日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 08月 ( 61 )   > この月の画像一覧

テリー伊藤は「100年に1人の逸材ですよ」と持ち上げた。

オリンピック後の数々の名言、珍言が注目されている柔道の石井慧選手にサンジャポは生出演をオファーしたがスケジュールが合わないこと理由に断られた。

石井選手の口に戸を立てられない。何をいいだすかわからないため、全柔連が生放送出演を禁止しているための措置だが、今後も露出が少なくなればなるほど、石井人気はうなぎのぼりに上がる。

テリー伊藤はさらに付け加える。

「これから嘉納治五郎杯などの試合もある。みんな柔道に興味を持った。見たい」と柔道に興味を持つ人が増えていることを評価する。

確かにそうだろう。これから国内大会でも石井選手が出る試合は、これまでにないマスコミが取材に殺到するものと思われる。インタビューで生の声を拾いたいために。

早くも石井語録なんてものまであるが、「石井選手の発言は編集する必要がない。全部使える」とテリー伊藤はテレビ待望論を展開する。

珍言とも思える発言もどれも的を射ている。ヘリョンは「石井選手は大変な読書家ですよ」とボキャブラリーの豊富さの種明しをする。

八代弁護士は「ヨーロッパの柔道を取り入れているので強い。小川道場にも入門している」と普通の選手とは違うところをアピールする。

ニューハーフ女子大生の椿姫彩菜も「サムライなところが好き」とレギュラー陣もサンジャポファミリー入りを熱望。ラブコールを送る。

石井選手の想いはアメリカの6角形のリングで自分の実力を発揮することに向かっている。ということはアメリカの総合格闘技団体IFLへ行きたい、ということのようだ。

そうなれば、全柔連からも解放されて晴れてサンジャポファミリー入りも可能になる。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-31 11:47 | テレビネタ | Comments(0)
関西ローカル局は本当に番組制作費がないことがよく分かる。

たとえば、トミーズ健。なんで、こんな面白くもない芸人を使っているのか不思議でしょうがない。テレビに出るたびに「健ちゃんパウダー」と受けもしないギャグをあいさつ代わりにしている。

見るたびに腹が立ってくる。

東京キー局でいうところの出川哲郎の立ち位置だ。後輩芸人からもいじられる姿は痛ましいばかり。

そんないじられ芸人のポジションは番組を制作する上でまったくいらない、と思う。いじられることに徹することでピンでの仕事が増えている、というのも嘆かわしい。

関西ローカル局には人材がいない。

ちょっと売れ始める、とみんな東京へ行ってしまう。

残るのが東京で使い物にならないトミーズ健のような芸人、ということになるのだが、無理して使う必要性はどこにもない。

トミーズ健の顔をブラウン管で見るたびに、腹が立ってくる。貧乏神のような顔をして、ますます日本が不況へと突き進む。使うな、出すな!といいたい。

今日のテーマはトミーズ健ではなかった。

加護亜依のことだった。

度重なる未成年喫煙問題などでアップフロントエージェンシーを解雇され、1年間の芸能活動を休止後に、今年の4月から芸能活動を再開した。

元々は奈良県大和高田市の出身で、事務所を解雇された後は、奈良の実家に帰っていた。

本格的に芸能界に復帰するきっかけが関西でテレビ番組にちょこちょこ出て、東京へカムバック、というシナリオが描かれているらしい。

それで最近、関西ローカルの番組に出ている。

20歳で元歌手というポジションの芸能人は関西にはいないが、関西ローカルでテレビに出ようと思えばトークができないといけないのだが、20歳の加護ではその素養はない。

何本かトーク番組に出ていた。

上沼えみこにも喫煙や男と温泉に行った事を突っ込まれていたが、みんなの関心はそこだけで、その問題が終われば用はない。

モーニング娘のメンバーとしてトークするのとは違う。関西ローカルのメイン視聴者はおばちゃん。

ギャラは安いがハードルは高い。お笑い芸人になれるぐらいのトークを必要とされる。

一通り各局が使って見るだろうが、使えないことはすぐに分かる。

元アイドルの堀ちえみが関西では頑張っている。今は主婦としての立場で意見もいえるようになったので重宝されているが。本当に関西には人材がいない。

加護亜依もトミーズ健も関西ローカルには出なくてもいい。

面白くないものは芸能界では生き残れない。

うなずきトリオのように。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-31 00:27 | 芸能ネタ | Comments(10)
中国一の超高層ビル「上海環球金融中心」通称「上海ヒルズ」が8月28日に竣工した。

