日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2007年 04月 ( 50 )   > この月の画像一覧

高速道路のサービスエリアへテレビや洗濯機など家電リサイクル指定商品を捨てる不届き者が絶えない一方で、大手家電量販店のベスト電器が、家電量販店として遵守しなければならないコンプライアンス違反を犯してしまった。

回収したリサイクル家電2400台分が行方不明になっている、という。リサイクル商品のため消費者から回収費用を徴収しながら、メーカーへ運ばずに不法に処理しているようだ。

ベスト電器の看板を掲げながら、企業倫理にも劣る行為をやらかしたのは、フランチャイズで経営している埼玉のゲオグローバル社。家電リサイクル法違反容疑も濃厚となった。

経済産業省の取調べに対して、ゲオ社は回収した家電がどこへ消えたか「まったく分からない」となんとも杜撰な管理を露呈している。消費者から預かった回収代金は返金するといっているが、そんな問題ではない。

2400台とは台数が多すぎる。個人が小遣い稼ぎにやったとも思えない。組織ぐるみの犯行であることは濃厚だ。

ところで、この奇妙な社名が気になったが、調べてみるとやはりレンタルビデオのゲオが中核企業だった。

ゲオグローバルがやらかした行為はベスト電器とゲオの両方に泥を塗ることをしてしまった。

ベスト電器としてはこの落とし前をどうつけるつもりだろうか?
ベスト電器の信用を著しく汚してしまったわけだから、フランチャイズ契約の解除だけではなく、損害賠償問題にも発展してくるというもの。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-30 12:49 | 社会ネタ | Comments(6)
「新宿歌舞伎町・マフィアの棲む街」

歌舞伎町に生息する中国マフィアの実態を描いた渾身のルポルタージュは25万部のベストセラーになった。この本の著者は吾妻博勝氏。ヤクザものの潜入ルポを書かせたらピカ一のライターである。

アングラ取材を長年続けていたため、テレビに顔出し出演することはなかったが、東京では放送されないからとたかじんのそこまで言って委員会に登場して、日本の銃社会の現状について語った。

新聞報道などでは日本には約5万丁の拳銃があるといわれているが、「過小評価」とバッサリ。

ヤクザ1人が2丁所持していると単純計算しても、ヤクザ8万5000人で掛ければ17万丁。さらには売買用に100丁持っている組員もいるので、とうていそんな低い数字ではないという。

拳銃所持が認められているアメリカが2兆丁だから、はるかに低い数字ではある。

日本の市場に出回っている売れ筋は中国製のトカレフ。1丁が30~40万円が相場。粗悪品なら5万円ほどで売買されることもあるが、これは暴発の恐れがあるそうだ。

今はネットでも買うことはできるようだが、そこには隠語で表現されている。

自由の女神=アメリカ製
アマゾン=南米製
マルコス=回転拳銃
イメルダ=自動拳銃

では、どうやって持ち込むのか。密輸ルートはズバリ世界各国からの貨物船でやってくる、という。3~4丁なら毎日でも持ち込めるようだ。

さらに大量に持ち込むときはカニや魚のはらわたの中に入れて冷凍状態で輸入する。目印は尾びれを切ったり、足を切ったりする。

日本国内の流通には新幹線が使われている。

ヤクザの愛人やホステスが運び屋をやっている。

最後に吾妻氏はこう警告した。

「銀だらには手を出さないように」

中国製の中古のトカレフを新品にみせかけるために銀メッキしていることから「銀だら」と呼ばれるようだが、中古は中が錆びついて玉が出ないものもあったり、顔面に向かって暴発する恐れがあるからだ。

最後に落ちをつけるとは、さすがに関西の番組だ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-30 09:46 | 社会ネタ | Comments(3)
ゆとり教育の弊害が叩かれて久しい。

日本青少年研究所が実施した、日米中韓の高校生の意欲に関する調査報告では驚愕の実態が明らかになった。このままでは日本の国力がますます落ちることは間違いない。

日本の高校生は他国に比べ出世意欲がない反面、ゆっくりのんびりすごしたい、と年寄りのような考え方を持っている。出世したくない理由が「責任が重くなる」。平社員のままでのんびり過ごしたい、といことか。

