日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2008年 07月 ( 62 )   > この月の画像一覧

嗚呼、無線LAN

自分専用のパソコンが欲しいから、と子供も自分の金でパソコンが買える年になった。

自分の部屋でパソコンをするために無線LANも一緒に買ってきた。

モデムに無線LANをつないだ。

ここまでは順調だったが、パソコンへ無線LANの設定をするところでつまづいた。パソコンに簡単設定もインストール完了。

ここから、何度やっても足踏みする。

説明書によるとパワーランプがオレンジ色に変わらなければならないのだが、何度やってもグリーンのままで設定に失敗する。

ギブアップ状態が2日続いている。

パソコンにこそつながらないが、家で無線LAN環境だけは整った。

そう、WILLCOM03には無線LANが内蔵されている。家では高速インターネット環境になる。重たいソフトのダウンロードも難なくこなせるようになる。

さっそく、WILLCOM03の設定にトライ。

ここでも、やっぱりつまづく。

IDやらパスワードが必要になる。これを入力しないことには一向に前に進まない。でも、無線の電波がちゃんと届いていることは確認できた。

で、よくよく説明書やらウィルコムのホームページを読んでいると、無線LANのオプション契約をしなければ、使えないことに気づく。

申し込みをして、そこで初めてIDとパスワードが届く。

さらに、ショックだったのが月額700円が必要なこと。

街中の無線LANスポットで使うにはカネがかかるのは分かるが、家の無線LANを使うのにカネがかかるのは納得がいかない。

で、結局無線LAN契約するのは諦めた。

街中で使えるスポットも少なすぎる。

こうして無線LAN生活の夢ははかなくも破れた。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-31 21:30 | ウィルコムネタ | Comments(25)
「最後に一言。サンデージャポン」

そうか、内藤大助もサンジャポファミリーだった。ま、TBSの中継だし問題はないか。これで、今度の日曜日のサンジャポ生出演は決まったようなもの。

TBSにすれば、どっちが勝ってもいい試合だった。

挑戦者の清水智信選手はボクシング界にはいない、ジャニーズ系のマスク。新チャンピオンになれば間違いなく人気は出るし、サンジャポファミリー入りも確実だ。

しかし、チャンピオンには危ない試合だった。9回を終って3人のジャッジは1~3ポイント差でいずれも挑戦者がリードしていた。

それを10回にひっくり返す。

左フックでダウンを奪うとそのままの猛攻で2度目のダウンを奪い、そのままマットに沈める。

勝利者インタビューでは「ビビった」「センスねえ」などと内藤節が炸裂。場内は笑いに包まれた。

勝利の実感もまだ沸かない時点で、ここで亀田興毅がリングに上がり込みチャンピオンの右手を高々と上げるパフォーマンス。

苦笑いする内藤選手。

一気にシラケムードに包まれる。

リング上で大毅のリベンジとばかりにさっそく挑戦状を叩きつけたようだ。

亀田興毅がリングに上がったことで、TBSには抗議の電話も入ったようだ。

やらせではないかとの疑問に編成局長は「偶然」。

亀田興毅乱入にも場内は沸かず亀田人気の衰えを際立たせた。

ま、この日はミーハーな亀岡ファンはいないにせよ。

これで、次の防衛戦は亀田興毅で決まりだろう。

サンジャポファミリー同門対決となる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-31 07:44 | スポーツネタ | Comments(6)
キャリア官僚といっても東大法学部を卒業して民間の一流企業に就職した人に比べれば、年収はさほどよくないらしい。

従って、在職中は監督する業界に対してたかり体質、退職後は天下り先で、これまでの遅れを取り戻すかのように荒稼ぎをする。

外務省官僚の給料でホテルの一泊5万円もするようなセミスイートに泊まれる身分ではないのに、およそ300日も一円も払わず泊まり続け、支払いを巡ってホテル側が訴えを起こしている、という。

途中、何度か請求していると思われるが、得意先の外務省、という関係があったかもしれないが、2カ月溜めたところで追い出すのが普通。10カ月も泊まらせたことが不思議に思える。

丁寧に謝罪しているが、溜めた1500万円のホテル代は払えません、と開き直っている様子。

最後は一般宿泊料に負けてくれと、値切り倒す作戦のようだ。

こういう交渉ごとには知恵が回る。

借金を負けさせる常套手段だ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-30 19:21 | 社会ネタ | Comments(6)