高さ492メートル、地上101階建て。
b0017844_10385229.jpg

遠く上海のことなのでほとんどの人が忘れているが、1年前の8月14日、建築中に40階付近から火災が発生し3~4階上まで延焼している。

予定では完成目標は2008年春とされていた。

北京オリンピック開催までには余裕で完成しているはずだったが、結果的にはオリンピック後だった。この火災事故が響いたのかもしれない。

難産の上での誕生だ。

アジア通貨危機で4年間工事が中断されていた経緯がある。2004年11月に中国のゼネコン2社(中国建築工程総公司、上海建工(集団)総公司)で工事が再開。通常4年かかるところを3年で施工しようとした。

この地区は10年前は畑にすぎなかった場所だったが、建築ラッシュが続いた結果、建設現場は年間6センチを超えるほど深刻な地盤沈下が続いていた。

基礎工事中にはコンクリートの杭が折れる事故が発生。基礎を固めるために大量の凝固剤注入されている。

テーマは「垂直立体都市」。

79~93階は「パークハイアット」。世界一高いところにあるホテルとなった。ある意味世界一スリリングなホテルでもある。

本家、六本木ヒルズはホリエモンなどによって若くして成り上がった者が次々に入居するようになりヒルズ族ということばも生まれた。

ところが、ヒルズ族であるホリエモンや村上ファンド、グッドウィルの折口会長らの不祥事が相次いだことから、逆に企業イメージが悪くなるからと、六本木ヒルズを出て行った会社も少なくない。

アジアの新しいランドマークの象徴として期待されている上海ヒルズはどんな末路を辿るのやら。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-30 11:08 | 海外ネタ | Comments(8)

姫井議員土壇場の寝返り

民主党に離党届を提出して新党「改革クラブ」の旗揚げに参加する予定だった姫井議員が、土壇場で“造反”した。

寝返った。

もはや、「なんやこのおばはん」という程度の感想しかないが、どうしようもない奴だ。こんな議員に年間2400万円の歳費が支払われる。任期は6年間だから1億4400万円の税金が無駄遣いされる。

このことに腹立たしさを覚える。

新党に急きょ参加しなくなった理由を「民主党切り崩しの受け皿と分かった」と今頃になって眠たいことをいっている。そんなことは最初から分かっていることだろうに、それよりも新党結成のための数合わせの駒、と世間から見られていたことがいたたまれなかったのではないか、と読んだ。

一度離党届を出された民主党は姫井議員の復党をすんなり認めるのだろうか?

姫井議員は比例区ではなく、選挙区から選ばれている。

自民党の片山虎之助の刺客として送り込まれたわけだが、民主党としてもとんだお荷物を抱え込んでしまったものだ。

離党したりすぐに復党したり。

この感覚は自身の不倫人生そのもの。不倫を公然と暴露されながらも離婚もしないで夫婦生活は続けているようだ。

民主党はこの騒動に対してペナルティは課さないのか?たとえば歳費の50%カットで、それはどこかに寄付させるとか。

新党の頭数にはいよいよ横峯良郎の出番となった。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-29 20:16 | 社会ネタ | Comments(10)

