日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:テレビネタ( 274 )

NHKで放送された明石家紅白。

スタジオセットにパチスロの筐体が使われていた。

b0017844_09293563.jpg

ところが、よくよく見るとパネル部分が紙で覆われている。

b0017844_09295447.jpg

b0017844_17023712.jpg

何かを隠しているようで非常に感じが悪い。

まるで見せられないものがあるから、紙で覆っているような印象を受ける。

そうするぐらいなら、最初から使わなければいい、と思う。

なぜ、紙で隠したのかNHKに問い合わせ中だ。





[PR]
by tetorayade | 2017-06-28 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
前回のべっぴんさんはヒロインのスター性が乏しいだけでなく、物語も単調だったために、触れることもなかったが、今回のひよっこは今までの書けなかったストレスを発散させてくれることになるだろう。

ヒロインは有村架純で朝ドラは2度目で新鮮味はないが、少なくとも芳根京子よりも10倍以上華がある。

b0017844_09225924.png

べっぴんさんが話題に上らなかったのは芳根京子をヒロインに抜擢したNHK大阪のプロデューサーの責任だろう。

ひよっこによって、茨城弁がフューチャーされることになる。茨城弁を話す人が全国に続出する予感さえする。

東京で暮らす茨城県人が東京でも堂々と茨城弁を喋る時代が来るかも。

さんまによって大阪弁を東京でしゃべっても恥ずかしくなくなったように。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-22 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
最近、仕事中はテレビを消してCDを聴きながら仕事をしている。

金曜日に久しぶりに「よ~いドン」を観ていたら、奈良県の大和高田市のぶらり歩き。そこで登場したのがフレンチラーメンの「くろす」だった。対面でフレンチをやっている「ヴェルディ辻甚」の系列店で、ラーメンにフレンチを融合させたものだ。

テレビで紹介されたパイ包つけ麺がまさにフレンチ。前菜にリゾットとムースが出てくる。

これはツーリングがてらに是非とも行こうとなった次第だ。

b0017844_14192624.jpg
店構えからして、フレンチである。

とてもラーメン屋には見えない。

これがラーメンフレンチの前菜。量はカワイイものだ。チーズが入ったリゾットは絶品で、ラーメンに期待がかかる。

b0017844_14183538.jpg

で、これがパイ包つけ麺。

b0017844_14185549.jpg

女子が喜びそうな盛り付けである。


パイに穴を開けて、麺をつけて食べる。

b0017844_14190216.jpg

スープが冷めないようにロウソクで温めながら食べる。

b0017844_14191641.jpg

テレビでは出演者が「うまい」「美味い」と絶賛していたが、やはりつけ麺は自分向きではない。どうしても麺が冷たく、スープが熱くても麺は冷たい。つけ麺はいつも思うがスープを飲み干すことをあまりしないので満足感がない。

普通のラーメンを食ってから評価したい。

1日20食限定で1600円。





[PR]
by tetorayade | 2017-03-22 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
最近朝ドラをネタにすることがとんと無くなった。

イジル要素がないからなのだが、前から書こうと思っていたことをちょっと。

べっぴんさんは子供服のファミリアがモデルになっている。主人公の友達のいけずな姑役を初めて見た時からずっと違和感があった。
b0017844_08380662.jpg
婆さん役が、何かしっくりこない。

誰がやっているか、当分気づかなかったが出演者のテロップを見て、いけずな婆さんがいしのようこであることに気づいた。

現在48歳で、皺もかかずに婆さんを演じているから違和感がある。主人公の父親も晩年まで年を取らなかった。

ももクロの百田夏菜子は、化粧を変えるだけでこうも輝きが失せるのかと思ってしまう。

[PR]
by tetorayade | 2017-02-18 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
和田アキ子が自身の番組、アッコにおまかせで淫行疑惑で自粛活動に入った狩野英孝に対して、和田が狩野の親友である出川に生番組中に電話させたことは、すぐにネットでも問題視された。

謹慎中の狩野に電話して、本人が出るわけもないし、それを出川に無理強いさせる和田。

生番組で和田の地金が出た瞬間でもある。

和田は普段からプライベートタイムには後輩芸人に対しては無理難題を吹っかけて、相手が困っている姿を見るのが和田の至福の時でもある、というくそねじ曲がった根性の持ち主である。

これをイジメというのだ。和田は子供のころからイジメる側だったので、イジメられる側の気持ちは大人になっても理解していない。

それを和田は自身の生番組で堂々とやってのけた。

それを見た視聴者がどう思うか。みんな、不快な気分になった。出川が困っている姿を見て喜んでいるのは和田一人だ。

今回の件ではおそらくTBSにも苦情が殺到しているはずだ。

TBSも番組を打ち切るいいきっかけができたのではないか?

もうすぐ3月、番組改編時期だ。

TBSの英断を期待する。

[PR]
by tetorayade | 2017-01-27 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
年末の紅白ネタだが、タモリとマツコがNHKのオファーを受けた背景には、SMAPがサプライズで紅白に出る、という前提条件があったからだ、という。

それが、2~3日前になってSMAPが出ないことが本決まりとなり、タモリとマツコのやる気はダダ下がりで、「SMAPが出ないのなら出たくな」状態で本番を迎えてしまった。それであのグダグダぶりだった。

