日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:海外ネタ( 138 )

北朝鮮が金正恩の指導の下に江原道・馬息嶺地区にスキー場を建設したのは2013年のことだった。

この時わざわざスキー場を造ったのは、今年の冬に開催されるピョンチャンオリンピックを共同開催する狙いがあった。

あれから4年…正恩の心は変節した。ICBMと核開発にすっかりご執心でオリンピックなんかどうでもよくなった。

親北派の文在寅大統領は、共同開催を呼びかけるも正恩は無視し続けている。

むしろ、ピョンチャンオリンピックをぶっ潰す方向に向かっている、と言っていいぐらいだ。

アメリカが北朝鮮を攻撃するとすればオリンピックシーズンの冬、と言われている。

北朝鮮もそれに合わせて、戒厳令状態を作り上げたら、もはやオリンピックどころではない。

そして、北朝鮮が狙っているのは、オリンピックを人質にアメリカからの譲歩である。オリンピックはまさに政争の具にされるようとしている。

中止になったら中止になったで韓国の面目は丸つぶれ。正恩にすればどっちに転んでもいい。


[PR]
by tetorayade | 2017-08-12 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)

北のトランプ暗殺計画

G20に合わせて北朝鮮が核実験を行うではないか、といわれていたが、これはハズレた。

で、次なる時期が8月下旬だという説が浮上してきた。

理由は分からない。

誰の制止も聞かない狂暴正恩に対してアメリカは斬首計画もオプションの一つにあるというが、北朝鮮だって負けていない。

トランプ暗殺計画を練っている。

異母兄弟の正男を正恩が暗殺したことは間違いないが、いつのまにかうやむやになった。

今回は北の犯行が絶対バレないように実行に移す、というが「未遂」で十分成果は果たせるらしい。

トランプが自分の別荘へ行ったときなどが狙い目でロケット弾をぶち込むだけでいい。

これで交渉のテーブルに着くというのが北朝鮮の狙いだというが…

ICBMも最終段階は東海岸に到達させることだが、そのぐらいの技術は確立している。

チキンレースはいつまで続く。





[PR]
by tetorayade | 2017-07-14 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
ICBMの発射実験に成功したら、次は最後の大詰めである核実験である。

正恩がいつ、核実験を行うかといえば、7月7日から8日までドイツ・ハンブルグで開催されるG20サミットあたりが有力視しれている。

各国首脳が雁首を突き合わせている時に行うのが最も効果的だからだ。

核実験をやったらいよいよトランプもスイッチが入る。

「昔は共和国から総連本部にどんどん情報が入ってきたが、今は全く入ってこない。総連トップが未だに正恩と面会どころか電話でも話もしていない。送金していないから全く蚊帳の外」(総連関係者)

総連関係者が恐れるのは核実験を行った場合のとばっちり。

そのためにただひたすら沈黙を守るしかない。


[PR]
by tetorayade | 2017-07-07 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
7月4日、北朝鮮がアメリカの独立記念日にICBMの発射実験に成功した、と発表した。

これでトランプも北朝鮮攻撃を9分9厘決めたことだろう。

で、いつ攻撃するかというと冬作戦が有力視されていたが、これで来年開催のピョンチャンオリンピックが中止に追い込まれそうな気配になってきた。

親北の文在寅大統領はピョンチャンオリンピックを北と共催しようとしているが、実はアメリカが北攻撃でオリンピックが中止になる事を警戒しての事。

共催を呼びかけることでアメリカがオリンピック期間中に攻撃することを阻止する狙いがある。

そういえば、政府は最近北朝鮮からミサイルが飛んできたことを想定して、その対処方法のアナウンスをテレビで流している。

b0017844_16040438.jpg

都議選に大敗した自民党が支持率を回復するチャンスは、トランプによってもたらされるのかも知れない。加計学園問題でゴタゴタしている場合ではないぞ。

[PR]
by tetorayade | 2017-07-05 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
総連ビルが北朝鮮大使館の役割を果たした時代も今は昔。総連に所属してもマイナスこそあれプラスになることは何一つない。そんなことを考えるグループが総連に頼ることなく相互扶助組織を新たに作ろうとしている動きも一部にはあるようだ。

