日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2010年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

娘の手料理と倒産話

珍しく朝10時から仕事。その後3つの打ち合わせ。終わったのは6時。

そのまま家に帰ろうか、寄ろうとしたところへ寄ろうかと電話を入れると「待っているから来て」。
電車で移動したら40~50分はかかりそうな距離だが、バイクを飛ばすとわずか15分で到着。スーパーで買ったノンアルコールビールを店に持ち込む。

ビールテイストでビールを飲んだ気にもなるし、酔った気分にもなれるのだが、それはあくまでも気分であって酔っているわけではない。

2時間あまりで6缶空ける。

一緒に飲んでいる人からすれば、一向に酔わない自分が面白くないらしい。

「送っていくからバイクを置いて帰れ」と何度も酒を勧められる。明日も仕事。といっても金にはならないので仕事とはいえないが、バイクを取りにくるだけでも大変だし、面倒くさい。

そんな状況なので、腹一杯になったところでお開きに。

家に帰ったのが9時過ぎ。

娘が晩ごはんの仕度をしていた。

腹一杯。食べる気はなかったのだが、「食べるの?」と聞かれる。せっかく作って用意しているのに、いらないとはいえない。

ここは焼酎で晩酌するしかない。

焼酎のロックで娘の手料理を食べていると、「きょう倒産しました」とメールが入った。

給料が4カ月も遅配していた業界紙の記者。

すぐに電話を入れる。

「4時45分に大事な話しがある、と告げられ、5時半に今日付けで全員解雇です。民事再生も会社更生法もなく、破産です。家賃や新聞協会費もずっと滞納していたそうです。未払いの給料は国からの補償を受けられるそうです」

4カ月も遅配が続くと、この1~2カ月で3人が退社。2日前には2人いたデザイナーが辞め、広告を作る人間もいなくなっていた。いずれこの日が来るとは覚悟していたようで、声は以外にも明るい。

業界紙殺すには刃物はいらない。広告スポンサーがいなくなれば一巻の終わり。

いずこの業界誌も状況は同じ。体力勝負といったところだが、価値ある媒体として認められなければ生き残る理由もない。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-30 00:37 | 私的ネタ | Comments(0)
ここ何十年も水戸黄門は見たことがない。時代劇というカテゴリーだけでなく、連続ドラマを見る習慣がない。

この秋から始まった水戸黄門の第42部の視聴率が低迷している。初回こそ13%台だったが、ついに10%台を割ってしまったようだ。

今回は黄門様の里見浩太郎以外のメンバーを総替え。準主役となる助さんには東幹久、角さんには的場浩司。さらに由美かおる引退後の紅一点は雛形あきこ、といった布陣。

本来、水戸黄門の主役は黄門様ではなく、助さん。助さんに華のある役者を持ってこないとダメなのだが、時代劇通からいわせると里見浩太郎が目立ちすぎ、らしい。里見浩太郎のギャラが高すぎるのか、リニューアルメンバーも安っぽい人選だ。

本来、黄門様は、番組の最後に印籠を見せる役どころなので、それほど目立たず、小柄な爺様が適役なのだが、その論からいうと里見浩太郎は黄門様ではない。

本人もかつては助さんを演じていたように、黄門様役ではない。

では、視聴率を挽回するためには、誰を助さんに起用するか?

事情通はズバリ、キムタクだという。

キムタクといえば、フジテレビでいうところの月9の顔。

月曜日といえばキムタク。時間帯はかぶらないので、キムタクを助さんに引っ張ってこれたら、これまで時代劇を見なかった若い女性層を取り込めるかも。

で、キムタクがダメならTOKIO長瀬智也。

たしかに、ジャニーズ系を助さんに起用したら水戸黄門のイメージは変わるかも知れない。

さらに、事情通は脚本も書き下ろす必要なし、と手厳しい。人気のあった頃のものを使えば、脚本代も削減できる。

時代劇に興味がないので、それでも見ることはないけど。

でも、助さんにキムタクはインパクト大。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-29 00:01 | テレビネタ | Comments(2)