そして、最後までSMAPが表に出て会見することもなく、事実上の無言を貫いたのは、1年前の公開処刑とまでいわれたスマスマで謝罪のトラウマがあったからだ。

最後にまた会見すると、SMAPとジャニーズ事務所の両方のイメージが崩れることにもなる。

本来ならジャニーズ事務所に残るキムタクを除いた4人は田辺エージェンシーへ移籍する予定だったが、コトが大騒ぎになってそれも白紙に戻った。

ことしの9月まで4人はジャニーズ事務所に籍があるが、契約更改の3カ月前の6月には何らかの意思表示をするだろう。


[PR]
by tetorayade | 2017-01-11 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
昨年の紅白は最後までSMAPに振り回されて、結果的にグダグダの近年まれに見る失敗ぶりだった。

中でも訳の分からん演出がタモリとマツコの夫婦演出。

b0017844_15214192.jpg
特別審査員として登場するかと思わせて、夫婦で紅白を見に来るという設定。これが最後までグダグダで、NHKが苦悩した象徴でもあった。

もし、SMAPが出演していたら、素直に審査員の席に座っていたが、結局、SMAPが出なくなった15分枠を夫婦設定で埋めることになった、というのが真相のようだ。

総合司会の武田真一アナは笑顔が終始引きつって、バラエティーには対応できないことを証明して見せた。



[PR]
by tetorayade | 2017-01-02 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
二転三転四転五転したSMAPの紅白出場。結局、SMAPの方からスマスマを最後にしたいということで紅白を辞退した。

NHKは出場者の枠を削り、15分間のSMAPタイムまで設けて迎え入れてくれたのに…。

辞退の理由は香取がうつ病になるぐらいの状態で、遂には首を縦に振らなかったために出場の道は開けなかった。

NHKの関係者は自身の離婚危機を踏まえてこう憤る。

「親がSMAPなら子はファン。子供が解散しないでと願っているのに、それを無視するんは何事か!」

この関係者は今から10年ほど前に、離婚の危機に直面した。当時子供は小学生低学年の長女と幼稚園児の長男の2人。

長女に事情を話と「嫌! パパとママが離婚するのなら、私、ここから飛び降りる!」と猛反対した。

子供のことを考えて、離婚は思いとどまり、子供が成人するまで離婚はしないことにした。その後この夫婦は仲良くなり、今では夜の営みもある、という。

子はかすがいといわれている典型で離婚を思いとどまった。

自身のこの経験があるために、余計ファン=子供の意見を無視して、解散に突き進むだけでなく、15分枠を設けながら出場を蹴ったことに怒りが収まらない。

「いつも紅白は押せ押せですが、ことしは15分余ったので、ゆったりした進行で紅白を見れますよ」と怪我の功名を示唆する。

ピコ太郎と会場の全員がPPAPを踊り、それが世界に配信されるので、ことしは普段紅白を見ない外国人も紅白にチャンネルを合わせるかも。


[PR]
by tetorayade | 2016-12-25 00:01 | テレビネタ | Comments(0)

26年前の思い出

まにあっく懐パチ・懐スロ

古いパチンコ・パチスロ、思い出のパチンコ店を懐古する
(90年代のパチンコ・パチスロ情報がメイン)


より

・素敵にドキュメント「パチンコ特集」(1990~1992年)
⇒テレ朝の情報バラエティ。ナビゲーターの故・逸見政孝氏が、現地ロケで名古屋や上野のパチ屋(東京会館)などに赴く。各地の名物ホール紹介や、銀玉親方のデジパチ連チャン打法など。1992年には「お経の流れるパチンコ店」として、福岡県浮羽郡「サンパチンコ田主丸店」(閉店)などを紹介。当時のタイトルは「〇〇年、出ます出します、パチンコ最新情報」。

ここに出てくるお経が流れるホールは、テレビ局から「変わったパチンコ店があったら教えて欲しい」との依頼で紹介したホールだった。

このホールで24時間密着取材した。

放蕩もので親から勘当された社長が、禅寺修行立ち直り、実家のホールを手伝うようになった。どこにも雇ってもらえないような人を積極的に採用し、座禅などでドロップアウトした人たちを再生させていた。



[PR]
by tetorayade | 2016-12-07 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
スマップの紅白出演は粘り強く交渉は続いているが、歌手ごとの舞台セット作りがすでに始まっていて、それに間に合わない黄色信号が激しく点滅している。

「4人は紅白OKで香取だけが拒否している状況です。タモリやさんまも説得しているにも関わらず、頑なです。木村が嫌いでもそこはビジネスライクに仕事をするのがプロというもの。一生食うに困らない貯金があるから、考えがアマちゃんなんだよ。さよらなも言わないでいきなりいなくなるのはファンに失礼。そのけじめをつけるのが紅白なんだから、うだうだしてるんじゃないよ」と話すのはNHK関係者。

紅白を最後にするなら、特別コーナーで3曲は歌わせたいところだが、出演が決まらないことにはセットも作れない。

「時間的には1曲で、セットもなしで歌うことになりますね。で、最後の1曲は何を歌うか?世界で一つだけの花は、バラバラの状態では似つかわしくない」

この関係者がスマップ以上に怒り心頭なのが和田アキ子だ。

40回目の節目に落選して「悔しいから今年の紅白は観ない」発言をしたことに、腸が煮えくり返っている。

「今まで和田はヒット曲もないのに、出られたのは、何故だか分かっているだろう、といいたい。NHKへの貢献度もない。それなのに出られたのは事務所の力以外の何ものでもない」

NHKは毎年タレントの好感度調査を行っている。和田アキ子はエラッそうなので嫌いという意見の方が多い。それで、「ヒット曲もないのになぜ、和田アキ子が毎年出られるのか」との批判もあり、いつ切るか、いつ切るかと我慢しながら使い続けてきた。

「今まで出させてもらっておきながら、そんなこというんじゃねえ!」



[PR]
by tetorayade | 2016-11-28 00:01 | テレビネタ | Comments(0)