WTO決裂で見えてくるもの

アメリカの価値観を押し付けてきたグローバルスタンダード。

自由貿易にも陰りが見えてきた。

アメリカ対中国、インド。

新興国の発言力の大きさがWTOの交渉を決裂させた。

関税を引き下げて安い農産物を売りたいアメリカ。買う側にすれば、安い農産物が入り込めば自国の農業が衰退して自給率が下がる。

食料を海外からの輸入に頼っていたら、戦争になった時に兵糧攻めあう。

まるで、アメリカのいいなりになって自給率を下げた日本を反面教師にしているかのようだ。

中国やインドは日本のように、いかなる場合も感情を出さずに冷静な対応をするような国ではない。

自由貿易やグローバルスタンダードなんて、アメリカがやりやすくするための、考え方であってこれほど弱肉強食の社会を生み出すルールもない。

中国やインドの台頭によって、アメリカの考えも通用しなくなってきた、ともいえる。

アメリカ産の大豆は除草剤を巻いても大豆だけは枯れないように遺伝子組み換えをやっている。それを食べた人間に影響が表れるのは、われわれが死んだあとの世代。

害虫に食われないためには、たくさんの農薬を使う。

それは国産だって危ない。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-30 07:52 | 社会ネタ | Comments(0)
韓国の現職の韓昇洙首相が、竹島へ上陸して石碑を建立するという暴挙に出た。

独島はわが領土と刻んでいるようだ。

領有権を双方が主張する竹島。

これは日本の首相が靖国神社に参拝して、韓国や中国から非難される内政干渉とは違う。人の土地に勝手に家を建てて、ここは自分のものと主張しているだけで、日本政府はもっと怒らなければならない。

ま、日本政府が怒らない分、明日は御堂筋に街宣車が終結して、韓国領事館の前で国民の怒りを代弁してくれるものと思う。

歴史をどこまで遡るかも問題だが、韓国では自分達の領土として学校で教えているのに対して、日本では一切そのことについては教育されていない。

この違いが今の韓国と日本の竹島問題の温度差そのものだ。

日本は外交問題で波風を立てることを極端に嫌う。

できれば棚上げして次の世代で解決して欲しい、というのが本音かも。

竹島を不法占拠する韓国の自警団は機銃を構え、日本人が接近しようものならば、撃ち殺すつもりだ。

現職の首相が石碑を立てたことで勝谷誠彦は相当怒っているはず。ここは彼に日の丸をつけて竹島に乗り込んでもらい、竹島戦争の引き金になってもらおうか。

漁業海域問題以上に領土問題では、中国や台湾との尖閣諸島の領有権問題もあるので、国の威信をかけて、日本は一歩も引くことはできない。

ここは福田首相の最後の役目として、竹島へ乗り込んで韓国大統領と首脳会談でもやってもらおう。

とりあえず、建物を壊し、自警団を撤退させることを飲ませる。

それぐらい骨のあるところを国民に示して欲しい。

麻生太郎ならやりそうだが。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-29 19:25 | 海外ネタ | Comments(0)
TBSらしいといえばTBSらしい。

これまで一貫して亀田家に肩入れしてきたTBSが、亀田の敵だった選手の物語をドラマ化して放送してしまうんだから恐れいった。

タイトルは「内藤大助物語」。

実に分かりやすい。

中学校時代からイジメにあい、そのストレスが元で胃潰瘍になってしまう内藤少年。

体も小さかったことから、最も標的になりやすいパターン。

まさに、亀田兄弟と内藤大助が同級生だったら、イジメの対象になっていたことだろう。

内藤少年は高校卒業後、調理師になるために北海道を後に東京に向かう。

そこで偶然出会ったのがボクシングジムで、ひ弱だった少年がいじめっ子を見返すためにやがてボクシングにのめり込む。

プロテストにも一発で合格。

デビュー戦は1ラウンド55秒でKO勝ち。連戦連勝で東日本新人王、全日本新人王のタイトルを取り、ふるさとに錦を飾ったところで物語りは終わる。

この間、ジムにストレス解消で入門してきた現在の奥さんとの恋物語を挿入したり、実話に基づいた展開だった。

内藤大助が亀田大毅に負けていたら、このドラマもなく、「亀田兄弟物語」を放映して、亀田一家を礼賛し続けていたんだろうな。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-29 07:49 | テレビネタ | Comments(8)
たむけん焼肉ウォチャーとしてはこの問題をスルーするわけにはいかない。

遂にというか、起こるべくして起こったというか、大阪府下から初の県外進出1号店、トータルでは3号店となる名古屋のサンシャイン栄店で食中毒事件が起こったようだ。

焼肉で食中毒もないものと思ったが、生レバーを食べた客4人が食中毒にかかったようだ。

名古屋市は再発防止策が確認されるまで、同店を営業禁止にした。店のダメージは名古屋店だけではない。

社長であるたむけんは、蒲生本店、南船場店、須磨の家店も27日から3日間営業を自粛して、衛生管理体制を見直すとともに当面は生肉の販売を中止する決定を下した。

やっぱり、銀座の母の忠告を無視した前兆、報いだろうか。

それに関する記事はここここ

タレントの寿命は分からない。

タレントで食えなくなっても生き残れる道として、事業を始めるのは別に悪いことではないが、片手間はいけない。

規模が大きくなるに従ってアルバイト管理面でもたむけんは頭を悩ませていたようだが、今回の不祥事に関して、従業員教育を徹底するとともに、意思統一を図りたい、としている。

この臨時休業が及ぼす影響は未知数。
b0017844_15392770.jpg


これをきっかけにタレントの店だから、話の種に、という客は来なくなる可能性が高い。どこまで客が応援してくれるかにかかってきた。

名門料亭でも嘘をつくと簡単につぶれる時代。話題だけで出店してきたたむけんの店なんか吹けば飛ぶようなもの。

分相応、という言葉がある。

たむけんの性格を見ていると、1店舗を大事に繁盛させていたほうがよかった。

銀座の母はこれを見抜いていたようだ。

今頃、銀座の母の元へ今後の対応についてどうしたらいいか相談に行ってる?