数合わせの姫井議員離党

しばらく成りを潜めていた姫井由美子議員の名前がクローズアップされた。

いつもは政治以外の私生活ばかりが話題になるが、今回は本来の政治の舞台。

新党「改革クラブ」。

民主党の渡辺秀央、大江康弘議員らが離党して立ち上げた新党に姫井議員も加わった。

大江議員は道路特定財源問題では公然と民主党案を批判して、自民党案に一票を投じて党員資格停止処分を受けるなど、反小沢の急先鋒だった。

姫井議員は自叙伝の出版を巡って党と対立していた。週刊誌で不倫相手に不倫を暴露されたことに端を発し、議員辞職どころか、これに対抗する形で自叙伝の出版となった。

党とすれば恥の上塗りになることを考慮して、出版を中止するように要請があったものと思われるが、強行突破した。

地元岡山の支持者もこれにはさじを投げた。

「岡山の恥」

もはや民主党にとってもお荷物的な存在で、厄介払いができた。

渡辺、大江議員は比例区選出なので「議員辞職して離党するのが筋」と鳩山幹事長は憤るが、姫井議員は岡山選挙区から当選している。

渡辺、大江議員らが離党する理由はイデオロギーもあるが、姫井議員に関して出版を巡る対立が尾を引いているだけの数合わせの離党との見方もある。

政党助成金をもらうには、最低5名の国会議員が必要だからだ。

ついでに、週刊誌ネタにしかならない横峯良郎議員にも離党してもらったら民主党もすっきりする。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-29 07:42 | 社会ネタ | Comments(2)
北京で金メダルと取っていたらハウスのカレーのコマーシャルも続投されていたのだろうが、星野仙一、田淵幸一、山本浩二の3人が仲良く出ていたコマーシャルを一切見なくなった。

ハウスは2008年を「カレーで日本を元気にする年」としてキャンペーンに選ばれたのがこの3人。ハウスはオリンピックで星野ジャパンなら金メダルを取ると確信したものと思われる。

北京オリンピックでオールプロで臨みながら、銅メダルさえ取れなかった野球の惨敗振りは、日本を元気にするどころか、あまりにものふがいなさに、日本国民を怒りに震え上がらせた。

身内のオリンピック選手団長からも野球の特別待遇を非難され、文句いいの野村監督からは「仲良しグループにした時点でダメだと思ったよ」と皮肉を込めて痛烈に批判。

こんな状況ではハウスもコマーシャルは続けられない。

驚くことに星野監督は20社あまりとCM契約を結んでいたのだが、ハウスの例もあるように、CM契約の打ち切りが続出する気配だとか。

1社7000万円が星野監督の広告価値らしいが、監督采配をこれだけ世間から叩かれては、もはや商品価値は暴落の一途。

星野監督にすれば、この副収入が先細ることが一番気がかりなことではないだろうか。

ま、自分の撒いた種だ。しかたない。

星野監督のマネージメントをやっている坂東英二の関連会社も売り上げが減って痛いところだろう。

追記

トヨタうわさの調査隊でWBCの監督として星野監督に任せられるかという質問に対して、「任せられる」31%、「任せられない」が69%で、国民の審判は「任せられない」が圧倒的多数だった。

星野ブランドは目を覆いたくなるほどの急落ぶりを裏付ける数字だ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-28 22:03 | スポーツネタ | Comments(2)

漁業だけを手厚く保護?

原油価格の下落に伴い、ガソリン代が若干下がるようだ。

9月から8月に比べ卸売り価格で5円。

ここ最近はGSに行っていないんで実感がないが170円台半ばになるらしいが、まだまだ十分高いことには変わらない。

ガソリン代の高騰に悲鳴を上げているのはなにも漁民だけではない。

毎日、物を運び物流の要であるトラック業者も大変なことには変わらない。

そこで全国のトラック業界も立ち上がった。

燃料のサーチャージ制の導入と高速道路の値下げを求めて各地でデモ行進を展開したが、漁民の時のようにマスコミが大きく取り上げることはなかった。

この違い、漁業の場合は国民の食の問題に直結するからなのか? マスコミの露出度には雲泥の差がある。

漁民は全国一斉休漁で国からの745億円の補助金を勝ち取った。

漁業はなり手の少ない業種で漁民の高齢化が進み保護、育成が必要ではある。

一つの業種に補助金をだせば、トラック業界だけではなく、重油を炊いて温室栽培する農家だって国から助けてもらいたくなる。

漁業だけが特別扱いされることに違和感を感じる。

助けるのならみんな助けろ。

トラック業界の要求に対して国はどう応えるのか、見ものである。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-28 07:45 | 社会ネタ | Comments(2)
1年以上前から会社の机にある扇風機。

メイドインチャイナ。
b0017844_1834272.jpg


本来、スイッチを入れるとLEDが点灯して、様々な光の演出をして楽しませてくれるのだが、使い始めたときから一切点灯せず。

まったくの不良品だった。

ところが、北京オリンピックが終了したと同時に本来の機能を発揮。

ソニータイマーの逆バージョンのチャイナタイマーである。

風を送るたびに目を楽しませてもらっている。

突如、不良品が正常に動き出す。

これもある種のチャイナクオリティである。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-27 18:35 | 社会ネタ | Comments(2)

石井慧が福田首相に喝?

