日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

在日韓国人オーナーの会社で働く日本人店長が、堪忍袋の尾を切った。

生活があるので我慢に我慢を重ねてきた。

会社からの粗利目標を達成することができなかった。

それで、オーナーからこっぴどく怒鳴られた。

店長は会社からの指示の粗利額を達成させるたびに、常連客の姿が消えていくのが心苦しくなった。

粗利を達成しなければ、会社の支払いにも影響する。

そんなことは百も承知だが、これ以上、客を見殺しにすることができなかったので、未達成という選択をした。

店長は腹をくくった。

営業方針以外にも常日頃不満を抱えていた。

在日韓国人だから、と李明博前大統領が竹島へ上陸したこともあからさまに支持していた。日本人従業員としては面白くない。

日本で日本人を相手に商売しているのだから、もう少し謙虚な気持ちを持って欲しかった。

そのことをいうと、オーナーはこういい放った。

「自分は愛国者だから」

店長はこの愛国者という言葉にカチンと来た。

オーナーが乗っているのはベンツだった。

「愛国者ならナゼ、ヒュンダイに乗らないのですか!」と反撃すると、オーナーは絶句して二の句が継げなかった。

実際、愛国心を謳う在日韓国人オーナーでヒュンダイに乗る人が何人いる?

愛国心に燃える在日がたくさんいれば、ヒュンダイも日本市場から撤退するはずがなかったはず。

ヒュンダイの車種はほとんどが、パクリもので、一番被害を受けていたのがホンダだ。

そして、ヒュンダイの最高級車はどう見てもベンツのパチモノだ。

アメリカでは安いから売れるが、パチモノのオンパレードの車が日本で売れるはずがない。

本当の愛国心とはパチモノのベンツであろうが平気で乗れることだ。

ご都合主義の愛国心をひけらかす事に愛想を付かして、店長は辞表をたたきつけた。

日本にいるときは、外車しか乗らなかった松井秀樹が、アメリカに渡って、日本人の誇りを持つために、アメリカで乗っていたのは、トヨタのレクサスだった。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
確定申告の時期に江坂のMさんからネタが提供された。

大学時代の寮の同窓会を開くことになった。

その打ち合わせで四国から同級生が出てきたので、食事した後、近所の行きつけのカラオケスナックに行った。

その時、顔見知りの税理士が数人を引き連れて入ってきた。

話の内容から確定申告が終って、その打ち上げだった。

「Mさんの会社なら3~4割は安くできますよ」と出来上がった調子でMさんに話しかけてきた。

その一言でMさんの怒りのスイッチが入った。

「ふざけるな! 税理士の資格は公正な納税をすることやろ! 脱税を指南してどうする! 馬鹿者!」と一喝したことから口げんかになった。

会社が税理士を選定する場合、「あの先生に頼めば、安くなる」というのが基準になっているところもある。

つまり、脱税の片棒を担ぐ先生が評価される風潮が一部にはある。

それよりも、今年も確定申告の時期が来た。

近いうちに集中してやらなければいけない。

ふ~。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

久しぶりの営業

久しぶりに営業に出かける。

アポを取ったのは社長。

地域との共生を考えているところで、提案した企画は方向性はあっていた。

経費の捻出も難しいものではない。

社長の方から「1店舗10万もかからない」との心強い言葉をいただいた。

五分五分以上と思ったが、一緒に営業に行った制作会社の営業マンはそれほどの手応えを感じていない。

後は現場サイドがどう判断するか。

ちなみに、某テレビの某番組にテレビCMを打つことは決定した、という。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-26 00:39 | 私的ネタ | Comments(0)

名刺作り

22日に取材したインタビュー原稿が一段落したので、Tさんから頼まれていた名刺3種類を作成する。

3種類のレイアウトは比較的簡単にできたのだが、印刷する段階になってプリンターの調子が悪いことに気づいた。

年賀状を印刷した時に、肌色が緑になってしまっていた。

プリンターの目詰まりが原因だと思われる。

ヘッドをクリーニングする。

1回目で若干、マゼンタが出るようになる。

もう1回クリーニングして、何とか80%近い色が再現できるようになった。

Tさん、3種類ともなかなかのできです。

お楽しみに。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-25 01:05 | 私的ネタ | Comments(0)

Tさんと天満パラダイス

Tさんと天満パラダイスを満喫した。

2軒目の寿司屋で腹7分目になったころに、若いカップルが横に座った。

日本人かと思っていたら、言葉が通じないので、店はすぐに外国人と判断して英語のメニューを出した。

アジア人には間違いない。

でも、何人かまったく検討が付かない。

腹も膨れたところなので、Tさんと何人か当てっこすることになった。

韓国語がペラペラのTさんが韓国語で話しかけたが通じない。

まず、韓国が消えた。

顔立ちは2人とも日本人といっても通る。

中国人なら大声で喋るのだが、2人は物静かに、メニューを指差しては追加の注文をしている。

これはシンガポールかマレーシアか。

Tさんが再び話しかけた。

で、分かったのが香港人だった。

中国人と香港人はまるで人種が違うかのような印象を受けた。

中国人にはない品がある。

それはさて置き、土曜日の天満はどの店も満員。

天満でお洒落な店はおしなべて客はいなかったが。

天満はテントを張った屋台風の店が一番似合っている。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-24 01:04 | 私的ネタ | Comments(0)

最初で最後の出番?