拉致も核開発も反対。それでいて韓国と一緒になるのは嫌。そんな思想の人たちだ。

北朝鮮と総連の関係がギクシャクするようになった原因は、日本の経済制裁の一環として、万景峰号が使えなくなったことだ。修学旅行団などを隠れ蓑に、おカネや物資を直接北朝鮮へ運ぶことができたが、この手が使えなくなって北朝鮮と総連の関係が冷え込んでいく。

男女関係でもカネの切れ目が縁の切れ目とはよくいったもので、北朝鮮と総連の関係もまさにこれ。

北朝鮮のライフラインである万景峰号が断たれると、おカネを運ばない組織なんか不要ということになる。

むしろ、この関係悪化を喜んでいる総連関係者も少なくない。関係が良好な時は脱税してまで、忠誠心を誓うために北朝鮮へ献金していたが、それもなくなって随分楽になっている。

産経新聞の総連首脳が北朝鮮を批判したという記事は、総連離れをさらに加速することになりそうだ。

[PR]
by tetorayade | 2017-03-31 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
北朝鮮がミサイル発射や核実験をするたびに総連離れが進んでいることを事あるごとに書いてきた。

在日米軍基地を狙ったともいわれている4発のミサイル発射実験では、北朝鮮は日本に住んでいる朝鮮人同胞のことを見捨てた、と捉える人も少なくなかった。

総連幹部でも正恩体制になってからの共和国のやり方にはついて行けない、と不満を持っていてもそれが話せるのは、本当に信頼のおける極々仲間内だけのことだったが、25日付の産経新聞が一面トップで総連タブーに突っ込んだ。

b0017844_16250352.jpg
無名のブログで書くのとはわけが違う。

総連首脳が正恩を批判するというのだから、総連関係者の間ではこの記事が話題になっている、という。

ま、それが普通の感覚。総連首脳の考えは正しい。

「共和国の指示で総連が動かなくてもいいんじゃないか、という空気が漂っています。総連幹部の中には正日に会ったこともない人もいます。ましてや正恩は総連トップですら未だに面会もできない」(総連関係者)

何をしでかすかさっぱり見当もつかない正恩は、アメリカに振り向いてもらうためにICBMの開発のことしか眼中にない。日本政府の懸案事項の拉致問題は、それは何のことですか状態。

「正恩は身内の叔父も殺すぐらいの奴。拉致問題は最初からなかったこととして、全員が殺されるんじゃないでしょうか?」と危惧する。

総連首脳が正恩批判をすることなど、数年前までなら考えられなかったことだ。

総連崩壊も間近か?



[PR]
by tetorayade | 2017-03-28 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
北朝鮮人でも海外で商売している人はいるが、中には脱北を企てている人もいる。

商売といっても表の商売ではなく、裏の商売だ。

主な仕事は北朝鮮で印刷された偽ドル札を古い本物のドル札と交換すること。例えば1億円分の偽ドル札を8000万円分の古い本物と交換してもらう。何故そんなことをするかというと、ピン札ドル札は一番偽物と警戒されるからだ。

後は覚せい剤の密売。日本の暴力団と直接取引していた。方法は日本海にGPSを付けたブイを投げ込む。この方法も密漁船監視の日本の巡視船の警戒が強まってあまりできなくなった、という。

この人は偽ドルや覚せい剤を売買していたため、北朝鮮ではなく、東南アジアのある国のパスポートで国内外を出入りしている。北朝鮮の国家ぐるみの犯罪をカモフラージュするためである。

暗殺された正男事件に関して、北朝鮮の犯行がバレバレなのはそれだけ体制がおかしくなっている証拠だという。

暗殺された正男とも通じていて、今回暗殺された理由は、チャン・ソンテクの隠し資産を返すように言われていたことを無視したためだと読む。

本人もこんな国家犯罪からかすめ取った裏金が500万ドルほど貯まっているので脱北する予定だ。

「ニュースにはならないが脱北者はすごく増えている。内部崩壊は既に始まっている。金日成の時までは良かったが、正日になったころから、共和国のために身を粉にして働いても報われなくなった。後10年以内に崩壊する」と断言する。

[PR]
by tetorayade | 2017-03-02 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)

正恩体制は後5年以内?

