日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2011年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ネオンが消えた東京の歓楽街がどれほど寂れているのか知る由もなかったが、状況はかなり厳しいようだ。

飲食店にとって、3月、4月はシーズンの中でも歓送迎会で書き入れ時。ところが、大震災以降、宴会はキャンセルが続出している、という。

さらに、4月になっても団体客の予約が埋まらず、飲食店のオーナーに焦りの色が出てきている。

飲食店の辛いところは、毎日食材を仕入れなければならないこと。これで相当のロスが出ている。

日持ちのしない刺身などはその日に売り切らなければならない。魚がメインの飲食店は、刺身の種類を減らすこともできない。

客が来たときに、あれもない、これもないではますます客が来なくなる。

いつ来るか分からない客のために、今日も仕入れた高級食材が従業員の賄いめしへと消えていく。

客足が途絶えているところへ持って来て停電だ。

冷蔵庫の中身を腐らせないために、大量の氷やドライアイスで急場を凌ぐ。

被災地の人のことを考えたり、計画停電で自粛ムードが高まった結果が、夜の飲食店を直撃している。

飲食店の客が減れば、タクシーにもそのしわ寄せが。

「震災が忘年会シーズンでなかったことが唯一の救い」と本音もチラリ。

AC広告の中で、タレントを使った今無駄遣いを止めるキャンペーンを展開しているが、日本全国が自粛ムードになると、日本の経済の回復はますます遅れる。

停電や原発放射能損害をすべて国が補償してくれるのなら、ともかく、自粛ムードは国民の気持ちまで落ち込ませるだけだ。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-31 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)

焼酎バー臨時開店

一人焼酎バーが開けるぐらい焼酎が送られてきた。黒豆、トウモロコシ、酒粕、と種類も豊富で瓶のデザインも楽しい。
b0017844_0282835.jpg

飲み比べるべく、ちょっとずつ空けてみた。

酒量がぐんぐん進む。

これはちょっとヤバイ。いくらでも飲めてしまう。

美味しいからというよりも、ただ酔っ払いが延々と飲み続ける感覚になってきたので、自制する。

この銘柄には一つの法則がある。これだけで分かった人はかなりの○○○通。

ここは指名しよう。

地元のM君、これを飲みにうちに来ませんか?

焼酎バー本日開店。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-30 00:01 | 私的ネタ | Comments(4)
桂紗綾アナが先週の金曜日、プライベートタイムを利用して、新大阪から一人鹿児島中央まで旅立った。

10時新大阪発のさくらの自由席の先頭車両に乗った桂アナ。30分前にホームに到着したが、家族連れや外国人旅行客らで、自由席はほぼ満席。

明らかに九州新幹線効果だ。

ロングノーズのかっこいい先頭車に思わず、桂アナは写真をパチパチ。すっかり鉄子と化す。

車内は木目調のアイボリーの落ち着くインテリア。JR九州は在来線もかっこよく、インテリアもJRの中で頭が3つぐらいぬきんでている。

さくらなら鹿児島中央まで4時間ちょっと。一番早いみずほなら3時間45分。

博多までは爆睡した桂アナは、熊本を過ぎたあたりから雄大な阿蘇の地形と八代海の眺望に目が釘付けになる。

博多から鹿児島中央までは1時間19分の旅。

女1人旅の桂アナが目指したのは指宿温泉の砂風呂。在来線のワンマンカーに乗ると飛び交う鹿児島弁に「何をいっているかさっぱり分からない」とカルチャーショックを覚える。

夜は鹿児島で有名な郷土料理の店「吾愛人(わかな)」へ。これが一人で来店するような店ではなかった。

店内はほぼ満席。

女一人旅。カウンターでさつま揚げや黒豚のあばら肉を煮込んだとんこつに舌鼓を打つ。

もっと面白い話はここからだったのに、時間の関係で九州新幹線1人旅はここまで。

大阪でも顔が売れていないので、気づかないが、ましてや鹿児島となるとその名前すら知られていない。

天文館でどんなアバンチュールがあったのやら。

ま、平日の九州新幹線の自由席が満席だったことは何よりだ。それでなくても、都内や箱根、伊豆方面はホテル、旅館はキャンセルが相当続いている、という。

鹿児島、熊本から元気の輪を九州へ広げ、それが新幹線に乗って大阪にも飛び火して欲しいものだ。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-29 00:15 | 芸能ネタ | Comments(4)
シリーズ1作目が始まったのは、大学を卒業して社会人生活がスタートした年だった。

観るようになったのは、中学生の妊娠という重いテーマの方に興味があったのではなく、やはり山田麗子役の三原じゅん子の鮮烈なデビューだろう。

このシリーズの配役は女生徒役には、スター性のないごく普通の子を選ぶ傾向が強い。

その中で、三原じゅん子である。

1作目でたのきんトリオを輩出したことから、ジャニーズ事務所とタッグを組んで、ジャニーズJr出身を抜擢する傾向が強い。

と、いいながら、1作目は熱心に観ていたが、2作目からはほとんど観ていない。金八先生から多くのスターを輩出した、というがほとんど知らない。

そして、32年間に亘ってシーリーズ8作が放送された3年B組金八先生も、シリーズを追うごとに視聴率も下降線を辿り、ついには一ケタ台まで落ち込み、定年退職という設定で、ファイナルを迎えることとなった。

その特番が4時間に亘って放送された。

最後まで見入ってしまったが、ナゼ4時間も付き合ったのか?

