日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2008年 02月 ( 62 )   > この月の画像一覧

どうしてロス市警が日本にいる三浦容疑者の行動を把握していたのか、一番疑問だったことがやっと氷解した。

それは三浦容疑者本人のブログだった。プライベートなことを書き込んでいたために、サイパンへ行く予定も事前にブログから情報を得ていた。

それに基づいて張っていた。

てっきり、日本に捜査官を送り込み、内偵捜査でもしているのかと思っていたがそんなことではなかった。

ブログの力が逮捕のきっかけになったわけだから、さしずめ、ブログが陰の功労者で、三浦和義容疑者のブログを発見した捜査官は殊勲者である。

三浦容疑にしてみれば身からで出た錆び。

日の当たらない個人ブログでも、検索ワードでいくらでも当該ブログにたどりつける。

ブログで失敗した「ブログおへま大賞」なるものがあるとすれば、今年の大賞は三浦和義容疑者のブログでほぼ決定だ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-29 19:11 | 社会ネタ | Comments(29)
ぷぷぷ~ぷぷぷ

友人の一人にソフトバンクユーザーいる。

昼間、大阪市内の事務所にいる時間帯に電話をかけると、かなり高い確率で留守番電話サービスにつながる。

いわゆる圏外の場合、留守電になる。

面倒くさいけど、留守電に用件を吹き込む。

しばらくすると、すぐに電話がかかってくる。

「ゴメン、事務所の中が電波が届かんねん」

ホワイトプランに惑わされて、auから乗り換えた。

「家ではつながるんで買ったんやけど」

Jフォン時代から電波が弱いのは、ユーザーなら痛いほど知っていることなのだが、会社が次から次へと変わり、格安プランを前面に押し出すことで、電波の問題はどこかへと押しやられた。

そう、銀行が合併を繰り返し、元の銀行名がさっぱり分からなくなったように。

そんなことも知らないユーザーが、ロボットに変身するケータイやホワイト学割なんて戦略に引っ掛かって泣きを見る。

今は縛りがきつく、途中解約すると高い違約金を取られる。

それより、電話する側からいうとケータイに電話してつながらなかった時ほどイライラすることはない。

コールしていても出ないのはしかたないにしても、圏外でつながらないのは論外だ。

ソフトバンクは本気で電波を強化しているのか?

大阪市内のビジネス街で圏外もなかろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-29 08:40 | 社会ネタ | Comments(37)
毒入り餃子事件から1カ月あまりが経過した。

中国公安当局は28日、北京で記者会見を開き、メタミドホスは袋の上からも中に浸透する実験結果を示し、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と示唆した。

従業員55人を調べたがシロ。

つまり北朝鮮風にいえば、毒入り餃子事件は、わが国を陥れるための捏造報道であり、北京オリンピックを妨害するための反日分子による犯行で、わが国は最大の被害者である、といいたげである。

すごい結論を出した。

袋の上からメタミドホスをふりかけても、中の具材にまで浸透するので、流通過程で起こったもので、それは日本国内の問題で、中国は濡れ衣を着せられた、ということだ。

北朝鮮と軍事同盟を結んでいるだけのことはある。同じ思考回路だ。

日本政府はこんな回答を寄こされてどう対応するつもりなのだ。

この問題が起こったときに、コープ製品から検出されたことで、コープ製品の信頼性が崩れたことを真っ先に指摘した。

組合員からは中国製品を不安視する声が日増しに高まり、主原料と加工がともに中国の商品については原則取り扱わない方針を打ち出したコープもある。

民間企業は中国製品を扱わない、と態度を明にした。民間企業による国交断絶だ。

メタミドホス混入は日本で起こった、といいたげな中国に対して日本政府はどう対応するのか。

民間企業同様に日本政府としては北京オリンピックボイコットをちらつかせるぐらいの強い態度で臨まなければ、このまま没問題で逃げ切ることは明白だ。

最後のカードを切らなければこの問題は解決しないのか?