きょうの取材のために買ったようなα57だった。

インタビュー取材で動きのある表情を撮影するには、コンデジでは難しかった。

理由は室内なので蛍光灯の灯りの中では、どうしても早いシャッターが切れず、スローシャッターになりがちなので、ちょっとでも動くと肝心の顔が流れてしまうことが往々にあった。

α57は感度を自動で3200ぐらいまで上げてくれるので、そこそこ早いシャッターが切れるので、被写体がぶれて撮影することがない。

細かな表情の動きを瞬時に切り取ることができる。

この取材のために買ったようなものなのに、4月号で休刊だとの情報も。

で、いよいよその日を迎えたわけだが、レンズとボディーの接触が悪く、変な表示が出るのには、焦った。

一回外してはめ直したらちゃんと作動するようになったが、これがやはりソニークオリティーか。

12月からかかっていた写真集もやっと入稿することができた。

写真集なのに、肝心の写真のクオリティーが悪い。一時は撮り直しかと思うぐらいだったが、カメラマンが粗画像を送っていたことが分かり、原因が解明して、一安心。

そんなこんなの写真集だった。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-23 00:31 | カメラネタ | Comments(0)
ナンバの「肉匠 なか田 本店」である。

焼肉屋にあって焼肉屋ではない。
b0017844_0414610.jpg

それはこの肉を見て一目瞭然だ。

しかも、この店は肉の旨味を最高の状態で味わうために、肉に振るのは塩のみ。
b0017844_041595.jpg

この塩も肉の部位によって、7種類の塩を使い分ける凝りよう。

肉を塩だけで食べる旨さをこのなか田で教えてもらった。

それは肉に自信があるからだろう。

素材が美味しいから、塩をちょっと振るだけで、肉の脂が塩と混ざり合って旨味に変わる。

こんな体験は初めて。

肉も係りの人が付きっ切りで、最高の状態で焼いて出してくれる。

と、ここまで大満足したのだが、最後に、なんじゃこれ。

〆のフードメニューとして注文したのが、この大人気のカレー。
b0017844_04282.jpg

3人でカレーのほか、肉そぼろラーメン、鮭茶漬けを注文して、それぞれを1人前ずつシェアするので、とリクエストして出てきたのが、このカレー。

てっきり、1人前を3等分した分量がこれだと思ったら、

「これが1人前です」

3口で完食する量が1100円ぐらいもする。

で、肝心の味は「普通」ときたもんだ。

塩だけでいただく焼肉にたいそう感激した後に、このカレーである。

一気に評価が急降下。

サイドメニューは注文しないことだ。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-22 01:00 | 社会ネタ | Comments(0)
自分が長年ウィルコムを使っているのと、誰とでも定額のCMの影響で、知り合いがかなりウィルコムを使うようになった。

Hさんもその一人だ。

それまでケータイの電話代が3万~5万もかかっていたのだが、個人事業主ということもあって、電話代を削減するためにウィルコムを持つようになったのが昨年夏か、秋ごろだった。

ケータイとの2台持ち。

それからは070でかかってくるようになったが、1回090の番号の方でかかってきたので、「どうしたの?」と聞くと、喫茶店に忘れたとのことだった。その時はすぐに取りに向かった。

で、最近電話があったのだが、また090。

今度は新幹線に忘れたようだが、取りに行く気配がない。

「ウィルコムで電話代が2万円になりましてね」

ウィルコムを安く使うには長電話になる場合、ストップウォッチを片手に、9分30秒ぐらいになったら、一旦切って掛けなおさなければ、10分以内の無料が適応されない。

10分を超えた分は、おカネがかかってしまう。

ウィルコムを使いこなそうと思えば、「ウィルコムなので10分以内はただなので、一旦切ります」と相手にちゃんと理由が伝えられる間柄でなければならない。

初めて電話する人に長電話になりそうな場合、なかなか切り出せないが、それができなければウィルコムは使いこなせない。

掛けなおすのは、話の腰が折れるが、それを乗り越えてこそ、真のウィルコムユーザーといえる。

恥を伝えられるかどうかが分かれ道になる。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-21 00:01 | ウィルコムネタ | Comments(0)
レジャー白書2012」でパチンコの参加人口が前年比で410万人も大幅に減少したことが問題になっていたが、そのカラクリが分かった。

「レジャー白書2012」は2011年の調査結果を発表したものである。2012となっているが内容は2011年度のものである。

2011年は東日本大震災が発生した年で、震災後は電気の使用を巡って石原前都知事を筆頭に激しくバッシングを受け、業界が様々な形で叩かれた時期だった。これらが大幅に参加人口が減少した要因の一つとして考えられる。

しかし、一度減った客を戻すのは、容易ではない。

カネが続かなくなって止めた人も少なくない。そんなことがずっと続いている。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-20 00:02 | 業界ネタ | Comments(2)

北は核開発を止めない

北朝鮮が国際批難を浴びながらも核開発を止めないのは、最終的には、アメリカを道連れにする覚悟ができているからだ、という。

北朝鮮としては核を持ってから交渉のテーブルに着かせろというのが最終目的で、それまではどんなに経済制裁を受けようとも核開発は止めない。

いざとなれば、いつでも刺し違える覚悟はあるというのだが。

そのためには、いつで作戦が実行できるように、アメリカ、韓国、日本には北朝鮮のテロリストが平穏な市民を装いながら日常生活を送っているらしい。

いざとなれば、航空機や新幹線、官邸爆破もいとわない。

地下活動家といいながら、地下で生活しているわけではない。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-19 00:21 | 社会ネタ | Comments(1)