震災報道が長らく続いてタイミングで、卒業をテーマとした「感動」と「懐かしさ」を求めていたのかも知れない。

定年を迎える金八先生は、体力も衰える中、問題の生徒と対峙するがそれを助けるのが3年B組の卒業生である。

しかし、1作目以降観ていないので、卒業生が先生を助けるにしても知らない生徒ばかりで、懐かしさもない。

そもそも、1作目にマッチが出ていた印象すらない。

金八先生の感動のシーンといえば卒業式のシーンだ。

今回はシリーズ最後ということで、歴代の卒業生が体育館に集合して、金八先生の卒業を祝う。卒業年度ごとに生徒一人ずつの名前が呼び上げられ、回想シーンが流れるのだが、知らないシーンの連続。

ようやく昭和54年度卒業生のシーン。顔を覚えているのはやはり山田麗子しかいなかった。

実社会では政治家になった三原じゅん子が白いジャケット姿で登場。名前を呼ばれて立ち上がるだけだが、目には涙を浮かべ、唇を震わせ何かいいたげに静かに着席した。

不良少女も今は立派な国会議員の1年生。

ドラマと現実がオーバーラップする。

山田麗子のシーンを見るために4時間付き合った、という感じだった。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-28 00:33 | テレビネタ | Comments(6)
東日本大震災がなければ、3月12日は九州新幹線が全通した記念すべき日で、新大阪から鹿児島中央までさくら1本で行けるめでたい日であった。

11日からテレビ、新聞は震災特別報道体制に入り、このおめでたいニュースは、封印されるがごとく記念式典も行われなかった、と小さなカコミ扱いになった。

明と暗とは、まさにこのことだ。

鹿児島、熊本が新幹線で大阪とつながったことで、観光特需が大いに期待された。関連報道は今年に入ってどんどん盛り上がっていた。

いよいよ明日は開通、とピークを迎えたところで、報道はピタリと止まった。

震災報道一色の中、おめでたい報道は自主規制しているのか、九州新幹線全通の経済効果がどの程度出ているのか、ほとんど報道されることはない。

東京、新大阪で乗り換える必要はあるが、新幹線が東北・青森から九州・鹿児島までつながったことは、低迷する日本経済の起爆剤になるはずだったのに、天はあまりにも厳しい試練を日本に与えた。

でも、いつまでも落ち込んだ気分で暮らしていても、日本に元気は戻らない。

九州新幹線のこのCMが、現在、九州で放映されているかは、定かではないが、そろそろ西日本では解禁してもいいのではないだろうか。

新大阪発のさくらには、外国人の観光客が多いようだが、放射能汚染の心配もない西日本の中でも、関西~九州のパックツアーをどんどん外国人観光客に売り込んで、活性化につなげてもらいたい。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-27 00:01 | 社会ネタ | Comments(2)
アクセス数がいつもより、跳ね上がっている。ニンジャツールで解析してみると午後7時に跳ね上がっている。

検索ワードを調べると「大学生生き埋め殺人」が急増している。

グーグルで検索して合点がいった。トップ画面に出てくるではないか。だからアクセス数が急増したわけだ。ニンジャツールはアクセスが伸びた理由が分かるので便利だ。

2006年6月26日のこの時のエントリーでは、主犯格を含め死刑判決は出ない、と書いていた。

足立区・綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人は、犯人が未成年者であったため、主犯格でも懲役20年だった、というのと、殺された側にも、それなりの理由があったからだ。

ま、これがものの見事に大ハズレで、1審、2審の判決どおり主犯格の死刑が確定した。

主犯格は当時未成年者ではなかった。

殺害した人数は2人。生き埋めにする残忍な殺害方法などが死刑判決の決め手になったようだ。

当時のエントリーを読み返してみると、ヤクザの抗争事件のような内容だ。

加害者が被害者になったり、被害者が加害者になったり。

この事件で加害者となった学生の大学の名前が一気に評判を落とした。恐らく学長らは大学名を変えたいぐらいの気持ちになっただろう。

大阪でもありそうで、聞いたことのない校名だったことを考えれば、知名度が低いうちに変えてしまうのも一つの手だったかもしれない。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-26 00:08 | 社会ネタ | Comments(7)
去年から、富士山の天然バナジウム水「クリティア25」の取り扱いをはじめています。
b0017844_1653691.jpg