追記

食中毒事件を起こした名古屋店以外は27日から3日間の自粛だったが、名古屋店の営業が再開するまで全店自粛に入った。

といっても通常なら営業禁止期間は3~5日が相場とのこと。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-28 19:11 | 芸能ネタ | Comments(16)
その容姿を見て誰もが気持ち悪いと感じた。

三善英史。53歳。

デビュー当時は線の細い薄幸なイメージの歌手だったが、突如、アデランスのCMで何十年ぶりかでテレビで見かけるようになった。

その姿は変な年の取り方をした芸能人の典型でもある。

そう、たとえるなら、天地真理。

ま、ここまで酷くはないが、老醜が漂う顔は、芸能界の一線で活躍する同世代の郷ひろみの対極にある。

アデランスのコマーシャルに出ている、ということは自らがツルッパゲらしいが、併せてバイセクシャルであることまで、カミングアウトしてしまった。

バイセクシャルとは両刀遣い、ということ。

三善には結婚20年になる嫁がいるわけだが、嫁はそのことに気づかなかったようだ。

ハゲでバイ。

このカミングアウトが効いて、逆にバラエティー番組からオファーが来ている、というから芸能界はおいしい。

さらに、バイセクシャルであることを初めて知らさた嫁は、驚愕の事実に離婚まで考えているそうだ。

でも、20年も連れ添っていれば、それぐらい分かりそう。デビュー当時から、和田アキ子にはゲイではないのかと、思われていたほど。

芸能人が復活するには何でもネタにしてしまう。

そんな典型を三善英史に見た。

芸能人の悲しい性だ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-28 07:48 | 芸能ネタ | Comments(2)
中国・昆明で起こった連続バス爆破テロは予想通り、ウイグル人系イスラム過激派による犯行だった。

中国とアメリカがテロ組織として認定している「東トルキスタン・イスラム運動」と同一組織と思われる「トルキスタン・イスラム党」が犯行に関与していた声明を出した。

チベットと同じく中国からの独立を訴え続けている東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)。中国政府が一番警戒しているのは、実は仏教徒のチベット族ではなくイスラム教徒のウイグル族だ。

新中国が成立される前に、東トルキスタン共和国として独立宣言したこともあったが、鎮圧されてきた歴史がある。

中国共産党支配下でイスラム教が弾圧されたり、自治区といいながらも実質漢民族支配したり計画育成の元に強制中絶が行われたり、中国国内の核実験の大半は当地で行われており、その数は44回にも及ぶ。周辺地域では放射能汚染で多数の犠牲者が出ている。

アメリカの9.11同時多発テロを契機に中国政府は「東トルキスタン・イスラム運動」をアルカイーダとつながっているテロ組織と認定するとともに、イスラム教徒の独立運動を警戒している。

これに対して「東トルキスタン・イスラム運動」は、2005年、トルコで北京オリンピックと上海万博阻止を表明している。

両民族とも全世界が注目する北京オリンピックを独立運動を世界にアピールする千載一遇のチャンスと捉えているが、過激さではチベットの比ではない。

こうして今まで独立問題をまったく知らなかった自分までが関心を示した、ということでも効果があった、ということだ。

トルキスタン・イスラム党にすれば、バス爆破はほんの前菜で、メインディッシュはオリンピックの主要施設を爆破することが最終目的のようだ。

中国政府もこれを脅しとは取っていない。

過去のオリンピックでテロなどを警戒して、最高の警備体制を敷いたのが先のアテネオリンピックでその数は8万人だったが、北京は50万人だという。

イスラム過激派はジハードという名の下にそれを実行するから恐ろしい。

9.11を彷彿とさせるかのように、旅客機が鳥の巣に突っ込むとでもいうのか?

選手も命がけのオリンピックの様相を呈してきた。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-27 10:11 | 海外ネタ | Comments(2)

消えるイコカ定期の文字

消える魔球は巨人の星の漫画の世界だったが、JR西日本のイコカ定期の文字は本当に消えて見えなくなる。

それがこの写真。
b0017844_2035826.jpg

これでは、有効期限がいつなのかサッパリ分からない。

ま、有効期限が近づくと改札に有効期限が出るが、ゆっくり見ている暇はない。

それより、消えることのほうが問題だ。

それで、一度カードを新品と交換してもらったが、やっぱり同じ症状が出る。

ということは、欠陥か。

消えない工夫をやってもらいたい。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-07-26 20:17 | 社会ネタ | Comments(2)