柔道解説者の篠原は「石井には喋らせないほうがいいです」と北京で指摘したように、石井慧が舌好調だ。

メダリストらが首相官邸に招かれた席上、石井は記者団の前でズバッといい放った。

福田首相を「すごい純粋さが伝わってきた。腹黒くないからこそ、人気が出ないのかもしれない」とばっさり斬ってしまった。

石井流にいえば、腹黒い政治家しか大成しないという痛烈批判である。

なにしろ、尊敬するのが朝青龍に亀田興毅ときたもんだ。自らヒールと呼ばれることを好んでいる。

福田首相から記念品を受け取るとき、事前に一言かますといっていたようだが、さすがに面と向かってはいえず、授与式の後での会見発言が前述の通り。

もはや石井の暴走を全日本の監督であり大学の大先輩である斎藤仁をもっても止めることはできない。

金メダルを取った後で場内で「ハッスル、ハッスル」のポーズをやった。これを見た斎藤監督は観客席から「止めろ」と叫んでいた。

石井は石井で「小川道場の門下生ですから」と悪びれる様子もない。

「金メダルは小川道場に置いておきます。あるいは、モハメド・アリのように川に捨てます」とテレビのインタビューで答えている。

来年は大学を卒業する。

このまま、社会人となって柔道でオリンピック連覇を狙うより、あのビッグマウスはプロの格闘技へ進んだ方がいい。

メダルを取って写真ポーズではメンチを切って見せる。

このショーマンシップ。

亀田興毅を尊敬するだけのことはある。

喋らせたら何をいいだすか分からない恐ろしさ。当分、マスコミが注目するだろうが、とりあえず、朝青龍、亀田、石井の三人で鼎談させることからスタートだ。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-27 07:44 | 社会ネタ | Comments(2)

国民栄誉賞は誰の手に?

北京オリンピックも終わった、といったら、みのもんたはパラリンピックが終わるまでは終わってはいない、といさめる。

果たしてTBSがどの程度パラリンピックを報道するか。

それは、さておき大多数の人はオリンピックは終わった、という認識の中で、国民栄誉賞の選考に入る時期になってきた。

これについて聞かれると、福田首相はこうとぼけた。

「みんな国民栄誉賞もんでしょう。なんでそう急ぐの?」

そもそも、北島康介が100と200で連覇したことで、持ち上がった国民栄誉賞問題。ここにきて、女子ソフトボールで初の金をもたらす原動力となった上野由岐子投手もその候補に急浮上しているそうだ。

上野投手が所属するルネサス高崎は群馬県にある。

群馬県といえば、福田首相のお膝元。この人選には支持率が下降する福田内閣の人気とりのために、と陰口も叩かれているようだ。

国民栄誉賞の選考基準は、日本人初とか国民に広く感銘を与えたとか、そんな感じだった、と思う。

正確に記するとこんな具合。
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方に対して、その栄誉を讃えることを目的とする」

北島康介については、納得するが、本人の意向も聞いてから、と弱腰なところがある。

上野投手に関しては彼女の頑張りなくしては金メダルはなかった。

彼女の頑張りはふがいない成績しか残せなかったプロ野球選抜に、彼女の爪の垢を煎じて飲ませたいくらいだ。

2人に与えてもいいが、国民栄誉賞がだんだん軽くなって行く感じがする。昔の受賞者はずいぶん年を取った人が多かった。

国民栄誉賞は福田首相の父赳夫が創設したもの。第1号はホームラン世界新を樹立した王貞治氏。

福田内閣の寿命も残りわずか。

自分が首相だった証を残したいのであれば、北島康介だろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-26 07:50 | 社会ネタ | Comments(0)