ことばも礼儀も正しいが、存在するだけで威圧感のある人に今日出会った。

日本にはその威圧感がないから舐められるのだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-28 23:17 | 社会ネタ | Comments(6)

ハンカチ王子の先輩

つかみは早稲田大学野球部の斉藤佑樹投手のケータイ番号を知っていることだ。

ポケットからおもむろにケータイを取り出すと、アドレス帳を開いてみせた。そこには斉藤佑樹(早稲田)090-●●●●-●●●●

「覚えちゃダメですよ! 私も電話はかけないということで教えてもらっているんですから」

「どうしてゆうちゃんの電話番号を知っているんですか?」

「後輩なんですよ」

「えっ! ということは早実ですか」

「そうなんですよ。ショートを守っていまして、3年生の時に東京都の決勝で帝京に敗れて甲子園にはいけませんでした。でも翌年、選抜で甲子園に行きまして、その時はバッティングコーチとして甲子園でノックをさせてもらいました」

早稲田実業野球部のOB会が年1回開かれる。600人ほどが集まるOB会には王監督をはじめ、現役プロ野球選手やプロOB、社会人など様々な人が集う。去年は斉藤佑樹もOB会に参加したのでいつもより参加者は多かった、という。

野球部ではないテリー伊藤まで参加していた、というから生ゆうちゃんが見たかったのだろう。

そんなこともあってか、ゆうちゃんには専用のマネージャーのような人物がガードしていた。

先輩風を吹かせてもケータイの番号をゲットすることは難しい雰囲気だった。そこで考えたのがゆうちゃんとバッテリーを組んでいたキャッチャーを捕まえて、「ケータイ番号を教えて」と迫った。

早実から早稲田大学に進学した。

所沢キャンパスに新設されたばかりの人間科学部へ入学した。同期にはスキーの荻原兄弟がいた。

早稲田でも野球を続けたが2年生の時に肩を壊して野球部は退部した。4年で大学は卒業した。
早稲田・野球部。就職先は大手総合商社など3社から内定をもらい、大手損保会社に入社が決定していた。

入社式の直前になって辞退した。

大企業を捨て、アルバイトしていたベンチャー企業の将来性に賭けた。ピザのデリバリーが出始めた時代だった。社長は弁当の宅配で日本一になるという夢を熱く語った。情熱にほだされて、一緒に未来を切り開く道を選択した。

5年ほどで店舗は53店舗まで膨れ上がった。

その市場に大手が目をつけ会社は吸収される。

創業時のメンバーが出て新会社を立ち上げようとした矢先に、社長が飛んでしまった。

と、この人の半世紀を書き始めたら止まらなくなってしまった。
でも、これ以上書くと迷惑がかかるかもしれないのでこれくらいで止めておく。

ちなみ、上背があと10センチ、体重が10キロあればプロでも活躍できたかもしれないと専門家はいう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-28 16:53 | 私的ネタ | Comments(0)
村上充俊。79歳。

ロス疑惑事件の再燃で24年前、この事件を現地で取材したリポーターが再びブラウン管に戻ってきた。

一美さんの両親と年も近いこともあって、当時は親交もあったようだ。

昨日、朝ズバに登場した村上リポーターは、いてもたってもいられないとばかりに、スタジオ出演を終えると、その足でロスに飛んだ。

で、今朝は現地からの生リポートだ。

「周辺の景色は様がわりしたけど、駐車場の一角だけが、ゴミは散乱しているけど、なぜだかそのまんま」と現地での感想を伝えた。

まるで現場が未開決事件を解決して欲しいとの願いから、変わらぬ姿を残しているかのよに。

しかし、村上リポーターは79歳とは思えない、若さに加え声にも張りがある。さすがに元俳優だけのことはある。

リポーターとしての活躍の場はないだろうが、健康食品のイメージキャラクターならピッタリだ。

恐らくあっちの方もまだまだ現役だろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-28 08:36 | 社会ネタ | Comments(4)