ゆとり教育の学力低下もさることながら、覇気、意欲のない子供がどんどん増殖していることの恐ろしさを感じる。

95年から完全週休2日制になり、ゆっくり、のんびりしたい、という子供が多くなったんだろう。

その結果が定職につかないフリーターを増やし、さらに仕事をしようともしないニートを増やす。

正社員にならないから給料の格差がつく。

そんな格差社会から落ちこぼれた若者の受け皿となっているのが、ネットカフェだ。新聞ではネットカフェ難民、と騒がれているが、ネットカフェがあるから路上生活者にならないで済んでいるともいえる。

働いていながら都会でアパートを借りる金がないことから、漫画喫茶やネットカフェで寝泊りする人が増えている。中には長時間労働で家に帰るのが面倒くさい人もいるようだ。

この前漫画喫茶に漫画を販売する会社に電話したら「地方からの引き合いが増えて、ものすごく忙しい」といっていたが、今後も漫画喫茶は、寝泊りする場所のためにどんどん増えて行く傾向にあるようだ。

昔は「風が吹けば桶屋が儲かる」だったが、

今はゆとり教育でネットカフェが儲かる構図に変わった。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-29 10:51 | 社会ネタ | Comments(16)
風営法が改正され罰則が強化されたのは去年の5月1日から。パチンコ店では18歳未満の未成年者に遊技させただけでも営業許可が取り消しになることもある。

また性風俗関連の特殊営業では店の前での客引き行為も禁止され、処罰の対象となる。

そういう状況下で北海道で1軒しかないストリップ劇場「札幌道頓堀劇場」が取締りを受け、支配人や踊り子7人が公然わいせつ罪で逮捕されたようだ。

警察がソープランドでの売春行為、ストリップ劇場での公然わいせつ行為、パチンコ店での換金行為を知らないはずがないのに、今回の逮捕劇は何?

この理由の方を知りたい。

公然わいせつを取り締まった、というより他の理由があるような気がする。

新聞報道では19歳の踊り子がいたようだが、18歳未満の未成年者がいた、とか。

素人を売り物にするのが目に余った、とか。

サミット前で北海道の環境浄化の一環だった、とか。

以前の法律だったら、営業停止処分で済んだかもしれないが、罰則が強化されたために、今回は営業許可が取り消される恐れがある。北海道で唯一のストリップ劇場の灯が消える恐れがある。

名義を変えて営業許可を新たに申請して、再開する手はあるが、しばらくはススキノの楽しみがなくなることは間違いない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-29 07:48 | 社会ネタ | Comments(14)
どっちもどっち。互いにやりすぎ、というのが実感。

俳優のリチャード・ギアが公衆の面前でインドの女優シルパ・シェティにキスしたことが、公然わいせつ罪に当たるとしてインドの裁判所がリチャード・ギアに逮捕状を出した。

あの映像を見る限りでは、リチャード・ギアは盛のついたオス犬状態。日本人が見ても不快感があった。あれは、公衆の面前でなかったら、そのままやっていた勢いだ。

多様な人種、民族、言語、宗教。ヒンドゥー教徒が多く、今でもカースト制度が色濃く残るインド人の倫理観からすれば公然わいせつに当たるのも頷けるような気がする。

この逮捕状についてはインド国内の法律家からも「逮捕状には無理がある」と非難の声もあがっている。

また、弁護士は「合意に基づくキスは不法行為には当たらない」との見解をしめしているが、女優は明らかに嫌がっていた。

リチャード・ギアに謝罪の気持ちがあるのなら、インドに出頭して、現地で裁きを受けるてみるか?

郷に入れば郷に従え。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-28 10:56 | 社会ネタ | Comments(0)
週刊朝日もかきなぐりを得意技としているようだ。

5月4日・11日合併号で取り上げた長崎市長銃撃事件の発生に安倍首相秘書のトラブルが関係していたと受け取れる記事を掲載したことについて、安倍首相自らが朝日新聞に抗議していた問題で、週刊朝日編集部は完全白旗を揚げた。

安倍首相は「週刊朝日の広告を見て愕然とした。私や私の秘書にも家族や親族がいて、子供もいる。これは言論によるテロではないか。報道ではなく(倒閣を目指す)政治運動ではないか。まったくのでっち上げで捏造だ。こんな記事を書いた記者は恥ずかしくないのか。私や私の秘書が犯人や暴力団の組織と関係があれば、首相も衆院議員も辞める考えだ」と朝日新聞に強く謝罪を求めていた。

