日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

カテゴリ:海外ネタ( 144 )

チャイナスクールということばがある。

中国語会話の学校ではなく、外務省内に中国語を専門に研修し、中国関連のキャリアを経験した外交官を指す外務省用語で、親中派を指すことばでもある。

チャイナスクール出身者とは、外務省や政界で中国寄りの人たちのことをいう。

で、再び青山繁晴の登場だ。

毒餃子事件をこう解説した。

先月21日に来日した唐家璇国務委員は高村正彦外相と福田総理と相次いで会見している。

来日目的は4月に来日する胡錦涛主席の露払いのようなもので、高村外相との会見では餃子問題も話し合われている。

その席で、唐国務委員は「小さく解決した」と要望したという。つまり、政治決着しよう、というお願いだ。

そのことを福田総理との会談でも引き出したら、福田総理はニコニコしながらうん、うん、と頷いたという。

外務省や政治家の中にはチャイナスクール出身者が存在しているわけで、唐国務委員は政治決着のために来日した、と青山繁晴は示唆する。

この手土産を持って帰った唐国務委員によって中国公安当局は、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と結論づけた。

これに激怒したのが警察関係者。

中国公安当局の話では犯人とおぼしき退職者を4~6人拘束しているということになっていたのに、「話が違う!」

ただ、100%否定されたわけではなく、退職者のことには触れていない。

いざとなれば、退職者を犯人として発表する可能性はあるが、なりたくてなった総理職ではないだけにやはり福田爺さんでは荷が重いようだ。

もっとちゃんと日本の舵取りができるリーダーよ、出て来い!


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-03-01 18:53 | 海外ネタ | Comments(10)
北京オリンピックについては前々からボイコット論を展開してきたが、開会式の芸術顧問だったスピルバーグ監督が、顧問を辞退した。

理由は人道問題。

内戦が続くスーダンに対して武器の輸出をしている中国。これを止めるようにいっていたが、聞きいれられなかったことから顧問を降りた。

イギリスのチャールズ皇太子も中国のチベット政策を理由に開会式には出席しないそうだ。

これらは人道問題だが、マラソンの世界記録を持つ選手も北京の大気汚染を理由に出場を見送る、という話もある。

こちらは環境と健康問題。

真夏のマラソンを大気汚染の北京で走るのだから自殺行為にも近い。

そこへ持ってきて毒入り餃子事件で中国政府は、中国国内での混入を否定する見解を発表した。

日本の自作自演とでもいいたいのだろう。

食の安全を担保できないということでもある。

中国がそういう態度に出るなら、日本は北京オリンピックボイコットのカードを切るのもよし。

影響力のあるスピルバーグ監督の行動は、どこまで波紋を広げるか、注目されるところだ。

北京オリンピックをボイコットして喜ぶのは、出場が極めて危なくなった井上康生ぐらいか。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-02-14 13:45 | 海外ネタ | Comments(10)
今年11月に行われるアメリカの大統領選挙にさほどの興味はなかったが、テレビで青山繁晴が恐ろしいことを予測していた。

民主党のヒラリー・クリントンが大統領になった時のシナリオだ。

このクリントン夫妻はチャイナマネーで養われている、ともいわれ、96年にクリントンが再選できたのもチャイナマネーのお陰らしい。その時の額は50億円以上とも。

大統領候補の中でも知名度と資金力ではヒラリーが抜きん出ている。豊富な資金力をものにテレビCMもガンガン流せる。

ヒラリーの外交政策は中国が最重要国と位置づけられ、日本は完全に無視されている、という。ヒラリーが大統領になった暁には日米同盟が壊れることも懸念されている。

さらには北朝鮮政策では強行策を取るとも。

クリントンが大統領だった94年、アメリカは北朝鮮に向けて爆撃体制を敷いていたが、寸前で中止した、という。もし、爆撃したら中国、韓国、日本で100万人の死者が出ることが予想されたためらしい。

ヒラリーが大統領になれば、日米関係も冷え込みそうだが、アメリカではアンチ・ヒラリーが圧倒的だという。ヒラリー以外なら誰でもいいとまでいわれるほど嫌われている。

実際、民主党の指名候補争いの開幕戦となるアイオワ州党員集会では、オバマ氏が38%。エドワーズ元上院議員が30%で2位。ヒラリーは29%だった。

日本にとって誰が大統領になれば特になるのか、ジャパンマネーもこういうときに使わなければいけないようだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-01-05 12:26 | 海外ネタ | Comments(2)
このドロドロした親子、異母兄妹の愛憎ネタには触れたくなかったが、この記事を読んで思わずエントリーしてしまった。

困った時は北朝鮮。

神奈川県平塚市のアパートで5人の遺体が見つかった事件で、岡本千鶴子容疑者が22年前に失踪した長男(当時6歳)について、本人は「子供は北朝鮮に拉致された」といいはっていたことが分った。

状況証拠から、行方不明とされる長男は容疑者が手をかけ殺害し、遺体を段ボール箱に入れていたものと思われるが、突如、行方不明になれば「北朝鮮に拉致」。

なかなかいい理由を思いついたものだが、22年前といえば、北朝鮮拉致問題に関心は薄く、北朝鮮に拉致された、とでも書こうものなら、総連からの猛攻撃を受けてマスコミも尻ごむ時代。

容疑者は当時から虚言癖で借金を重ねる人生を送ってきた。
長男が行方不明になった日は多額の借金の返済日だった、という。

事件後は子供突如行方不明になったということで、海岸などでも大捜査が行われ、本人もテレビのインタビューに応えていた模様だ。

最初の犯行は、借金返済を遅らせるために子供を殺したことになる。

事件の概要だけが明らかになり、真相はまだ解明されていない。新生児の2遺体は誰の子供なのかも含め、また新たな逮捕者が出てきそうだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2006-05-07 08:20 | 海外ネタ | Comments(2)