寒い夜

昼間の外は時折、雪混じりの雨が降る寒さだったが、夜は一段と冷え込みが厳しい。

こんな日は早く家に帰って、温かい手料理が食べたいところだが、今日は誰もいない。

外食するか、王将の餃子を買って帰るか、駅前のスーパーで食材を買って、自分で鍋を作るか、この三者択一問題を今、電車の中で解いている。

ゆっくり、飲みながらテレビを観たいので、外食は消す。

餃子は久しく食べていないので、3人前は食べたいところだが、最近、胃がお疲れ気味なので油っこい中華は止めておいた方がよさそう。

となると残るのは鍋。

じゃ、何鍋にするか、ここでも選択を迫られる。激辛で胃腸の調子を悪くしたので、キムチ鍋はやめといた方がいい。

あっさりとポンズで野菜を一杯食べるのがいい。

金曜日の夜から胃腸を壊して、毎晩欠かしたことがない焼酎を4日間も飲んでいない。

今日なら鍋をつつきながら、ビールの後に焼酎コースへ移れそうだ。

鍋の具材はブタ肉がメインだが、サブに何を持ってくるか。練りものか、魚介か。

うん、腹も適度に減ってきた。

昨日の夜もお粥を食べていたのが、嘘のように食欲が回復してきた。

もうじき駅に着く。

ニッショーへ走るぞ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-27 19:42 | 社会ネタ | Comments(2)

裁判員制度の予断

久しぶりにワイドショーの渦中の人となった三浦和義容疑者。

現在、サイパンで身柄を拘束されているが、サイパンへは奥さんが経営するブティックの社員旅行へ同行していたことが明らかになった。

そして、何よりも驚かされたのは、三浦和義容疑者がサイパンをアメリカの自治領とは知らなかったこと。

頭脳明晰な三浦和義容疑者のことだから、アメリカの自治領と分かっていたら、アメリカの法律が及ぶことを知っているだろうから、わざわざ捕まりに行くこともなかっただろう。これまで、何度かサイパンを訪れていたように、本当に知らなかったようだ。

こういうところが抜けていて三浦和義容疑者の人間的な一面を垣間見ることができる。

ロス市警は2~3年前から再捜査していたようだが、内偵捜査で、三浦和義が時々サイパンを訪れていることを掴み、逮捕するXデーを待ちわびていた。

三浦和義がサイパンで入国審査を受けた時は小踊りしたことだろう。ガッツポーズした姿が目に浮かぶ。

ロス疑惑事件を裁判員制度で裁いたら、間違いなく有罪にする。

殴打事件などの状況証拠から推定有罪だ。さらに、万引きの確たるビデオ証拠がありながらも、それでも万引きを認めない悪質な思考回路。

証拠があっても弁舌さわやかにいい逃れる三浦和義にすれば、状況証拠だけのロス疑惑から逃れることなどたやすいこと。

三浦和義のことは別にしても法律の素人に裁判させて、何のメリットがあるのやら。

裁判員制度の被害者を出さないためにもやめたほうがいい。

ちなみに、裁判員制度の目的としてこんな説明があった。

「私」や「あなた」感覚が「裁判」に反映されることで、国民ひとりひとりが司法への信頼や理解を深め、分かり安い裁判を実現していくためにも提案された制度です。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-27 08:45 | 社会ネタ | Comments(7)
東京都は全国で一番財源が潤沢だ。

だから東京都が1000億円も出資して新銀行東京なんてものを作ってしまう余裕があったのだろう。

目的は銀行が融資を貸し渋る中小企業を支援するため。大層ご立派な設立趣旨ある。

当時は中小企業が銀行から貸しはがしにあっていた。石原都知事の肝いりで新銀行は設立され、別名石原銀行とも呼ばれた。

困っている中小企業を助けるために、無担保、無保証融資を謳い文句にスピード融資を信条とした。まるで、サラ金の宣伝文句のようだが、事実金利はサラ金並みだった。

国民金融公庫の金利が年2.2%~2.8%に対して、同行の貸し出し金利は7~8%。最高金利ともなると14%も取っていた。こんな金利を払っていたら、中小企業は経営が破たんする。