で、ついに28日付の朝日、毎日、中日、岐阜の各新聞に謝罪広告を掲載した。

内容は以下の通り。

お詫び

24日(一部地域では25日)付朝日新聞朝刊に週刊朝日5月4日・11日合併号の広告が載りました。その中で『長崎市長射殺事件と安倍総理秘書との「接点」』という見出しがありましたが、安倍首相の秘書だった方は長崎市長射殺事件とは関係ありません。安倍首相および秘書だった方にお詫びするとともに、誤解を与えた読者の皆様にお詫びいたします。記事は、首相の元秘書が長崎市長銃撃事件の容疑者の所属する暴力団組織の幹部などから被害を受けていたとの証言などを伝えたものでした。

平成19年4月28日
週刊朝日編集長 山口一臣


で、ふと疑問に思ったのが、この謝罪広告を出した新聞の選択。どうして、読売、産経、日経などの全国紙が含まれていないのか、と。

週刊朝日の読者は読売、産経、日経は読まないわけか?


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-28 08:41 | 社会ネタ | Comments(4)
石川県の観光PRの全面広告が朝日の朝刊を飾っていた。

で、テレビをつけると今度は石川県の谷本正憲知事が朝ズバに生出演しているではないか。

地震から1カ月。GWの直前に能登半島を縦断する自動車専用の能登道路も全通して、知事自らがテレビ出演して石川県の観光をアピールしていた。

「石川県は観光で成り立っています。被災地だからと遠慮しないで下さい。皆さんに来ていただくことが復興につながる」

東国原知事のパクリだが絶妙のタイミングで知事自らが広告塔となって石川県観光をアピールしている。

人気旅館の加賀屋も明日から営業を再開する。受け入れ態勢も整った。今年入社した新入社員の奮闘振りを交え、その再開までの模様を朝ズバで取り上げていた。

さ、石川県へ金を落とマスコミも最大限の協力ぶり。

宣伝効果が効き過ぎて、道路は大渋滞。宿に着いたら深夜だったなんてことが起こらないことを祈る。

追記

夜のNHKニュースでも加賀屋の復興を取り上げていた。

館内は天井が崩れ落ち、壁がはがれるなどの被害を受けていたようだ。

休館中も加賀屋の従業員が能登空港へ他の旅館のお客の出迎えに行ったり、地域清掃をしたり。

明日からのGWを前に日本でも屈指の名旅館の空き部屋が20%もあるというが、このニュースを見てすぐに埋まったことだろう。

能登に賑わいがもどることが本当の復興。そのためにもみんなで能登へ行って、とNHKもバックアップした。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-27 13:14 | 社会ネタ | Comments(4)
出会い系カフェがいつごろから発生したのはよく知らないが、何年か前に大阪でもそんなものがある、と聞いたことはある。

出会い系サイトを喫茶店という形式に置き換えた新業態で、店によって料金は多少違うだろうが、男性客の入会金と入場料によって運営しているようだ。

たとえば、入会金が1万円で、入場料が数千円。
女性客は基本的に無料の店が多いようだ。

店内はネットカフェのような雰囲気で、男女のエリアが別れているのが特徴。気に入った女の子がいると指名料を店に払って、話ができる場所に移動する。

ここで初めて援助交際の話になる。

要するに援助交際の場所を提供しているわけだ。

新潟県の45歳の小学校教諭が池袋の出会い系カフェで知り合った20歳の女子大生とホテルへ行って昏睡強盗を働いた容疑で逮捕された。

偽名で登録していたが割り出された。ホテルへ行ってHしたことは認めているが、財布やかばんを盗んだことは否認している。

出会ってからすぐにはホテルへ直行はしていなかった。

居酒屋で飲んでリラックスした後でホテルへ行った。ところが女子大生は居酒屋からの記憶がなく、翌日、ホテルの従業員に起こされて1万円入りの財布やかばん(6万円相当)がなくなっていたことから被害届けを出したようだ。

本人はHしたことも覚えていない、という。

出会い系カフェが援助交際目的の女性の溜まり場。よくも被害届けが出せたものだと関心する。

Hした記憶はないといっているが、援助交際していたことを半ば白状しているようなもので、よほどただ乗りされたことと、盗まれたかばんのことが悔しかったのか?
それとも会話の中で小学校の先生をやっているような話をしていたことは覚えていて、とっちめてやろうと思ったわけか?