ミネラルウォーター各社は、今回の震災と、東京の水道水が放射能汚染された関係からフル生産が続いているようです。

放射能汚染報道以来、この会社もサーバーの在庫が全部出尽くし、次の入荷は4月15日以降、となっています。

値段は12リッターが1700円(一般のミネラルウォーターに比べるとバナジウム水はちょっと高い)。

温水と冷水が出るサーバーのレンタル料が月額500円。

ご注文は最低2個からの偶数でお願いします。

宅配便でお届けします。不要になった容器は、折りたたんで家庭用の資源ごみで処分できます。

ご用命がありましたら、申し込み用紙を送らせていただきます。

必要事項を記入していただきましたら、手続きは完了です。ご希望日からウォーターサーバーと天然水をお届けします。

設置場所に電源があることだけをご確認ください。

■床置き型のサーバーサイズ
136(H)×34(W)×33.5(D)cm

■問合せ先/メールでお願いします。
tetorayade@hcn.zaq.ne.jp
[PR]
by tetorayade | 2011-03-25 17:03 | 私的ネタ | Comments(0)
自分も含めてだが、放射能汚染が心配される中で、セ・リーグの開幕がパ・リーグと4月12日の同時開催になったことをネタにしている、ということはまだ日本人には危機感がないのかもしれない。

危機感がないというか、福島原発の爆発事故をチェルノブイリ化することを想像したくないから、こんなネタに飛びつくのかも知れない。

再三、書いてきたが、いうまでもなく、東京ドームで開催することが最大のネックになっていたようで、とりあえずは4月はデーゲームでも照明と空調に莫大な電力を消費する東京ドームでの試合は回避されることとなった。

球界の盟主ナベツネの権力も世論には抗えなかった。

開催日を4日延期して妥協案を出したが、ナベツネ完敗である。これでナベツネの威光も風前の灯。放射能汚染も忘れるぐらい小気味いい。

政府が文部科学省の大臣から蓮舫節電啓発等担当大臣を動員してまで、東京ドームの開催を阻止した、ということは、電力を食う、余暇産業は緊急性がないので、世の中が安定するまで引っ込んでろ、という引導を渡されたようなものである。

これから東京ドームが基準となり、東京ドームでも協力したのだから、人間が最低限生きる上で不要、不急の産業はおとなしくしていろ、といわれかねない。

東京ドームの代替えは地方球場があるので、まだ幸せだと思わなければいけない。

計画停電管内で代替えが効く業種なんてそうそうない。

不要、不急で電力を食う業種といえば、レジャー産業。中でも、パチンコ店は槍玉に上がってくる。首相官邸にまで通常通りに営業していることに対して苦情メールが行っている、という。

停電倒産という新語も生まれてきそうだ。

そのツケを東電に回すことができれば、世の中丸く収まるのだが。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-25 01:10 | 社会ネタ | Comments(5)
還暦世代の人たちが子供の頃、当時の日本人は9時半から10時には寝ていた。

テレビもあまり普及していないので、夜することもないので寝るしかない。夫婦が一つ布団で寝ればやることは一つ。

それで、昔は貧乏人の子沢山だった。

今、関東では計画停電が実施されているが、夜に停電になった世帯では、もはや、布団に入って寝るしかない。

ということは、関東地区の出生率が多少ではあるが、上がる可能性がある、とは今日も計画停電のあおりを受けている東京の知人。

独身なので、この世帯に限って出生率は増えないが。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-24 01:16 | 社会ネタ | Comments(4)
蓮舫節電啓発等担当大臣までが、セ・リーグの開催日の延期、並びにナイターの自粛を求めたことに対して、巨人の滝鼻オーナーは「日程はおかみが決めることではない」と不快感を露にした。

これは日程を指図されることが不快なのではなく、ナイターの自粛=東京ドームでの開催を止めろ、といっていることへの不満であることはいうまでもない。

この電気を食う、ナイターの自粛、という言い回しは遠まわしだが、巨人主催のゲームをすべて地方球場でやれ、といっているようなものだ。

興行収入もがた落ちになる。

この政府からの再三にわたる要請をナベツネは、どう受け入れるか。野球界を牛耳ってきたドンも、ここは素直に受け入れないと、晩節を汚すことは必死だ。

電力需要が逼迫するのは、夏場である。

春は電力需要も一段落するので、ドームでも開催できるだろうが、夏場は無理だ。

電力需要がピークを迎える7,8,9月を地方球場で開催する折衷案で折れるしかない。

それが実現すれば、今年の巨人は夏場の3カ月間を地方球場で主催する死のロードとなる。

ヤクルトは神宮でのナイターの自粛要請を素直に受け入れ、デーゲームで行うことを表明している。開催できるだけでも幸せ、と思えばナイターに拘っている場合ではない。

マツダズームズームスタジアムは、計画停電の管内ではないが、ドームにしなくて正解だった。野球はやっぱり、季節を感じながら青空の下で楽しむもの。

屋外球場だからバーベキューも楽しめる、というもの。

東京ドームもズームズームスタジアム方式に改築するか?

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2011-03-24 00:27 | スポーツネタ | Comments(0)