こんな高い金利で借りる事業者はいない。

2005年4月の開業から2年半の2007年11月中間決算では936億円の累積赤字を出し、破綻寸前の状態に追い込まれている。

そこで、東京都として400億円の追加出資で延命させたい石原都知事は、野党からの猛反対にあい矢面に立たされている。

石原都知事自身、新銀行問題では「進むも地獄、退くも地獄」と認めているように、追加出資したからといって計画通りに黒字化なんかできる保証はどこにもない。

プロの銀行には勝てっこない。

ここで破たん処理を進めれば1000億円の損失で済むが、延命すればその金額が膨れ上がるだけだ。

いずれにしても都民の血税が無駄になる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-26 23:01 | 社会ネタ | Comments(0)

減るわけがない国の借金

会社が倒産するイメージは誰だって想像がつくが、国が破綻することはイメージがわかない。

財務省が発表した国の借金が過去最高になった、という新聞のカコミ記事は、なんか他人事のような受け止め方をしてしまう。

国の借金は838兆50億円まで膨張し、国民一人当たり656万円。赤ちゃんにもこんな借金が背負わされている。

到底払える金額ではない。

日本の借金時計の万の位の進み方は恐ろしいばかりのスピードだ。

もはや、日本国がいつ破綻してもおかしくない状態だ。

こんな借金大国にしてしまった元凶は、政治家と官僚、利権団体等々。その責任を一切負うこともなく、官僚どもは何度か利権団体を天下って高額の給料と退職金を手にしたところで、現役を退き、お役目御免。

公務員に責任を取らせる法律がないから、いつまでも各省庁で税金を奪いあい、無駄なものを作ったり、無駄な買い物をしたりして、国民を借金地獄へとおとしめる。

旧自民党系民主党議員の頼りなさはどうにも止まらなくなってきた。こやつらが執行部に居座っていては、政権交代しても、何も変わりそうもない。

民主党内にも元気な若手がいる。その辺を軸に民主党も再編した方がいい。

旧自民党系議員が出て行って、新しい政党を作るのが望ましい。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-26 08:43 | 社会ネタ | Comments(16)
刺身のつまは、所詮、刺身のつま。

特に必要ではないものの例えに使われるように、刺身のつまがメインディッシュになりえることはない。

そんな感じになってきたのが、亀田効果で一躍全国の注目を浴びるようになったフライ級チャンピオンの内藤大助だ。

3月8日、両国国技館で行われる前王者・ポンサクレックとの防衛戦のチケットの売れ行きが芳しくないようだ。

アリーナSRS 105,000円 、アリーナRS 52,500円とべらぼうに高い席は意外とすんなり売れた。

ところが、2階S 31,500円、2階A 21,000円、2階B 10,500円、2階C 5,250円あたりがかなり売れ残っているようだが、ちょっと高すぎやしないか。

お互い華のない選手同士のタイトルマッチからすると、あまりにも破格な料金設定としかいいようがない。

ボクシングジムも算盤をはじきすぎだ。

チャンピオン内藤選手は、ヒールの亀田がいて初めて引き立つわけで、このマッチメイクを誰がこんな高い金を出して観たがるのか。

もうちょっと身の程を知らなければならない。内藤選手の人気の実力は、テレビ東京で放映された家族で行く温泉番組レベルなのだから。

TBSは独占生中継するようだが、亀田戦のような視聴率をたたき出すことは望み薄だろう。

どうがんばっても、刺身のつまなんだから。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-25 22:32 | スポーツネタ | Comments(8)