いずれにしても、いまどきの娘の考え方は理解できない。

日本人の精神から恥の文化が確実に消え去ろうとしている。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-26 22:53 | 社会ネタ | Comments(4)
仕事で使っているお気に入りの筆記具がある。かれこれ2年使っている。

これがなんと京セラ製。意外と知られていないが、京セラはセラミック技術を使ってボールペンを作っているのだ。

で、愛用しているのがこれ。

水性で実に滑らかな書き味。適度の重さがあり、握ったときのフィット感もしっくりと手になじむ。

b0017844_23255317.jpg


値段は1500円。さほど高くもないが写真では高価に見える。

ところが使っているうちに構造的欠陥が発覚。それでも騙し騙し使ってきたのだが、それもついに限界にきた。

キャップ構造と握りのゴムの部分の素材がマッチしていないのか、使っているうちにキャップが抜けにくくなってきた。それを無理して引っ張ってキャップを外しているうちに、握りのゴム部分がボロボロに朽ちはじめたのだ。

換えインク方式なので、半永久的に使えるが、グリップのゴムが朽ちてしまったのではどうしようもない。ゴムの部分さえ交換すれば十分使える。

そこで、京セラのお客様センターにメールした。

ゴムを交換するにはどうすればいいか、と。

すると、すぐに返事が来た。

一般的にはゴムの交換などは受け付けていないが、現物を送れば修理してくれるという。そんな修理というほどのたいそうな問題ではない。ゴムさえ送ってくれればこっちでも直せる。つまり、ゴムだけの部品販売はしていない、ということだ。

それで現物を郵送する。

新品を買っても1500円だが、わざわざ郵送して修理してもらう。

これを愛着というのだろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-25 23:52 | 私的ネタ | Comments(0)
特待生問題で、甲子園の常連校である横浜、大阪桐蔭、広陵、PL学園、駒大苫小牧、済美、福知山成美などでも適用していることが分かった。

これらが第一陣とすれば、後出しで手を上げる高校はもっともっと増えるはず。喫煙している野球部員のいない高校を探すことに苦労しないぐらいに。甲子園常連校はほとんどといっても過言ではないだろう。

特待生制度を使って甲子園を狙う私立高校が1つの県で4~5校あると単純計算しても250校以上はある。

で、野球の特待生制度を止めさせたいなら簡単な方法がある。

テレビ中継はやらない。朝日新聞をはじめとする主催者が高校野球の記事扱いを最小限にとどめ騒がないこと。野球以外の多くのスポーツはマスメディアに取り上げられることもない。

高野連も高野連だが諸悪の根源は朝日新聞だろう。新聞の購読部数を伸ばす道具の一つが朝日が主催する夏の甲子園だったわけだ。

高校野球をことさらクローズアップしてきたA級戦犯は朝日であり、系列のテレビ局だ。高校野球の後にはプロの道が拓ける。他のスポーツと違って日本で食えるスポーツの代名詞が野球だったわけで、プロの優秀な予備軍を作る装置が甲子園大会であることは今も変わりない。

日本でプロ野球以外で職業として食えるスポーツは、今でこそサッカーやバスケットが加わったが歴史が浅くやファン人口が少ないために、プロ野球選手のような高額年俸は稼げない。

高校野球とプロ野球は結局1本のレールでつながっている。

特に私立高校にすれが優秀な選手を集めて、甲子園へ出場することで学校の知名度を高めて、生徒を集めたい。いわば、野球は広告塔の役割を果たしている。そこからプロへ進む選手が輩出されれば、ますます優秀な選手が集まりやすい。

高野連は「野球は教育の一環」だといっている。

しかし、私立高校にすれば「野球は学校経営の一環」であることは明白。学校経営のためには野球だけでははく、あらゆるスポーツに秀でた生徒を集めている。

野球だけが教育の一環でなく、すべてのスポーツも教育の一環なわけだ。

高野連の脇村春夫会長は特待生制度をリセットして「夏の大会に4200校すべてがさわやかな形で参加できるように、今、こうして急いでやっている」と眠たいことをいっている。

高野連は何を止めさせたいのかというと特待生という野球留学のようでもある。

スポーツ留学は、卓球などのマイナーな競技でもある。

野球は教育の一環だから特待生制度で授業料を免除したり、そのために野球留学することがいけない、ということ自体が時代錯誤だ。

高野連は特待生に対してはちゃんと授業料を払え、といいたいようだ。授業料を払えば特待生ではないので試合にも出してもいい、という見解のようだ。こんなことで問題が根本から解決するとは思えない。

いっそ、高野連を解体し、朝日新聞が主催を外れることのほうがすっきりする。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-04-25 21:51 | スポーツネタ | Comments(12)