「正恩体制は5年以内に消滅する」とは総連関係者の弁。

理由は最高幹部が亡命しているだけでなく、ピョンヤンに住むエリートたちが、自分の子供をこの国で育てることを忍びないと思うようになっているからだ。アメリカに亡命したら子供の能力がもっと活かせる、と考えている。日本へ亡命しても就職先がないので生活できないからだ。

金持ちは3代続かない、といわれている。

初代はタタキ上げで財をなす。2代目は初代の苦労を知っているので、何とか持つが、3代目は贅沢な生活しか知らないボンボンなので、遊ぶことは得意でも、働くことは嫌いで仕事もできない。

2代目から莫大な財産を相続した時に、相続税が払えず、自宅の不動産を売って無一文になる、というパターンだ。

それは独裁国家にも当て嵌められる。

金日成は人民の掌握が上手だったので、この時代は韓国よりも経済発展したが、金正日の時代は日本人拉致を認めたことで、在日朝鮮人の総連離れが始まり、組織の弱体化を招いた。

金正恩体制になると、身内の側近も粛清し、核開発に勤しみ、ミサイルは打ちまくり、北系の人たちからも「バカボン」とあからさまな批判が出る。

独裁者の終末は哀れな終わり方しかないことを歴史が教えてくれる。

[PR]
by tetorayade | 2016-11-02 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
政権末期のレームダック状態のオバマ政権下では無理だが、大統領が替わった時期に正恩暗殺が実行される、なんてきな臭い話が聞こえてくる。

もはや誰も正恩を止めることはできない。それは正恩の性格が誰も読めないから。正恩斬首計画を発表しても世間から非難の声は挙がらない。むしろ、やれやれ!

やり方としては、アメリカが送り込んでいる間者が内部崩壊と見せかけて実行するのが、一番最良な方法だろう。正恩が住んでいるところに爆撃ではちょっとまずい。

核弾頭が小型化され、それがイスラム国の手にでも渡ったら、それこそ大事になる。次に核実験を行った時に実行する、なんてこともささやかれている。

正恩の性格が唯一表れているの核開発のスピードだ。イラチだから早い、早い。ミサイルの撃ち方を見ても、短いサイクルでどんどん撃ってくる。

残念ながら正恩では拉致問題を解決することは不可能に近いことも見えてくる。

韓国の財閥の子弟は子供の頃から財閥として育てられているので、超わがままに育ち、選民意識が高いためにナッツリターン姫のような人間がうじゃうじゃいる。それと正恩も同じ穴の狢。金王朝の我がままドラ息子も自分に歯向かうものは叔父さんであろうが容赦しない。

独裁者の末路は歴史が教えてくれる。

[PR]
by tetorayade | 2016-09-18 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
振り上げたこぶしの落としどころは、なかなか見いだせない。

準戦時体制になっている韓国と北朝鮮がまさにその状態だった。

先に仕掛けたのは誰が見ても北朝鮮。それを批判すると毎度毎度の「ねつ造」と反論。準戦時体制を敷いて緊張感を高める、お家芸の瀬戸際外交。

両国高官の板門店会議は膠着状態が続くばかりで、緊張状態を作り上げて行く。

同じ民族の争いでどっちもどっち。

在日の多くは「この際ドンパチやったらいい」という意外な見解を示す。

北朝鮮にしろ、韓国にしろ、在日は祖国に対してすでにアイデンティティを失っているからだ。

韓国は反日政策を取るがために、在日の日本での商売がやりにくくなっている。イライラがピークに達している。

ドンパチが始まったら、朝鮮半島だけでは済まない。

自暴自棄になって金正恩が日本にミサイルを発射して来る可能性がある。

そういう恐怖感を植え込むのが北朝鮮のお家芸でもある。

でも、最終的には危機を回避したが、最初から戦争になるとは思っていない。



[PR]
by tetorayade | 2015-08-29 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)