日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

毎日放送のちちんぷいぷいで、プリマ旦那が京都の老舗店を訪れて、何代目かを当てながら3店舗合計で21を目指すコーナーがある。21以上はもちろんドボン。

京都には創業100年クラスは赤ん坊で、200年、300年、400年と続く老舗がゴロゴロしている。京都を愉しむ関西ローカル局ならではの企画で好感が持てる。

老舗の定義には諸説ある。

東京商工リサーチは創業30年以上で成業している店のことを指す。そのほか、最低100年以上で3代続いている店とか、100年に満たなくとも3代続いて盛業中の店を老舗と呼ぶ。

産経新聞の夕刊の記事を読んでいて引っかかる箇所が出てきた。京都の中華料理店を紹介しているのだが、????マークが付きまくった。
b0017844_23215173.jpg

それが、この赤線のくだりだ。
b0017844_23241833.jpg

店は平成7年にオープン。まだ、創業18年足らずで、老舗という使い方をしている。四川料理という限定がついているにしても使い方が間違っている。

平成ではなく、昭和の間違いかと思ったぐらいだ。

これだけのコーナーを持たせてもらえるということは、新人記者ではなく、中堅どころだろう。校閲していたら、この老舗の使い方はおかしい、と朱書きが入るのが普通だが、軽いコラムなので校閲部をスルーしたのではなかろうか。
b0017844_23212430.jpg

ご丁寧に文 坂下芳樹の署名入りだ。

坂下記者の見識では何年以上が老舗になるんだろう?

100年以上の老舗がゴロゴロしている京都の店だけに、創業18年で老舗という使い方はあまりにも恥ずかしい。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
アキのマネージャーの水口は、安月給なので、カッターシャツをクリーニングに出すこともできず、いつも襟周りがシワシワになっている。

金のない水口はめがねが壊れても応急修理で対処するほどの貧乏人だった。
b0017844_1429947.jpg


今なら3000円一式でレンズとフレームが買える時代に、いくら金がないからといってこの修理めがねはいかにも貧乏くさい。
b0017844_14295441.jpg

めがねが壊れた原因は、アキが種市先輩と付き合っているのを知りながら、春子社長に報告しなかった報復である。

昔のヤンキー魂がこういう時に普通に出てくる。

進学予備校の契約は1年間恋愛禁止。もし発覚すれば、違約金を払うことになる。社長の春子にすれば、マネージャーの水口に当り散らすしかない。

ヤンキー春子はいきなり水口にめがねを取れと命令して、水口のあごを掴む。
b0017844_14515856.jpg

顔はまずいので、ボディーにパンチを繰り出し、その時に落ちていためがねを踏んづけて、レンズにヒビが入る。
b0017844_1435563.jpg

おカネのない水口は、しばらくこの壊れためがねで登場するのか、新調するのかが、注目どころだ。

追記

安月給の水口にはめがねを新調するカネはなかった。レンズ交換で急場をしのいだ。

小道具にこだわるNHKだが、脚本家のクドカンにはそこまでこだわりはなかったようだ。

ここでまったく違うデザインのめがねに代えたら、春子社長リンチ事件が際立つのに。
b0017844_921752.jpg

[PR]
by tetorayade | 2013-08-30 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
日テレはあまり観ないので夏目三久アナの現役時代をまったく知らない。

コンドームスキャンダルで退社を余儀なくされた、という程度の知識しかなく、顔そのものを知らない。

今年高視聴率番組のトップを走る半沢直樹のエンディングロールに夏目三久の名前が出るのだが、顔そのものを知らないので、どのシーンに出ているのか分からなかったが、やっと謎が解けた。

半沢が勤める東京中央銀行のポスターのモデルが夏目三久だった。
b0017844_932332.jpg

b0017844_9354248.jpg

なんでポスターに夏目を起用したのか分からないが、スキャンダルで会社を追われた夏目と半沢の姿をダブらせている、との説もある。

現実の夏目とドラマの半沢。

逆境から這い上がる企業戦士。

日テレを辞めて、古巣の看板番組、真相報道バンキシャのアシスタントに復活できたのだから、ミニ半沢というところか。

半沢人気で夏目がどこまで注目されるのやら。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-29 00:01 | テレビネタ | Comments(2)
あの盛りの付いた犬のような腰ふりは吉川晃司以来ではないだろうか?