喫茶店文化の復権を狙う

喫茶店文化の復権を狙ってのオープンだ。

場所は地下鉄のターミナル駅に隣接する。地下立地だが、喫煙OK。御堂筋は歩行タバコも禁止され、地下街などもってのほか。

だからタバコを一服するために「ひとやすみ」。

スタバの影響でシアトル系コーヒー(エスプレッソ)が日本を席巻していたが、そのブームも終わり、日本人には馴染みの深いブレンドコーヒーを提供する。

店の売りはパンケーキ。見た目は甘そうだが、これがそんなに甘くない。
b0017844_924054.jpg

ハワイで人気のエックスシングスのパンケーキの店が東京にオープンしたばかりで、これからブームになるであろう、パンケーキのおいしい店の大阪1号店を目指す。

ということは女性客を狙っている?

当初はパンケーキのメニューを増やしていたが、男性向きではないということから急きょ開発されたのがピザトースト。
b0017844_9323194.jpg

ドリンクとのセット料金で550円。

喫茶店文化の復権を狙うのなら新聞、雑誌が欲しい。これがドトールやスタバとの差別化になる。回転率が悪くなる、とか考えないで。時間つぶしの必需品。

本日、日本橋にオープン。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-28 09:41 | 社会ネタ | Comments(0)

短い秋

今年は秋が短い。昨日辺りから一気に冬型の気圧配置となり、木枯らし1号が吹き荒れた。

バイク移動の身としては体で季節を感じる。

時折吹く横風にバイクごと体が揺れる。手袋にはまだ早い時期だが、昨日は気温17度。このコンディションで1時間も移動していると手がかじかむ。

このまま一気に冬になっていくのかと思うと、つい2カ月前の酷暑が懐かしい。真冬の重装備も大変なものだ。

長期予報では今年の冬は厳冬らしい。大阪でも凍てつくぐらいの寒さが続くとなるとバイク移動はかなりきつい。

今年は春が短かった。5月になってもまだ肌寒い日が続いた。

それが終わったと思ったら、いきなりの酷暑。

その周期からすると、今年は厳冬という予想が当たるような気配だ。

冬はピンポイント天気を毎日見ていた。最高気温と降水確率がその日の装備を決める。春、夏は一切見ることがなかったが、その季節がまた始まった。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-27 09:48 | 社会ネタ | Comments(2)
いつもは東横インが常宿の社長が、ロイネットに変更した。それで福岡出張では社長と同じロイネットに泊まることになった。

建物はまだ真新しい。料金はシングルで1万円ほど。

これがその場で会員登録すると6500円にまで一気に下がる。

ビジネスホテルにしては高い1万円の料金設定だが、部屋を見てすぐに納得した。

シングルルームなのにキングサイズ級のダブルベッド。ロングデスクにディレクターズチェア。地デジ対応の液晶テレビは26型。

バスルームも広々。バスタブは足が伸ばせるサイズ。加湿器や空気清浄機まで付いている。

ビジネスホテルよりもワンランク上。

ポイント付き会員カードがそのまま部屋のキーになるアイデアもいい。

東横と同じような料金で、シティーホテル並みの部屋と設備。東横の安普請な部屋とは訳が違う。東横の売りである朝食サービスがあっても、誰がどう考えてもロイネットを選択する。

しかし、ロイネットの弱点は数の少なさ。東横のようにまだあちこちにはないこと。

ビジネスホテル業界の激戦ぶりが、ロイネットに泊まってみてよくわかった。ワンランク上の設備、品質を東横並みの料金に下げて提供する、ということは建築コストを落とすことで実現したのではないだろうか?

