻の終わり。

関西人には無縁だが、何年後かに巨大な廃墟になっていないことを祈る。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-25 00:22 | 社会ネタ | Comments(0)
それは朝の通勤ラッシュの埼京線で起こった。

痴漢の犯人にされてしまったのが、会社員のAさん(50)だった。

20代の女性から下半身を触った犯人に祭り上げられたのだった。

「事実無根だ!」と心の中で叫んだ。

ふと、娘の顔が浮かんだ。冤罪とはいえ娘に軽蔑されることが頭をよぎった。

Aさんは警察へ連行されるころには、少しは冷静さを取り戻していた。

冤罪を晴らす場合、繊維と体液鑑定があることを思い出した。

鑑定してもらって無実だということが証明された。

この一件があってから、Aさんは通勤時間帯を早めて、少しでも空いている電車に乗るようになった。

Aさんは女性専用車両があるのなら、男性専用車両も必要だ、と心底思うようになった。

自分のような冤罪者を出さないために。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
パンチDEデートが28年ぶりに復活した。

西川きよしの芸能生活50周年を記念しての復活番組である。パンチDEデート世代にはたまらない番組だったがあおの当時の興奮はついに呼び戻されることはなかった。
b0017844_17404679.jpg

特別企画なので、登場したのは芸能人。完全に仕込みなので見ていてしらけるばかり。

パンチDEデートの放送開始は1973年10月。関西テレビ制作のローカル番組だったが、人気が出たことから1974年10月からフジテレビ系で全国放送されるようになった。ということは、この年から見るようになった、ということだ。

今でも覚えているのが、オープニングのこのフレーズだ。

「ひと目会ったその日から」
「恋の花咲くこともある」
「見知らぬ貴女(あなた)と」
「見知らぬ貴男(あなたに」
「デートを取り持つ」
「パンチDEデート!」

当時は朝日放送も負けていなかった。

1973年に放送開始になったプロポーズ大作戦も若者の間では人気番組だった。

こっちは横山やすし・西川きよしの司会で愛のキューピット役を桂きん枝が務めていた。きよしは人気番組の両方を担当していた。

面白さではプロポーズ大作戦に軍配が上がる。
番組後半のフィーリングカップル5対5も名物コーナーだった。

どうせ、復活するならこっちだろう。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-23 00:01 | 芸能ネタ | Comments(1)
21日は巨頭会談の予定だった。

これで4日連続の飲み会になるところだったが、急きょ中止になった。

前日の夜電話があった。

「キリスト教で聖歌隊の練習に急きょ借り出されることになったので、明日は行けなくなりました。年が明けてまた一度会いましょう。取りまとめている原稿はあるので、それは送っておきます」

巨頭会談の申し出も唐突だったが、キャンセルもけったいな理由だ。

聖歌隊の練習のほうが大事なわけだ。

キリスト教、聖歌隊、というワードからKさんの恐妻家ぶりが想像できる。
[PR]
by tetorayade | 2013-12-22 00:01 | 私的ネタ | Comments(2)