あまちゃんで潮騒のメモリーがいよいよクランクインとなった。

映画でアキの恋人役が人気のダンスパフォーマーという設定で、スタジオに入った時から、越を振る振る。そして、盛りの付いた犬のように腰を振りながらアキに近づいて行く様は、歴代のNHKの朝ドラでは絶対にありえなかった演出だ。

20年前ならクドカンの起用自体もないだろうし、NHKの朝の連ドラであそこまでHを連想させる腰ふりなんかあり得ない世界だ。

あさイチの冒頭のトークコーナーでも当然、この腰ふり男の話題で持ちきりだった。

チャラさ1000%の腰ふり男がアキのファーストキスの相手になってしまうのか、とやきもきしていたら、本番になって腰ふり男の方が10代のファンが多いので、キスはできない、といい出し、何とか腰ふり男とのキスシーンは恰好だけで撮り終えることができたが、腰ふり男のインパクトは、これまでの脇役の中でも一番強烈だった。

これで案外腰ふり男の人気が出るかも知れない。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-28 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
宝くじによく当たる知人がいる。

今年も4月にロト6で3等が3口。計131万1000円をゲットしている。

ロトでは70~80万円をちょこちょこ引き当てているのだが、くじ運の強い人は、何かを持っていることが改めて分かった。

この知人が秋田新幹線で東京に帰っている時だった。

連日のハードなスケジュールで新幹線に乗るとすぐに爆睡状態に入った。席は窓側だった。荷物は2つあった。

パソコン、デジカメ、ICレコーダー、資料が入ったカバンを足元に置いていた。

東京に着く40分前に目が覚めると、足元に置いていたカバンがない!

寝ている間に置き引きにあってしまった。

網棚に載せるより安全と思われる、足元で盗まれるとは、知人もついていない。

この知人、フランスでもっと怖い目にあっている。

フランスで車に乗っていて、強盗に狙われホールドアップで、身包み剥がされた。

足元に置いていて置き引きに遭うことも、強盗に出くわすこともそうそう経験することはない。

何がいいたいか。

宝くじによく当たる人は、こうしたドロボウーにもよく出くわすということではないだろうか?

宝くじによく当たる人は、災難にも遭う確率が高いことを学術的に証明したら面白い。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
生産地、生産者からこだわる米屋がある。

「パーソンズ・カントリー」と米屋らしくない店名だが、生産者へのこだわりが店名にもこめられている。

一時期、魚沼産のコシヒカリのニセモノが大量に流通して問題になったことがある。魚沼産が一つのブランドとなり、魚沼産というだけで、普通のコシヒカリより高く売れたために、産地偽装の魚沼産コシヒカリが全国に出回った。

魚沼という一つの地域の田んぼでの生産である。

生産量には当然限りがある。どう考えてもそんなに魚沼産の米が生産できるはずがないことから、バレてしまったように米業界は黒い闇に包まれている部分がある。

「スーパーで流通している米は混ぜものが多く、100%一つの田んぼで取れた米が流通することはない。うちが扱う米は現地まで足を運び、生産者の顔を見て、作った米を食べて、美味しい米を作っている農家と契約した米だけを扱っているので、混ぜものが一切ない」と話すのは同店の笠井聖弘代表。

米業界の闇の部分にメスを入れるので、米業界では異端児ともいわれている。

店で売れれているのは玄米の状態。

「玄米は生きています」というのが理由で、20段階で分つきする精米機でお客さんの好みで精米する。

「胚芽の部分が甘み。削りすぎてはいけない」

自分がスーパーで買っている無洗米は、胚芽が一番削られた状態。本来なら買ってはいけない米のようだ。

現地に足を運ぶうちに、野菜農家も紹介されるようになり、変わった野菜も扱うようになる。現在契約農家は400軒ほど。それがパーソンズ・カントリーの由来でもある。

美味しい米を作る農家は、基本に忠実で、米作りが好きで、研究熱心で、師匠がいるなどの共通点がある。

ただ、お客さんの半数以上が美味しいといわない米は、次年度の契約は行わない。それは、互いに技術を競いあって、技術を磨いて欲しい、という願いが込められている。

「スーパーの米を作っている人は適当に作っている。こんなことをいうから業界から嫌われる」

米に生産者からこだわる米屋が販売しているのが、このおにぎりだ。
b0017844_1123405.jpg

ご飯は炊き立ての熱々を食べる時と、おにぎりのように冷めてから食べる時がある。

「おにぎりにして食べたときの食感を出すために、季節や天気によって米を変えています」

ここまで話を聞いたら、食べずにはいれない。

コンビニのおにぎりしか食べる機会がないが、米を厳選しているだけに、冷めても米の美味しさが伝わってくる。実に食感が非常にいい。

これで100円はお値打ちだ。

「良い物は良い人が作り、良い商品は良い店にしかない」をモットーにするパーソンズ・カントリー。スーパーより値段は高いが、本物を知っている客に支えられている。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
この写真はイマイチ似ていないが、競馬界の中居正広といってもいいだろう。実際、本人もその気だったりして。
b0017844_23343527.jpg

騎手の藤田伸二は現役ながら競馬界の暴露本を書いて人気になっているようだ。

ま、ストレートにものをいうので痛快だ。

競馬の騎手の力なんて関係ない。強い馬に騎乗できる騎手が強そうに見えるだけで、武豊が弱い馬に乗ったからといって決して勝つことはない、と断言。鞭の入れ方、タイミングで勝つことはないともいう。