あまり宣伝しすぎると、自分が泊まりたいときに満室、ということもあるのでほどほどにしなければならない。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-26 00:12 | 社会ネタ | Comments(2)
プロ野球の日本シリーズが中日対ロッテに決まった。あまり視聴率の取れない対戦カードだが、ついにテレビ局は全国ネットでは初戦などを含めて野球中継しない、という。

バッキーさんには申し訳ないが、中日ファンでもないので、放送されないことに何ら支障はない。ま、地元愛知はローカルで中継するので問題はないが、日本シリーズまで視聴率の影響が出てきたことに日本の将来を憂う。

もう一つのブログで若者のパチンコ離れに関するエントリーを書いたところ、それが組織のトップの発言だったこともあり、2ちゃんねるで祭りになってしまった。スレッドが何本も立ち、その影響でアクセスは1万2000を越え、そのブログのアクセスランキングでは7位にまでなった。

2ちゃんねるでは、若者のパチンコ離れを大歓迎する論調で、むしろ業界はこのまま潰れろ、と叩かれまくっている。

まさに、パチンコ社会悪論である。

圧倒的にパチンコをしない人の方が多いわけで、社会的に生産性があるわけでもない。時間とお金を浪費するだけで、自制の効かない人は身を滅ぼす。

世の中になくても困らない産業でもある、という負い目を感じながら業界人は働いている人も少なくない。

パチンコにはそんなマイナスイメージがあって若者のパチンコ離れが進むわけだが、今回の日本シリーズの野球中継を放送しないのは、さしずめ、若者のテレビ離れ、野球離れだろうか。

少子化で都会の学校でも閉鎖される時代だ。日本経済を支えてきた歯車が確実に狂い始めている。

しかも、少子化世代の子供たちが大人になっても物欲を示さない。車が売れない、タバコが売れない、酒が売れない、海外旅行に行かない。パチンコもしない。

次世代を担う若者が大人になったら消費をリードしなくなったら、日本の産業界は危うい。

長引く不況の中で社会人になった彼らは、基本的に将来が不安でお金を使わなくなっていることに起因しているのだろうが、ネットでこと足りたりする。

グーグルアースで世界を旅行した気分になれるし、ケータイでパチンコだって体験できる。車は生まれたときから家にある。特段、自分の車が欲しいとは思わない。酒、タバコは体に悪い。

中国のように反日教育を叩き込めば、若者が主体となって反日デモを起こすエネルギーがあるわけだが、日本はゆとり教育の結果、物欲のない若者が増殖してきた。

これも日本人を家畜化、愚民化させるためのアメリカの罠か、と思っていたが、今や敵はアメリカではなく中国だ。

物欲のない若者が増えれば、増えるほど日本の経済は活性化しない。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(9)
「初めて行く蕎麦屋なんだけど」と連れて行ってもらった店は、住宅街の奥まった場所にあった。

オープンしてまだ間がない。分かりにくい場所で勝負する、ということは相当な自信がないとできない。到着したのは夕方5時半。お客は3組。
b0017844_9165345.jpg
b0017844_9193672.jpg
連れて行ってくれた人は、自然木をそのまま使った取っ手や、店内の土壁を使ったインテリアに「気に入った」と一目ぼれした。

書体に凝りすぎて店名が読めない。どうやら「大城」と読むようだ。

蕎麦屋といっても夜のメニューは豊富。カウンター席からは庭がライトアップされ、風情も最高。
b0017844_91547100.jpg

これからお気に入りの店にしようとしたときだった。

注文と取りに来た係員から「店内は禁煙となっております」。全館禁煙にがっかりしたようだ。

注文したのは刺身系を主体に、肉を織り交ぜた。
b0017844_926189.jpg

b0017844_9262758.jpg
b0017844_926591.jpg

b0017844_9275832.jpg
b0017844_9282930.jpg
b0017844_929168.jpg
こだわっているのはインテリアだけでなく、酒の徳利やおちょこまで選べるようになっている。