重賞で勝つためには、強い馬に騎乗しなければならない。そのためには日々の営業努力も怠らない。強い馬に騎乗できるようになると、優勝すれば騎手も目立つ。

そうすると、強い馬への騎乗の依頼が来るようになる。

騎手に入る金は賞金の5%で、しかも税金に半分は持っていかれる、というがそれでも41歳で25億はもらっている。いくら残っているかは分からないが。

騎手はバカが多いというのも爆弾発言だ。

バカが多いから営業する知恵も沸いてこないから強い馬に騎乗できない騎手が多いということなのだろうか、とふと思った。

中央競馬の騎手なら地方競馬の馬券を買うことはできるが、いつも負けてばっかり。馬券で勝つようなら騎手は辞めているとも。

週休5日の勤務体系で普段はゴルフとパチンコらしい。

ここはピディアにインタビュー取材でもしてもらえば、さらに面白い話を引き出してくれそうだ。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-25 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
これは西友の某店舗の男子トイレの中の写真。2~3日前に撮影されたものだ。

何かシールらしきものが貼られている。
b0017844_15135583.jpg

このシールは近所のイトーヨーカ堂の値引きシールなのだが、日付を見ると2011.7.6となっている。
b0017844_1514846.jpg

つまり2年前に貼られたと思われるシールが剥がされることもなく、2年以上も放置されているということだ。

どこの店舗もトイレには清掃チェックシートが張られているが、西友にももちろん、チェックシートはある。

西友の清掃係はトイレのどこをチェックしているというのだろうか?

b0017844_15211338.jpg


こんなことだから、ほかにも上記のようなシールが貼られている。

破れ窓理論を実践するかのように、何もしないからシールが増えていく。

2年間も放置するのはちょっと手を抜き過ぎだ。

従業員は客用のトイレを使わないからなのか、従業員や店長も気づいていない、ということだ。

管理が甘い店で業績は上がらない。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
坂東英二が国税から7500万円の申告漏れを指摘されたのが、昨年12月。

性質が悪かったので脱税イメージがつきまとい、レギュラー番組だった世界ふしぎ発見などを降板せざるを得なくなり、タレント生命が終わった。

脱税が発覚する直後に完成したのが、この鳴門市の観光パンフレットで、表紙には坂東英二の顔写真。「坂東感動。」のキャッチが踊る。

b0017844_1749100.jpg

徳島出身の坂東英二は鳴門市の観光大使に任命されており、そのイメージキャラクターとしてパンフレットの表紙を飾っている。

脱税イメージがつきまとう大スキャンダル。タレントとしては使えないにも関わらず、鳴門市は観光大使の任を解いていないので、パンフレットも回収されることなく、市場に出回っている。

温情があるのか、パンフレットを作り直すのが面倒なのかどうか分からないが、普通なら観光大使は解任され、パンフレットもすべて回収される。

あまちゃんでもアキは予備校のイメージキャラクターとなって契約期間の1年間は恋愛禁止。もし発覚すると違約金を払うことにもなる。

それほど広告はイメージを大切にするのでスキャンダルはご法度だ。

今年の阿波踊りにも坂東英二は参加し、自粛後の初のタレント活動か?とマスコミにも書かれていたが、観光大使としての仕事の一環だろうが、イメージは決してよくない。

地元だし、坂東英二を切るに切れない理由が鳴門市にあるのだろう。

坂東英二の守銭奴の一面を知ってしまうと応援する気にもなれない。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
あまちゃん人気は、脇役で出演した女優にもいい影響を与えている。若手女優で注目度No1になっているのが、春子の若い頃を演じた有村架純だ。

最近は洗顔フェイスウォッシュ「メルサボン」のCMにも出ている。

その勢いから笑っていいともに初出場したのだが、会場内からは歓声が上がらなかった。
b0017844_920567.jpg

タモリもあまちゃんで若き日の春子のヘアースタイルについて、触れた。

「聖子ちゃんカットだったよね」

「あれ、かつらなんです」

ヅラ研究家の目さえも欺く女性用かつら。NHKの小道具仕事恐るべし。

80年代の時代考証を忠実に再現した若かりし頃の春子は、当時、一世を風靡した聖子ちゃんカット、と思いきや、中森明菜もちょっと入っているそうだ。

関西は伊丹市出身なのだが、女優を目指していることもあってか、事務所からは関西弁を禁止されている。関西人なのでツッコミを専門としているが、標準語ではツッコミができず、心の中で関西弁でツッコミを入れているそうだ。

関西はアナウンサーでも関西弁なのに。バイリンガルでやらせたらいい。仕事の幅がもっと広がる。
[PR]
by tetorayade | 2013-08-22 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)