いたく感心していると、インテリアは若い女将が手がけた、という。あの読めない店名のロゴをデザインしたのもそうだろう。

禁煙派の自分にはなんともないが、喫煙者は酒が入るごとにタバコが吸いたくなるもので、時間が経つほどに、不満に変わって行った。

でっぷりした徳利のデザインにダメだし。「徳利はなで肩の細身が一番」と。

タバコは庭で吸えるが食事を中座してまで吸う気はないようだ。

ついには女将に「喫煙スペースも設けるべき」とアドバイス。昼間はともかく夜まで禁煙にすると、酒を飲む場でリピーター客を捉まえるのは難しい。

蕎麦屋なのに、〆に蕎麦も食べないで店を後にした。

「昼間は蕎麦を食べに来てもいいけど、夜は来ない」

黒塗りの運転手付きのご一行に、女将は何を感じ取っただろうか。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-24 09:48 | 社会ネタ | Comments(6)

ビール腹でバス

カメラはあった。どんなに酔っ払ってもカメラはカバンの中に入れるのだが、カバンの中にカメラがない。

それでてっきり店に忘れてきた、と思っていたら、上着のポケットに入っていた。きょうの取材でカメラがなかったら致命的だった。

二日酔いで福岡・飯塚。

何年ぶりだろうか。

1時からの研修取材を経て社長のインタビューへ。研修もそうだが、社長インタビューで顔写真が撮れなかったら一巻の終わり。

その後は社長を交え焼き肉屋で食事。いつものペースを落としてビールを飲んだのだが、それでもジョッキ3杯。

社長夫婦は野球が気になる、と早めに切り上げたが、それでも1時間半は飲んでいた。その間トイレは3回。ビールを出し切らないままに、博多行きのバスに乗る羽目に。

バスセンターで4回目のトイレだが、まだまだ出し切っていない。それで博多まで行くのだからトイレのついていないバスは苦行以外の何ものでもない。

バスには各席にビニール袋が用意されていた。長距離なので乗り物酔いだろう。いざとなったらそのビニール袋にするしかない。

それで気が楽になったのか、博多まで何とか持った。

ビールをたらふく飲むと,やはりトイレは5~6回は行かないと出し切らない。

3回だと1時間近い距離をバスに乗るのは無理だった。

テレビ東京の路線バスによる旅番組。過敏性大腸炎や小便の近いタレントでは仕事は受けられない。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-23 00:56 | 私的ネタ | Comments(2)

カメラがない

体が痛い。それもそのはず。居間のフローリングで寝ていた。途中で目が覚めて布団で寝ているのだが、それでも肩が痛い。どんな寝方をしていたのか。

記憶を少しずつ戻すも、どうやって帰ったのか。

自転車がちゃんと家にあるので、タクシーで自転車を停めたパチンコ屋まで帰り、それから家にたどり着いているようだがその間の記憶が飛んでいる。

これから出張だというのに、カメラがない。

2軒目のラウンジに忘れてきたようだ。やってしまった。

カメラなしで取材、というのもきつい。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-22 06:44 | 私的ネタ | Comments(0)

甘くない現実

あまり期待はしていなかったが、最低ラインの希望すら蹴られてしまった。

細い柱を太い柱に持っていく予定だった。希望金額を口にしたが、先方との考えには太平洋ぐらいの開きがあった。

そりゃそうだ。利益をまったく生まないものに、新たに金を掛けられるはずもない。そのために社内の素人集団がやっている。

「積み重ねで、金額をアップしましょう。いきなりその金額ではいらない、ということになります。過去にそういう人を何人も見てきているのでなおさらです」と担当者。

甘い期待が崩れたが、もう一つの仕事もあるので、それを取るために我慢するしかない。

ま、これが世の中の現実。

自分が思い描いているように事は進まない。

金にならない忙しさだけは続く。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2010-10-21 09:37 | 私的ネタ | Comments(0)